• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

墨汁うまい

墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

墨汁うまいの記事一覧
墨汁うまいの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会...

Bakkt(バックト)は、ICE(インターコンチネンタル取引所)により提供されるビットコイン現物で決済される先物とカストディで、2019年9月23日にローンチ予定と発表。同社によると、CFTCの自己認証プロセスにより、ビットコイン先物のローンチの認可を受けているという Bakkt9月23日にローンチ予定 Bakkt公式によると、9月23日にビットコイン先物で決済するための”ビットコイン現物”を保管するカストディとその現物で期日に
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ビットコイン売買への影響は? 米Coinbase バークレイズ銀行と...

米最大手仮想通貨取引所Coinbaseは、英国最大手銀行でビッグ4の一角であるバークレイズ銀行との提携を失っており、英国ユーザーのポンド入出金のためにチャレンジャーバンクであるClearbankとの提携を画策していると報道があった。
米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日は?

米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日...

ビットコインETFの承認可否にまつわる審議が、更に延長の動きを見せました。ヴァンエック・ソリッドX(Vaneck SolidX)とビットワイズ(Bitwise)については次回10月中旬が期限となるため、これからの動きにはより注目です。
ライトコイン(LTC)の高騰は半減期の影響か?歴史と半減期の重要性

ライトコイン(LTC)の高騰は半減期の影響か?歴史と半減期の重要性

ライトコイン(LTC)が半減期を迎え、マイニング報酬が25LTC(約25万円)から、半分となる12.5LTCまで減少しました。ライトコインの成り立ちとこれまでの歩みを紹介するとともに、相場の状況も紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物...

LedgerX米国初の現物決済されるビットコイン先物のローンチを7月31日に報道したCoindeskは、一変してCFTCによる承認を受けていないとし、「LedgerXの現物決済ビットコイン先物はローンチしていない」と報道。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米国初 現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチ

オプション取引所のLedgerXが7月31日、アメリカで初となるビットコイン現物で決済することができるビットコイン先物をローンチしたと発表。今回のLedgerXの発表による今後の影響なども考察しました。
イーサリアム(Ethereum)4周年の軌跡とETHの今後~前編~

イーサリアム(Ethereum)4周年の軌跡とETHの今後~前編~

イーサリアム(Ethereum)が日本時間7月31日にジェネシスブロックから4周年となりました。当初は懐疑的な意見も多かったイーサリアムですが、その発展などこの4年の間に起きたさまざまな出来事をまとめました。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米CFTC BitMEXによるビットコインデリバティブの違法提供の可...

Bloombergの報道によると、CFTC(米商品先物取引委員会)が仮想通貨取引所のBitMEXの調査を行っているという。CFTCに非登録でアメリカ国民に対する取引を提供していたかどうかの数ヶ月に及ぶ調査だという。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】サムスン(Samsung) イーサリアムをサポートとしたDApps ...

韓国最大手の電子製品メーカー サムスン(Samsung)は、イーサリアムなどに代表されるブロックチェーン上のアプリケーション”DApps”を開発するSDKのβ版(ソフトウェア開発キット)を公開。詳細を紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0(セレニティ)今後のタイムラインと方針を提案

イーサリアム2.0(セレニティ)の大まかなタイムラインと方針が、イーサリアムファンデーションのリサーチャーであるJustin Drake氏によって提案。イーサリアム2.0のフェイズ0となる2020年のBeacon Chainローンチをはじめ、2021年にかけてのETH発行数の調整などが提案されている。イーサリアム2.0今後の実装予定の提案Drake氏によると、タイムラインは
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】仮想通貨取引所bitFlyer 1年ぶりの新規顧客受付け開始を予定

ビットコインなどの売買を提供するbitFlyerは2019年7月2日日、新規アカウントの受付けを再開する予定を発表。2018年6月22日に金融庁より受けた業務改善命令により、自主的に新規アカウント開設を停止してから約1年が経過していた。
イーサリアム2.0(セレニティ)の開発、そして今後どのように変わるのか?

イーサリアム2.0(セレニティ)の開発と今後どのように変わるのか?

フェイズ0のローンチが2020年1月を予定しているイーサリアム2.0(セレニティ)の開発と今後、そしてイーサリアム1.xとイーサリアム2.0の関係について、墨汁うまいさんにできるだけ分かりやすく解説していただきました。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】CFTC 現物決済 ビットコイン先物を可能とするDCMをLedger...

米商品先物取引委員会(CFTC)が6月25日、取引所のLedgerXにビットコイン現物で決済されるビットコイン先物の上場を行うことのできる「公認取引所」としてのDCMライセンスを承認したことを発表した。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】QuadrigaCX元CEO 顧客のビットコインなどを使い込み仮想通...

カナダの仮想通貨取引所クアドリガCX(Quadriga CX)は顧客資産を返却できず、今年4月に破産となっていた。しかし、調査により、死亡したとされる前CEOが216億円を超える顧客資産を私的流用をしていたということが公表された。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年1月3日のローンチを予定

6月13日に行われたイーサリアム2.0の実装会議で、イーサリアム2.0の初期段階の実装となるフェイズ0のローンチを来年2020年の1月3日として提案され、約半年後をターゲットに実装を行う予定であることが明らかになった。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】リップル(XRP)盗難のGatehub ハッキング経緯が判明 今後の...

リップル(XRP)に対応する仮想通貨ウォレットのゲートハブ(Gatehub)がハッキングを受け2300万XRPが盗まれた事件に関して、調査の最新情報が発表された。今後の対応やハッキングの経緯について説明されている。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】リップル対応のGatehubがハッキングにより2300万XRPが盗難...

仮想通貨ウォレットのゲートハブ(Gatehub)で、80~90アカウントにおよぶ合計2,300万XRPがハッキングと見られる被害により盗難されたという。今回のハッキングと見られる盗難の原因は複数の可能性があり、特定ができないという。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】英 EY(Ernst&Young)イーサリアム上での匿名送金...

世界4大会計事務所として知られるErnst & Youngがこのほどイーサリアム上でZcashのzk-SNARKsを使用したプライベートトランザクションを可能とするプロトコル「Nightfall」を公開。同プロトコルについて紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】カナダのQuadrigaCX 約210億円のビットコインなどの資産を...

最高経営責任者(CEO)の突然の死去により、ウォレットのコントロールを失ってしまった海外取引所のQuadrigaCXが、約210億円にもなるビットコインなどの資産をユーザーに返金できず、破産への道を進んでいる。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】4月1日 MyEtherWallet(MEW)がETHの送金にKYC...

イーサリアム及びERC20トークンウォレットとして需要の高いMyEtherWalletが2019年4月1日に送金するにはKYC(本人確認)が必須になると、ツイッターに投稿。エイプリルフールのジョークの内容を紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】韓国Bithumb EOSとリップル(XRP)のハッキング 内部の犯...

韓国の仮想通貨取引所「Bithumb」からイオス(EOS)とリップル(XRP)が不正に送金された。その被害総額は約21億円にも上るとされている。内部の人間による犯行の可能性が高く、トランザクションの内容などを紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】フィデリティの機関投資家向けFDASのサービス開始。イーサリアムの取...

機関投資家向けの仮想通貨取引とカストディを提供するフィデリティのFDASは現在ビットコインをサポートしているが、今後イーサリアムをサポートを予定しているものの、簡単ではないとしている。その理由を紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】BlockFi ビットコインとイーサリアムの高金利をオファー 市場に...

2019年初めにベータローンチした仮想通貨のレンディングサービスを提供するスタートアップ「BlockFi」がBlockFi Interest Account(BIA)を実装。仮想通貨で金利を毎月受け取ることができるサービスを紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】テザー(USDT)がトロンネットワーク(TRX)上にローンチを発表。...

テザーを発行しているTether Limitedはトロンネットワーク(TRX)上で新たにTetherを発行すると発表。テザーの背景から同社CEOが説明したトロンネットワークを使用する理由まで今回の発表について紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ビットコイン取引所”LGO Markets”がローンチ。特殊なハイブ...

新たな機関投資家向けビットコイン(BTC)取引所”LGO Markets”が3月4日プレローンチし、口座開設などの一部の機能を先行提供開始した。カストディを行うハイブリッドDEXだというLGO Marketsを紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】Bitfinexの12万BTCハッカーの利益とみられるビットコインが...

2016年8月、Bitfinex(ビットフィネックス)は不正アクセスにより約12万枚のBTCをハッカーに盗まれたという過去を持つ。2月25日のBitfinexの発表によると、盗まれたBTCが米政府により返却されるという。このビットコインの行方とは!?
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米SEC ビットコインETF再申請を公式に発表。米政府新予算案で追い...

VanEck SolidXビットコインETFは以前に申請取り下げ。米政府一部再開によってCboeは再度ビットコインETFの上場申請1月30日に行い、2月13日付で公式にSECに記載された。ビットコインETFと米政府閉鎖の関係(影響)等を解説。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ZcashはSaplingで密かにZEC偽造できる脆弱性を修正してい...

完全匿名送金が可能なZcashが、2018年10月28日に行われた大型アップデートのSapling時にZECを偽造できる脆弱性を修正したことを発表した。2018年3月1日の脆弱性が発見から、現在までの流れも紹介する。
イーサリアムのコンスタンティノープル遅延は今後どのような影響を与えるのか?

イーサリアムのコンスタンティノープル遅延は今後どのような影響を与えるのか?

イーサリアム(Ethereum)のコンスタンティノープルは2度の実装延期があり、ブロックは#7,280,000で実装が決定しています。おおよその実装時期や、今回のコンスタンティノープル実装遅延における影響などについて考察を行いました。
破綻リスクが高いビットコイン取引所を見分ける4つのポイント

【墨汁速報】ビットコイン取引所QuadrigaCXがCCAA申請で破産目前

QuadrigaCXは、日本時間1月29日6:00amに、取引所システムアップデートに伴うメンテナンスモードで直オンラインに戻ると発表。オフライン状態が4日ほど継続した。日本時間2月1日には「深刻な財政難」として、債権者保護手続を裁判所へ提出したと公式発表した。
イーサリアム(ETH) 下落トレンドブレイク

【墨汁速報】イーサリアムのコンスタンティノープルは2つのフォークを同時実装

イーサリアム(Ethereum)は2度のコンスタンティノープル実装を延期していたものの、イーサリアムクライアントのGethで再度2月27日をターゲットにした実装版 Can'tstantinopleをリリースした。
米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

投資信託大手のフィデリティ(Fidelity)は昨年、仮想通貨を安全に保管する”カストディサービス”含む機関投資家向けのサービスを提供すると発表。さらに今回はビットコインカストディサービスを3月を目処にローンチ予定であるという情報が入った。
イーサリアムのハードフォークであるコンスタンティノープル実装が延期、遅れる理由とは?

イーサリアムの大型アップデート「コンスタンティノープル」実装が延期、遅れる理由と...

実装まであと1日と迫った本日、イーサリアムの大型アップデートである「コンスタンティノープル」の実装が延期されるとの発表がありました。遅れる理由となった原因は一体何だったのか?そしてユーザーはどんな対応をすれば良いのか等を解説しています。
イーサリアムのコンスタンティノープル実装迫る!ETHホルダーが知っておくべき事とは?

イーサリアムのコンスタンティノープル実装迫る!ETHホルダーが知っておくべき事と...

イーサリアム(Ethereum)のコンスタンティノープル実装日がいよいよ近づいてきました。本稿ではこのハードフォーク実装を控えた今、ETHホルダーが知っておくべき(やっておくべき)ことを初心者向けにまとめて紹介しています。
イーサリアム(ETH)価格チャート分析、予想される2019年の展開とは?

イーサリアム(ETH)価格チャート分析、予想される2019年の展開とは?

イーサリアム(ETH)はおよそ1年前より大幅な下落(約94%)を記録しました。2019年はコンスタンティノープルの実装を1月に控えていることから、ETH価格について、来年に予想される展開を墨汁うまい氏に考察していただきました。
イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートから見る今後のETH価格

イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートから見る今後のETH価格

イーサリアムのコアデベロッパー会議でコンスタンティノープルの実装日が2019年1月16日に決定。この予定が確定した今、仮想通貨やETHの価格・相場にどう影響するのか、売り圧、インフレ率、テクニカル分析などから考察を行いました。
イーサリアム(Ethereum)1.xとは?2019年の発展に期待

イーサリアム(Ethereum)1.xとは?2019年の発展に期待

今年5度目となる大型アップデートを実装したイーサリアム(Ethereum)。本稿では来年に予定されているに大幅に改良するイーサリアム1.xについて解説します。また2019年のイーサリアムの展望についても紹介。
イーサリアムのコンスタンティノープルでの問題点と進行状況

イーサリアムのコンスタンティノープルでの問題点と進行状況

イーサリアムの大幅アップデートが現在進行中である。本稿ではコンスタンティノープルハードフォークについて、完成版となるセレニティまでどんなことがされていくのか、そしてマイナーと開発者目線での今後とタイムラインについてを詳しく解説。
今回のビットコインETF否決は明確だった…否決予測ができたその理由とは?

今回のビットコインETF否決は明確だった…否決予測ができたその理由とは?

先日発表されたSECによる3ファンドのビットコインETFの否決について、実は今回のビットコインETFの却下は予測できていたと墨汁うまい氏は語る。ではなぜ予測できたのか?その理由や、ビットコインETFの種類の違いなどを比較して解説。
イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

イーサリアム(ETH)の価格が2018年4月の最安値を更新した。仮想通貨の下落トレンドが続いているが、これはいつまで続くのだろうか?気になるビットコインETF、ファンダメンタル、そしてテクニカルチャート分析から考察を行った。
ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解説

ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解...

ビットコインETFの承認or否決の判断について多くの投資家が注目している。様々な情報が出回っており最終判断が2018年9月30日という報道もあるが、正確にはこの日までに承認or否決or審議延期が決まるとのこと。正しい知識を墨汁うまい氏が解説。
中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国には大きな演算力を持つマイナーが多くいます。先日、中国国内でビットコインやイーサリアムなどのマイナーを排除するという新たな動きがあると報じられました。この動きがイーサリアムやビットコインへ与える大きな影響について解説します。
イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬に関する墨汁うまい氏のコラム。マイニング報酬引き下げ提案であるEIPがイーサリアム(ETH)価格に与える影響について解説&考察を行った。マイナーの収益性を上げるとどうなるのか?についても深掘りしている。
EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

墨汁うまい氏によるイーサリアム(ETH)、仮想通貨全体の相場分析コラムです。イーサリアムの下落はEOSが30万分のETHを売ったことによる影響と考えられます。マイニング収益やドミナンス、テクニカルチャート分析で考察を行っています。
イーサリアムDappsの急激な成長と開発、ERC-1155が変えるゲーム

イーサリアムDappsの急激な成長と開発、ERC-1155が変えるゲーム

イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨以外にも様々な分野で利用されており、仮想通貨の中で最も大きなエコシステムを構築している途中です。その中でも特に今年注目とされている「Dapps」について墨汁うまい氏がわかりやすく解説しています。

ビットコイン(BTC)の本当の下落要因とは?仮想通貨とイーサリアム(ETH)相場...

イーサリアムは安定していたものの再び下落、執筆時点ではフィアット建てで5万円台に。本稿ではETHに影響を与えたビットコイン(BTC)の下落要因やETH価格の相場分析をお届け。ファンダメンタルズやテクニカル、マイニング収益性から考察を行った。
イーサリアム(ETH)価格ファンダメンタルズ分析、仮想通貨全体の行く末を考察

イーサリアム(ETH)価格ファンダメンタルズ分析、仮想通貨全体の行く末を考察

墨汁うまい氏によるイーサリアム(ETH)ファンダメンタルズ分析。時価総額やハッシュレートなどを参考に、いつもとはちょっと違った視点からの分析・考察を行っています。仮想通貨の未来は明るい?…今後の仮想通貨の行く末についてもコメント。
イーサリアムが与えるマイニング業界への影響【マイニングの今後】

イーサリアム(Ethereum)が与えるマイニング業界への影響【マイニングの今後...

マイニングの今後について墨汁うまい氏の考察コラムです。イーサリアムがもたらすマイニング業界への影響についてを深掘り、マイニング報酬を減らすと、価格やPow、その他仮想通貨への影響はあるのでしょうか?わかりすく解説していただきました。
イーサリアム(Ethereum)が与えるマイニング業界への影響【基礎知識編】

イーサリアム(Ethereum)が与えるマイニング業界への影響【基礎知識編】

イーサリアムはロードマップで発表されているようにPoSへ移行する予定である。これによりCasper移行前のPoWとのかけ合わせによりマイナー報酬は減る方向へ。本稿ではイーサリアムがマイニング業界へもたらす影響にまつわる基礎知識についての解説。
イーサリアムテクニカル分析、ETHは下降トレンドへ突入

イーサリアムテクニカル分析、ETHは下降トレンドへ突入

2018年5月後半、イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)の下落に引っ張られず耐えていたものの、ついに下落トレンドへ突入、時価総額全体も下落しています。今回はファンダメンタルとテクニカル両方の視点で墨汁うまい氏が分析を行いました。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@