取引所

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

取引所のニュース一覧

取引所に関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)がBinanceに続きマルタ島へ進出

仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)がBinanceに続きマルタ島へ進...

香港を拠点とする中国の仮想通貨取引所「OKEx(オーケーイーエックス)」がマルタ島へ進出することがわかった。マルタ政府は国際的な仮想通貨取引所を導入する計画を進めており、マルタの首相は仮想通貨ビジネスを積極的に迎え入れようとしている。
韓国の仮想通貨取引所(Bithumb・Coinoneなど)と提携中の3銀行が検査実施へ

韓国の仮想通貨取引所(Bithumb・Coinone)と提携中の銀行など3行が検...

韓国の3銀行は、金融委員会の検査を受けることが発表された。仮想通貨取引所(Bithumb・Coinone)と提携中の農協銀行も含まれており検査は4月19日から行なわれる予定。対象ではないその他銀行にも独自にチェックをするよう求めるとのこと。
ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー) VS 日本経済新聞の報道に関しての実験検証...

本日、日経新聞がビットフライヤーに対して「顧客獲得を優先 犯罪対策二の次」という記事を公開しました。そこで、その記事に記載されてることがどこまでが事実なのかを検証してみました。マネーロンダリングなどを防ぐために法規制を進めている仮想通貨業界です。その中でビットフライヤーは大手取引所なので、慎重に進めて欲しい件です。
コインチェックの買収額(36億円)は安いのか?高いのか?フェアバリュー算出の不可能性

コインチェックの買収額(36億円)は安いのか?高いのか?フェアバリュー算出の不可...

ハッキング事件から3か月、コインチェックがマネックスに買収されることが決まり、その価格は36億円と発表。昨年1000億円もの利益が出ていたコインチェックを36億円で買収するのは安いのか?それとも様々な条件を加味すると高いのだろうか?
韓国取引所Bithumb、2018年末までに国内8000店舗の仮想通貨決済サービス導入を目指す

韓国取引所Bithumb:2018年末までに国内8000店舗の仮想通貨決済サービ...

韓国の大手取引所であるBithumb(ビッサム)がKorea Payと提携し、6,000以上の店舗で仮想通貨決済サービスを可能にする計画があることを発表。さらに2018年末までに8000店舗へのサービス導入を目指すという。
Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転

Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転|金融庁(警告)へのしっ...

バイナンス(Binance)の本社が香港からマルタ島へ移転することが決定。すでにマルタ首相も歓迎している様子。金融庁から資金決済法違反の警告を受けてからすぐの発表だった。バイナンスは200人を新規雇用し、事業を拡大していく計画のようだ。
海外大手取引所Bittrex(ビットトレックス)が銘柄をバンバン上場廃止にしている理由とは?

海外大手取引所Bittrex(ビットトレックス)が銘柄をバンバン上場廃止にしてい...

海外の大手取引所であるBittrex(ビットトレックス)が一気に80銘柄以上の上場廃止を発表した。期限も2018年3月30日までと短すぎるし、保有している人にとっては早急に対応が必要に。なぜ上場廃止を増やしたのか?廃止銘柄は一体何なのだろうか?
ビットバンク貸仮想通貨サービス

貸仮想通貨サービスの真相:「仮想通貨を貸して増やす」は儲かるのか?

ビットバンクより2018年4月から「仮想通貨を貸して増やす」サービスについてのリリースがありました。パーセントは貸す仮想通貨の量によるが、満了期間は1年トなっている。途中解約した場合に手数料が発生するので、リスクを考えてみてから利用を考える必要がありそうですね。
DMM Bitcoin田口社長に聞いた「セキュリティー体制や仮想通貨交換所としての展望」

DMM Bitcoin田口社長に聞いた「セキュリティー体制や今後の展望」

DMMBitcoinの田口社長にインタビュー第三弾。前回までは各通貨の未来像を中心に話を聞くことが出来た。今回は仮想通貨の流出問題がきっかけでさらに関心が増したセキュリティー体制を中心に。また、仮想通貨交換所としての取り組み方や今後の展望を語ってもらった。
DMM Bitcoin田口社長に聞いた「DMMグループとしての仮想通貨への取り組み方」

DMM Bitcoin田口社長に聞いた「DMMグループとしての仮想通貨への取り組...

DMMBitcoinの田口社長にインタビュー第二弾。前回までは仮想通貨業界が考える仮想通貨の未来に関することがメインだったが、今回は各通貨がどのような通貨になっていくのかという未来像や、DMMグループが考える仮想通貨の取り組みについても聞くことができた。
ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー):ビットコイン/アルトコイン送付手数料を変更...

bitFlyer(ビットフライヤー)が、ビットコインのトランザクション減少により送付手数料の変更を行った。ビットコインネットワークの混雑から、2017年12月24日以降ビットコイン送付手数料を引き上げを実施していたが、それを解除した形となる。
コインチェック記者会見!来週中にも補償金460億円の返金スタートか?

NEM流出のコインチェック記者会見:来週中にも補償金460億円の返金スタートか?...

本日、金融庁から二度目の業務改善命令を受けたコインチェック社が3月8日午後4時に都内にて緊急記者会見を行った。今後の対応策は一体どういったものなのか?記者会見の様子を紹介します。
DMM Bitcoin田口社長に聞いた「仮想通貨(ビットコイン)の未来」

DMM Bitcoin田口社長に聞いた「仮想通貨(ビットコイン)の未来」

仮想通貨関連で様々な事件・問題が起きている中でも仮想通貨に対する関心は高まる一方。今回は仮想通貨取引所の1つDMM Bitcoinの田口社長にインタビューを行い、今後の仮想通貨の未来についてどういった考えがあるのかを聞いてみた。
ビットフライヤー(bitFlyer)

BitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング) に高機能チ...

トレーダーに人気のビットフライヤー(bitFlyer)のトレードツールに追加機能がリリースされた。「Light Chart」と呼ばれるもので、リアルタイム性、情報の豊富さ、補助機能充実などを考えて行った模様。
Poloniex(ポロニエックス)がCircle(サークル)傘下

Poloniex(ポロニエックス)がCircle(サークル)傘下に。この買収劇が...

Poloniex(ポロニエックス)は、現在、アルトコイン取引高世界最大の座をBinance(バイナンス)に明け渡しましたが、2015後半~2017年前半にかけては、最も力のあるアルトコイン取引所でした。そのポロニエックスが、サークル社傘下に入るということがどういう意味なのかを執筆しています。
仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)をCircle(サークル)社が買収

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)がCircle(サークル)社によ...

Circle(サークル)社が仮想通貨取引所のPoloniex(ポロニエックス)を買収したと発表した。買収額は4億ドルと言われている。日本国内でも利用ユーザーが多いポロニエックスのニュースは、仮想通貨業界をにぎわした模様だ。
zaif(ザイフ)剛力彩芽

Zaif(ザイフ)剛力彩芽採用のCM放映開始:各取引所イメージ戦略について

仮想通貨取引所のイメージキャラクターに関してまとめました。ザイフが剛力彩芽さん、ビットフライヤーが成海璃子さん、
コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェックが金融庁に業務改善計画を提出し、日本円出金を再開した2月13日、本社で緊急記者会見を開いた。今回の焦点は補償の日時、仮想通貨の取引&出金再開時期、今後の会社の存続&経営についてとされている。会見の内容をお伝えします。
コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)NEM不正流出事件から2週間が経ちました。現在、事件の状況(進捗)はどうなっているのでしょうか?またコインチェック社から資産は戻ってくるのでしょうか?ボリ平さんの見解を公開しています。

公式発表 コインチェックが日本円出金再開をリリース

コインチェックの日本円出金再開リリースとなる。公式発表があったのは、19時頃で、事前にニュースサイトにより情報が流れていた。投資家たちは安堵出来たのではないだろうか。
仮想通貨取引業者の検索回数

仮想通貨取引業者の検索回数から見る認知度調査

検索回数から取引所の認知度調査を行いました。先日事件があったコインチェックが圧倒的数値で400万回近い検索回数がありましたが、中国の取引所であるバイナンスが日本国内で認知があるということがわかりました。

NEM(XEM)流出後もコインチェック(coincheck)でビットコイン取引が...

NEM流出騒動後のコインチェック(coincheck)のビットコイン取引に関して、調査をしました。さすがに大手取引所ということで、まだまだ取引量があるようでした。お客様に日本円にて流出したNEM分を返還するとのリリースがありましたが、今後の対応には注意が必要です。

coincheck(コインチェック) 400億円相当のNEMトラブルで出金・売買...

TVCMも行っている業界大手のコインチェック社が、本日大きなトラブルを起こしています。約5.2億NEM(XEM)が流出するというものです。コインチェックは、まだ仮想通貨業者登録申請中となっていた。
bitFlyer(ビットフライヤー)から無料でビットコインをもらう方法とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)から無料でビットコインをもらう方法とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)経由でクレジットカードを作るとビットコインがもらえる!?そんな噂を聞いた編集部スタッフは、本当にビットコインはもらえるのか?付与されるまでにどのくらい時間がかかるのか?等を検証するべく実際に申し込んでみました!
dmmbitcoin(DMM ビットコイン)

「DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)」口座開設申し込み受付開始

DMM Bitcoinの口座開設申し込み受付の開始リリース。FXでは、国内FX口座数第1位の60万口座を突破している。FXでのノウハウを活かし、今後仮想通貨取引での牽引役となる可能性が大きい。

KyberNetworkに迫る!次世代分散型取引システムとは!?

今回は、話題の分散型取引所について解説!分散型取引所では、信頼を管理者ではなく、技術に置いているため、管理者の独断での不正のリスクを低減することができます。
東京ビットコイン取引所の口座開設手順

東京ビットコイン取引所(TBX)の口座開設をしてみた!

東京ビットコイン取引所の口座開設手順です。口座開設に必要なものや手順の詳細を画像つきで紹介!東京ビットコイン取引所は、金融庁から発表された仮想通貨交換業者の「関東財務局長 第00010号」として登録されています。
bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)の使い方を画像付きで解説

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)の使い方をマ...

大手仮想通貨取引所のbitFlyerが提供するサービス「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」は多くのトレーダーが使っている取引ツールです。これから使い始める人向けに、使い方を画像付きで解説しています。
ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー) NY州金融サービス局BitLicense取...

本日、仮想通貨取引所大手のビットフライヤーから子会社である「bitFlyer USA, Inc.」がニューヨーク州金融サービス局(New York Department of FinancialServices ※略称 NYDFS)の制定しているBitLicenseを取得したと発表があった。
ビットコインキャッシュを取り扱うビジネスの状況

ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱うビジネスの状況

ビットコインキャッシュについても引き続き注目が集まっています。現在ウォレットや取引所等のビジネスがどのように対応しているのか見てみましょう。
ビットコイン取引所で2段階認証に失敗する理由と解決策

ビットコイン取引所で2段階認証に失敗する理由と解決策

ビットコインの取引をするにあたり、取引所に登録したりウォレット作ったりする必要があります。ビットコイン含む仮想通貨は送金が簡単に出来てしまうため、アカウントをハッキングされてしまうと自身のウォレット内の資産が全て奪われてしまうというようなことが起こりえます。
決算説明会での藤田社長コメント内容

CA bitcoinに関して決算説明会での藤田社長コメント内容

2017/10/26に株式会社サイバーエージェント2017年9月期通期決算説明会が行われた。詳しい内容は、下記の「FRESH!」を確認できる。動画内で藤田社長は各事業の進展や方針などについて説明しており、その中で「29分42秒~30分10秒」の28秒という短い時間であったが、ビットコイン取引所についても言及されている。
Bitcoin Goldの各取引所対応状況

10/25 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の各取引所対応状況

10/25に予定されているビットコインゴールドの分岐に伴う付与に関して、取引所が対応発表を始めている状況だ。仮想通貨交換業者とコインチェックのもをまとめた。

知らないと損する?ビットコインの取引所と販売所の違い

知らないと損する取引所と販売所の違いについて解説しています。仮想通貨を購入するには取引所と販売所、どちらがお得なのか?購入する際の手数料の違いが段違い!購入するにはどの方法がいいのか事前に確認するのが賢い購入方法です。
仮想通貨事業者登録と廃業、光と影

仮想通貨事業者登録と廃業、光と影

先日、仮想通貨事業者として登録された取引所が発表されました。これから本格的に金融庁の監視下で取引所の運営が行われることになります。しかし、これに伴い廃業する取引所も。
SBIバーチャル・カレンシーズ口座開設の先行予約開始

SBIバーチャル・カレンシーズ口座開設の先行予約開始

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の選考予約を開始した。氏名とメールアドレスを登録すれば、サービス開始の連絡を受け取れるとのこと。
itFlyer(ビットフライヤー)のモナコイン取扱い開始で暴騰か

bitFlyer(ビットフライヤー)のモナコイン取扱い開始で暴騰か

先日、無事に業者登録が完了したbitFlyer社がモナコインの取扱いを開始した。公式ツイッターの方で、リリースを出している。国内で、Monacoinを取り扱ってたのは、Zaifのみだったがまた1社追加された形だ。このニュースがあってか、モナコインが暴騰している状況だ。
大手参入!サイバーエージェントが仮想通貨取引事業会社設立

大手参入!サイバーエージェントが仮想通貨取引事業会社設立

インターネット大手のサイバーエージェントが、来春から仮想通貨取引事業を開始すると発表がありました。今後の仮想通貨の利用増加を見込んでということのようだ。ネットTVの「AbemaTV」、音楽配信サービス「AWA」などインターネット領域では、様々な事業展開を行っている。

ネクストカレンシー(DMMグループ)の特徴と評判|2018年春、仮想通貨取引事業...

DMMがグループが仮想通貨業者ネクストカレンシーを設立。サービス開始は2018年春を予定しているがこのページで現在わかっている情報を掲載している。最新情報が入り次第追記していく予定。今後のサービス展開に期待!
匿名暗号通貨Zcashが一時急騰!韓国取引所上場が要因か

匿名暗号通貨Zcashが一時急騰!韓国取引所上場が要因か

ZECの価格が急上昇。この背景には韓国大手取引所bithumbへの上場のニュースが。Zcash(ズィーキャッシュ)は匿名性やプライバシーに特化した仮想通貨で今年10月にローンチ一周年を迎える。
速報:金融庁が仮想通貨交換業者に登録された取引所を発表

速報:金融庁が仮想通貨交換業者に登録された取引所を発表

金融庁から11社が仮想通貨交換業者に登録されたことが発表された。あと17社が継続審査中だ。
破綻リスクが高いビットコイン取引所を見分ける4つのポイント

破綻リスクが高いビットコイン取引所を見分ける4つのポイント

ビットコインの取引所は国内にも海外にも非常に沢山あり選ぶのが大変です。この中から、危ない取引所を見分けるにはどうすればよいのでしょうか?
中国のビットコイン取引所ViaBTCも9月末での停止を発表

中国のビットコイン取引所ViaBTCも9月末での停止を発表

中国政府によるビットコイン規制の話題で価格も大きく揺れている。当局の発表を受けて、取引所は閉鎖すると発表。

BTCボックス(BTCBOX)の特徴と評判|高セキュリティで安心!スマホアプリ(...

BTCボックス(BTCBOX)の特徴を紹介。2013年に創業した国内では老舗となる取引所だ。特徴としては手数料無料、セキュリティが抜群、スマホアプリに対応、といったところ。全体的に安定している取引所なので安心感を求めたい人におすすめ。サービス内容の詳細は記事をご覧ください。
超便利!ビットコイン取引所の売買レートをリアルタイムに見れるツール!

超便利!ビットコイン取引所の売買レートをリアルタイムに見れるツール!

ビットコインの価格が取引所ごとに見られるツールを導入。ビットコイン毎日トレードする人も、そうでない人もぜひ使って頂きたい。
仮想通貨ビットコイン関連企業マップ2017年夏

仮想通貨ビットコイン関連企業マップ2017年夏

最近増えてきたビットコイン関連企業をマップにまとめました!ビットコイナーのホーム(?)である六本木を中心に恵比寿・渋谷エリアから東京・日本橋方面へBTCベルト地帯が形成されている。

GMOコインの特徴と評判|取引所ではない?他社と違うある特徴が話題

2017年5月にサービスをスタートさせたGMOコインの特徴や評判を紹介。運営会社は大手GMOグループということで安心感がある取引所。しかしGMOコインは他社とは違うある最大の特徴をもっている。ユーザー目線で考えられた優良サービスの詳細を確認していただきたい。
CoinCheck(コインチェック)のWEB表示が中国語対応

CoinCheck(コインチェック)のWEB表示が中国語対応

中国では、ICO・取引所など規制が多く出てきている。今後、マイニングにも規制が入るかもしれない。そんな中、本日、コインチェックが中国語対応を発表した。

BitTrade(ビットトレード)の特徴と評判|ユーザー目線で考えられた見やすい...

BitTrade(ビットトレード)の特徴や評判を紹介。運営会社は国内の大手FX業者であるFXトレード・フィナンシャルであり取扱い仮想通貨が多いことで定評のある取引所です。見やすい取引画面など人気の理由は記事をご覧ください。
ウォール街のお金がビットコインに流れてくる?CFTCがオプション取引所承認

ウォール街のお金がビットコインに流れてくる?CFTCがオプション取引所承認

先日、米国商品先物取引委員会が暗号通貨を取り扱うLedgerXにスワップ執行ファシリティの登録を認めました。金融規制が厳しいアメリカでは、これまでビットコインへの機関投資家の資金入り口が実質的にありませんでしたが、その状況が変わるかもしれないニュースです。

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@