GMOコインが「外国為替FX」のサービス開始を発表、口座開設で現金がもらえるキャンペーンも

暗号資産取引所のGMOコインが4月5日、新しく外国為替証拠金取引サービス「外国為替FX」の提供を開始することを発表した。同サービスの開始は4月26日16時に行われる定期メンテナンス後の予定となっている。

また4月5日16時の定期メンテナンス後から「外国為替FX」口座の事前申し込みの受付を開始し、口座開設をした先着5万名に現金がもらえるキャンペーンを実施しています。

GMOコインの「外国為替FX」

GMOコインの「外国為替FX」の最大の特徴とも言えるのが、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」アプリでビットコインなどの暗号資産の購入と「外国為替FX」の取引ができることです。

ワンタップで「暗号資産」と「外国為替FX」の切替が可能なので、チャンスだと判断した相場を狙って取引することができます。

GMOコインの「外国為替FX」は、1ドル(1通貨単位)から取引可能です。レバレッジは最大25倍なので、1ドル130円の場合だと6円から取引できます。ただし実際に取引する場合は、必ず証拠金に余裕がある状態で取引しましょう。

取扱通貨ペアは11種類で下記の表の通りです。

GMOコイン「外国為替FX」の取り扱い通貨ペア
USD/JPY (米ドル/円)
EUR/JPY (ユーロ/円)
GBP/JPY (ポンド/円)
CHF/JPY (スイスフラン/円)
AUD/JPY (豪ドル/円)
CAD/JPY (カナダドル/円)
NZD/JPY (NZドル/円)
EUR/USD (ユーロ/米ドル)
GBP/USD (ポンド/米ドル)
AUD/USD (豪ドル/米ドル)
NZD/USD (NZドル/米ドル)

暗号資産のトレードに加えて、FXに興味がある方はこれを機にGMOコインでの口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムL2の「STRKエアドロップ」最大で500万円超えに
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムL2の「STRKエアドロップ」最大で500万円超えに
イーサリアムL2のスタークネット(Starknet)がエアドロップを行ったSTRKトークンの発行(Claim)が開始された。スタークネットユーザーやイーサリアムの開発者、32ETHをステーキングしていたバリデータなど広範囲のユーザーが対象にされている。現在STRKトークンは3ドル前後を推移。