【墨汁速報】イーサリアム2.0 “The Merge” Pithosテストネットがローンチ パブリック公開として初

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム2.0

イーサリアムは次に控える大型アップデート「The Merge」の初となるテストネット「Pithos」をローンチ。The Mergeではマイニングを廃止してETH1とETH2を統合し、32ETHをステーキング(預入)するバリデータがイーサリアムのコンセンサスを保つことになる。

関連記事:イーサリアム(ETH)の今度はどうなる?マイニングの終了とPoSへの完全移行

The Mergeとは?

The Mergeとは、DeFiやNFTが動いているイーサリアム1.0(ETH1)と並行してバリデータがステーキングで参加しているイーサリアム2.0を統合するイーサリアムの重要アップデートを指す。The Mergeは2021年末から2022年初旬に実装を予定されており、イーサリアム1.0が次に控えるシャンハイアップデートイーサリアム2.0のAltairなどはいわばマイナーアップデートであり、イーサリアムにとって重要な大型アップデートとなっている。

Pithosテストネット

The Mergeはイーサリアムデベロッパーによりテストや調整が行われてきたが、今回ローンチしたPithosはパブリックテストネット、つまりデベロッパーでなくても誰でもThe Mergeの環境をテストすることができる。

The Mergeは最低限の変更を加えたETH1とETH2の統合であるため、イーサリアム2.0のローンチで要したテスト期間よりは早い段階でテストネットにこじつけたといえるだろう。

出典:Github – イーサリアム2.0 The Merge Pithosテストネットリポジトリ

テストネットの重要性

イーサリアムはテストネットを複数有しており、その需要ごとに新たなテストネットや期間限定テストネット、並行したテストネットが存在する。このテストネットはイーサリアムメインネット、つまりETHやDeFi、NFTに価値がついている本運用とは異なり、「全く同じ環境で新しい実装をしたネットワーク」となっている。

もしメインネットでテストをした場合、新しい技術をテストしていることからETH価格への悪い影響を与える可能性があるが、テストネットでは失敗することもまた開発の仮定の一つであるため、よりアグレッシブに色々なことを試すことができる。

イーサリアムの安定性はこのテストネットでの綿密なリサーチの賜物であると言え、テストネットのローンチはThe Mergeの実装まで後少しのところまで来ているということを示しているだろう。

関連記事:イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではDeFiの仕組みやThe Mergeの構造について詳しく解説しています。墨汁マガジンVol.600「図解で理解するイーサリアムのETH1とETH2統合”The Merge” Pt.1 今後の重要実装EIP-3675とは?」

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースFRBが近くデジタルドル発行計画公表へ、パウエル議長の姿勢は?
次のニュース【墨汁速報】「SECはビットコイン先物ETFを許可する用意ができている」Bloomberg報道
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者