ベトナムのブロックチェーンゲーム会社エンシェント8、約4億6,000万円を資金調達

ベトナムのブロックチェーンゲームメイカーであるエンシェント8(Ancient8)は1月19日、400万ドル(約4億5,000万円)の資金調達に成功したと発表した。

コインベースやアラメダリサーチも参加

今回の資金調達は、仮想通貨のベンチャーファンドであるドラゴンフライ・キャピタル(Dragonfly Capital)、仮想通貨やブロックチェーン技術に焦点を当てた機関投資家向け資産運用会社であるパンテラ・キャピタル(Pantera Capital)投資によってブロックチェーンの採用を加速させることを目指している韓国企業のハッシュド(Hashed)が主導した。

その他には、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)の投資部門であるコインベース・ベンチャー(Coinbase Ventures)、仮想通貨の流動性プロバイダーであるアラメダ・リサーチ(Alameda Research)などもエンシェント8を支援している。

誰もが遊びながら構築することのできるメタバースを実現

エンシェント8は、ベトナムなどのブロックチェーンゲーマーに奨学金を提供し、教育機会を提供している。今回調達した資金についてエンシェント8は、分散型自律組織(DAO)の開発を加速させるという。さらに、ソラナ(Solana)エコシステムに重点を置き、誰もが遊びながら構築することのできるメタバースを実現するコミュニティとソフトウェアプラットフォームを生み出すために使用する予定だ。

今回の資金調達についてエンシェント8は、「ブロックチェーンで将来の1億人のメタバース市民にリーチし、教育し力を与えるというミッションを続ける中で、先見性のある投資家と友人、パートナーの素晴らしいグループに支えられていることを光栄に思う」と語ったている。

また同社は、「私たちはメタバースにおける社会的・金融的アクセスを民主化するというビジョンを掲げている。このビジョンに向かって努力するときに、コミュニティは中核をなすものだ。さらに、私たちはGameFiとメタバースのインフラストラクチャーレイヤーを構築している。今後も奨学生を増やし、より革新的なプロジェクトやゲームと提携し、私たちのコミュニティとプロジェクトパートナーの両方に役立つブロックチェーンやソフトウェア製品を開発していく」とも述べている。

参考
Ancient8 Raises $4 Million in Seed Funding to Democratize Social and Financial Access in the Metaverse

【こんな記事も読まれています】
2022年NFTの3大予測、ブロックチェーンゲームの進化や投資分野の拡大など
「ロニン(Ronin)がイーサリアムの560%以上トランザクション処理」ブロックチェーン分析企業が発表
カルダノベースのメタバース(仮想空間)プロジェクトのパビア(Paiva)正式ローンチ

おすすめの記事
【墨汁速報】破綻したFTXの仮想通貨取引所「FTX.com」サービス再開か?新CEOが可能性を検討
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破綻したFTXの仮想通貨取引所「FTX.com」サービス再開か?新CEOが可能性を検討
破綻した仮想通貨最大手FTXグループの新CEO、ジョン・J・レイⅢ氏は同グループのインターナショナル仮想通貨取引所である「FTX.com」のサービス再開を検討していると述べた。このFTX.com再開報道からFTT(FTXトークン)は35%の高騰となり、一時2.45ドルを記録した。