サンドボックスとタイムがパートナーシップ発表、メタバース空間の構築へ

分散型メタバースプラットフォームのザ・サンドボックス(The Sandbox)は6月21日、ニュース誌のタイム(TIME)とのパートナーシップを締結したと発表した。サンドボックス内に「タイム・スクエア(TIME Square)」を構築する。

アートや商業のの中心地として建設

タイム・スクエアは、会議やアート、商業の中心地としてサンドボックス内にタイムが所有している土地に建設される予定だ。タイム・ピーシーズのホルダーにユニークな体験を提供する包括的な環境を創り出し、さまざまなイベントやタイムスタジオのプロジェクトの上映と教育的体験のバーチャルアクセスを提供する。これにより、タイム・ピーシーズコミュニティに貢献するという。

メタバースの中心地となるような場所に

タイムのキース・グロスマン(Keith A. Grossman)社長は、「我々の目標は、メタバースの中心となる目的地を作ることだ」と述べ、「2021年9月にタイム・ピーシーズを立ち上げて以来、タイムが築いた100年の素晴らしい遺産から恩恵を受けるWeb3でのコミュニティ開発に注力してきた」とも話している。

ザ・サンドボックスのセバスチャン・ボーゲット(Sebastien Borget)COO(最高執行責任者)兼共同創設者は、「サンドボックスは、しばしば 『仮想マンハッタン』として捉えられ、文化、エンターテインメント、ブランドで活気づく空間であり、誰もが発見し、学び、働き、新しい人と出会い、遊び、踊り、素晴らしい新しい機会を見出すことができる」と語っている。

参考
TIME and The Sandbox announce partnership to build ‘TIME Square’ in the metaverse

【こんな記事も読まれています】
弱気相場続く仮想通貨市場を上手く乗り切りるブロックチェーンゲーム
メタバース市場規模は2030年までに約214兆円に成長、年平均成長率は約50%
「ビットコイン」の検索数がグーグルで急上昇

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)FXや先物・オプション取引の仕組みを徹底解説!取引所は国内と海外どっちがベスト?
初心者
ビットコイン(BTC)FXや先物・オプション取引の仕組みを徹底解説!取引所は国内と海外どっちがベスト?
仮想通貨やビットコイン(BTC)は現物取引だけでなく、「FX」や「先物・オプション取引」といった、さまざまな方法で取引されています。日本国内でも一部サービスは利用できますが、海外取引所しか使えないサービスや異なった仕組みが存在します。では、どちらの取引所を使うのが良いのか、仕組みを解説したうえで紹介していきます。