• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

平野 淳也

平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

平野 淳也の記事一覧
平野 淳也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

仮想通貨取引所へのアクセス情報から考えられる日本国内ブームの正体

仮想通貨取引所へのアクセス情報から考えられる日本国内ブームの正体

米仮想通貨メディアが、世界各国の取引所にアクセスしているのはどの国からが多いのかを調査しました。日本も上位に入っており、関心の高い国とみなすことのできるデータでしたが、国としてははたして本当に関心があるのでしょうか?

ICO発行のトークンは証券?SEC局長が公式の場で見解示す

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行されたトークンは、状況次第で証券ではなくなる可能性があると、SEC局長が公式の場で発言をしました。その理由と、これまでのケースを踏まえて、今後の展開を考えてみました。
トークン取引はこれで十分!複数の分散型取引所(DEX)を自動で照会して取引するサービス

トークン取引はこれで十分!分散型取引所(DEX)を自動で照会して取引するサービス...

分散型取引所が数多くローンチし、それと同様にトークンの種類も増えています。そんな中、アルゴリズムにのっとって各DEXのレートを参照し、自動でマッチングして、取引を成立させるという非常に便利なサービスが発表されました。

スマートコントラクトで定期課金ができるイーサリアム(Ethereum)ウォレット...

仮想通貨での定期課金が可能になる流れが来ています。今回登場したウォレットは、支払いをブロック生成数から判断して自動処理をするというものになっています。これからのウォレットには標準的に搭載されていく機能になるのではないでしょうか。
著名投資家も注目するAva Labsの独自ブロックチェーンがテストネットで公開

著名投資家も注目するAva Labsの独自ブロックチェーンがテストネットで公開

コーネル大学の教授であるエミン・ギュン・サイレール(Emin Gün Sirer)氏が設立したAva Labsが、独自ブロックチェーンのプライベートテストネットが公開。同プロジェクトには業界でも有名な投資家らが注目しています。
暗号通貨決済に特化したフレクサ(Flexa)が発表した米国3万店舗で利用できるウォレットとは?

暗号通貨決済に特化したフレクサ(Flexa)が発表した米国3万店舗で利用できるウ...

暗号通貨決済に特化したフレクサ(Flexa)が5月にサービスをローンチ。SPEDNウォレットというモバイルアプリをリリースしました。米国3万店舗で利用できるウォレットとあわせて最近の決済関連のニュースを紹介します。
仮想通貨でもレバレッジ取引が普通に?Binance(バイナンス)がβ版サイトを公開

仮想通貨でもレバレッジ取引が普通に?バイナンス(Binance)がβ版サイトを公...

Binance(バイナンス)がレバレッジ取引のβ版サイトを公開しました。すでにレバレッジ取引のサービスを開始しているBitmex(ビットメックス)とは異なり、堅実なサービスを提供できるよう、着々と準備を進めているようです。
DeFi(分散型金融)のプロトコルはプロジェクトによって分散性に差がある事実

DeFi(分散型金融)なのに中央集権?各プロジェクトの分散性を比較

これまでさまざまなDeFi(分散型金融)の紹介をしていきましたが、プロトコルの分散性には違いがあります。どこまでがユーザーサイドで管理できる範囲なのか、各プロジェクトを比較しながら、現状をお伝えします。
競合パブリックブロックチェーンと比較したときのイーサリアム(Ethereum)コミュニティの強さとは?

競合パブリックブロックチェーンと比較したときのイーサリアム(Ethereum)コ...

スマートコントラクトを実行できるブロチェーンにおいて最も主要だと言えるイーサリアム(Ethereum)。競合と評価されるようなブロチェーンも出てきているなか、イーサリアムの強みは一体どこにあるのでしょうか?
DeFi(分散型金融)がもたらすものは、金融機能のモジュール化

仮想通貨で誰でも金融システムが使える時代が?Defi(分散型金融)の将来予想

DeFi(分散型金融)が目指す先が、金融の機能に大きな変化を与えるかもしれません。モジュール化することで、身分問わず金融サービスを受けられるようになったとして、それは一体どのような形になるのでしょうか?

ブロックチェーン業界で非エンジニア向けのインターン募集企業9選!

ブロックチェーン業界で働きたいという方も、エンジニアじゃなければ難しいと思うことも多いのではないでしょうか。そんな中、非エンジニア向けのインターンも数多くあります。経験を積みたい方のために、ご紹介します。
イオス(EOS)がICOで調達した40億ドルはどこに行ったのか?

イオス(EOS)がICOで調達した40億ドルはどこに行ったのか?

2017年より1年間のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行ったEOSが調達した資金である40億ドル(約4.400億円)の使い道が明らかになりました。ここまで巨額の資金を、いったいどのような目的で使用していくのでしょうか。
ビットコイン(BTC)の新興国における需要に期待、10%以上のインフレ国家の人口は5億人以上

新興国のビットコイン(BTC)需要増に期待、10%以上のインフレ国家の人口は5億...

世界では約5億人が10%以上のインフレーション国家で生活していると言われています。そのような国で生活する人々がビットコイン(BTC)を資産の避難先として選択しているという動きをデータとともに紹介します。
超高速取引BotがDEX(分散型取引所)で稼働するという事実

超高速取引BotがDEX(分散型取引所)で稼働するという事実

DEX(分散型取引所)でもボット(Bot)が活動しています。それは、トランザクションに先回りするという動きをして、リスクフリーに利益を得ようとするものです。これからの市場に影響をもたらす一因になるのではないでしょうか?
仮想通貨ではなく証券トークン専門の取引所を予定するスイス証券取引所(SIX)

仮想通貨ではなく証券トークン専門の取引所を予定するスイス証券取引所(SIX)

以前にも一度情報が出ていたスイス証券取引所の証券トークンとの関わりについて、新たな情報が入ってきました。今年の夏にはパイロットモデルを公開予定であるなど、セキュリティートークンの発展に注力しているのは非常に珍しい事例と思われます。

仮想通貨の取引高はフェイク?信頼できる情報を提供するサービスが登場

取引所における取引高が、さまざまな理由で水増しされたものという話は後を絶ちません。そこで、どこの取引所が信頼に足る情報を出してくれているのか、自分でも確認できるサービスがありますので、紹介したいと思います。
Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」は世界規模になるか

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」は世界規模になるか

Facebookが進めているブロックチェーンプロジェクトの名称も明らかになり、着々と開発されていることが予想されます。世界的に利用者がいるFacebookですが、その独自の仮想通貨は今後どのようになるのでしょうか。
バイナンスがハッキングで7,000ビットコイン流出、攻撃手法と中央集権取引所の利用で認識すべきリスク

バイナンスがハッキングで7,000ビットコイン流出、攻撃手法と中央集権取引所の利...

大手取引所のバイナンス(Binance)がハッキングを受け、約45億円相当のビットコイン(BTC)が流出したことが明らかになりました。セキュリティが高い評判だったバイナンスへの攻撃方法などを紹介します。
バックト(Bakkt)が進める最高水準の暗号通貨保管セキュリティとは?

バックト(Bakkt)が進める最高水準の暗号通貨保管セキュリティとは?

顧客資産を預かる暗号通貨取引所事業者にとって最も核になる部分となるカストディ。インターコンチネンタル取引所(ICE)の傘下でもあり、水準が高いと期待されるバックト(Bakkt)のセキュリティについて紹介します。
イーサリアム(Ethereum)の経済圏と現実世界を繋ぎ合わせ、大衆にアプローチするためツール

イーサリアム(Ethereum)の経済圏と現実世界を繋ぎ合わせ、大衆にアプローチ...

業界以外のユーザーに浸透しているとは言えないブロックチェーンのアプリケーション。そんな課題を解決するために、イーサリアム(ETH)を持っていない人でもアプリを使いやすくするためのツールが次々と登場しています。
プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏【後編】:ステークホルダーの分類

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏【後編】:ステークホルダーの分類

これまでプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏について、周辺のビジネスレイヤーたステーキングプールについてお伝えてしてきた同シリーズ。最終回となる今回は、ステークホルダーの分類や関わりのあるクリプトファンドについて紹介します。
プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏【中編】:ステーキングプールというビジネスプレイヤーの存在

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏【中編】:ステーキングプールというビジ...

ルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーンが数々立ち上がり、その周辺で経済圏生まれることを解説した前回の記事に引き続き、本コラムでは、ビジネスプレーヤーであるステーキングプールと呼ばれるものを紹介します。
これからできるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏、その周辺のビジネスレイヤーとその影響【前篇】

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の経済圏【前篇】:その周辺のビジネスレイヤーと...

2019年前半にもさまざまなProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)系のブロックチェーンのローンチが予定されています。PoSでの経済圏やその周辺のビジネスレイヤー、その考えうる影響を考察していきます。
仮想通貨取引所のコインベースが世界に拡大、経営戦略を切り替え?

仮想通貨取引所のコインベースが世界に拡大、経営戦略を切り替え?

アメリカの大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がこのほど、新たに11カ国での新規進出を発表しました。仮想通貨同士での取引が増加している同社の経営戦略の切り替えとの見方も強まる動きなどを紹介します。
バイナンス(Binance)の独自ブロックチェーンがついにローンチ

バイナンス(Binance)の独自ブロックチェーンがついにローンチ

ついにバイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)のメインネットがローンチを迎えます。使われている独自チェーンは、既存のパブリックブロックチェーンと比べ、最もアクティブなものになるとされています。
活発化するイーサリアム(Ethereum)のマイニングアルゴリズムのアップデート議論

活発化するイーサリアム(Ethereum)のマイニングアルゴリズムのアップデート...

イーサリアム(Ethereum)コミュニティでは、ProgPoWについての議論が活発になっています。どのようなことが議論となっているのか、イーサリアムの現状と今後のアップデート、マイナーの影響などを紹介します。
バイナンスコイン(BNB)のバーンが実施、四半期での利益は約87億円

バイナンスコイン(BNB)のバーンが実施、四半期での利益は約87億円

世界大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、独自のトークンであるバイナンスコイン(BNB)の7回目となるバーンを実施したことを発表。今回のバーンから分かるバイナンスとBNBの動きを紹介します。
仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)で相次ぐ幹部の辞職、業界の勢力図に変化か?

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)で相次ぐ幹部の辞職、業界の勢力図に...

アメリカ最大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)において、幹部クラスの退職が続いています。最近では就職希望先として人気を集めているCoinbaseですが、こうした事態によって、米国の仮想通貨業界の勢力図に変化が起きそうです。
イーサリアム 2.0(Serenity)のPoS移行にあたり投資家が考えはじめるべきこと

イーサリアム 2.0(Serenity)のPoS移行にあたり投資家が考えはじめる...

現在の合意形成アルゴリズムであるPoW(Proof of Work)から将来、PoS(Proof of Stake)に移行するイーサリアム。Ethereum2.0と呼ばれる大型アップデートから投資家が考えるべきことを紹介します。
STOプラットフォームを構想する「ABE GLOBAL」の決め手は各国規制下でのアービトラージ?

STOプラットフォームを構想する「ABE GLOBAL」の決め手は各国規制下での...

セキュリティートークンを各国でも売り出せるプラットフォームの作成を目指したスタートアップである「ABE GLOBAL」が、現状のSTOに対してとてもユニークなアプローチを仕掛けているので、紹介したいと思います。

MakerDAO(メイカーダオ)など増加するレンディングアプリケーション、それぞ...

イーサリアム(Ethereum)のレンディングプロトコルなどレンディング提供の開始が増えています。これらレンディングサービスやプロトコルでは、それぞれ異なる金利の決定方法があり、その特徴を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)などのチェーン上で秘匿アセットを構築できる「Zether」はどんな技術なのか?

イーサリアム(Ethereum)などのチェーン上で秘匿アセットを構築できる「Ze...

ブロックチェーンは公開できる点が評価されていますが、逆にプライバシーについて問題視されることもあります。そこで現在活発になっているのが匿名技術。本稿ではイーサリアム上などで秘匿アセットを構築できる新技術「Zether」について紹介します。
今、なぜトークン設計を分析して、投資判断をするべきなのか?

今、なぜトークン設計を分析して、投資判断をするべきなのか?

Chris Burniske(クリス・バーニスク)の「今こそ(優れた良い設計の)トークンに投資をすべきである」という主張や今後のビシネスにおける予測に対して、筆者が感じること、クリプト市場にとって非常に重要なテーマについて考察を行いました。
明らかになりつつある日本の仮想通貨投資家・購入者の実態

明らかになりつつある日本の仮想通貨投資家・購入者の実態

仮想通貨の投資家や購入者の実態を表したレポートが株式会社博報堂によるプロジェクトチームにより公開されました。また、JVCEAからは仮想通貨取引データが公開。これらのレポートを見て読み取れることや今後の考察に役立つ点について紹介しています。
ウォールストリートVSシリコンバレー、加熱する暗号通貨業界の人材獲得競争

ウォールストリートVSシリコンバレー、加熱する暗号通貨業界の人材獲得競争

アメリカの暗号通貨業界で人材の獲得競争が、ウォールストリートとシリコンバレーエリアの間で加熱しています。暗号通貨関連のコミュニティと企業が先に誕生した西海岸と、その後人材獲得に動く東海岸の状況を紹介します。
近々ローンチされるCOSMOSについて基本概要、HUBローンチまでのマイルストーン

近々ローンチされるCOSMOSについて基本概要、HUBローンチまでのマイルストー...

2017年にICOを(イニシャル・コイン・オファリング)を終えていたCOSMOSですが、2019年ついにATOM(アトム)というトークンが配布されます。本稿ではCOSMOS(コスモス)の基本概要やハブのローンチまでのマイルストーンを紹介します。
一般投資家にとってトークン投資はすごく難しいという事実、トークンモデル構造理解の大切さ

一般投資家にとってトークン投資はすごく難しいという事実、トークンモデル構造理解の...

暗号通貨投資を行っている人は年々増えてきています。しかし、トークンのファンダメンタルを考えられる投資家は非常に少ないそうです。本コラムでは一般投資家にとってトークン投資は難しい事実、トークンモデル構造理解の大切さについて考察します。
仮想通貨ビットコイン:一時58万まで急騰

今後2年間の暗号通貨相場を強気にする可能性のあるいくつかの理由

ETHHUBのAnthony Sassano氏がTwitterで「今後2年間、暗号通貨市場を強気にする理由」を6つ投稿していました。その中でも、筆者が特に重要であると感じるポイントを3つ取り上げ、考察します。
イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートが完了、ブロック報酬削減マイナーへのインパクトを数字で理解

イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートが完了、ブロック報酬削減マイナ...

先日(日本時間:2019年3月1日)、イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートが実施。本コラムでは、投資家やマイナーが知っておくべきこと、ブロック報酬削減のマイナーへのインパクトについて解説します。
ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値とはなにか?

ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値とはなにか?

よく聞くスマートコントラクトという言葉を訳すと契約の自動執行と説明される場合が多いですが、本質価値をわかりにくくしている場合が多くあるのが現状。本コラムではブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値について考えました。
2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場

2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)はインカムゲインがないアセットでしたが、2019年は暗号通貨を通じたインカムマーケットが立ち上がり始めていることに注目が集まっています。本コラムではその中の「ステーキング」について深ぼって解説します。
ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

My Crypto Heroesをはじめ徐々にユーザー数が増加しているブロックチェーンのゲーム系のアプリケーション。個人間で簡単かつ確実に売買できるゲーム内のアセット化されたアイテムのファンダメンタルズについて解説します。
バイナンス(Binance)の分散型取引所の詳細がアップデート、BNBがステーキングできる可能性について

バイナンス(Binance)の分散型取引所の詳細がアップデート、BNBがステーキ...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)が、現在構築中の独自ブロックチェーンと、それを利用した分散型取引所についての詳細情報をアップデートしました。平野氏に今後の動向と可能性について考察していただきました。
Twitter社CEOが語るビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブな通貨になる可能性が高い理由

Twitter社CEOが語るビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブな...

以前からビットコイン(BTC)に高い関心を示しているTwitter社のジャック・ドーシーCEOが語るビットコインがインターネイティブな通貨になる可能性が高い理由について、誕生や特徴などの要因から解説します。
世界的にビットコイン(BTC)の取引高が激減、その理由とは?

世界的にビットコイン(BTC)の取引高が激減、その理由とは?

ビットコイン(BTC)をはじめとした暗号通貨の取引ボリュームが減少しているというデータを調査会社のdiarが報告しました。市場の動きとOTC市場などビットコインの取引高が世界的に減少してる原因を紹介します。
暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認識すべき事実

暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認...

暗号通貨(仮想通貨)の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場という事実について、個人投資家が認識するべきこと、またOTC取引やOTC業者の動きを紹介。2019年以降さらにこの割合が増えるだろうという点について、その理由などを解説します。
VCファンドをブロックチェーン上でトークン化するマーケットプレイス「VNX EXCHANGE」

VCファンドをブロックチェーン上でトークン化するマーケットプレイス「VNX EX...

VC(ベンチャーキャピタル)ファンドのプロジェクトの一つに「VNX EXCHANGE」があります。VCファンドの基本構造から現在の課題点を紹介し、VNX EXCHANGEによるVCファンドのトークン化が何をもたらすかなどを考察します。
個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」とは?

個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」と...

国内ではVALUやTimeBankといった「個人」をアセットする個人トークン発行系プロジェクトが多く見られます。国外にもこういった事例があるので、本稿ではそのうちの1つ「Convergent」の概要や使われ方などを紹介。
ブロックチェーン関連の仕事は稼げるのか?世界の職種別給与の調査レポート公開

ブロックチェーン関連の仕事は稼げるのか?世界の職種別給与の調査レポート公開

仮想通貨とブロックチェーンに特化した仕事検索サイトのCryptocurrency Jobsが、地域と職種別の給与を調査したレポートを発表しました。最も給与水準が高ったのはどのような職種でいくらぐらいなのか?
海外クリプトメディアの「5年間、暗号通貨メディアを運営して学んだこと」を読む

海外クリプトメディアの「5年間、暗号通貨メディアを運営して学んだこと」を読む

海外の暗号通貨メディア「NullTX」が掲載した記事タイトル「5年間、暗号通貨メディアを運営して学んだこと」を読んで、現在・今後の国内クリプトメディアについて考察を行いました。8つの学んだことの項目は当然のことですがとても大切なことです。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@