【墨汁速報】顧客資産1200億円以上を使い込み 韓国仮想通貨レンディングの元CEOを逮捕

破産した韓国の仮想通貨(暗号資産)レンディング企業「ハル・インベスト(Haru Invest)」のCEO及び経営陣が顧客資産の使い込みで逮捕された。ハル・インベストは最大年利12%を謳う高金利仮想通貨レンディングであり、2023年6月に出金を停止し、同年7月に事実上の破綻となっていた。

関連記事:【墨汁速報】顧客資産100億円以上使い込み発覚 仮想通貨カストディ「プライムトラスト」が破綻

韓国当局がハル・インベストの元CEOを逮捕

韓国の検察当局は2月5日、高金利仮想通貨(暗号資産)レンディングのハル・インベスト(Haru Invest)の元CEOと経営陣を逮捕、拘束したと発表した。ソウル検察庁によると、元CEOを含む経営陣3人は16,000ユーザーの仮想通貨資産である8.26億ドル(約1,226億円)を使い込んだという。

ハル・インベストは「リスクフリーな分散投資技術」という偽の広告により多くの個人仮想通貨投資家の資金を集め、最大12%という高金利を謳っていた。

同社は2023年6月にプラットフォームからの仮想通貨出金を停止、理由として「一つのサービスパートナーの問題」としていた。

破産原因は連鎖倒産か使い込みか?

韓国当局は2023年6月14日の出金停止によりハル・インベストと提携をしていたデリオ(Delio)の調査を開始、両社ともに同日に突如、入金及び出金の停止をしていた。

またハル・インベストは同日に委託事業社であるB&SホールディングスがFTX破産により2.6億ドル(386億円)の損失を隠していたとして刑事告訴している。これに対して韓国当局はB&Sの大株主であるばBangと呼ばれている個人に対し、逮捕状を発行していた。

同様の最大手仮想通貨レンディングだったセルシウス(Celsius)の元CEOも逮捕されており、顧客資産を預かることが仕事であるカストディなども使い込みで100億円以上の損害を出していることでも知られている。結果的にFTXの破産でこれらのサービスの化けの皮が剥がれたと言えるだろう。

コラム:仮想通貨(暗号資産)のエアドロップは詐欺や悪?ICOと比較して評価してみた

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
仮想通貨ニュース
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
マイニングプール大手のF2poolが8周年を迎え、その記念にNFTアートのオークションを開催することを発表しました。韓国でも著名なアーティストの作品をNFT化したものが販売され、収益の一部は地球温暖化対策としてカーボンクレジットの購入に充てられます。