【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク

編集部おすすめ

【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク

リークによると最大手投資銀行の一つモルガン・スタンレーは、富裕層クライアントへビットコイン投資を行うことができるビットコインファンドへのアクセスを提供するという。JPモルガンの間接的な仮想通貨への投資を行うバスケット取引に対し、モルガン・スタンレーは米投資銀行として初となる富裕層へのビットコインへの投資を提供することになる。

関連記事:【墨汁速報】JPモルガン 仮想通貨関連企業の株バスケット取引をSECへ提出で明かす

富裕層へのビットコイン投資

モルガン・スタンレーの財務顧問に通達された内部文章によると、Galaxy Digitalの2つの仮想通貨ファンドとNYDIGとFSインベストメントのビットコイン会社を介して、最低でも約2.2億円以上を保有する個人投資家か、5.5億円を保有する投資会社という適格投資家がビットコイン投資を行うこことができるという。

モルガン・スタンレーの富裕層向けの投資管理サポート「ウェルスマネジメント(Wealth management)」では、4兆ドルを超える管理資産を持つ。リークした人物によると、この決定はクライアントによる需要の高まりによるものであり、ビットコインのここ数年での大幅な高騰はウォール街がビットコインを「資産クラス」として認め始めているサインだという。

モルガン・スタンレーは非常にボラティリティの高いビットコインへの投資は、リスク許容度の高い富裕層のみが現状では適格と考えているようだ。

投資会社のビットコイン投資制限

投資会社には富裕層の個人投資家達より厳しい5.5億円以上を口座に保有している必要があり、最低でも6ヶ月以上アカウント開設から経過している必要があるという。またこのような適格投資家であっても、ビットコインの購入は純資産の2.5%までと制限する。

仮想通貨ファンドのうち、GalaxyビットコインファンドLPとFS NYDIGセレクトファンドは最低投資が250万円となっており、機関投資家向けのGalaxy InstitutionalビットコインファンドLPは5.5億円以上の最低投資が必要となる。

リークによると、早ければ来月には財務顧問達がトレーニングコースを受けた後、クライアント達はビットコインへの投資が可能になるという。仮想通貨ファンド最大手のGrayscaleはビットコインETFの上場を画策しており、さらにこれらの最大手投資銀行が仮想通貨業界に参戦しはじめていることから、2021年も機関投資家や大口投資家の動向を注視しておく必要があるだろう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート
【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】最大手仮想通貨ファンドGrayscale ビットコインETF上場を画策か
ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ
ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Morgan Stanley becomes the first big U.S. bank to offer its wealthy clients access to bitcoin funds


前のニュースロシアがついに180度政策転換、デジタルルーブルの試験運用開始へ
次のニュース香港証券上場企業メイツ、追加でビットコインとイーサリアム約53億相当購入
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者