【墨汁速報】ビットコイン急落 仮想通貨のインフラを支えるシルバーゲート銀行が破産警戒

2020年~2021年にかけての米仮想通貨市場の急激な資金流入となった背景にある重要なインフラの1つ”シルバーゲート銀行(Silvergate)”銀行に破産疑惑が生じている。コインベース(Coinbase)やサークル(Circle)などのステーブルコイン発行企業や仮想通貨取引所が次々にシルバーゲート銀行を介した入出金を廃止を発表後、ビットコインは6%の下落を記録した。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨ライバル企業で潰し合いか?コインベースがBUSDを上場廃止

シルバーゲート銀行に破産懸念

シルバーゲート銀行(Silvergate Bank=SI)は仮想通貨ビジネスなどのフィンテック事業を主とする米国サンディエゴの銀行であり、2020年から2021年にかけてのビットコイン価格高騰前に機関投資家の利用が活発になるなどし、仮想通貨市場を影で支える重要インフラの一つだ。

2022年11月のFTXグループ破綻後にシルバーゲート銀行は巨額の預金引き出しに直面し、これらに対応するために資産を売却するなどの苦しい対応を迫られていたことで知られている。シルバーゲートは米証券取引委員会(SEC)に提出する年次報告を予定通り提出できないと発表後、最大手仮想通貨取引所や企業がシルバーゲート銀行の入出金サービスの停止を次々に発表した。

シルバーゲートの株価(ティッカー:SI)は13.5ドルを推移していたものの、この発表でわずか数時間で53%の下落を記録。現在ではさらに下落して5.72ドルを推移している。

 

仮想通貨取引所も預金引き出しか

シルバーゲート銀行は破産疑惑が浮上してきており、仮想通貨取引所やステーブルコイン発行企業はワイヤー送金によるドルの入出金の停止だけにとどまらず、顧客資産などの預け入れもないと発表。

利用停止や預け入れがないと発表したのは

・コインベース(仮想通貨取引所)

・ジェミニ(仮想通貨取引所+ステーブルコイン発行)

・サークル(ステーブルコイン発行)

・パクソス(ステーブルコイン発行)

・テザー(ステーブルコイン発行)

・ギャラクシーデジタル(ファンド)

・Cboe(証券取引所)

などである。

仮想通貨の重要インフラ

シルバーゲート銀行は24時間365日、機関投資家の巨額送金にも対応するSEN(シルバーゲート・エクスチェンジ・ネットワーク)を介してドルの送金を提供し、さらにビットコインを担保にした”仮想通貨ローン”を開始したことでコインベースやバイナンスUSなどが次々に加入を表明し、2020年から2021年にかけての重要インフラとなった。

FTXグループの破綻は仮想通貨レンディング企業”ブロックファイ(BlockFi)”の連鎖倒産を招き、仮想通貨ブローカレッジのジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)も2023年に入って破産。これだけに留まらず、仮想通貨取引所のシルバーゲート銀行の連鎖倒産懸念による「バンクラン(取り付け騒ぎ)」に直面しているということになる。

 

*現在速報のため追記中。最新の更新は@bokujyuumaiよりお知らせします。

 

関連記事:仮想通貨の未来にはバイナンス帝国陥落は必要か?

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?
インタビュー
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?
仮想通貨の話が出てきて、印象的だったのは2014年にマウントゴックスが経営破綻です。当時は仮想通貨のような概念が可能と頭ではわかっていましたけれど、それと一緒に問題が残ったという印象を受けました。振り返ると、ビットコインが登場したのが2009年。その頃は、まだ第四次産業革命っていう言葉もありませんでした。