14ページ目 | イーサリアム 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イーサリアム購入 イーサリアム売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
ETH
ビットバンク
ETH
GMOコイン
ETH
Liquid by Quoine
ETH
bitFlyer
ETH
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イーサリアム(ETH) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

イーサリアム(ETH)の概要

特徴 スマートコントラクト機能があり、分散型アプリケーション、開発プラットフォームとして様々なところで活用されています。2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)により提唱され、2015年8月には公開されています。イーサリアムを利用する際にGas(ガス)と呼ばれる手数料がかかるのが特徴の一つです。2018年にICOが一時期ブームになりましたが、そのほとんどがイーサリアムを利用したものになっていました。
通貨名 Ethereum 日本語通貨名 イーサリアム
シンボル ETH 時価総額 約32,198億円
公開日時 2015/07/30 アルゴリズム Ethash
発行上限 上限なし マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Vitalik Buterin
Web https://www.ethereum.org/
Twitter https://twitter.com/ethereum
ホワイトペーパー https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

イーサリアム(ETH)の価格が2018年4月の最安値を更新した。仮想通貨の下落トレンドが続いているが、これはいつまで続くのだろうか?気になるビットコインETF、ファンダメンタル、そしてテクニカルチャート分析から考察を行った。
イーサリアム(Ethereum)が『com』と同様のトップレベルドメインネームを提供へ

イーサリアム(Ethereum)が『com』と同様のトップレベルドメインネームを...

イーサリアムのEthereum Name Service(ENS)が、comなどのドメインを所有するMMXと提携し、自身のアドレスにトップレベルのドメインネームをつけることができるようなサービスを開発中。2018年10月末にはローンチ予定。
イーサリアムが次のハードフォークで大幅アップデート、Constantinopleのコード実装とは?

イーサリアムが次のハードフォークで大幅アップデート、Constantinople...

イーサリアム(Ethereum)が、次のハードフォークへ向けて大幅アップデートの準備をしている。現在のMetropolisアップグレードの第2弾となるConstantinople(コンスタンティノープル)のコード実装をスタートさせたという。
中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国には大きな演算力を持つマイナーが多くいます。先日、中国国内でビットコインやイーサリアムなどのマイナーを排除するという新たな動きがあると報じられました。この動きがイーサリアムやビットコインへ与える大きな影響について解説します。
イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬に関する墨汁うまい氏のコラム。マイニング報酬引き下げ提案であるEIPがイーサリアム(ETH)価格に与える影響について解説&考察を行った。マイナーの収益性を上げるとどうなるのか?についても深掘りしている。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンが毎秒100万トランザクションの第2フェーズへ

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンが毎秒100万トランザクションの...

先日開催されたRISEカンファレンスにてイーサリアムの共同開発者ジョセフ・ルービン氏が「イーサリアムは第2フェーズに入る。毎秒100万トランザクションを目指す」旨の内容を語った。第2フェーズは2018年中に実装予定だという。
Google共同創設者、自身がイーサリアム(ETH)マイナーであることをブロックチェーンサミットで明らかに

Google共同創設者、イーサリアム(ETH)マイナーであることをブロックチェー...

Google共同創設者でAlphabet Inc.代表のセルゲイ・ブリン氏がモロッコで開催のブロックチェーンサミットで「10歳の息子とETHのマイニングをしている」と発言。Googleは仮想通貨関連広告を禁止する方針なだけに発言が注目されている。
【初心者向け】ERC20トークンとは?イーサリアム上で使われる仕組みを初心者向けに解説

【初心者向け】ERC20トークンとは?イーサリアム上で使われる仕組みを初心者向け...

ERC20トークンとは一体何か?という解説コラムです。仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトなどを見たり聞いたりしていると、よく出てくるERCトークン。これは一体どういったものなのか?仕組み等を初心者向けにわかりやすく解説します。
EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

墨汁うまい氏によるイーサリアム(ETH)、仮想通貨全体の相場分析コラムです。イーサリアムの下落はEOSが30万分のETHを売ったことによる影響と考えられます。マイニング収益やドミナンス、テクニカルチャート分析で考察を行っています。
イーサリアムDappsの急激な成長と開発、ERC-1155が変えるゲーム

イーサリアムDappsの急激な成長と開発、ERC-1155が変えるゲーム

イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨以外にも様々な分野で利用されており、仮想通貨の中で最も大きなエコシステムを構築している途中です。その中でも特に今年注目とされている「Dapps」について墨汁うまい氏がわかりやすく解説しています。