ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
ビットバンク
BTC
Quoine
BTC
Zaif
BTC
bitFlyer
BTC
みんなのビットコイン
BTC
ビットトレード
BTC
btcbox
BTC
フィスコ
BTC
BINANCE
BTC
CoinCheck
BTC
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 相場チャート

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

空港でもビットコイン(BTC)が使える?ブリスベン空港の試み

空港でもビットコイン(BTC)が使える?ブリスベン空港の試み

オーストラリアのブリスベン空港のターミナル内にて、仮想通貨の支払いができるようになるプロジェクトが進められています。TravelbyBit(トラベルバイビット)と協業しターミナル内のあらゆるショップで使えるようになると注目されています。
仮想通貨の年始大暴落相場は1月のアノマリーか?

仮想通貨の年始大暴落相場は1月のアノマリーか?

相場の格言・アノマリー(法則)に「ジャニュアリー・エフェクト:1月効果」というものがあります。ビットコインは、その年の1月に最安値をつける大暴落が毎年発生しています。2015年から振り返って、どれくらいの暴落があったのかを考察してきます。
2018年1月16日ビットコイン暴落の考察

『ビットコイン暴落Xデー』 今、何が起きてるのか?

2018年1月16日、ビットコインの大暴落が起こり、一時100万円を割る場面もありました。1月18日現在のレートは安定していますが、何が起きていたのかを、取引ボリュームからのアプローチで考察していきます。
ビットコイン規制問題が次期G20(2018年開催)の議題に?

ビットコイン規制問題が次期G20(2018年開催)の議題に

2018年のG20では仮想通貨が議題にあがる可能性がでてきました。2017年12月17日にフランス財務相が提案したことがきっかけ。気運徐々に高まっています。今後の仮想通貨の規制はどうなるのでしょうか・
急落相場のビットコイン大口アドレス推移観測

急落相場のビットコイン 大口アドレス推移観測

仮想通貨が全体的に急落中。急騰もあれば急落もあります。ビットコインの大口アドレス(ユーザー)に動きはあったのでしょうか。大口アドレス保持者の推移観測をしてみました。

信託保全されるとビットコイン取引は安全になるのか?

最近ビットコイン取引所の信託保全についての話がありましたが、これで保全される範囲はどこまでになるのか、少し気になった点と利用者なら知っておきたいポイントについて紹介します。
仮想通貨単位

知ってる?ビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単...

仮想通貨の価格が上がると表記の仕方、呼び方が複雑になっていきます。そこでビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単位に関しての記事です。近い未来にこちらの表記が変わってくるかもしれません。
2018年のビットコインのトレンドキーワード予測、ダークホースは?

2018年のビットコインのトレンドキーワード予測、ダークホースは?

2018年のトレンドになるであろうキーワードは恐らくライトニングネットワークやクロスチェーンのアトミックスワップなどでしょう。ですが、皆さんが見逃しているキーワードが1つあります。それはキン・・・
ビットコイン大量保有者

大口ビットコイン保有者に対しての考察

ビットコインを大量に保有しているアドレスが見れる「ビットコインリッチリスト」。この中には取引所の顧客資産が入ったアドレスもあるようですが、今回はトップ10位のアドレスがビットコイン全体の18%を握っていることについて考えてみましょう。

ビットコインの価値から考える、現代生活の「今そこにある危機」

「第3者による信用の担保がなくても、価値の保存や交換が出来ること」がビットコインの価値の一つだと考えています。Apple, Google, Facebook, Amazonの4社が、各個人の生活レベルに浸透していること、法定通貨は国が信用を担保していることなどのアプローチからもビットコインの価値を考える記事です。