「第3四半期のNFTゲーム売上は約2,600億円」ブロックチェーンゲームアライアンスが発表

ゲーム業界におけるブロックチェーンの活用促進を行うブロックチェーン・ゲーム・アライアンス(Blockchain Game Alliance)は12月21日、2021年の業界の動向をまとめたレポートを発表した。同レポートから、2021年第3四半期におけるゲームのNFTの売上が、23億2,000万ドル(約2,600億円)となり、業界全体のNFT取引量の22%を占めていることが明らかになった。

ゲームアクティビティに関連するウォレット数も増加

今回のレポートでは、年間のウォレット数の変化に関するデータも公開されている。2021年第1週のゲームに関連したウォレットの数は29,563だったの対して、2021年第3四半期には754,000となり、2,453%の増加を記録していた。

また、NFTゲームのアクシー・インフィニティ(Axie Infinity)では、9月の取引量が過去最高の25億ドル(約2,900億円)に達した。同じくNFTゲームであるエイリアン・ワールド(Alien World)は、第2四半期に200万件を超えるトランザクションを記録している。スプリンターランド(Splinterlands)というゲームでは、9月にユニークアクティブウォレット(UAW)が24万5,000を超え、第2四半期末と比較して3,267%増となっていた。

「ブロックチェーンゲーム」などのキーワードで検索増加

今回のレポートでは、ブロックチェーンゲームへの興味関心度合いを調査するためグーグルトレンド(Google Trends)のデータを参照している。この結果、「ブロックチェーンゲーム」「NFTゲーム」「プレイ・トゥ・アーン(Play-to-earn)」の3キーワードとも2021年7月第1週頃に大幅に増加していることが分かった。

またダップ・レーダー(DappRadar)のレポートデータによると、ゲーム関連のスマートコントラクトとやり取りする1日のUAWは、2020年第3四半期の2万3,100から2021年第3四半期には154万に増加しており、増加割合は6,566%となっている。

ブロックチェーンゲームの情報サイトのジョン・ジョーダン(Jon Jordan)編集長は、「2021年の何が魅力的だったかというと、NFTやプレイ・トゥ・アーンの仕組みといった複雑なトピックが、世界のゲームコミュニティの非常に幅広い層で、短期間に興奮(そして時には怒り)を引き起こしたということだ。もちろん、その主役はNBA Top ShotやAxie Infinityといったブロックチェーン・ファーストのプロジェクトだった。しかし、私が2022年初頭に楽しみにしているのは、経験豊富な従来のゲームチームが製品の第一波を発表し始める時だ」と語っている。

参考
The BGA 2021 Member Survey & Report

【こんな記事も読まれています】
2022年のスポーツNFT取引額は前年の倍増、2000億円以上とデロイトが試算
コインベースも支援するメタバース企業、拡張現実(AR)NFTプロジェクトを公開
「2025年メタバース収益は46兆円にまで成長」グレイスケールがレポート公開

おすすめの記事
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。