3ページ目 | イーサリアム 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イーサリアム購入 イーサリアム売却 スプレッド
24時間の取引高
GMOコイン
ETH
DeCurret
-
BINANCE
ETH
ビットバンク
ETH
BITPoint
ETH
Huobi Japan
ETH
Liquid by Quoine
ETH
bitFlyer
ETH
OKCoinJapan
ETH
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イーサリアム(ETH) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

イーサリアム(ETH)の概要

特徴 スマートコントラクト機能があり、分散型アプリケーション、開発プラットフォームとして様々なところで活用されています。2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)により提唱され、2015年8月には公開されています。イーサリアムを利用する際にGas(ガス)と呼ばれる手数料がかかるのが特徴の一つです。2018年にICOが一時期ブームになりましたが、そのほとんどがイーサリアムを利用したものになっていました。
通貨名 Ethereum 日本語通貨名 イーサリアム
シンボル ETH 時価総額 約40,375億円
公開日時 2015/07/30 アルゴリズム Ethash
発行上限 上限なし マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Vitalik Buterin
Web https://www.ethereum.org/
Twitter https://twitter.com/ethereum
ホワイトペーパー https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イーサリアムの価格はいつ上がる?DeFiの成長速度と合わない理由

コンパウンド(Compound)などDeFi関連トークンが脅威的な値上がりやデリバティブ取り扱い開始といった事例が重なり、人気の投資先となった反面、イーサリアム(ETH)自体にはあまり影響が出ておらず、そこにはとある理由がありました。
イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

ブロックチェーンの歴史を変えるイーサリアム2.0が開発方針の決定から2年をかけローンチ直前まで迫ってきています。そこで今回は、イーサリアム2.0による変更点であるステーキングの方法について解説していきます。

【墨汁速報】イーサリアム2.0のカウントダウン開始! Altonaテストネットが...

イーサリアム(Ethereum)はイーサリアム2.0の公式マルチクライアントテストネット"Altona"を6月29日にローンチした。ETH2のメインネットローンチ前の最終段階へとなり、問題なく運用できれば正式ローンチとなる。
実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場

実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場...

イーサリアム(Ethereum)をはじめとしたパブリックブロックチェーンは取引処理能力に限界があることは広く知られています。2020年に入り、実用化のフェーズになったレイヤー2のアプリケーションについて紹介します。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 公式”Altona”テス...

イーサリアム2.0の最新情報がイーサリアムファンデーションによって公開された。ETH2 Quick Update No.12によると、デポジットコントラクトのセキュリティ強化や公式のマルチクライアントテストネット”Altona v0.12”について言及している。 デポジットコントラクトのセキュリティ改善 イーサリアム2.0のデポジットコントラクトは

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロ...

イーサリアム2.0マルチテストネットのデベロッパーによると、全てがうまく行けばイーサリアム2.0フェイズ0のローンチは2020年11月になると見られるという。イーサリアム2.0は6月現在、v0.12.1を公開しており、最終実装候補となっている。

【墨汁速報】仮想通貨上場などの補助ツール“ロゼッタ”をコインベースが公開

米コインベースは17日、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンの統合支援ツール”ロゼッタ(Rosetta)を公開。仮想通貨(暗号資産)取引所はコインベースのロゼッタを活用する事で仮想通貨の新規上場のための統合開発の手間を省けるという。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

イーサリアム2.0の新テストネット、オニキス(Onyx)テストネットが6月14日にジェネシスブロックを生成し、ローンチした。このオニキステストネットは、6月3日に公開されたイーサリアム2.0の最終仕様となるVer.0.12を実装して
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

2020年4月ごろから強気相場に入ってきたイーサリアム(ETH)。年始との価格を比較すると約2倍になっており、今年のパフォーマンスはビットコイン(BTC)を上回っています。そこで2020年にイーサリアムの上昇が期待できる3つの要素を紹介します。

eスポーツの賞金も仮想通貨で?コンセンシスがイーサリアム利用のプラットフォームを...

イーサリアム開発のスタートアップであるコンセンシス(ConsenSys)がeスポーツ関連のNPO組織である北米大学リーグ(NACL)と提携し、イーサリアムベースのeスポーツ用プラットフォームの開発・提供を発表しました。