平野 淳也

平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。ビットコインについては投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

平野 淳也の記事一覧
平野 淳也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

第三弾:なぜ米企業はセキュリティトークンに熱心なのか?~証券トークンについて知っておくべきこと

第三弾:なぜ米国企業はセキュリティトークンに熱心なのか?~証券トークンについて知...

セキュリティトークン(証券トークン)についてを解説するコラムシリーズの第三弾。セキュリティトークンの取り組みが熱心な国といえばアメリカ。ではなぜアメリカなのか?セキュリティトークンに前向きになりがちな理由を紹介。
第二弾:セキュリティトークンの領域にベットする主要プロジェクトリスト~証券トークンについて知っておくべきこと

第二弾:セキュリティトークンの領域にベットする主要プロジェクトリスト~証券トーク...

セキュリティトークン(Security Token/証券トークン)の領域に対し、前向きに取り組むプロジェクトを厳選、コインベース(Coinbase)やサークル(Circle)、ハーバー(Harbor)など認知度が高いものをリスト化して紹介。
第一弾:セキュリティトークンとは何か?~証券トークンについて知っておくべきこと

第一弾:セキュリティトークンとは何か?~証券トークンについて知っておくべきこと

「セキュリティトークン(Security Token/証券トークン)」について最低限知っておくべきことを全5回のシリーズに分けて概観するコラム。第一回目は「セキュリティトークンとは何か?」について、基本事項やメリットなどを解説。
バイナンス(Binance)CEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく追求される

バイナンス(Binance)のCEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく...

英語圏で人気のUnchained(アンチェーンド)のポッドキャストにバイナンス(Binance)のCEO(CZ氏)がゲストとして登場。キレのある鋭い質問が人気のUnchainedのインタビュー。厳しい意見(追求)にもCZ氏は回答しています。
コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリース

コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinb...

米大手仮想通貨取引所のコインベースが上場のトークン増加のため上場方針を転換すること、そして個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリースしたことを公式ブログでアナウンスした。同社の将来像とは?
バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版が近々リリースへ

バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)パブリックベータ版が近々リリ...

大手仮想通貨取引所の1つバイナンス(Binance)が、分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版を近々リリースすることがCZ氏のツイッターで発表。BinanceはどのようなDEXにしていく構想があるのか、現在わかることをまとめてみた。
コミュニティ運営から作るブロックチェーン経済圏【HashHubイベントレポート】

コミュニティ運営から作るブロックチェーン経済圏【HashHubイベントレポート】...

ブロックチェーン業界のコワーキングスタジオHashHubにて開催された、サイバーエージェントビットコイン主催「コミュニティ運営から作るブロックチェーン経済圏」のイベントレポート。業界におけるコミュニティなどについても解説されています。
ビットコイン(BTC)がゴールドならリップル(XRP)はダイヤ?価値形成と仮想通貨の関係を考える

ビットコイン(BTC)がゴールドならリップル(XRP)はダイヤ?仮想通貨の価値形...

デジタルゴールドと呼ばれるビットコイン(BTC)。ライトコイン(LTC)の開発者であるチャーリー・リー氏は、リップル(XRP)はダイアモンド的であると発言をしました。ゴールドやダイヤモンドの価値形成から「価値とはなにか」を考察。
ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

通貨としてのビットコイン(BTC)を考察するためゴールドとの関連性を探り、ビットコインを批判する学者の論拠を紹介します。中央銀行が発行する法定通貨やゴールドとの違いから見えてくるビットコインの欠陥とは。
仮想通貨マイニングの最近の動き、Bitmain社が7nmのASIC発売やBraiins OSなど

仮想通貨マイニングの最近の動き、Bitmainの7nmのASIC発売やBraii...

9月21日から23日にかけて開催された大規模なマイニングカンファレンス「World Digital Mining Summit」での発表など、最近の仮想通貨のマイニングに関する重要なニュースを紹介します。
ビットフィネックス(Bitfinex)が、新しい分散型取引所「Ethfinex Trustless」をリリース

ビットフィネックス(Bitfinex)が、新しい分散型取引所「Ethfinex ...

大手取引所のビットフィネックス(Bitfinex)が、0x(ゼロエックス)プロトコルを使用した新しい分散型取引所『Ethfinex Trustless』をリリース。主な特徴や今後のBitfinexの取り組み、期待することなどを解説。
ハードウェアウォレットのようなスマホアプリ「MyEthereWallet Connect」がリリース

ハードウェアウォレットのようなスマホアプリ「MyEthereWallet Con...

スマートフォンがまるでハードウェアウォレットのように使えるアプリ「MyEthereWallet Connect」がiOS版でリリースしています。このウォレットアプリが従来の「MyEthereWalle」と異なる点、その特徴などを解説します。
Airbnbが目指す分散化オーナーシップとブロックチェーンとの関わり

ブロックチェーン業界も注目すべきAirbnb(エアビーアンドビー)が目指す分散化...

Airbnbが同社のサービスのホストに自社株式を貸与できるようにしたいと考えていることをアナウンス。分散化されたオーナーシップを目指す今回のAirbnbの動きはブロックチェーン技術との関連もありそうです。
下落するイーサリアム、ICOプロジェクトがETHを売っている噂は本当か?

下落するイーサリアム、ICOプロジェクトがETHを売っている噂は本当か?

引き続き下落トレンドが続きそうなイーサリアム(ETH)が、実はICOのプロジェクトが保有ETHを売却しているのでは?という噂がある。この噂(指摘)は本当なのか?市場での推測をデータから読み取り解説、今後の価格に関して考察を行った。
ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドと呼ばれ、採掘に近いということでマイニングという言葉が使われるように金とも近い性質を持っています。ビットコインと金に共通する希少価値や劣化しないといった要素と、両者の違いを解説します。
米国最大の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がニューヨークでオフィス開設

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がNYにオフィスを開設、見据える未...

サンフランシスコに本社を構える仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がポートランドに続き、ニューヨークにオフィスをオープン。新しく100人を雇用し、ブローカーディラーライセンスをもった証券会社を買収をする予定。
オープンソースブロックチェーンのHyperLedger(ハイパーレッジャ―)解説イベントin HashHub

オープンソースブロックチェーンのHyperLedger(ハイパーレッジャ―)解説...

オープンソースのブロックチェーンプラットフォーム「HyperLedger(ハイパーレッジャ―)」の解説イベントが、ブロックチェーンスタジオHashHubにて、IBM東京基礎研究所の吉濱氏を招き学生向けに開催。当日の様子をレポートします。
DApps向けゲームアイテム等クリプトコレクティブルズ特化のモバイルウォレットをVAULTがリリース

DApps向けゲームアイテム等クリプトコレクティブルズ特化のモバイルウォレットを...

VAULTというスタートアップが、クリプトコレクティブルズ(Crypto Collectibles)特化のモバイルウォレットをリリースをしました。チケットに特化したものなど、ある領域に特化したコンセプトウォレットが登場しています。
バイナンス(Binance)とマルタ証券取引所子会社、証券トークン取引所の開設に向けてMOU締結

バイナンス(Binance)とマルタ証券取引所子会社、証券トークン取引所開設に向...

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がマルタ証券取引所の子会社であるMSX PLCとMOUを締結し、証券(セキュリティ)トークンの取引所開設をする内容ということがわかった。マルタ以外で証券トークンに取り組む企業なども併せて紹介。
仮想通貨アプリ「コイン相場」、既存サービスにウォレット機能が追加される流れ

仮想通貨アプリ「コイン相場」、既存サービスにウォレット機能が追加される流れ

仮想通貨アプリ「コイン相場」が、ウォレット機能をスタート。累計ダウンロード数が50万を超える人気アプリで、相場チェックやポートフォリオの他、ニュースやICO情報検索などさまざまな機能が実装されている。
ウィンクルボス兄弟のGemini、世界初の規制されたステーブルコイン「Gemini Dollar」を発行

ウィンクルボス兄弟のGemini、世界初の規制されたステーブルコイン「Gemin...

ニューヨーク州金融当局(NYDFS)から認可が下りた、ウィンクルボス兄弟が運営するGeminiが発行する「Gemini Dollar」について。Geminiの5年にもわたる取り組みなど、これまでの経緯を紹介。
2017年後半のビットコイン(BTC)市場を振り返る。仮想通貨バブルから学べることとは?

2017年後半のビットコイン(BTC)市場を振り返る。仮想通貨バブルから学べるこ...

仮想通貨市場は2017年後半にバブルを迎えていた。たくさん流れていた取引所のCMに住宅街のファミレスでも主婦層がビットコインの話をしている光景など、これまで起こったバブルや当時を振り返り何を学べるかについて考察した。
0x(分散型取引所のプロトコル)と証券トークンプロジェクトのHarborが提携、分散型金融への取り組み

“0x”(分散型取引所のプロトコル)と証券トークンプロジェクト“Harbor”が...

分散型取引所のプロトコルの『0x』と証券トークンプロジェクトの『Harbor』が提携、今回が正式な発表ということになった。これらが提携することにより期待されることや、0xのメジャーアップデートにより可能となること等を紹介。
Binance(バイナンス)の最新動向。CFOの採用とアンバサダープログラムの募集開始

Binance(バイナンス)の最新動向。CFOの採用とアンバサダープログラムの募...

世界最大手取引所のBinanceの最新ニュースを解説。CFO(最高財務責任者)に就任したWei Zhou氏はどのような人物なのか?また、新しいプログラムのBinance Angelsの内容を紹介します。
ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導入であると批判も

ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導...

仮想通貨の取引所ShapeShiftが、メンバーシッププログラムと独自トークンを発表。これまで個人情報登録不要とプロモーションしていたShapeShift。今回のプログラム導入は実質のKYC導入との声も。リリースされた導入理由などを紹介。
法定通貨が安定しない国は日本人が想像するより多い、直近1年の通貨の下落率一覧

法定通貨が安定しない国は日本人が想像するより多い、直近1年の通貨の下落率一覧

仮想通貨、特にビットコイン(BTC)はボラティリティが高く、これでは通貨としての欠点である。しかし中央銀行がきちんと機能していない国もあり、その国はボラティリティが高い。法定通貨のボラティリティが高い国はどこか?これに関して考察を行った。
KyberNetworkを使用してアプリを作ってみよう。DEXとしてだけではない使い方とは?

KyberNetworkを使用してアプリを作ってみよう。DEXとしてだけではない...

9月1日、東京でブロックチェーン業界の方向けのコワーキングスペースを運営するHashHubにてKyberNetworkの勉強会が開催。日本エンバンジェリストによる概要説明、開発者向けのハンズオンといった二部構成で行われた様子をレポート。
Monappyでモナコイン(MONA)ハッキング被害、サイトの脆弱性を利用した攻撃と判明

Monappyでモナコイン(MONA)ハッキング被害、サイトの脆弱性を利用した攻...

Monappy(モナッピー)でモナコイン(MONA)がハッキングされるという被害が2018年9月1日に発生。ホットウォレット上のコインが被害に遭った。これらはサイトの脆弱性を利用した攻撃と判明。現在わかっている被害状況などを解説。
厳しくなる中国の仮想通貨規制の動向整理・考察

厳しくなる中国の仮想通貨規制の動向整理・考察

2018年8月に入り厳しさが増した中国の仮想通貨(暗号通貨)の規制だが、具体的にはどんな規制が実施されているのか、5つの規制状況を紹介。また、現在の中国の動向、仮想通貨に対する考えなどをふまえ、今後の考察を行った。
世界トップ大学の42%がブロックチェーンの講義を用意、では日本の大学は?

世界トップ大学の42%がブロックチェーンの講義を用意、では日本の大学は?

世界のトップ大学のうち42%が仮想通貨(暗号通貨)やブロックチェーンの講義を取り扱っていることがCoinbaseの調査で明らかになった。それら講義を多く用意している大学、そして日本の大学の状況を紹介。
オフチェーンアカデミーハックデーβ in HashHub【イベントレポート】

将来Lightning Networkなどで出来るようになる事は?【HashHu...

8月26日に開催されたオフチェーンアカデミーハックデーβのイベントレポート。ベルリンのLightning Hackdayに触発されて開催されたこのイベント、今回はLightning Networkによってできること等の説明があった。
世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーションプログラム開始

世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーシ...

世界最大手の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の投資機能などを担うBinance Labが、ブロックチェーンスタートアップのためにインキュベーション(起業支援)のプログラムを開始した。このプログラムの内容を紹介。
ブロックチェーン業界で働く人が、技術知識・既存の金融などの理解、両面を持つ必要性

ブロックチェーン業界で働く人が、技術知識・既存の金融などの理解、両面を持つ必要性...

ブロックチェーン業界で働くことに必要なこと、それは技術の知識、既存の金融の両面となる。ブロックチェーンが好きだけでは出来ることは限られてくる。これらの2つの必要性とは?
米下院議会でアメリカ主要ブロックチェーン企業を集め、ICOに関する議論を行う

米下院議会でアメリカ主要ブロックチェーン企業を集め、ICOに関する議論を行う

2018年9月に米下院議会にてアメリカの主要ブロックチェーン企業などが招聘し、ICOに規制に関する議論を行う予定であることがわかった。暗号通貨・ブロックチェーン関連企業がアメリカに集中していることからわかる重要点を解説。
現在のDEX(分散型取引所)にとっての課題を4つに整理、将来より使われるためには

現在のDEX(分散型取引所)にとっての課題を4つに整理、将来より使われるためには...

現在、DEX(分散型取引所)は4つの課題を抱えている。その課題と理由を紹介し、DEXが将来どのように使われていくか、その為にはどういった事が必要なのか、その他DEXに対する期待点などをまとめて解説。
Bitmainの資金調達を巡る錯交。テンセント、ソフトバンクもプレIPOラウンド投資をしていないと否定

Bitmainの資金調達を巡る錯交。テンセント、ソフトバンクもプレIPOラウンド...

約2ヶ月前、BitmainのプレIPOラウンドにDST Global、ソフトバンク、テンセントが投資を行ったと報じられたが、実際は投資が行われていないという。この一連の流れ、錯交する情報など、現在わかっていることをまとめて解説。
長引くビットコイン(BTC)価格の下落トレンドは、マイニング関連ビジネスにも大きい影響

長引くビットコイン(BTC)価格の下落トレンドは、マイニング関連ビジネスにも大き...

2018年に入り長引いているビットコイン(BTC)価格の下落トレンド。この影響は相場だけの留まらずマイニング関連のビジネスにも広がっているという。一体どのような影響があるのか?詳細を解説する。
Coinbaseが分散型IDサービス買収とウォレットリブランディング、分散型金融が広まる社会に向けた取り組み

Coinbaseが分散型IDサービス買収とウォレットリブランディング、分散型金融...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が、分散型IDサービスへの取り組み、ウォレットのリブランディングについての2つの発表をした。この発表を受け、分散型の社会の取り組み、今後の拡大について考察を行った。
業界史上最大のマイニングカンファレンスが開催。マイニング企業各社は一斉上場へ

業界史上最大のマイニングカンファレンスが開催、マイニング企業各社は一斉上場へ

史上最大級とも言われるマイニングカンファレンスが2018年9月にBitmainとBitkan主催で開催される。このイベントの詳細について、そしてBitmain上場準備期間とイベント開催時期が重なるコトについて、平野氏が考察を行った。
バイナンス(Binance)の上場手数料が400BTC(約3億円)というリークについての是非

バイナンス(Binance)の上場手数料が400BTC(約3億円)というリークに...

Ethereumのフォークプロジェクトの共同創業者がバイナンス(Binance)に上場手数料を問い合わせたところ400BTCの見積もりを出されたことをSNS上で開示し話題となっている。このリークが本当だった場合、何が問題点なのかを解説する。
マイニング業界大手Bitmainがテンセント・ソフトバンクから資金調達、年内にIPOを目指す

マイニング業界大手Bitmainがテンセント・ソフトバンクから資金調達、年内にI...

マイニング業最大手Bitmainがテンセントやソフトバンクからの資金調達を発表。評価は約150億ドルになるとされている。また、2018年内にもIPOを目指しているとのことで、今後のBitmainについてを考察する。
ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICEがデジタルアセットのプラットフォームとしてBakktの立ち上げを発表

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICEがデジタルアセットのプラットフォ...

新しく、デジタルアセットのプラットフォームを運営するBakkt社の設立が発表された。これはニューヨークの証券取引所(NYSE)の親会社であるICEが立ち上げた会社で、仮想通貨の売買や決済などを取り組む。米国全体の現状も考察する。
EUがGoogleに史上最大の制裁金、バッシングされる巨大シリコンバレー企業とブロックチェーン

EUがGoogleに史上最大の制裁金、バッシングされる巨大シリコンバレー企業とブ...

EU(欧州連合)が米Googleに対して、欧州連合競争法(独占禁止法)に違反したとして、制裁金(43億ユーロ)を請求した。この件に対するEUの言い分、今後の予測できる対応、その他、大手IT企業とブロックチェーンについて考察を行った。
バイナンスのBNB使用の新しい手数料モデル、株式会社が発行をするトークンモデルについて

バイナンスのBNB使用の新しい手数料モデル、株式会社が発行をするトークンモデルに...

Binance(バイナンス)が新しい取引手数料のモデルを発表した。最大0.0150%まで取引手数料を低く出来るとのこと。しかしそれには8段階にわかれている条件があり、それをクリアする必要がある。その他トークンモデルについても言及した。
分散型取引所プロトコル“0x”の次期メジャーアップデートがDEXエコシステムで可能にすること

分散型取引所プロトコル“0x”の次期メジャーアップデートがDEXエコシステムで可...

Ethereum上のDEXプロトコル“0x”の次回メジャーアップデートが、Kovanテストネットにアップされた。そもそも0xとは何か?そしてアップデートはどういった内容が追加されるのか?アップデートによって何が期待されるのかを解説。
なぜBitmainはプライバシーポリシーを変更、情報開示の推進をするのか?新ポリシー発表の背景を解説

なぜBitmainはプライバシーポリシーを変更、情報開示の推進をするのか?...

Bitmain(ビットメイン:マイニングハードウェア販売会社)が新しいポリシーを公開した。発表された4つの方針の詳細を紹介し、なぜBitmainは新ポリシーの発表に至ったのか、情報開示を推進するのか、発表の背景を解説する。
ビットコイン(BTC)の技術導入促進をするBitcoin Optechが設立、CoinbaseやXapoなど著名企業が多数賛同

ビットコイン(BTC)の技術導入促進をするBitcoin Optechが設立、C...

ビットコインの技術導入を促進する団体「Bitcoin Optec(ビットコイン・オプテック)」が立ち上げられた。この団体の賛同企業はコインベースやXapo、Squareなど著名企業が並ぶ。どういった団体なのか?注目される理由を解説。
バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトークンのバーンや今後について分析

バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトーク...

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の第四半期が終了し、CEOのCZ氏がQ4のレポートを公表し、注目を集めている。発足から一周年を迎える取引所のこと、そしてBNBトークンのバーンや今後について分析・考察を行った。
メジャーリーグ×ブロックチェーンゲームが今年中(Q3)にもローンチ、提携企業やそのインパクトとは

メジャーリーグ×ブロックチェーンゲームが今年中(Q3)にもローンチ、提携企業やそ...

メジャーリーグ(MLB)がイーサリアムブロックチェーン技術を活用したゲームを開発中、今年(q3)にもローンチすることがわかった。この件について提携企業であるLucid Sight社について、そしてこのプロジェクトのインパクトについて考察する。
電気スクータースタートアップ「Spin」が証券トークンの販売を計画、有価証券をトークン化することの重要性

電気スクータースタートアップ「Spin」が証券トークン販売を計画、有価証券をトー...

電気スクータースタートアップ企業であるSpin社が証券トークンの販売を計画中だということが報じられた。現在、電気スクーターシェアリング界はアツイ市場だという。これに関連して有価証券をトークン化することの重要性などを平野氏が考察する。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice