ビットコインは価値の保存に適しているが通貨ではない、ギャラクシー・デジタルCEO語る

デジタル資産運用会社ギャラクシー・デジタル(Galaxy Digital)の最高経営責任者(CEO)で、自身がヘッジファンドマネジャーだったマイク・ノボグラッツ(Mike Novograts)氏は、ビットコイン(BTC)は最終的に支払い手段として通貨のように使われるかとの質問に答えて、「ビットコインは通貨であるとは思わない。私はそれが価値の保存になると考えている」と答えました

ビットコイン(BTC)は価値の保存であって通貨ではない

‎‏‏‎‎‎‏‏‎‎‎‏‏‎‎‎‏‏‎‎ノボグラッツ氏はCNBCとのインタビューに応じて、ビットコインとイーサリアム(ETH)など他の多くの暗号資産(仮想通貨)が通貨のように取引されていることと対比させて話を進めました。

同氏は「それ(BTC)は通貨であるとは思わない。それは価値の保存であると考えている。ETHはすでに通貨のように取引されているではないか。それは文化の通貨である。人々はNFT(非代替性トークン)を購入すると、『ETHのコストはどれくらいか?』と聞いてくる」と語ります。同氏によると、高インフレと通貨の下落は、ビットコインの採用に有用であると語りました。

同氏はさらに続けて、「人々はビットコインコミュニティーにオプトイン(同意)する。ロシアに住む人より、ビットコインを所有する人々の方が文字通り多い。彼らは、『われわれはこのコミュニティーの価値観を信じている』と言い、これはわれわれの富を貯めるためのハードマネー的な方法だ。そして信頼が崩れ続ける中で、その勢いは増すと思う」と述べています。

ビットコイン(BTC)はお金を貯める素晴らしい選択肢

ノボグラッツ氏は、ビットコインのあり方について、米ソ両国を対比して次のように比較検討しています。

「米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長とジャネット・イエレン財務長官は、経済を2%のインフレ率に戻し、債務を返済させることができれば、成長は非常に高くなり、債務対GDP比が140から70になった結果、アメリカ人はビットコインを買う必要はなくなる」。

しかし「あなたがもしロシアにいるとすれば、持ち金すべてをルーブルで保持することはかなり愚かなことだ。あるいはトルコにいればすべてのマネーをトルコリラにすることも愚かなことである」とし、「ビットコインは、まさにお金を貯めるための素晴らしい選択肢を提供する」と語っている。

ウクライナ侵攻後、米国とその同盟諸国がロシアに制裁を科して以来約1カ月、ルーブルは米ドルに対して、その価値の40%余りを失いました。一方トルコリラは、過去12カ月間にドルの価値に対して約50%下落しました。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Billionaire Mike Novogratz Rules Out Bitcoin Being Used As Currency, Reveals What Will Accelerate BTC Adoption

【こんな記事も読まれています】
減速する仮想通貨市場、背景にあるロシアのウクライナ侵攻
ビットコイン(BTC)の強気相場は2024年末までない、Huobi創業者が比較・分析
ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)が軒並み下落、足元をすくわれた仮想通貨市場

おすすめの記事
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
仮想通貨ニュース
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
イーサリアムは年末から来年初旬にかけてイーサリアム2.0への完全移行となる「The Merge」を控えており、DeFi(分散型金融)やNFTなども含め最も使用されている仮想通貨といえるでしょう。 本稿ではイーサリアム2.0のさらに先のイーサリアムを拡張するL2(レイヤー2)について詳しく解説します。