スマホ版メタマスク(MetaMask)のPolygon(旧MATIC)ネットワークの設定方法

メタマスク(MetaMask)は、暗号資産やNFTを保管するための代表的なウォレットです。さまざまな暗号資産を保管する事ができ、PC版のウォレットやスマートフォン版のモバイルウォレットがあります。

ブロックチェーン上のアプリケーション(DApps)や分散型金融(DeFi)と連携し、メタマスクを通じてアイテムやお金、アートなどをやりとりすることができます。

普段PCでメタマスクを利用している人は多いと思いますが、スマホを使おうとしたタイミングで使い方が分からなくて困る方も多いようです。

今回はPolygon(ポリゴン)を例にメタマスクでイーサリアム(ETH)以外のブロックチェーンネットワークを利用する方法をステップごとに紹介します。

メタマス(MetaMask)を利用する事前準備

まずメタマスクのアプリをダウンロードして、初期設定を済ませてください。

ダウンロードURL:https://metamask.io/

今回の記事では、下記の項目を終わらせた後の段階からスタートします。

  • メタマスクのアプリをダウンロードする
  • パスワードを設定する
  • シードフレーズをメモする
  • シードフレーズの確認(ちゃんとメモしたかどうかの確認)

初めての方はシードフレーズに馴染みがないかもしれません。シードフレーズは。スマホをなくしたり機種変更したときでもきちんと自分のウォレットにアクセスできるようにするためのもので、パスワードよりも重要です。そのためシードフレーズを他人に見られた場合、自分の持っているコインやNFTを簡単に盗まれてしまいます。

銀行の暗証番号を友達に教えたりしないのと同じように、シードフレーズは(わけのわからない単語ばかりに見えるかもしれませんが)絶対に人には見せず、自分で大切に管理しておいてください。ブロックチェーンには運営者がいないので困ったときに問い合わせる先がありませんし、シードフレーズはなくしたら再発行してもらえません。

メタマスクのデフォルトの設定ではイーサリアムのネットワークでコインを送ったりできる設定になっていますが、この記事にたどり着いたあなたはPolygonやxDAIなどの別のネットワーク(しかもデフォルトでは設定されていない)に接続したいはずです。

メタマスクのポリゴン接続方法

スマホアプリの画面上部にある「Ethereum Main Network」と書かれている部分を接続したいネットワークの名前に変えられればOKです。早速はじめましょう!

メタマスク(MetaMask)をPolygonに接続する手順

まず最初に画面左上のメニューボタンをタップします。

メニューが出てくるので、歯車マークのついている「Setting(設定)」をタップします。

メタマスクのポリゴン接続方法

次にさまざまな設定項目が出てくるので、この中から「Network(ネットワーク)」を選んでください。

メタマスクのポリゴン接続方法

すると、今すでに設定されているネットワークの一覧が出てきます。一番下にある「Add Network(ネットワークを追加)」というボタンを押します。
#
ここで、どのネットワークに追加したいか聞かれます。
少し面倒ですが下記の項目をコピーしてそれぞれの項目に張り付けてください。

Network Name: Polygon
New RPC URL: https://polygon-rpc.com/
ChainID: 137
Symbol: MATIC
Block Explorer URL: https://explorer.matic.network

メタマスクのポリゴン接続方法

入力が終わったら一番したの青いボタンを押して完了です。

最初の画面に戻って、ネットワークの名前がPolygon(またはその他の設定したいネットワークの名前)に変わっているでしょうか?

変わっていないという方はネットワークの名前のところをタップしてみて下さい。
設定済みのネットワーク一覧が出てくるので、ここから選びましょう。
ここに設定したいネットワークの名前が無ければ、もう一度最初からやり直して下さい。

いかがでしたでしょうか?スマホはまだ少し使いづらいかもしれませんが、これからもっと便利になっていくとよいですね。

【こんな記事も読まれています】
【初心者向け】polygon(旧Matic)使い方・設定完全ガイド
Polygon(仮想通貨Matic)の基本情報と今後の展望
ポリゴン(Polygon)のナイトフォール(Nightfall)について知っておきたい3つのポイント

おすすめの記事
マイクロソフトもメタバースに本格参入か?ブロックチェーン部門ディレクターの募集を開始
仮想通貨ニュース
マイクロソフトもメタバースに本格参入か?ブロックチェーン部門ディレクターの募集を開始
1月に米国最大手ゲーム企業であるアクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard)社の買収を発表したマイクロソフト(Microsoft)社がWeb3.0領域に強いブロックチェーン関連ディレクターの募集を開始しました。業界の傾向からメタバース領域への本格参入準備ではないかと言われています。
【墨汁速報】イーサリアム手数料モデル変更EIP-1559 7月にロンドンハードフォークで実装か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム手数料モデル変更EIP-1559 7月にロンドンハードフォークで実装か?
イーサリアムデベロッパーによると、ビットコインから採用した手数料のオークションモデルを変更する大型アップデートEIP-1559が実装される可能性が高いという。EIP-1559は手数料として支払われたETHをバーン(焼却)するため、イーサリアム価格に大きな影響を与えることになり注目されている。
【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?
イーサリアムのステーキング数は320万ETH(約4,700億円)を超え、イーサリアム2.0上でアクティベート(正式登録)されたバリデータ数は記念すべき10万を超えた。バリデータ数の増加は今後のイーサリアム2.0の次の開発となる「フェイズ1」のセキュリティを確保する重要な指標となる。