【墨汁速報】仮想通貨最大手バイナンスが日本進出へ 国内取引所を買収で

仮想通貨取引所最大手のバイナンス(Bianance)は、日本の仮想通貨取引所として金融庁に登録されているサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)を買収した。これによりバイナンスはBinance.comで提供していたグローバル仮想通貨取引所から、国内規制を準拠したバイナンスジャパンの発足となる。

関連記事:【墨汁速報】バイナンス2780億円規模の「仮想通貨業界復帰ファンド」を発表 FTX破産の影響を受けて

バイナンスついに日本進出

仮想通貨最大手取引所のバイナンス(Binance)のCEO、チャンポン・ジャオ氏(Changpeng Zhao)氏は29日、日本国内で仮想通貨交換業のライセンスを有するサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)を買収したと発表。

これに伴いバイナンスグローバルであるBinance.comでの新規日本人ユーザーの登録を11月30日日本時間17時付けで停止すると発表している。またバイナンスによると既存のバイナンスに登録している日本人ユーザーは影響を受けないとしている。

バイナンスジャパンの上場銘柄

バイナンスグローバルと異なり、バイナンスジャパンではサクラエクスチェンジビットコインが提供する11の取引ペアを上場するとしている。

対象の仮想通貨ペアは

BTC/JPY
ETH/JPY
BCH/JPY
XRP/JPY
LTC/JPY
ETC/PY
XEM/JPY
MONA/JPY
ADA/JPY
XYM/JPY
COT/JPY

となっている。

バイナンスがローンチしたバイナンスチェーン(BNB)は現状で上場されていないが、サクラエクスチェンジビットコインの取り扱いペアを継続していることから、今後BNB上場を目指すと見られるだろう。

既存のバイナンスユーザーへの影響は?

現時点ではレンディングとなるバイナンスアーン(Binance Earn)やイーサリアムのステーキング、先物取引などのプロダクトを継続して使用できるとしている。ハッキングされた仮想通貨取引所のコイン(Quoine)が破産したFTXグループに買収されたとき、ある程度の期間をおいてFTXグローバルに登録されていたユーザーはデータがFTXジャパンに移管された。

つまりバイナンスにおいても数ヶ月の移行期間を経て、バイナンスグローバルユーザーのデータがバイナンスジャパンに移管されることになると推測される。日本では仮想通貨の自主規制団体が個人投資家はレバレッジを2倍としており、バイナンスの提供するマージン取引の最大125倍のレバレッジを使用できなくなるということになる。

だがバイナンスチェーンで提供するBNBの上場を図ると見られ、新しいサービスが認められる可能性も考えられることからマイナス面以外にも利便性は向上すると見られるだろう。

 

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム手数料モデル変更EIP-1559 7月にロンドンハードフォークで実装か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム手数料モデル変更EIP-1559 7月にロンドンハードフォークで実装か?
イーサリアムデベロッパーによると、ビットコインから採用した手数料のオークションモデルを変更する大型アップデートEIP-1559が実装される可能性が高いという。EIP-1559は手数料として支払われたETHをバーン(焼却)するため、イーサリアム価格に大きな影響を与えることになり注目されている。
PUBGのクラフトンがソラナとブロックチェーンゲームに関する長期的な協力契約を締結
ブロックチェーンゲーム
PUBGのクラフトンがソラナとブロックチェーンゲームに関する長期的な協力契約を締結
世界的な人気を誇るバトルゲーム「PUBG」を開発したKRAFTONが、「ソラナラボ(Solana Labs)」と事業契約の締結を発表しました。ブロックチェーンベースのゲームおよびサービスの設計とマーケティングをサポートするとされています。発表の内容を紹介します。