仮想通貨Bot(ボット)とは?メリットやデメリットをわかりやすく整理

10400

編集部ピックアップ

仮想通貨Bot(ボット)とは?メリットやデメリットをわかりやすく整理

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
この記事では、仮想通貨Bot(ボット)について考察します。

仮想通貨Bot(ボット)とは?

仮想通貨Bot(ボット)は、アルゴリズムにしたがって取引を自動的に実行できるツールです。Bot(ボット)により得る利益は、アルゴリズムの完成度に大きく依存しています。

Bot(ボット)には既製品とカスタマイズ品の2種類があります。前者はBot(ボット)の開発者が実装したアルゴリズムとトレーディング戦略にしたがい取引が実行されます。これに対して後者は、要件に応じて取引の実行を柔軟に調整することができます。

仮想通貨Bot(ボット)のメリットやデメリット

仮想通貨の取引市場が、その他の取引市場と異なる点は、24時間365日取引が行われているということです。ご存知のように仮想通貨の価格変動制はとても高いため、トレーダーが目を離している隙に多額の損失を被るリスクがあり、トレーダーは非常に神経質になります。

メリット

Bot(ボット)による取引を利用すれば、トレーダーは他のタスクに集中したり、ゆっくりと眠ることができるメリットがあるため、仮想通貨のBot(ボット)の人気はどんどん増加しています。さらにBot(ボット)は手動では行えないような迅速な取引を実現できるため、短い期間で大きな利益をあげるために活用することができます。

デメリット

仮想通貨のBot(ボット)には上述のように大きな利点がありますが、Bot(ボット)に頼り切ってトレーダーが大きな利益をあげることは難しいかもしれません。なぜならBot(ボット)のアルゴリズムは容易に変更できないことに対して、仮想通貨の市場は目まぐるしく変化するため、Bot(ボット)は一定の期間しか効力を発揮しません。そのため既製品のBot(ボット)は、しばらくすると期待されている結果を提供できなくなります。

そのためBot(ボット)を用いて継続的にトレーダーが利益をあげ続けるためには、Bot(ボット)のアルゴリズムを適宜、調整する必要があります。

つまり仮想通貨の取引市場の動向をよく理解しているだけではなく、市場の条件が変化した時にBot(ボット)のアルゴリズムを再プログラムすることができる、技術的なスキルをトレーダーは持ち合わせている必要があります。

人工知能(AI)をもつ仮想通貨Bot(ボット)はどうか?

今日では、人工知能(AI)を搭載した仮想通貨のBot(ボット)が存在していて、トレーダーの注目を集めています。識者によるとこのようなBot(ボット)は、市場の変化に柔軟に対応して取引戦略のアルゴリズムを動的に変更することができるため、わざわざ再プログラムをする必要はないといいます。

確かにこれはすべての問題を解決するように思えますが、現時点においてこのようなBot(ボット)は仮想通貨の価格と数量に影響するすべての変数を考慮に入れることが難しいです。そのため将来的に技術が発展すれば可能性はありますが、今の時点では人工知能(AI)搭載Bot(ボット)の能力は限定的です。

五月雨(筆者)の結論と考察

ここまで述べてきた内容を踏まえると、トレーダーが市場の動きに応じて柔軟にアルゴリズムを変更するカスタマイズBot(ボット)が、利益をあげる上では最も現実的なシナリオだと思います。

ただ外部に委託するのではなく、自分でBot(ボット)を実装するためには技術的なスキルが必要です。それらのスキルを持ち合わせていないトレーダーはぜひとも、プログラミングの知識を習得してBot(ボット)を開発してみましょう。もちろん簡単なことではありませんが、長期的にみればその努力は報われる日がくるでしょう。もしプログラミングを学ぶのであれば個人的にはドットインストールが入り口として最適だと思います。

関連:2018年注目の「ブロックチェーン×AI(人工知能)」プロジェクト6選

参考:CRYPTOGLOBE

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット