【墨汁速報】イーサリアムPoS移行のETH1とETH2のマージがEIP-3675として開発者会議で議論

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

イーサリアムのマイニングを廃止し、完全にPoS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行するETH1とETH2のマージ(統合)がEIP-3675として提案された。イーサリアムのPoS完全移行は今年末から来年の初旬にかけて予定されている。

関連記事:イーサリアム(ETH)の今度はどうなる?マイニングの終了とPoSへの完全移行

EIP-3675 ETH1とETH2のマージ

EIPとはイーサリアム改善提案(Ethereum Improvement Proposal)の略で、イーサリアムに実際に実装する変更を提案する正式な形式だ。EIP-3675はPoSへの完全移行である通称「ETH1とETH2のマージ」の仕様を定義するというもので、ETH2のマージを実装することが決定してから提案される初のEIPとなっている。

EIP-3675については24日に行われたイーサリアムコアデベロッパー会議 #118にて話し合いが行われている。

ETH2マージ実装のタイミング

EIP-3675で最も注目すべきは、ETH2のマージを実装するタイミングだ。ETH2のマージは現在のマイニングを必要とするPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からイーサリアムのPoSであるCasper FFGへと完全移行するため、通常のハードフォークと異なる。

ETH2マージでは、本来利用する特定のブロック高ではなく合計のデフィカルティ(難易度)を利用するという提案がイーサリアム2.0リサーチャーによってされている。現在の実装方法では、クライアント側のアップデートと実際に移行タイミングが異なる可能性があり、2週間の期間を設ける必要がある。

一方で合計のディフィカルティで行なう場合、移行タイミングを予測しやすいという利点があることから、新しい実装タイミングとして提案されている。

合計ディフィカルティ実装での技術的問題

一方でこの合計ディフィカルティでのET2マージは技術上の賛否両論がある。ここでの問題はブロックストラクチャの問題や、無効なステートでのブロックとBeacon Chain上のファイナリティなどの問題がコアデベロッパー会議であげられており、今後のETH2マージ会議でEIP-3675としてより深い議論が必要になるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)時代の到来?新規ウォレットアドレスが1ヵ月で約500万増加
機関投資家はイーサリアム(ETH)をどのように見ているか
イーサリアムのPoWの終了は早ければ2022年Q1、マージによるEthereum 2.0の統合が現実的に

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースOcean Market(オーシャン・マーケット)でステーキングする方法と注意点
次のニュース【墨汁速報】Uniswap公式UIの取引制限を追加 SynthetixやOpynなどのデリバティブトークン
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者