サンドボックスとタイムがパートナーシップ発表、メタバース空間の構築へ

分散型メタバースプラットフォームのザ・サンドボックス(The Sandbox)は6月21日、ニュース誌のタイム(TIME)とのパートナーシップを締結したと発表した。サンドボックス内に「タイム・スクエア(TIME Square)」を構築する。

アートや商業のの中心地として建設

タイム・スクエアは、会議やアート、商業の中心地としてサンドボックス内にタイムが所有している土地に建設される予定だ。タイム・ピーシーズのホルダーにユニークな体験を提供する包括的な環境を創り出し、さまざまなイベントやタイムスタジオのプロジェクトの上映と教育的体験のバーチャルアクセスを提供する。これにより、タイム・ピーシーズコミュニティに貢献するという。

メタバースの中心地となるような場所に

タイムのキース・グロスマン(Keith A. Grossman)社長は、「我々の目標は、メタバースの中心となる目的地を作ることだ」と述べ、「2021年9月にタイム・ピーシーズを立ち上げて以来、タイムが築いた100年の素晴らしい遺産から恩恵を受けるWeb3でのコミュニティ開発に注力してきた」とも話している。

ザ・サンドボックスのセバスチャン・ボーゲット(Sebastien Borget)COO(最高執行責任者)兼共同創設者は、「サンドボックスは、しばしば 『仮想マンハッタン』として捉えられ、文化、エンターテインメント、ブランドで活気づく空間であり、誰もが発見し、学び、働き、新しい人と出会い、遊び、踊り、素晴らしい新しい機会を見出すことができる」と語っている。

参考
TIME and The Sandbox announce partnership to build ‘TIME Square’ in the metaverse

【こんな記事も読まれています】
弱気相場続く仮想通貨市場を上手く乗り切りるブロックチェーンゲーム
メタバース市場規模は2030年までに約214兆円に成長、年平均成長率は約50%
「ビットコイン」の検索数がグーグルで急上昇

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
仮想通貨ニュース
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
現在は市場価格にあまり変化がなく、停滞気味に見えるビットコイン(BTC)ですが、その裏で先物市場における基準価格は一年ぶりの底値を迎えようとしています。前例もいくつかあり、その際は共に回復傾向に変わるとプラスの影響がありましたが、今回はどのような結果となるのでしょうか。
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
仮想通貨ニュース
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。