• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

墨汁うまい

墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

墨汁うまいの記事一覧
墨汁うまいの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

【墨汁速報】Bakkt ビットコイン先物オプションとCFDを同時にローンチ CF...

ビットコイン現物決済先物を提供するBakktは、10月に発表したビットコイン先物のオプションをローンチしたと発表。同時に同社の親会社であるICEシンガポールでビットコイン先物を基準にしたCFD(差金決済取引)のローンチを同時に発表。

【墨汁速報】OKEx CMEやBakktに続きビットコインと仮想通貨現物、先物の...

OKCoinが運営するグローバル取引所OKExは、CMEやBakktのビットコイン先物オプション取引に続き、12月12日から仮想通貨の現物と先物のオプションローンチを発表。来年にはビットコインのオプションが取引できるようになる。

【墨汁速報】イーサリアムの大型アップデート イスタンブール無事に実装 現在のステ...

イーサリアムの大型アップデートの日本時間9:25amイスタンブールは、イーサリアムのブロック高が #9069000に到達し実装された。イスタンブール実装は主にイーサリアムのコントラクトを実行するバーチャルマシンのEVMを調整したアップデートだ。 現在のイーサリアムの開発段階はメトロポリスとなり、イスタンブールはメトロポリスのコンスタンティノープル(サンクトペテルブルク)に次ぐ3番目のアップデート

【墨汁速報】Maker DAO MCDのイーサリアムの債務上限を引き上げ、DSR...

イーサリアム上のDeFiの重要プロジェクトであるMaker DAOは、12月6日から行っていたDebt CeillingとDSR(Dai Savings Rate)の年利、SAI(DAI)の安定化手数料(Stability Fee)の変更を行う投票を反映。オンチェーンガバナンスによる4.8万MKRの投票によりDSRは2倍となる4%へと引き上げられた。
イーサリアムのイスタンブール実装はいつ?アップデート率は問題になるのか?

イーサリアムのイスタンブール実装はいつ?アップデート率は問題になるのか?

イーサリアム(Ethereum)のイスタンブール実装の日が近づいています。現在のブロック数とブロック生成スピードなどから、実装日の解説します。また、ETHユーザーがしなければいけないことを紹介します。

【墨汁速報】ビットコインの高金利レンディング BlockFi 手数料無料のスワッ...

仮想通貨の高金利レンディングを提供するプラットフォームのBlockFiは、BTCとETH、GUSDのスワップが可能なBlockFi Tradingを新たにローンチ。取引所を介すことなく仮想通貨のシームレスな取引ができるという。

【墨汁速報】Etherscan イーサリアム2.0(ETH2)Beacon Ch...

イーサリアムのブロックチェーン情報を提供するEtherscanは、2020年ローンチ予定のイーサリアム2.0の初期段階となるBeacon Chainのテストネットのエクスプローラーを公開。誰でも現在のチェーン状況を確認することができる。

【墨汁速報】カナダ政府支援のビットコインマイナー破産へ 資産は債権のわずか3分の...

カナダのビットコインマイナーかつAIデータセンターGreat North Dataは、ビットコイン相場の伸び悩みからか11月末に破産を申請。債権は10.8億円あるのに対し、破産申請時には350万ドルしかないという。

【墨汁速報】MakerDAO SAIのMCD(DAI)移行率が約4倍に イーサリ...

イーサリアム上の分散型金融(DeFi)にとって新たなステージとなるメイカーダオ(MakerDAO)のマルチコラテラルDAI(MCD)は、12月3日にエコシステムの大半を移行完了とする予定だ。それに伴い、SAIからの移行率が高まっている。

【墨汁速報】イーサリアム上のDeFi中核 Compound MCD(DAI)を早...

イーサリアム上のレンディングコントラクトのCompoundは、Maker DAOが11月18日に新たにローンチしたマルチコラテラルDAI通称MCDを新たに対応。現在SAIとDAI(MCD)の保有者がレンディングを可能となった。

【墨汁速報】韓国仮想通貨取引所 Upbit ハッキングにより55.4億円分のイー...

韓国の最大手仮想通貨取引所Upbit(アップビット)は、大量の仮想通貨送金が検知された後に仮想通貨の出金を停止、これによるハッキングされたのではないかと推測されていた。27日にUpbit公式は不正送金が行われたと公式発表を行った。

【墨汁速報】フィデリティ FDAS ビットコインOTC取引重視から年末までに初の...

管理資産7兆ドルの米フィデリティの仮想通貨部門であるFDASは、NYFDSのカストディとビットコインの売買認可後、初となる仮想通貨取引所との提携を2019年末までに画策しているとFDASの社長が述べている。

【墨汁速報】中国人民銀行(PBoC) 海外仮想通貨取引所の取り締り強化を発表 ビ...

仮想通貨などを規制する中国人民銀行はICOとビットコインなどの仮想通貨と人民元の取引を2017年に禁止してから初めて仮想通貨規制を更新。ICOなどの違法な資金調達やビットコインなどの仮想通貨取引による利益の享受を指摘し規制を強化するという。

【墨汁速報】Bakkt シンガポールでCME同様のUSD決済ビットコイン先物ロー...

現物決済ビットコイン先物を米国で提供するバックト( Bakkt)は、11月13日にニューヨークで行われたカンファレンスで詳細を明らかにしたUSDキャッシュ決済のCFDビットコイン先物のローンチを正式に発表した。

【墨汁速報】管理資産7兆ドル フィデリティのFDAS ビットコインカストディと取...

フィデリティデジタルアセット(Fidelity Digital Asset)は、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)により定款をニューヨーク州銀行法のもと認可されたと発表。この認可によりニューヨーク州規制下の投資信託となる。

【墨汁速報】仮想通貨ファンド Grayscaleのビットコイントラスト SEC報...

仮想通貨投資ファンドのGrayscaleのビットコイントラストは、SEC(米証券取引委員会)の報告会社への登録を提出。SECがビットコイントラストを報告会社を適格と判断した場合、仮想通貨金融商品として初の登録となる。

【墨汁速報】バイナンス 中国Weiboのアカウントを法律を破ったとし消去される

バイナンス(Binance)のWeiboアカウントが、「法律と規制、Weiboの条約を破った」としてWeibo公式からブロックされた。中国メディアによると「バイナンスは最も重要なマーケティングポジションを失った」として

【墨汁速報】Ledger Vault マーシュを介してロイズの約163億円の仮想...

ハードウェアウォレットのLedger Nanoで有名なスタートアップLedgerは、米保険業界最大手のマーシュにより仮想通貨カストディプラットフォーム"Ledger Vault"に163億円の保険を獲得したと14日に発表した。

【墨汁速報】Bitfinex 金にペッグするテザーゴールドと仮想通貨オプションの...

Bitfinexとテザー社のCTO Paolo Ardoino氏によるとBitfinexは仮想通貨のオプション取引を2020年第1四半期にローンチする予定であると述べた。また同仮想通貨取引所で同じ親会社を持つステーブルコインのテザーを発行するテザー社は、CNHTに続きゴールドにペッグするテザーゴールドを発行するとしている。 先物のバスケット取引と仮

【墨汁速報】Bakkt新規ビットコイン先物でワールドワイドな展開を画策

BakktのCOOであるAdam Whiteが、現物決済ビットコイン先物のBakktビットコイン先物は来年の2020年までに、CMEと同様の差金決済の導入を計画していると発言した。Bakktビットコイン先物の拡大を画策しているという。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

差金決済のビットコイン先物を提供する米CMEは2020年第1四半期にローンチするとしていたビットコイン先物のオプションを1月13日にローンチすると発表。現在規制当局によるビットコイン先物オプションの審査待ちの状態となっている。

【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNY...

現物決済されるビットコイン先物を提供するBakkt(バックト)は、11日NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)によりカストディサービスを提供する認可を受けたと発表。9月より先物は提供していたが、カストディサービスは提供していなかった。

【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレン...

BlockFiはビットコインとイーサリアムの高金利レンディングをオファーするプラットフォーム。そのBlockFiが、BTCとETHアドレスの出金先を登録できるホワイトリストの導入を発表、さらなるセキュリティの向上になる。

【墨汁速報】Radar ビットコインのライトニングを活用したイーサリアムブリッジ...

イーサリアムDEXのRadar Relayの開発で知られるスタートアップのRadarは、イーサリアムウォレットでビットコインのライトニングネットワークとのスワップを可能とする「RedShift」と呼ばれる新規サービスをローンチした。

【墨汁速報】Nexus ビットコインベースのブロックチェーンにスマートコントラク...

ビットコインベースのブロックチェーンの機能が拡張可能なNexusが、新たにスマートコントラクト機能をもたらすネットワークアップグレードを行うと発表。11月4日にデプロイされ、11月11日に実装がアクティベートされるという。

【墨汁速報】Nasdaqシステム採用の仮想通貨取引所 DX.exchage閉鎖へ...

ナスダック証券取引所のシステムを採用している仮想通貨取引所のDX.Exchangeは、取引所の売却または合併を押しすすめるために一時的に取引所を閉鎖することを取締役が決定したと11月3日に発表。ローンチからわずか10ヶ月となり、1年経たずに閉鎖という結果

【墨汁速報】フィッシングメールに気をつけて!BitMEXがメアド流出の経緯とその...

仮想通貨デリバティブ取引所のBitMEXは、11月1日に発表した新たなインデックス計算方と取引所追加告知でユーザーのメールアドレスが大量に流出した問題を謝罪。BitMEXのサポートなどを語るフィッシングメールの注意喚起を行った。
イーサリアム2.0(ETH2)は何がすごいのか?

イーサリアム2.0(ETH2)は何がすごいのか?

イーサリアム2.0またはETH2と呼ばれているイーサリアムの完成形の初期段階が2020年1月へと迫っています。そこで、イーサリアム2.0がなぜすごいのか、そしてどのような影響を与えるのかを解説していきます。

【墨汁速報】11月22日より開始!BitMEX インデックス価格に3つの取引所を...

ビットコインデリバティブで最も流動性が高いBitMEXは、基準となるインデックスの計算に新しい取引所を追加すると発表。新たに取引所を追加することでよりビットコインやイーサリアムなどの市場価格を反映できるとしている。

【墨汁速報】米CMEビットコイン先物のオプション詳細を暫定的に公開 投資戦略はよ...

ビットコイン先物を提供するCMEは9月末に発表していた「ビットコイン先物のオプション」の詳細を発表。来年の2020年第1四半期にローンチ予定であり、より複雑なトレード戦略が可能になる。詳細を紹介します。

【墨汁速報】スターバックスとの共同テスト! Bakktの決済アプリローンチを予定...

現物決済ビットコイン先物を提供するバックトは、エコシステムの要となる消費者と事業者のポータルとなるアプリを開発していると発表。このアプリは初期パートナーであるスターバックスとの共同で開発され、2020年上半期にローンチを予定しているという。

【墨汁速報】イーサリアム次期大型アップデート イスタンブールの実装日決定!

イーサリアム(Ethereum)のコアデベロッパー会議において、次期大型アップデートとなる”イスタンブール”の実装日が9056000ブロックに決定。現在のブロック生成時間から12月4日前後になると見られている。

【墨汁速報】ビットコインへ追い風?中国習近平主席 ブロックチェーンについて初めて...

中国の習近平主席がビットコインを中国で規制開始をして初めてブロックチェーンについて言及。ブロックチェーン技術で世界のリードになるべきだとしている。この報道後81万円を推移していたビットコインは約2.5万円の高騰となる83.5万円を記録した。

【墨汁速報】Bakkt 現物決済ビットコイン先物のオプションを12月9日にローン...

Bakktが10月24日、世界初となる米商品先物取引委員会(CFTC)による規制されたビットコイン先物のオプションコントラクトを12月9日にローンチすると発表。ユーザーはリスクヘッジやクロスマージンなどを行うことができるという。
イーサリアム2.0(セレニティ)のステーキング最新動向、バリデータにはいつなれる?

イーサリアム2.0(セレニティ)のステーキング最新動向、バリデータにはいつなれる...

2020年1月に予定されているイーサリアム2.0のBeacon Chainローンチ。32ETHをネットワークにステーキングすることでバリデータ報酬を受取れるようになります。イーサリアム2.0とバリデータの最新情報について解説します。

【墨汁速報】時価総額ランキングサイト 仮想通貨レンディングの利率比較サービスをロ...

仮想通貨の時価総額ランキングを提供するCoinMarketCapは10月16日、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など33種類の仮想通貨のレンディング利率を比較できるページを新たにローンチした。

【墨汁速報】ビットコインの中国リスク?AlipayとWechatPay バイナン...

バイナンス(Binance)が10月9日、個人間の仮想通貨取引のローンチ。このP2P取引では中国の中央銀行により禁止されている人民元と仮想通貨の取引が含まれていた。これに対してAlipayとWeChatPayは公式にサポートを否定した。

【墨汁速報】イーサリアム先物の可能性?CFTC新議長「ETHは証券ではなくコモデ...

CFTC(米商品先物取引委員会)の議長Heath Tarbert氏が、イーサリアムネットワークの通貨「ETH」は「証券ではなくコモディティである」とCFTC議長としての見解を示した。イーサリアム先物が申請されると承認される可能性が高い。

【墨汁速報】条件は?年利1.25% Coinbase イーサリアム上のUCDCで...

米Coinbase(コインベース)の発表によると、イーサリアム上で発行しているUSDにペッグするステーブルコイン USDCをCoinbaseで保有するユーザーに対し、1.25%の年利を付与すると発表。

【墨汁速報】世界初?保険ブローカー マーシュビットコイン盗難などの100%の盗難...

世界大手の保険ブロカーMarsh & McLennanは、モントリオールベースのカストディアン KNOXに異例となる仮想通貨の完全カバー保険を提供。ヘッジファンドなどに提供するコールドストレージサービスからのハッキングなどを保証。

【墨汁速報】現在の出来高や決済日は?バックト(Bakkt)ビットコイン先物ついに...

現物決済されるBakktビットコイン先物は、日本時間9月23日ついにローンチ。CMEの提供する四半期ビットコイン先物とは異なり、1ヶ月ごとに決済されるマンスリービットコイン先物のBTMと1日ごとに決済されるデイリービットコイン先物のBTCが提供されている。 関連記事:【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と

【墨汁速報】イーサリアム2.0(セレニティ)へ大きな前進!7つのETH2クライア...

イーサリアムファンデーションは、イーサリアム2.0(セレニティ)の7つのクライアントが1つのテストネット上で相互通信を行えたと発表。2020年1月2日イーサリアム2.0の初期段階となる、Beacon Chainのリリースがより確実になった。

【墨汁速報】ビットコインへの影響は?FOMCの利下げまとめ

日本時間19日3:00am、米FRBはFOMC(政策金利)で25bpの利下げを発表。8月1日の利下げに引き続き、約10年ぶり2回連続の利下げとなった。利下げの発表後、ビットコインは一時約45ドルの高騰を見せるも、一時的な下落となった。
ビットコイン(BTC)9月のファンダメンタルに注目、総まとめとおさらい

ビットコイン(BTC)9月のファンダメンタルに注目、総まとめとおさらい

2019年9月のビットコイン(BTC)相場において多くのファンダメンタルイベントがあります。これまでの重要なイベントとFOMCの声明発表をはじめとする今月末にかけての抑えておきたいファンダメンタルを解説します。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFの上場申請を取り下げ SECが日本時...

VanEck SolidXはSECに上場審議申請をしていたビットコインETFを9月13日付けで取り下げ。SECのビットコインETF審議は2019年10月18日が最終期限であったため、約1ヶ月の余裕を残して辞退した形となった。

【墨汁速報】イーサリアム イスタンブールアップデート Gorliテストネット実装...

イーサリアムのイスタンブールアップデートは、メインネットに実装する前にテストネットでバグなどのテストを行う必要がある。イーサリアムのテストネットが複数ある中、 Gorliでのイスタンブール実装のブロックナンバーが決定した。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物の取引制限を2倍の1万BTC緩和案をCFT...

ビットコイン先物を提供するCMEは、CFTC(米商品先物取引委員会)に対して取引制限を2倍にする書類を提出。2017年12月にローンチしたCMEのビットコイン先物。最近の市場の状況やCMEの狙いなどを紹介します。

【墨汁速報】イーサリアム上で社債を発行 スペイン最大手銀行サンタンデールの新たな...

スペイン最大手銀行のサンタンデール銀行は、イーサリアム上で2000万ドル日本円にして約21.6億円相当の社債を発行。同社はイーサリアムのエンタープライズ活用を目指すエンタープライズイーサリアムアライアンスに参加している。

【墨汁速報】異例!?CoinbaseがイーサリアムのDeFi促進のため200万U...

Coinbaseは、イーサリアム上のDeFi(分散型金融)のレンディングスタートアップCompoundとマージン取引を提供するdYdXのコントラクトを使用し200万USDC(2.15億円相当のUSDステーブルコイン)を投資。

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と変動額を発表...

9月23日にローンチする現物決済のBakktビットコイン先物について、マージン取引に関する詳細が発表された。レバレッジ倍数は未だに明かされていないが、マージン取引を行うために必要なデポジット金額やポジション維持証拠金、変動額を紹介。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram