ビットコイン(BTC)の強気相場は2024年末までない、Huobi創業者が比較・分析

暗号資産(仮想通貨)の最大手取引所フォビ(Huobi)の共同創業者であるドゥ・ジュン(Du Jun)氏によると、これまでのビットコイン(BTC)価格サイクルが何らかの兆候であるとすれば、次の強気相場は2024年末あるいは2025年初めまで現れないという。ビットコインの強気市場は、ざっと4年ごとに起きる半減期と密接に関係しています。

半減期にビットコイン(BTC)価格は高騰後下落に転じるパターン

最後の半減期は2020年5月のことで、21年にはビットコイン価格は過去最高の770万円を超えました。16年の半減期も同様で、翌年には当時の最高値230万円を付けました。これらのピークについて、ビットコイン価格は暴落するという現象は共通しています。現在はどうかというと、昨年11月の過去最高額から40%近く下落しています。

ドゥ氏は「この価格変動サイクルがこれからも続くと見れば、われわれは現在、弱気相場の初期段階にある」と評価しています。同氏は続けて、「戦争や最近の新型コロナウイルス流行などの地政学的問題も含めて、市場に影響を与える可能性のある要因が非常に多くあるため、正確に予測することは難しい」と語ります。

現在は「仮想通貨の冬の時代」か、市場の基礎を構築する好機

最近の仮想通貨価格の下落について、「仮想通貨の冬」の到来と形容する投資家がかなりいます。Facebookを運営するメタ(Meta)の元仮想通貨責任者であるデビッド・マーカス(David Marcus)氏はその1人であり、「最高の起業家がより良い会社を構築するのは、仮想通貨の冬の期間である」と語りました。

BNPパリバ系のハイテク調査会社ラトリエ(L’ATELIER)の最高執行責任者(COO)であるナディア・イワノワ(Nadya Ivanova)氏は、仮想通貨の冬はまだ到達したとは確信できないが、市場は「冷却期間にある」と語り、それも悪くないと判断しています。

同氏はCNBCのインタビューに答えて、「多くの開発者らは昨年、NFT(非代替性トークン)やその他デジタル資産への投機から容易に利益を上げることに気を取られているようだった。冷却期間は、市場のファンダメンタルを構築し始める好機かもしれない」と分析しています。

仮想通貨の下落はS&P500やナスダック指数の下落と相関関係に

仮想通貨の下落は、世界の株式のそれと相前後して起きています。ビットコインは年初から25%の下落を記録し、S&P500は11%、ナスダック指数は17%下落しています。ビットコインとS&P500のパフォーマンスの相関関係は、最近上昇しています。

トレーダーは、潜在的な金利引き上げとFRBによる積極的な金融引き締めが、市場から流動性を失わせてしまうことを懸念しています。FRBはインフレの高進に対応して、そのような動きを検討しており、一部アナリストは、超低金利と高値の時代の終焉をもたらすと述べています。特にハイテク産業のような高成長分野では、企業は事業投資のために資金を借りることが多いため、金利低下の恩恵を受けています。

イワノワ氏は最近のビットコイン価格の下落について、「私はそれが全体的にリスキーな資産からの流出と撤退に関連していると思う」と分析しています。米国政府は、早ければ3月にも、仮想通貨を規制する新たな戦略を発表するのではないかと伝えています。

参考
Next bitcoin bull run won’t happen until end 2024, says top crypto exchange co-founder
Investors fear ‘crypto winter’ is coming as bitcoin falls 50% from record highs

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)が軒並み下落、足元をすくわれた仮想通貨市場
イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)より大きな市場に、モルガン・スタンレーが予測
米議員が仮想通貨200ドル以下の利益を免税する法案提出、日常決済での利用拡大へ

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)の買い方やいくらから買えるのか、手数料やおすすめ取引所まで徹底網羅!
初心者
ビットコイン(BTC)の買い方やいくらから買えるのか、手数料やおすすめ取引所まで徹底網羅!
2017年に大きく認知された仮想通貨(暗号資産)ですが、その中でもトップの価格と人気を誇るビットコイン(BTC)。では、実際に購入するにはどうすればよいのでしょうか?本記事ではビットコインの購入方法から最小購入額など、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。