暗号資産CFDとは?対応業者を徹底比較

暗号資産(仮想通貨)を現物取引するのではなく、レバレッジや空売りがしたいと考えている人におすすめなのが、暗号資産CFDです。
今回はそんな暗号資産CFDの基本情報と、対応業者とその特徴をあわせて紹介します。

暗号資産CFDとは?

暗号資産CFDとは、暗号資産(仮想通貨)を対象にしたCFD(差金決済取引)のことです。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など暗号資産のことは知っているという人の中にも、CFDと言われてもあまり馴染みがないという方もいるかもしれません。そんな人のためにまずはCFDについて簡単に説明します。

CFD(差金決済取引)を一言で表現すると、「差額だけのやり取りが発生するトレード」になります。例えば暗号資産の現物取引だと、1BTCを100万円で買って保有します。そして1BTCが110万円になってから売ると、10万円の利益がでます。現物取引だと、買ってから売るまでビットコインを保有することになります。そのため、売るまではビットコインを誰かに送ったり、買い物などの支払いに使うこともできます。

一方でCFDは、1BTC=100万円の時に買って110万円になってから売ると10万円の利益が出るのは同じですが、取引のどのタイミングでもビットコインを保有することはありません。

CFDは暗号資産の現物を保有することがないので、暗号資産に特有のハッキングの被害に遭うことはありません。その一方で、暗号資産を貸して利息をもらうサービスなどは利用できないというデメリットもあります。

暗号資産CFD対応業者

業者名 みんなのコイン LIGHT FXコイン マネックスビットコイン SBI FXトレード
対応銘柄数 2 2 4 3
レバレッジ 2倍 2倍 2倍 2倍
注文方法 成行、ストリーミング、指値、逆指値、OCO、IFD、IFO
成行、ストリーミング、指値、逆指値、OCO、IFD、IFO
ストリーミング、FIFO、指値、逆指値、OCO、IFD、IFO
2WAY注文、成行、指値、逆指値、OCO、IFD、IFDOCO
最小発注数量(BTC) 0.01BTC 0.01BTC 0.01BTC 0.0001BTC
詳細

暗号資産CFDの2つの特徴

暗号資産CFDの特徴は大きく分けて次の2つが挙げられます。

暗号資産CFDの特徴
①証拠金の2倍のトレードが可能
②価格の上昇だけでなく、下落時も利益が狙える。
レバレッジ2倍のトレードが可能

現物の取引とは違い、暗号資産CFDでは、証拠金の2倍の取引が可能です。

例えば、現物取引であれば1BTCが100万円の時、1BTCを取引するためには100万円が必要ですが、暗号資産CFDでレバレッジが2倍だと50万円で1BTCをトレードできます。

少ない資金でより大きな金額を動かす分、現物取引よりも利益を狙うことができます。

価格下落しても利益を狙える

暗号資産CFDのもう一つの特徴は、下落相場でも利益を追及することができる点です。

現物取引では、安い時に買って価格が上昇した時に売って利益を出すことができます。しかし、価格変動の激しい暗号資産相場でも、長期的な下落相場が続くことは珍しくなく、現物取引だけでコンスタントに利益を出すのは難しいです。

暗号試案CFDでは「安い時に買って、高い時に売る」だけでなく、「高いときに売って安い時に買い戻す」ことで利益を出せます。そのため価格が下落している時でも利益を追及できることから、下落相場が続く場面でも十分に利益を出すことが可能です。

暗号資産CFD対応業者の特徴紹介

みんなのFX「みんなのコイン」

#

みんなのコイン取扱い銘柄

銘柄
BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)

みんなのコインの特徴

「みんなのコイン」はトレイダーズ証券株式会社が提供するサービスです。
トレイダーズ証券株式会社はFXサービスの「みんなのFX」も提供しており、このノウハウが「みんなのコイン」にも活かされています。

「みんなのコイン」は各種手数料が無料となっています。しかし実質的な手数料として考えられるスプレッドと実建玉管理料があります。実建玉管理料は0.04%/日ですが、日次メンテナンスをまたいでポジションを持越した場合に発生します。微々たる手数料になるかもしれませんが、トレードする際には意識しておくと良いでしょう。

LIGHT FXコイン

#

LIGHT FXコイン取扱い銘柄

銘柄
BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)

LIGHT FXコインの特徴

「LIGHT FXコイン」は、「LIGHT FX」を運営するトレイダーズ証券が提供している暗号資産CFDサービスです。トレイダーズ証券は、同じく「みんなのFX」を運営しているため、「みんなのコイン」と「LIGHT FXコイン」はとても似たサービス内容となっています。

これからFXもやろうと考えている方は、「LIGHT FX」と「みんなのFX」を比較して、口座開設してみるのが良いでしょう。

マネックスビットコイン

#

マネックスビットコイン取扱い銘柄

銘柄
BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)
XRP/JPY(リップル/円)
BCH/JPY(ビットコインキャッシュ/円)

マネックスビットコインの特徴

「マネックスビットコイン」は、 総合的な投資サービスを提供しているマネックス証券が提供している暗号資産CFDサービスです。そのためFXや投資信託、日本株、米国株などさまざまな投資も試すことができます。

また対応銘柄も、国内の暗号資産CFDサービスでは最多の4銘柄もあります。さらに暗号資産CFD専用のスマートフォンアプリ「MONEX TRADER CRYPTO 」はさまざまな注文が可能で、トレードするのにダウンロードしておいて損のないアプリになっています。

SBI FXトレード

#

SBI FXトレード取扱い銘柄

銘柄
BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)
XRP/JPY(リップル/円)

SBI FXトレードの特徴

「SBI FXトレード」には、暗号資産CFDのサービスがあります。取扱い銘柄は3種類と比較的多く、基本的な取引手数料が0円なのも嬉しい点です。実質的な手数料となるレバレッジ手数料は朝6時30分を跨いでポジションを保有していた場合に発生するので注意しましょう。

おすすめの記事
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
ゴールドマン・サックスはビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨への投資を第二四半期から富裕層へ提供を開始するという。ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーに続く形となり、ビットコインや仮想通貨を新たな「資産クラス」として見ている。