【墨汁速報】イーサリアム約5000億円を焼却、EIP-1559でのバーン数が100万ETHを突破

イーサリアムはロンドンアップデートで実装されたEIP-1559によるETHのバーン(焼却)数が100万ETHを突破。ロンドンアップデートは約4ヶ月前に実装されたばかりであり、4ヶ月経たないうちに約5000億円相当のETHが市場供給量から減少したことになる。

関連記事:イーサリアムのEIP-1559のETHバーン数と今後、イーサリアムは更に高騰する?

100万ETHがバーンされる

イーサリアムは11月24日にEIP-1559によるETHバーン(焼却)数が約5000億円に相当する100万ETHを突破した。このEIP-1559は支払われた基本手数料(Base Fee)をマイナーの報酬として付与することなく、バーンすることでマイナーのスパムなどを防止する目的で実装されたものだ。

このEIP-1559では現在の支払われている基本手数料では分間に6.26ETH、約307万円が市場供給量から減っていることになる。つまりイーサリアムは現在のDeFi(分散金融)やアートなどで人気なNFTの需要、さらにはイーサリアム2.0にバリデータとして参加するために必要な32ETHのステーキングがされるほどEIP-1559のバーンと合わせて「需要>供給」という状況が作り出されることになる。

イーサリアムの高い手数料

イーサリアムは基本手数料となるBase Feeが100Gwei~150Gweiを推移しており、現在のイーサリアム価格が1ETH=50万円前後であるため、非常に高い手数料を標準で支払う必要がある。

出典:Etherscan - イーサリアムのガス代チャート

ガス代がこの水準であるとUSDCやCRVなどのイーサリアム上のトークンを送金するだけで約5,000円の手数料が必要であり、Uniswapなどのイーサリアム上の分散取引所で売買するには1万円近くの手数料を払わなければならない。

EIP-1559とガス代高騰の関係

これは高い需要によるネットワーク混雑によりEIP-1559が基本手数料(Base Fee)を押し上げていることが原因だ。イーサリアムのブロックサイズとなる「ブロックガスリミット」は既にEIP-1559実装前の2倍となる3000万ガスに引き上げられているため、基本手数料が下がらないということは約4ヶ月前と比較して2倍近い取引を行うことができるのにそれを超える需要があるということになる。

だがこの高い需要による基本手数料の高騰はそのままEIP-1559としてバーンされるため、約5,000億円100万ETHがわずか4ヶ月以内でバーンされた理由でもある。このイーサリアムの高い手数料は批判されがちだが、実際にそれだけイーサリアムが使用されていることを表しておリ、ETH価格高騰の理由の1つだということを理解しておく必要があるだろう。

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。
【墨汁速報】バイデン大統領ロシアの仮想通貨利用に対策か コインベースがロシアユーザーをブロック
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイデン大統領ロシアの仮想通貨利用に対策か コインベースがロシアユーザーをブロック
Bloombergへのリークによるとバイデン大統領はロシアが仮想通貨を利用して経済制裁を逃れる可能性から、仮想通貨規制の変更を行う大統領命令に今週署名をするという。また米コインベースはロシアに紐づくユーザーのアクセスとウォレットをブロックしたと発表した。