• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

墨汁うまい(トレーダー) (3ページ目)

墨汁うまい(トレーダー)の記事一覧
墨汁うまい(トレーダー)の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

【墨汁速報】米最大手決済PayPal ビットコインなどのウォレットと売買機能、決...

3.25億ユーザーを抱える米PayPal(ペイパル)と子会社のVenmoは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)を仮想通貨取引所を介さず直接売買する機能を提供するとのリークが報じられた。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロ...

イーサリアム2.0マルチテストネットのデベロッパーによると、全てがうまく行けばイーサリアム2.0フェイズ0のローンチは2020年11月になると見られるという。イーサリアム2.0は6月現在、v0.12.1を公開しており、最終実装候補となっている。

【墨汁速報】仮想通貨上場などの補助ツール“ロゼッタ”をコインベースが公開

米コインベースは17日、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンの統合支援ツール”ロゼッタ(Rosetta)を公開。仮想通貨(暗号資産)取引所はコインベースのロゼッタを活用する事で仮想通貨の新規上場のための統合開発の手間を省けるという。

【墨汁速報】野村HDとLedgerビットコインカストディ「Komainu」をロー...

野村ホールディングスとLedgerは、ビットコインカストディサービス”Komainu”が17日にローンチしたとロイターが報道。野村ホールディングスは2018年5月に、カストディサービスの開発を行うとしていた。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

イーサリアム2.0の新テストネット、オニキス(Onyx)テストネットが6月14日にジェネシスブロックを生成し、ローンチした。このオニキステストネットは、6月3日に公開されたイーサリアム2.0の最終仕様となるVer.0.12を実装して

【墨汁速報】イーサリアム”ベルリン”のテスト環境がローンチ!その利点とは?

イーサリアムの大型アップデート”ベルリン(Berlin)”では、今までにない新たなテストスタイルである一時的に使用する”YOLO”仮テストネットのVer.1が遂にローンチ。ベルリンで実装するEIPをテストを他のユーザーを気にせず大胆に行えること
イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?

イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?

ブロックチェーン技術を大幅に変える数多くの実装を含むイーサリアム2.0。投資家を始めとする多くの人が期待を寄せるものの、その開発状況を把握するのは難しいです。そこで イーサリアム2.0の開発状況について整理します。

【墨汁速報】イーサリアム”ベルリンアップデート”の実装予...

イーサリアムの次期大型アップデートベルリン(Berlin)について、コアデベロッパー会議で実装予定日やEIPなどが議論された。ベルリンの実装日はテストネットで6月目標とされていたが、一時期的に使用するYOLOテストネットが提案されている。

【墨汁速報】イーサリアム ライデンネットワークβ版ローンチで大幅改善

イーサリアムのオフチェーンプロジェクト“ライデンネットワーク”は、Alderaanリリースをイーサリアムメインネットへローンチ。ライデンネットワークのAlderaanリリースは、イーサリアムのメインネット初のフルバージョンとなる。

【墨汁速報】イーサリアム2.0最終仕様候補が公開 テストネットで得られたデータを...

イーサリアム2.0のフェイズ0の最終仕様候補となる「イーサリアム2.0 Ver 0.12 Quarantine Haircut 」が5月21日に公開された。重大なセキュリティ問題が発見されない限りほぼ同等の仕様でメインネットローンチの予定。

【墨汁速報】BlockFi高金利レンディングがハッキング被害 顧客データ流出によ...

仮想通貨レンディングサービスなどを提供するBlockFiによると、5月14日にハッキングを受け半数以下の顧客のメールアドレスや住所などのデータが流出したという。ユーザの資産は被害を受けておらず、安全だとている。

【墨汁速報】JPモルガンチェース ビットコイン取引所をクライアントとして初めて承...

米最大手銀行JPモルガンチェースは、ウィンクルボス兄弟のビットコイン取引所GeminiとCoinbaseをクライアントとして承認したと報道。JPモルガンチェースが仮想通貨産業においてクライアントとして承認したのは初だという。

【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

ErisXはイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。

【墨汁速報】半減期!ビットコイン新規発行数が半減 BTCマイナーへの影響は?

ビットコイン(BTC)の半減期はブロック高630000となり、2020年5月12日日本時間午前4:23となった。次回の半減期は21万ブロック後の840000ブロックとなり、2024年5月頃を予定している。
イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検証をしてみた

イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検...

イーサリアム2.0フェイズ0のローンチ準備は日に日に進んでおり、2020年ローンチの可能性が高まっています。今回、墨汁うまいさんにイーサリアム2.0の最新動向とトパーズテストネットでの実際のバリデータテストについて解説していただきました。

【墨汁速報】dYdX イーサリアム初となるDEX上のビットコインデリバティブ(B...

イーサリアムレバレッジDEX(非中央集権仮想通貨取引所)を提供するdYdXプロトコルは、ビットコインパーペチュアル(デリバティブ)をイーサリアム上でαローンチ。イーサリアム上のレバレッジDEXでは初となるビットコインデリバティブとなる。

【墨汁速報】イーサリアム ETH2メインネット環境実装の”トパーズテ...

イーサリアム2.0の開発を行うPrysmatic Labsは、初となるETH2のプロダクションレディバージョンとなるv0.11.1の実装を行ったトパーズ(Topaz)テストネットを発表した。詳細を紹介する。

【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)最終段階となる最大約108万円のバグバ...

イーサリアムファンデーションはETH2フェイズ0の監査終了に伴い、ETH2フェイズ0のBeacon Chainのバグバウンティプログラムを発表。2020年内のローンチを目前としており、リリース前の最後のバグテストとなる。
イーサリアム2.0(ETH2)の2020年ローンチ目前のカウントダウンへ 現在の進捗は?

イーサリアム2.0(ETH2)の2020年ローンチ目前のカウントダウンへ 現在の...

2020年内にローンチを予定しているイーサリアム2.0、通称ETH2の初期段階であるフェイズ0のローンチ。リーストオーソリティ(Least Authority)社によるETH2の2回目の監査が終了。ローンチ目前に迫った進捗状況を解説します。

【墨汁速報】韓国最大手国民銀行 仮想通貨カストディの商標登録出願 KBDACは新...

韓国メディアの報道によると、韓国最大手国民銀行が仮想通貨カストディを行うKBDAC(KB Digital Asset Custody)という商標登録を出願。諮問機関は金融機関が仮想通貨取扱いに参入すべきという見解を示していた。

【墨汁速報】ビットコイン13%高騰 米FRB コロナショックによる無制限量的緩和...

米中央銀行であるFRBは、新型コロナウィルス(COVID-19)によるリセッション懸念により、無制限量的緩和政策を発表。この発表でビットコインは約9%の高騰を記録した。日本円で約110兆円にも及ぶドルが新たに市場に投入されることになる。

【墨汁速報】イーサリアムDeFi レンディングCompound SAI(DAI)...

イーサリアム上のレンディングコントラクトCompoundは、DeFiの中核Maker DAOが提供するステーブルコインSAI(Single Collateral DAI)の取扱に関する新たな発表を行った。

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P5...

週末開け、米市場のオープン後NYダウは約7.3%の下落を記録。CMEの提供するビットコイン先物も9日月曜にオープンし、12.61%もの下落を記録。2月末から続くコロナショックの第二波となった。相場の動きを紹介する。

【墨汁速報】韓国国会 ビットコイン取引などの仮想通貨取引所の規制改正法案を可決

韓国国会にて仮想通貨取引所の運営をライセンス化し、許可制にする特定金融取引情報の報告と利用の法改正案が3月5日に可決。韓国はビットコインなどの仮想通貨取引を正式に国として規制されることとなった。法案の詳細を紹介する。

【墨汁速報】ビットコイン投資家に警告、アンチビットコインで有名なイングランド銀行...

イングランド銀行に17日付けで総裁として就任するAndrew Bailey氏はビットコイン投資家に対して警告を行った。Bailey氏によると「(ビットコインへの投資は)すべての資産を失うことになる身構えが必要だ」という。

【墨汁速報】イーサリアム新たな時代の幕開け EYとマイクロソフト他12社 新たな...

イーサリアム開発スタートアップのConsensSysと4大監査法人のEYは、マイクロソフトなど含む14のスタートアップや企業と提携。エンタープライズグレードでのイーサリアム活用の新たなプロジェクト「ベースラインプロトコル」を発表。

【墨汁速報】ビットコインや米株一時高騰 米FRB 緊急で50bpの利下げ

連邦準備制度理事会(FRB)は、緊急で50bpの利下げを発表。この発表によりビットコインを含むゴールド、米株に買いが集中し一時的に高騰。ビットコインは約1.74%の高騰後、-2.58%の下落となった。
仮想通貨投資で必ず守らなければいけないこと

仮想通貨投資で必ず守らなければいけないこと

2020年に入りビットコイン(BTC)など価格回復がみられた仮想通貨市場。仮想通貨投資を行う際には、取引所のハッキングや不可解な経営破綻といった取る必要のないリスクが存在します。そこで、こういった無駄なリスクを避ける手段を紹介します。

【墨汁速報】米CoinbaseイーサリアムのENSを統合 ENSライクなサービス...

コインベース(Coinbase)はイーサリアム版DNSとなるENS(イーサリアムネームサービス)をウォレットに統合。このENSのサポートにより、ユーザーはDNSのようにドメインでアドレスを指定することが可能となった。

【墨汁速報】中国仮想通貨取引所FCoin顧客のビットコインを不正送金し持ち逃げか...

中国の仮想通貨取引所FCoinは、チームのコアメンバーと連絡が取れず、予定通りにシステムを回復できないとし、メンテナンスモードに入っていた。Fcoinのコールドウォレットからビットコインの送金が確認され、詐欺ではないかと憶測が飛んでいる。

【墨汁速報】ビットコイン半減期期待 マイニングASICメーカー株価が80%高騰 ...

ビットコインASICメーカーのCanaanの株価は、ビットコインの新規発行数が半減する半減期まで3ヶ月を切ったことやBTC価格の高騰などの影響か、約83%の高騰を記録。出来高は平均の約40倍を記録した。

【墨汁速報】イーサリアム上で新たなステーブルコイン”QCADR...

カナダの仮想通貨スタートアップのジョイントベンチャー カナダステーブルコープ(Stablecorp)は、イーサリアム上でカナダドルにペッグする新たなステーブルコイン、"QCAD"を新たにローンチしたと発表した。

【墨汁速報】CMEビットコイン先物 一足先に10000ドルに到達 ビットコインの...

CMEの提供するビットコイン先物は、BTC現物より一足早く10000ドルに到達。2020年はマイニング報酬が半減する半減期を約3ヶ月後に控えており、増える需要に対して供給が半額となるため、ビットコインの3度目の半減期に期待が集まっている。

【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)ローンチ 2020年7月30日を目標へ...

イーサリアム2.0(ETH2)のBeacon Chainローンチは、イーサリアムの5周年となる2020年7月30日を新たな目標としてテストを行うとイーサリアムデベロッパーと発明者のVitalik Buterin氏の意向が示された。

【墨汁速報】「ブロックチェーンは価値がある」約5億円のバフェットディナー遂に開催...

1月23日、ウォーレン・バフェット氏とTronの創設者Justin Sun氏の会食がネブラスカのハッピーハロウィンクラブにて行われた。Sun氏はバフェット氏との昼食をできる権利を約5億円で落札していたが、2019年7月予定だったがSun氏の体調不良で延期されていた。

【墨汁速報】ビットコイン送金5億件を突破、わずか3年で過去の記録の2倍を更新

ビットコインのトランザクションは、2020年2月5日で合計5億トランザクションを突破。データプロバイダーのSatoshi.infoによると、5日18時頃に5億トランザクションを記録した後、すでに10万トランザクションを記録している。

【墨汁速報】Trading Viewの完全統合 ウィンクルボス兄弟のGemini...

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所Geminiは、仮想通貨や株などのリアルタイムチャートを提供するTrading Viewを完全統合を発表。Geminiユーザーはビットコインなどの取引をTrading Viewを介してできるようになった。

【墨汁速報】韓国 仮想通貨ブーム終了?キムチプレミアム大幅マイナスとBitber...

韓国で人気な仮想通貨ウォレットプロバイダーBitberryが2月29日でサービスを終了するという。2019年には韓国の仮想通貨取引所の大半が赤字であると言われており、2020年に入ってキムチプレミアムは大幅なマイナスとなっていた。

イーサリアム(ETH)の今後、2020年にどうなるのか?

2020年に予定されているイーサリアム2.0(通称ETH2)のローンチによって、どのような変化が起こるのでしょうか。DeFi(分散型金融)などの分野で主に活用されているものの、機能拡充によって更なる用途が生まれることが予想されます。

【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)テストネット 2倍となる36,000バ...

イーサリアム2.0(ETH2)のPrysmクライアントのサファイアテストネットのバリデータ数が2倍を記録。ETH2のサファイアテストネットはテストネット上に展開されており、誰でも3.2ETHをステーキングすることでバリデータテストと参加が可能。

【墨汁速報】イーサリアム上での匿名送金 Aztecのローンチ発表 zkDaiとは...

イーサリアム上での高速な匿名ネットワークを構築するAZTECは、唯一の非中央集権ステーブルコインのDAIの匿名送金を可能とするzkDAIのSDK(ソフトウェア開発キット)をローンチ。また、さまざまな活用も予定されている。

【墨汁速報】イーサリアム(ETH)マイナー ETH価格上昇期待での売り控えか?

機関投資家向け仮想通貨データプロバイダーのSantimentによると、イーサリアムマイナーの保有するETH数が2019年10月の最高値を超えATH(さらなる高値更新)となったという。ETH価格は2019年12月末から約2ヶ月で約60%の高騰を記録している。 イーサリアムマイナーの売り控え? Snatimentのデータによると、2019年2月には約152万E

【墨汁速報】イーサリアム上のテザー(USDT)の送金額がETHを上回る

イーサリアム上で発行されているUSDにペッグするとされているステーブルコインのテザー(USDT)は、USD価格においてイーサリアムのネィティブ通貨のETHを上まったという。Messariのデータもあわせて紹介する。

【墨汁速報】イーサリアムDeFi DAIのDSR金利が米株の年間リターンを上回る...

Maker DAOのコントラクトにより発行されるUSDにペッグするステーブルコインのDAIは、プロコトルの一部により提供される金利のDSRが7.75%に引き上げ。この年利は株式における年間のリターン平均を上回るパフォーマスとなる。

【墨汁速報】ダボス会議 リップル社CEO 「1年以内にIPO」リップル社の”自然...

リップル社CEO ブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)が、1年以内にリップル社は株式公開を実質する可能性を示唆。現在行われている世界経済フォーラムのダボス会議にて、リップル社の自然進化と表している。

【墨汁速報】ビットコイン 機関投資家参入なるか?仮想通貨取引所Gemini SO...

ウィンクルボス兄弟のGeminiは、世界4大会計事務所のデロイトトーマツと共同で、Gemini仮想通貨取引所とカストディ両者の内部統制国際基準となるSOC2 Type2を達成したと発表。これにより信頼の高い仮想通貨プロバイダーとなった。

【墨汁速報】ダボス会議 Bakktアプリは仮想通貨決済アプリよりPayPalのよ...

現物決済されるビットコイン先物を提供するBakktのAdam White氏は、スイスで開催されているダボス会議でBakktのアプリについて言及。2020年にローンチ予定で、どちらかというとPayPalのような形になるという。
イーサリアム2.0(ETH2)への大きな前進、デポジットコントラクトの監査と現状は?

イーサリアム2.0(ETH2)への大きな前進、デポジットコントラクトの監査と現状...

ソフトウェア監査のRuntime Verification社が、イーサリアム2.0の初期段階、ビーコンチェーン(Beacon Chain)のローンチに必要なデポジットコントラクトを安全にデプロイするための形式的検証の終了を発表した。

【墨汁速報】影響は? Grayscaleビットコイントラスト SEC報告会社への...

仮想通貨ファンドのグレイスケール(Grayscale)のビットコイントラストは、2019年11月に申請したSECの報告会社として、ビットコイントラストの登録が完了したと発表。仮想通貨投資信託としては世界で初となる。

【墨汁速報】ウィンクルボス兄弟Gemini ナカモトキャプティブ(自社保険)をロ...

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所Geminiは、コールドストレージのようなオフラインの金庫からビットコインやイーサリアムが盗難、紛失した場合にクライアントを保護する新たな保険企業を立ち上げるという。

人気のインタビュー記事

最新記事

コインチョイスのTelegram