• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

平野 淳也

平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

平野 淳也の記事一覧
平野 淳也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

バイナンス(Binance)やFTXで取引される分散型金融(DeFi)インデックスとは?

バイナンス(Binance)やFTXで取引される分散型金融(DeFi)インデック...

DeFi(分散型金融)が盛り上がりをみせるなか、世界最大の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がDeFiインデックスという新しい金融商品を発表しました。このDeFiインデックスの概要と注意点を紹介します。
アメリカで議論されている暗号資産関連の規制の方向性

アメリカで議論されている暗号資産関連の規制の方向性

仮想通貨をめぐる規制に関しては国内外問わずさまざまな議論が行われています。そこで今回は、他国への影響が大きいアメリカ国内における近年の仮想通貨に関する議論や規制やルールに関するトピックをまとめて紹介します。
分散型金融(DeFi)におけるイールドファーミング(流動性マイニング)とはなにか?

分散型金融(DeFi)におけるイールドファーミング(流動性マイニング)とはなにか...

さまざまなオープンソースの金融プロトコルを組み合わせて、金融サービスを構築できることが特徴の分散型金融(DeFi)。そんなDeFiをより理解するために欠かせない「イールドファーミング(流動性マイニング)」について解説します。
分散型金融(DeFi)における「流動性提供」とは何か?

分散型金融(DeFi)における「流動性提供」とは何か?

さまざまなオープンソースの金融プロトコルを組み合わせて、金融サービスを構築できることが特徴の分散型金融(DeFi)。今回はDeFiの理解を深めるた、よく使用される「流動性提供」について解説していきます。
既存金融機関もDeFi(分散型金融)に関心?IBMはサポートする意欲を示す

既存金融機関もDeFi(分散型金融)に関心?IBMはサポートする意欲を示す

盛り上がりを見せる分散型金融(DeFi)。金融取引はスマートコントラクトで実行され、特定の第三者に資金を預ける必要性がないなどの特徴を持ったDeFiに、既存の金融機関を関心を示し始めているようです。
PoS移行後のETHは債券のような性質を持つアセットに?利子を持つ暗号資産

PoS移行後のETHは債券のような性質を持つアセットに?利子を持つ暗号資産

DeFi(分散型金融)などの情報を配信しているバンクレス(Bankless)が、ETHはPoSの移行後は債券のような性質を持つアセットになるとの見解を発表しました。今回は、債券の性質を持ったETHについて考えていきます。
米国金融機関の暗号資産に関連する動向

米国金融機関の暗号資産に関連する動向

アメリカの投資銀行や運用ファンドなどの大手金融機関はビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産に対してどのようなスタンスをとっているのでしょうか?JPモルガンなどアメリカの主要な金融機関の動向をまとめます。
バイナス(Binance)が2020年第二四半期のバーン発表、BNBのファンダメンタルズは?

バイナンス(Binance)が2020年第二四半期のバーン発表、BNBのファンダ...

バイナンス(Binance)が2020年第2四半期のBNBトークンバーンを発表。その額は、6,000万ドル(約64億円)で過去最高を記録したことが明らかになりました。そこで、最近のバイナンスの動きとBNBのファンダメンタルズを紹介します。
イーサリアムクラシックに約13時間ものReorgが発生、下位PoWチェーンのセキュリティに懸念

イーサリアムクラシックに約13時間ものReorgが発生、下位PoWチェーンのセキ...

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のブロックチェーンで3,693のブロックの「Reorg」が発生しました。直接的な被害は報告されていなものの、51%攻撃が疑われています。詳細を紹介します。
EIP1559とは?イーサリアムの手数料モデルの抜本的変更の提案と価格への影響

EIP1559とは?イーサリアムの手数料モデルの抜本的変更の提案と価格への影響

イーサリアム(Ethereum)のトランザクション手数料モデルを抜本的に変更する提案が議論されています。EIP1559と呼ばれるこの提案の新しい手数料モデルの仕組み、そして課題などを紹介していきます。
イーサリアムのエコシステムを成長させながら企業活動を行うConsenSysの最近の取り組み

イーサリアムのエコシステムを成長させながら企業活動を行うConsenSysの最近...

ニューヨークに拠点を置くブロックチェーン企業のコンセンシス(ConsenSys)。販売するプロダクトは全てイーサリアム(Ethereum)に関連するものである同社の最近の取り組みなどを紹介していきます。
バイナンス(Binance)やOKExなど世界の取引所ビジネスをデータで俯瞰する

バイナンス(Binance)やOKExなど世界の取引所ビジネスをデータで俯瞰する...

バイナンス(Binance)をはじめOKExやFTXなど世界の暗号資産取引所ビジネスをデータで俯瞰してみます。各取引所が扱うトークン数の違いや、ビットコイン(BTC)の保有量などについて紹介していきます。
分散型金融の需要が大幅に増加、短期的なものでもDeFi自体は有望

分散型金融の需要が大幅に増加、短期的なものでもDeFi自体は有望

2020年6月の分散型金融(DeFi)の需要が大幅に増加しました。コンパウンド(Compound)のトークンであるCOMPを配布するスケジュール発表が要因とも考えれています。今後のDeFiについて考えます。
開発の柔軟性を担保したサイドチェーンをSKALEが公開

開発の柔軟性を担保したサイドチェーンをSKALEが公開

イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトを拡張して、サイドチェーンを構築するスケーリングソリューションのSKALEがこのほど、メインネットでの稼働を発表。SKALEの特徴について紹介します。
世界最大の暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の6月の動向

世界最大の暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の6月の動向

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)の6月の動向をまとめました。特に注目な取引エンジンのアップデート、その他にもイギリスで取引所を開設、コンパウンド(Compound)の独自トークンの取り扱い開始などにつてい消紹介します。
機関投資家がビットコイン(BTC)市場に参入する場合にどのような指標を見るのか

機関投資家がビットコイン(BTC)市場に参入する場合にどのような指標を見るのか

機関投資家がビットコイン(BTC)市場に参入する場合にどのような指標を参考にするのでしょうか?今回は、分析サイトのコイン・メトリックス(Coin Metrics)が発表したレポートの内容を要約し考察を加えて紹介します。
実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場

実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場...

イーサリアム(Ethereum)をはじめとしたパブリックブロックチェーンは取引処理能力に限界があることは広く知られています。2020年に入り、実用化のフェーズになったレイヤー2のアプリケーションについて紹介します。
世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」とは?

世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smar...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)は2020年4月に新しい独自ブロックチェーン、「Binance Smart Chain」を発表しました。今回は既に運用している「Binance Chain」との違いや特徴を解説します。
ビットコインは2024年には3000万円にまで上昇?将来の価格を予想する理論とは?

ビットコインは2024年には3000万円にまで上昇?将来の価格を予想する理論とは...

ビットコイン(BTC)の価格の予想モデルを提案した人物が、新たなビットコインの将来価格予想理論モデルを発表しました。今回の2024年にビットコインの価格が3,000万円になるというモデルを紹介します。
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

2020年4月ごろから強気相場に入ってきたイーサリアム(ETH)。年始との価格を比較すると約2倍になっており、今年のパフォーマンスはビットコイン(BTC)を上回っています。そこで2020年にイーサリアムの上昇が期待できる3つの要素を紹介します。
金融ベンチャーFintertechの暗号資産担保ローンは新しい投資戦略を生み出すのか?

金融ベンチャーFintertechの暗号資産担保ローンは新しい投資戦略を生み出す...

2020年4月に金融ベンチャーであるFintertech(フィンターテック)が発表した暗号資産担保ローンのサービス。ビットコインなど暗号資産を担保にして借り入れを行えるサービスは、投資家にとって新しい投資戦略となるかを紹介します。
為替の方向転換についてグローバルアセットである暗号通貨投資家が知っておくべきこと

為替の方向転換についてグローバルアセットである暗号通貨投資家が知っておくべきこと...

最近では新型コロナウイルスの影響など、世界の為替市場には動きがあります。ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨への投資を行っている人が、円安や円高など為替の動きに関して知っておくべきことを紹介します。
FacebookのLibraの新しいホワイトペーパーを読み主要な変更点を整理する

FacebookのLibraの新しいホワイトペーパーを読み主要な変更点を整理する...

このほどFacebookが主導するLibraプロジェクトの新しいホワイトペーパーが公開されました。ステーブルコインを新たにサポートすることなど今回明らかになった主な変更点を整理し、リブラの意図を考えます。
個人の時間やTwitterなどの広告枠をトークン化して取引するマーケットプレイスが登場

個人の時間やTwitterなどの広告枠をトークン化して取引するマーケットプレイス...

個人の時間や自分のツイッターやブログを広告枠としてトークン化して取引するマーケットプレイスが登場しました。その活用方法からイーサリアムを活用した仕組み、成功した際にどのようなことが可能になるのかなどを紹介します。
バイナンス(Binance)がオプション取引を開始、投資戦略として有効な利用方法は?

バイナンス(Binance)がオプション取引を開始、投資戦略として有効な利用方法...

世界最大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がこのほどオプション取引の提供を開始しました。オプション取引とは?という基礎知識から、バイナンスのオプションの特徴や投資戦略としての活用法までを紹介します。
迫るビットコイン(BTC)の半減期、マーケットへの影響は?

迫るビットコイン(BTC)の半減期、マーケットへの影響は?

ビットコイン(BTC)の3回目となる半減期は5月12日に訪れる予定です。今回の半減期でマイニング報酬が12.5BTCから6.25BTCに半減、マーケットにはどのような影響があるのでしょうか?平野氏の考察を紹介します。
2019年のVCによる暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトへの投資総額縮小

2019年のVCによる暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトへの投資総額縮小

2019年のVCによる暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトへの投資総額は前年比で減少していることが明らになりました。件数に変化はなく、エンタープライズ系のブロックチェーンプロジェクトへの投資額が増加。詳しく紹介します。
BNBの証券性問題とその現状、バイナンス(Binance)としての方針とは?

BNBの証券性問題とその現状、バイナンス(Binance)としての方針とは?

世界大手の暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の世界戦略の核とも言えるトークンのBNB。取引所の手数料の割引など用途があるBNBに関して指摘される証券性、その指摘に対するバイナンスの主張、そして考察を紹介します。
ブロックチェーンにインターオペラビリティ実現近づく、IBCのデモが公開

ブロックチェーンにインターオペラビリティ実現近づく、IBCのデモが公開

ブロックチェーンのインターオペラビリティと呼ばれ期待されるコスモス(COSMOS)の異なるブロックチェーンを接続する仕組みであるIBCと呼ばれる機能のデモが公開されました。期待されるプロジェクトの一つであるKavaについても紹介。
バイナンス(Binance)の世界展開を考察、日本など規制が厳しい地域へ進出は?

バイナンス(Binance)の世界展開を考察、日本など規制が厳しい地域へ進出は?...

世界最大の仮想通貨取引所バイナス(Binance)の世界展開の戦略を概観していきます。アメリカやシンガポールでの営業免許取得や、最近発表された新サービスのバイナンスクラウド(Binance Cloud)などの動向を解説します。
注目のオフショア取引所FTXの商品設計から見る取引所ビジネス動向

注目のオフショア取引所FTXの商品設計から見る取引所ビジネス動向

新興のオフショア取引所として注目されるFTX 。その他の新たな取引所との競争激化のため、差別化と特色を出すためFTXがどのような商品を提供しているのか、「取引所トークンインデックス」の例なども紹介します。
アルトコイン投資で多くの人がはまる罠、トークンの判断に必要なこと

アルトコイン投資で多くの人がはまる罠、トークンの判断に必要なこと

アルトコイン・トークンの投資は簡単ではありません。その証拠にほとんどのトークンのここ1年間の価格パフォーマンスは優れていません。そこで、多くの投資家がアルトコインに投資する際にどこ気を付ければいいのかを紹介します。
暗号通貨(トークン・アルトコイン)の投資判断をする際に行うべき10つのこと

暗号通貨(トークン・アルトコイン)の投資判断をする際に行うべき10つのこと

暗号通貨の投資判断は簡単ではありません。インターネット上にはさまざまな関連する情報がありますが、多くの人が日本語のブログのみの情報では不十分だと認識していると思います。そこで、投資判断に必要な10のことを紹介します。
大きく価格を伸ばす暗号通貨LINKとは?オラクル問題とトークンの役割

大きく価格を伸ばす暗号通貨LINKとは?オラクル問題とトークンの役割

2019年に価格のパフォーマンスが非常に良かった銘柄の1つであるチェーンリンク(Chainlink)というプロジェクトのLINKトークン。Chainlinkが取り組むオラクル問題とLINKトークンの役割について解説します。

コインベース(Coinbase)のCEOが考える暗号通貨決済の未来

仮想通貨の利用は決済分野において未だ限定的です。多くの人にとってヴェンモ(Venmo)やペイペイ(PayPay)のようなサービスが主流だと思います。そこで今回は、米取引所のコインベースCEOの暗号通貨決済の未来についての考えを紹介します。
テザー(Tether)が増刷してビットコイン(BTC)の価格を不正に操作しているという嘘

テザー(Tether)が増刷してビットコイン(BTC)の価格を不正に操作している...

テザー(Tether)はUSドルを信託してステーブルコインを発行する企業ですが、その担保されちている資産に関してさまざまな議論がありました。ビットコインの価格を不当に操作しているという噂あります。果たして本当なのでしょうか?
バイナンス(Binance)などを追従して多角化する取引所企業OKExの製品郡

バイナンス(Binance)などを追従して多角化する取引所企業OKExの製品郡

世界大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)はレバレッジ取引・レンディング・ステーキング・独自ブロックチェーンを開始させるなど、事業を多角化しています。今回は似たような動きをみせる取引所のOKExについて紹介します。
2020年おすすめの暗号通貨モバイルウォレット、使いやすいのはどれ?

2020年おすすめの暗号通貨モバイルウォレット、使いやすいのはどれ?

これまでにさまざまな暗号通貨のモバイルウォレットがリリースされています。今回はそんななかでも、ユーザーが秘密鍵を保持できるウォレットで、さまざまな通貨に対応し使いやすくおすすめできるものを紹介します。
クリプトファンドのPolychain Capitalが2号ファンドを組成中、今後の投資戦略とは?

クリプトファンドのPolychain Capitalが2号ファンドを組成中、今後...

その規模が一時10億ドルを突破したアメリカで最大のクリプトファンドのポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)が2号ファンドを組成中で2億ドルを調達しようと動いているそうです。その今後の投資戦略とは?
DAppsの利用がより簡単に!新しいイーサリアムウォレット「Authereum」とは?

DAppsの利用がより簡単に!新しいイーサリアムウォレット「Authereum」...

このほど公開されたイーサリアム(Ethereum)のウォレット「Authereum」の魅力を紹介します。これまで多くのユーザーが利用していたMetamaskよりも、簡単に分散型アプリケーション(DApps)を利用できそうです。
2020年に投資対象として注目できるかもしれないトークンKNCとは?

2020年に投資対象として注目できるかもしれないトークンKNCとは?

取引ボリュームが伸びているカイバーネットワーク(Kyber Network)。そんなカイバーネットワークの特徴を説明するとともに、独自トークンであるKNCの特徴と関係するさまざまなデータをあわせて紹介していきます。
2020年にあるかもしれないリップル(Ripple)のIPOショックというリスクについて

2020年にあるかもしれないリップル(Ripple)のIPOショックというリスク...

リップル(Ripple)の最高経営責任者(CEO)であるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏が今後1年以内にIPOの申請をする可能性があること示唆。そこで同社のIPOに関して考察しました。
なぜ各国はデジタル通貨を作るのか?為替決済と米ドル覇権の側面から見た事情

なぜ各国はデジタル通貨を作るのか?為替決済と米ドル覇権の側面から見た事情

2019年から各国の中央銀行が発行するブロックチェーンベースのデジタル通貨が注目されています。なぜそれぞれの国はデジタル通貨の発行、もしくは開発の検討を行っているのでしょうか?米ドルとの関係から考察します。
増加する米国のマイニング事業者、テキサスに多くのマイナーが殺到する理由とは?

増加する米国のマイニング事業者、テキサスに多くのマイナーが殺到する理由とは?

2019年にアメリカではマイニング事業者が増加しています。関連するニュースを振り返りながら、アメリカでも特にテキサス州にマイニング業者が集まっている理由を考えます。電気代が安いとされる中国ではない理由とは?
増加する0xのDEXの取引ボリューム、ZRXのトークン設計変更の影響に引続き期待

増加する0xのDEXの取引ボリューム、ZRXのトークン設計変更の影響に期待

DeFi(分散型金融)のエコシステムの中でも最も古いプロジェクトのうちの1つであるゼロエックス(0x)。開発者は簡単にノンカストディの分散型取引所(DEX)を構築できます。2020年も引き続き0xに注目すべき理由を紹介します。
ブロックチェーンのノード運用の困難さと意味すること

ブロックチェーンのノード運用の困難さと意味すること

ビットコインとイーサリアムではブロックチェーンのノードを運用する難しさは異なります。さまざまなブロックチェーンのノード運用の難易度のランキングとともに、ノード運用の困難さが意味することについて考察します。
どのような分散型金融(DeFi)プロトコルを使うべきか?「DeFi Score」による評価

どのような分散型金融(DeFi)プロトコルを使うべきか?「DeFi Score」...

DeFi(分散型金融)の分野にはさまざまなプロトコルが存在しています。しかし、どのツールのリスクが高いかなど分かりにくい状態にあります。そこでDeFiプロトコルの信用度をスコアリングするプロジェクト「DeFi Score」を紹介します。
黎明期に創業しユニコーンまで駆け上がった暗号通貨企業サークル(Circle)の没落

黎明期に創業しユニコーンまで駆け上がった暗号通貨企業サークル(Circle)の没...

暗号通貨の黎明期に創業しその後はユニコーン企業とまでなった暗号通貨企業のサークル(Circle)の低迷が続いています。サークルの特徴とこれまでの動き、そして同社の事例からどのようなことが考えらるのかを紹介します。
なぜEYはパブリックブロックチェーン上でのトランザクション秘匿化にこだわるのか?

なぜEYはパブリックブロックチェーン上でのトランザクション秘匿化にこだわるのか?...

4大会計事務所の1つアーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーン上のトランザクションを秘匿化を公開。なぜ同社はトランザクションの秘匿化にこだわるのでしょうか?
EOSの開発会社がリリースする分散型SNSはどのように収益化するか?

EOSの開発会社がリリースする分散型SNSはどのように収益化するか?

イオス(EOS)のクライアントの開発会社であるブロックワンが、ソーシャルメディア「Voice」のローンチを目指しています。160億円を費やして開発される分散型SNSの特徴や同社の狙いなどを紹介します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram