【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?

イーサリアムのステーキング数は320万ETH(約4,700億円)を超え、イーサリアム2.0上でアクティベート(正式登録)されたバリデータ数は記念すべき10万を超えた。バリデータ数の増加は今後のイーサリアム2.0の次の開発となる「フェイズ1」のセキュリティを確保する重要な指標となる。

イーサリアムステーキング320万ETH突破

32ETHをステーキングして参加する次世代イーサリアム2.0のBeacon Chainは、ステーキングが320万ETHを突破した。1ETHは執筆時14.7万円であるため、日本円にして約4700億円にも相当するイーサリアムがデポジットコントラクトにロックされていることになる。

バリデータとしてイーサリアム2.0に参加するには、32ETH単位でデポジットが必要になるため、イーサリアム2.0には現在10万バリデータ以上が参加しているということになる。またステーキング後にはBeacon Chainによるバリデータとして「アクティベート(正式登録)」待ちが必要だが、現在のアクティベートされたバリデータ数は10万を超え、100601バリデータとなっている。

#

イーサリアム2.0のセキュリティ上昇

32ETHのステーキングが増えるということは、現在は引き出しができない一方通行であるため、ETHがイーサリアム2.0のデポジットコントラクトにロックされる。これによりETHの市場供給量が著しく減少し、約4ヶ月で320万ETHであることから発行数の倍近い1日2.6万ETHが市場から減少していることになる。

またBeacon Chainのネットワークを10万バリデータがセキュアに保っており、さらにブロックチェーンのセキュリティを保つのに重要なデータを検証する
「ノード」がバリデータや所有者ごとに必要になるため、イーサリアム2.0はブロックチェーンの中で最もノード数が多いセキュアなチェーンであると仮定できるだろう。

イーサリアム2.0フェイズ1

また現在はフェイズ0の初期段階だが、今年から来年にかけて実装される予定のフェイズ1では、ブロックチェーンを64個に分割したShardingが実装される。バリデータはこれらのShard Chainをセキュアに保つ役割も担っており、現状では1つのShard Chainに1562バリデータの割り振りとなるため、バリデータ数の増加はイーサリアム2.0の将来的なセキュリティ上昇の貢献にもなるのだ。

Shardingは今年から来年にかけて実装される予定となっており、Beacon Chainローンチ時にデベロッパーは2020年2月の時点で「Shardingの開発は90%終了している」と述べている。開発は各デベロッパーやリサーチチームが並行して行っており、フェイズ1やフェイズ2への実装はユーザーが考えるより早く実現するかもしれない。


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】仮想通貨レンダー "セルシウス(Celsius)"が破産申請の手続き中とリーク その後正式に破産申請を発表【追記】
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨レンダー "セルシウス(Celsius)"が破産申請の手続き中とリーク その後正式に破産申請を発表【追記】
仮想通貨レンディング企業のセルシウスネットワーク(Celsius Network)が破産申請をしたと発表。セルシウス(Celsius)は6月13日にビットコインやイーサリアムのレンディングを利用しているユーザーの資産引出し、売買、送金のすべての機能を停止しており、1ヶ月間資産が凍結されていた。
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
イーサリアム2.0のBeacon ChainメインネットがEpoch74240を迎え、初となる大型アップデート「アルタイル」ハードフォークが実装された。テストネットでは8月に既にテスト実装されており、メインネットでの実装予定が10月27日前後となっていた。詳細を解説します。