• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

平野 淳也

平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

平野 淳也の記事一覧
平野 淳也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場

2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)はインカムゲインがないアセットでしたが、2019年は暗号通貨を通じたインカムマーケットが立ち上がり始めていることに注目が集まっています。本コラムではその中の「ステーキング」について深ぼって解説します。
ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

My Crypto Heroesをはじめ徐々にユーザー数が増加しているブロックチェーンのゲーム系のアプリケーション。個人間で簡単かつ確実に売買できるゲーム内のアセット化されたアイテムのファンダメンタルズについて解説します。
バイナンス(Binance)の分散型取引所の詳細がアップデート、BNBがステーキングできる可能性について

バイナンス(Binance)の分散型取引所の詳細がアップデート、BNBがステーキ...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)が、現在構築中の独自ブロックチェーンと、それを利用した分散型取引所についての詳細情報をアップデートしました。平野氏に今後の動向と可能性について考察していただきました。
Twitter社CEOが語るビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブな通貨になる可能性が高い理由

Twitter社CEOが語るビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブな...

以前からビットコイン(BTC)に高い関心を示しているTwitter社のジャック・ドーシーCEOが語るビットコインがインターネイティブな通貨になる可能性が高い理由について、誕生や特徴などの要因から解説します。
世界的にビットコイン(BTC)の取引高が激減、その理由とは?

世界的にビットコイン(BTC)の取引高が激減、その理由とは?

ビットコイン(BTC)をはじめとした暗号通貨の取引ボリュームが減少しているというデータを調査会社のdiarが報告しました。市場の動きとOTC市場などビットコインの取引高が世界的に減少してる原因を紹介します。
暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認識すべき事実

暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認...

暗号通貨(仮想通貨)の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場という事実について、個人投資家が認識するべきこと、またOTC取引やOTC業者の動きを紹介。2019年以降さらにこの割合が増えるだろうという点について、その理由などを解説します。
VCファンドをブロックチェーン上でトークン化するマーケットプレイス「VNX EXCHANGE」

VCファンドをブロックチェーン上でトークン化するマーケットプレイス「VNX EX...

VC(ベンチャーキャピタル)ファンドのプロジェクトの一つに「VNX EXCHANGE」があります。VCファンドの基本構造から現在の課題点を紹介し、VNX EXCHANGEによるVCファンドのトークン化が何をもたらすかなどを考察します。
個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」とは?

個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」と...

国内ではVALUやTimeBankといった「個人」をアセットする個人トークン発行系プロジェクトが多く見られます。国外にもこういった事例があるので、本稿ではそのうちの1つ「Convergent」の概要や使われ方などを紹介。
ブロックチェーン関連の仕事は稼げるのか?世界の職種別給与の調査レポート公開

ブロックチェーン関連の仕事は稼げるのか?世界の職種別給与の調査レポート公開

仮想通貨とブロックチェーンに特化した仕事検索サイトのCryptocurrency Jobsが、地域と職種別の給与を調査したレポートを発表しました。最も給与水準が高ったのはどのような職種でいくらぐらいなのか?
海外クリプトメディアの「5年間、暗号通貨メディアを運営して学んだこと」を読む

海外クリプトメディアの「5年間、暗号通貨メディアを運営して学んだこと」を読む

海外の暗号通貨メディア「NullTX」が掲載した記事タイトル「5年間、暗号通貨メディアを運営して学んだこと」を読んで、現在・今後の国内クリプトメディアについて考察を行いました。8つの学んだことの項目は当然のことですがとても大切なことです。
ブロックチェーンを使用した予測市場Veilがローンチ、2つのプロトコル(Augur・0x)を使用

ブロックチェーン利用の予測市場Veilがローンチ、2つのプロトコル(Augur・...

ブロックチェーンを使った予測市場「Veil」がローンチしました。Augurと0xという2つのプロトコルを使用されているとのこと。この予測市場について、Augurと0xを組み合わせた技術についてメリットなどを紹介します。
EOS(イオス)は金権政治なのか?金権政治でも問題ないという反論

EOS(イオス)は金権政治なのか?金権政治でも問題ないという反論

EOS(イオス)はスマートコントラクトプラットフォームとしてEthereum(イーサリアム)に次ぐ時価総額規模となっています。本稿ではこのEOSが金権政治であるという批判に対する反論内容をまとめ、今後のEOSについて考察をしています。
XRPとRippleの関係性:XRPが違法性がある証券なのかと疑われる理由の背景整理

XRPとRippleの関係性:XRPが違法性がある証券なのかと疑われる理由の背景...

XRPが違法性がある証券なのではないかと疑われている理由について、詳しく理解していない方向けに背景を整理しました。ここで見えてくるXRPとRippleの関係性について、XRPとは何か、XRPの背景を知る土台にしていただけたらと思います。
保有の暗号通貨を増やす3つの方法~インカムゲインがない暗号通貨だからこそ重要な「増やす」選択肢

保有の暗号通貨を増やす3つの方法~インカムゲインがない暗号通貨だからこそ重要な「...

暗号通貨はインカムゲインがない投資商品。配当収入がないモノだからこそ暗号通貨を「増やす」ことが重要という主張に対して考察を行いました。では保有している暗号通貨はどのように増やしたらいいのか?その3つの方法を紹介します。
シンガポールが2019年にブロックチェーン・暗号資産領域で存在感を出す可能性

シンガポールが2019年にブロックチェーン・暗号資産領域で存在感を出す可能性

2019年、シンガポールがブロックチェーンや暗号資産の領域でさらなる活発な動き、そして存在感が出てくる可能性について考察を行いました。Binance(バイナンス)のシンガポール進出を筆頭にその他の可能性について解説します。
2018年にブロックチェーンプロジェクト・ICO・STOへの投資を統計した詳細レポートが発表

2018年にブロックチェーンプロジェクト・ICO・STOへの投資を統計した詳細レ...

2018年にブロックチェーンプロジェクトやICO、そして最近話題となっているSTOへ投資について、その統計を詳細に記したレポートがINWARA(リサーチ会社)から発表されました。今回はその中でも特に気になる4つのポイントについて解説します。
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)が51%攻撃受ける、PoS vs PoWの論争を再考する

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)が51%攻撃受ける、P...

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)が51%攻撃されました。国内の主要取引所でも入出金停止となるなど措置がとられています。今回の問題を受け、PoS vs PoWにおける論争を再考しました。
ソフトバンク上場から考察、公開市場から資金調達をする責任とは

ソフトバンク上場から考察、公開市場から資金調達をする責任とは

2018年12月19日にソフトバンク通信事業が上場を終えました。調達額は約2兆6,500億円と過去最高額になったとのこと。この上場から考える、公開市場から資金調達を行う責任について考察を行いました。
UI/UXに優れた新しいハードウェアウォレット「ELLIPAL」の仕組み・使い方

UI/UXに優れた新しいハードウェアウォレット「ELLIPAL」の仕組み・使い方...

ユーザーの使いやすさを重視、UI/UXに優れている新しいハードウェアウォレット「ELLIPAL」の仕組み・使い方 をレビュー。既存のハードウェアウォレットと異なる点や使い方の手順、実際に使ってみた感想などを紹介します。
GMOが355億円を特別損失、マイニング大手企業各社に苦難も乗り越えた企業は明るい未来?

GMOが355億円を特別損失、マイニング大手各社に苦難も乗り越えた企業の未来は明...

GMOが仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失を計上したことを発表した。今回の損失の内訳やマイニング大手各社の状況を紹介し、このような苦境にあっても、マイニング企業はこれを乗り越えた場合に再び浮上する可能性について考察を行いました。
加速するバイナンス(Binance)直近の動き、予想される今後の動向とは

加速するバイナンス(Binance)直近の動き、予想される今後の動向とは

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は最も加速している取引所といっても過言ではない。同社の直近の動きや開催予定のイベント、今後どういったことが予想されるのかについて考察を行いました。他社とは違った戦略を持つBinanceに注目。
EOS(イオス)は早い速度で成長をするも、ハッキングやフェイクアカウントも

EOS(イオス)は早い速度で成長をするも、ハッキングやフェイクアカウントも

EOS(イオス)はトランザクション数の処理能力やアプリの設計において早い速度で成長しています。しかし一方で、中国メディアが公開したレポートによるとハッキングやフェイクアカウントも増加しているようです。本稿ではEOSの現状を解説しました。
ハイパーインフレ国家ベネズエラで起こる、政府の動きと草の根運動

ハイパーインフレ国家ベネズエラで起こる、政府の動きと草の根運動

ハイパーインフレ国家ベネズエラでの、現状の政府の動きに対しての考察コラム。石油決済を米ドルで行わなくなった場合どういったことが起こり得るのか、そして草の根運動ともとれる「Airdrop Venezuela」プロジェクトとは何なのかを紹介。
ビットコイン(BTC)相場:巨大なショートポジションの主体はマイナーである可能性やその影響

ビットコイン(BTC)相場:巨大なショートポジションの主体はマイナーである可能性...

最近のビットコイン(BTC)価格は下落が続いており、執筆時点で40万円前後を推移、2018年の最安値を更新しています。市場の状況を見て、巨大なショートポジションの主体はマイナーである可能性、そしてその影響について考察を行いました。
「シリコンバレー全盛期は間もなく終わり」とPayPal共同創業者、次はブロックチェーン含む新規領域

「シリコンバレー全盛期は間もなく終わり」とPayPal共同創業者、次はブロックチ...

PayPal共同創業者であるピーター・ティール(Peter Thiel)氏が「シリコンバレーの全盛期は間も無く終わり」とコメントした件から考えられる事、彼の投資テーマが既にブロックチェーン等の新規領域に向かっている件について考察を行いました。
米SEC委員長がConsensus Investで発言した暗号通貨に関係する重要な内容を振り返る

米SEC委員長がConsensus Investで発言した暗号通貨に関する重要な...

米国証券取引委員会(SEC)の委員長であるJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏が、Consensus Investで暗号通貨、ETF、ICO等について重要な内容を語りました。本コラムではその発言を振り返り、考察します。
続くベアマーケットで試練を迎えるブロックチェーン企業、下落相場とビジネスへの影響

続くベアマーケットで試練を迎えるブロックチェーン企業、下落相場とビジネスへの影響...

ビットコイン(BTC)をはじめ、仮想通貨市場にとっては厳しい状況が続いてします。下落相場ににより、ブロックチェーンなど関連企業やプロジェクトにも影響が出てきています。実際の例とともに、考えられる悪影響を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)使用のアダルト動画サイト、月間アクティブユーザーが6千人超え

イーサリアム(Ethereum)使用のアダルト動画サイト、月間アクティブユーザー...

イーサリアム(Ethereum)を使用して構築されているアダルト動画サイト「Spankchain」が月間アクティブユーザー6千人を超え、約800万円がモデルに対して支払われているといいます。これらを参考にビジネスモデルについて解説します。
マーケット構造の変化:2018年に起きたこと&今後起こり得ること

マーケット構造の変化:2018年に起きたこと&今後起こり得ること

2018年で起きたマーケット構造の変化と、今後起こりうるマーケット構造の変化についてのコラムです。Coinbase(コインベース)の動向を参考にし、2018年と2017年と比較して、今後起こりうる変化を考察しました。
オハイオ州が米国初のビットコイン(BTC)納税受付、税金と暗号通貨の未来像について

オハイオ州が米国初のビットコイン(BTC)納税受付、税金と暗号通貨の未来像につい...

米オハイオ州で、アメリカでは初となるビットコイン納税の受付開始を発表した件について、本コラムでは納税プロセスや州財務官へのインタビュー内容、暗号通貨と税金の未来像について、今後どのようなことが期待されるのか考察を行いました。
需要が増加するブロックチェーンエンジニアを今から目指す3つの理由

需要が増加するブロックチェーンエンジニアを今から目指す3つの理由

暗号通貨・ブロックチェーン業界では、ブロックチェーンエンジニアが不足しており、求人(需要)が増加しています。海外の調査データではブロックチェーンエンジニアの年収は約1900万円程にもなるとか。今から目指す3つの理由を紹介。
ETHとERC20のトークン価格がデカップリング、イーサリアム上で最も価値があるトークンとは?

ETHとERC20のトークン価格がデカップリング、イーサリアム上で最も価値がある...

イーサリアム(ETH)とERC20のトークン価格は、ERC20の時価総額のほうが高く、連動しなくなっています(=デカップリング)。また分散型取引所のプロトコル「0x(ゼロエックス)」が運営するDEXが今後増加するという事についても考察します。
ブロックチェーンのトリレンマ問題に「汎用性の難しさ」を加えたスケーラビリティへの考え方について

ブロックチェーンのトリレンマ問題に「汎用性の難しさ」を加えたスケーラビリティへの...

ブロックチェーンのトリレンマ問題についての解説コラムです。KyberNetwork(カイバーネットワーク)CEOのLoi luu(ロイ・ルー)氏が問題定義している4つのクオドリレンマの考え方として問題定義している内容を紹介します。
d10n Lab:レポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化する実証実験

d10n Lab:レポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化す...

暗号通貨の未来を考える企業「d10n Lab」がレポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化しようという実証実験をPCS(プロダクトクラウドセールス)と行っています。ブロックチェーンの新しいユースケース事例の詳細を紹介。
バイナンス(Binance)がBNBトークンのユースケースを拡大、Coinbase等と全く異なるビジネス戦略

バイナンス(Binance)がBNBトークンのユースケースを拡大、Coinbas...

大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、同社のトークンであるバイナンスコイン(BNB)を多くの投資先と提携したりとユースケースを拡大中。また、Coinbaceなど他社とは全く異なるビジネス戦略を展開しており、その現状況を解説。
イーサリアム(Ethereum)の価値はどこに集中をするか:Fat Protocolsの検証

イーサリアム(Ethereum)の価値はどこに集中をするか:Fat Protoc...

投資家目線で、250個のイーサリアム(Ethereum)トークンの見直しを行った記事について、平野淳也氏が解説。記事テーマはEthereumの価値はどこに集中をするか?そしてFat Protocolsの検証について。投資家の方は必読です。
様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubイベントレポート】

様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubイベントレポート】...

暗号通貨・ブロックチェーンのサービスは様々あり、無料で公開される多くはオープンソースソフトウェアを用いられて作られています。そもそものOSS知識やサービスの一例など、HashHubで開催されたミートアップのイベントレポートをお届けします。 。
ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9つ

ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9つ

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号通貨(仮想通貨)の市場が今後上昇するという意見がUS圏に多くある。その中で暗号通貨市場の上昇相場を期待する9つの理由を述べている記事について要約、解説します。
ビットコイン(BTC)をイーサリアム(Ethereum)上のトークンにするWBTCへのインパクト・批判

ビットコイン(BTC)をイーサリアム(Ethereum)上のトークンにするWBT...

KyberNetworkなど3社がイニシアチブをとるWBTCについての解説コラムです。ビットコイン(BTC)をイーサリアム(Ethereum)上のトークンにするWBTCとは?そして、WBTCのインパクトや散見する批判などを併せて紹介。
ステーブルコイン(Stablecoin)が安定しない?トレーダー間で盛り上がる現在の状況とは

ステーブルコイン(Stablecoin)が安定しない?トレーダー間で盛り上がる現...

ここ最近ステーブルコイン(Stablecoin)がStableではないとトレーダーの間で盛り上がりを見せているという。今ステーブルコインに何が起きているのか?現在の状況やステーブルコインはどのようなファンドから投資されているのか等を紹介。
第七弾:セキュリティトークン情報収集おすすめサイト5選~証券トークンについて知っておくべきこと

第七弾:セキュリティトークン情報収集おすすめサイト5選~証券トークンについて知っ...

セキュリティトークン(証券トークン)について知っておくべきことの重要点をまとめてお届けする連載コラムの最終回(第7弾)です。本記事ではセキュリティトークンを理解する上で情報収集におすすめのサイトを平野氏が5つ厳選して紹介します。
第六弾:セキュリティトークンの中期予想~証券トークンについて知っておくべきこと

第六弾:セキュリティトークンの中期予想~証券トークンについて知っておくべきこと

仮想通貨・ブロックチェーン業界で非常に注目されているセキュリティトークン(証券トークン)についての連載コラム第6弾。1~5弾で解説した基本情報をふまえ、本稿は平野氏によるセキュリティトークンに対する今後の予測を考察してお届けします。
第五弾:分散型金融のプロトコルはどのようにスタックするか~証券トークンについて知っておくべきこと

第五弾:分散型金融のプロトコルはどのようにスタックするか~証券トークンについて知...

セキュリティトークン(証券トークン)のことが基礎からわかる人気連載コラム第5弾目の今回は、関連する分散型金融プロジェクトの数々を紹介。Dharma、Set、TheOcean、dYdXの大まかな概要をつかみ理解につなげる記事となっています。
第四弾:セキュリティトークン関連の最も重要な米国での議論~証券トークンについて知っておくべきこと

第四弾:セキュリティトークン関連の最も重要な米国での議論~証券トークンについて知...

セキュリティトークン(証券トークン/ST)に関する人気連載の第4回目のコラムは、米国にて議論されている証券取り扱いに関する「Jobs Act 3.0」のポイントや米国プロジェクトの今後の動向についての考察を紹介します。
第三弾:なぜ米企業はセキュリティトークンに熱心なのか?~証券トークンについて知っておくべきこと

第三弾:なぜ米国企業はセキュリティトークンに熱心なのか?~証券トークンについて知...

セキュリティトークン(証券トークン)についてを解説するコラムシリーズの第三弾。セキュリティトークンの取り組みが熱心な国といえばアメリカ。ではなぜアメリカなのか?セキュリティトークンに前向きになりがちな理由を紹介。
第二弾:セキュリティトークンの領域にベットする主要プロジェクトリスト~証券トークンについて知っておくべきこと

第二弾:セキュリティトークンの領域にベットする主要プロジェクトリスト~証券トーク...

セキュリティトークン(Security Token/証券トークン)の領域に対し、前向きに取り組むプロジェクトを厳選、コインベース(Coinbase)やサークル(Circle)、ハーバー(Harbor)など認知度が高いものをリスト化して紹介。
第一弾:セキュリティトークンとは何か?~証券トークンについて知っておくべきこと

第一弾:セキュリティトークンとは何か?~証券トークンについて知っておくべきこと

「セキュリティトークン(Security Token/証券トークン)」について最低限知っておくべきことを全5回のシリーズに分けて概観するコラム。第一回目は「セキュリティトークンとは何か?」について、基本事項やメリットなどを解説。
バイナンス(Binance)CEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく追求される

バイナンス(Binance)のCEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく...

英語圏で人気のUnchained(アンチェーンド)のポッドキャストにバイナンス(Binance)のCEO(CZ氏)がゲストとして登場。キレのある鋭い質問が人気のUnchainedのインタビュー。厳しい意見(追求)にもCZ氏は回答しています。
コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリース

コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinb...

米大手仮想通貨取引所のコインベースが上場のトークン増加のため上場方針を転換すること、そして個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリースしたことを公式ブログでアナウンスした。同社の将来像とは?
バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版が近々リリースへ

バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)パブリックベータ版が近々リリ...

大手仮想通貨取引所の1つバイナンス(Binance)が、分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版を近々リリースすることがCZ氏のツイッターで発表。BinanceはどのようなDEXにしていく構想があるのか、現在わかることをまとめてみた。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice