• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

仮想通貨取引所

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

仮想通貨取引所の記事一覧
仮想通貨取引所に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

コインベース(Coinbase)がニュートリノ(Neutrino)を買収、ブロックチェーン分析企業の可能性

コインベース(Coinbase)がニュートリノ(Neutrino)を買収、ブロッ...

コインベース(Coinbase)がブロックチェーン分析企業であるニュートリノ(Neutrino)を買収したことがわかりました。この買収により今後どんな展開が予想されるのか?また、関連性の高いChainalysisについても解説します。
バイナンス(Binance)の分散型取引所の詳細がアップデート、BNBがステーキングできる可能性について

バイナンス(Binance)の分散型取引所の詳細がアップデート、BNBがステーキ...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)が、現在構築中の独自ブロックチェーンと、それを利用した分散型取引所についての詳細情報をアップデートしました。平野氏に今後の動向と可能性について考察していただきました。
大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)とコインベース(Coinbase)との競争が激化

大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)とコインベース(Coinbase)...

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)と米最大手コインベース(Coinbase)との間で、顧客獲得を巡った競争が激化しています。クレジットカード決済の導入なさまざまな最近の動向を紹介します。
仮想通貨取引所バイナンスCECがリップル(Ripple)との提携示唆、ビットコインETFにも言及

仮想通貨取引所バイナンスCEOがリップル(Ripple)との提携示唆、ビットコイ...

バイナンス(Binance)のジャオ・チャンポン(Zhao Changpeng)CEOがライブ配信を行い、ユーザーや視聴者からの質問に回答。リップル(Ripple)との提携を示唆し、ビットコインETFについての考えなど、回答の一部を紹介。
仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

ビットコイン含めた仮想通貨交換業者の流出事件をまとめたページです。流出した日付、業者名、経緯など含めて記載していきます。トレードする際、入出金の際のホットウォレットを狙われることが多くあるので、交換業者は今後さらなる注意が必要になっていくものと考えられそうです。
バイナンス(Binance)が同社発行のBNBトークンをバーン、直近の動向について

バイナンス(Binance)が同社発行のBNBトークンをバーン、直近の動向につい...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)が最新の月次レポートを発表しました。2017年の創業から急成長を遂げるバイナスのヨーロッパでの新たな取引所の開設やICOプラットフォームの再開など最近の動向を紹介。
ICO支援プロジェクトBinance Launchpadの再開ともたらされる影響

ICO支援プロジェクトBinance Launchpadの再開ともたらされる影響...

大手取引所であるバイナンス(Binance)が公式ブログにてBinance LaunchPadの再開を発表。バイナンスが提供するICOプラットフォームにて、毎月新しい仮想通貨プロジェクトをサポートしていくという。本コラムでは仕組みなどを紹介する。
Huobi(フォビ)

Huobi(フォビ)口座開設の登録方法【初心者向け基礎知識】

Huobi(フォビ)の口座開設登録方法の手順を、管理画像を見ながら解説!Huobi(フォビ)の口座開設手順はこれを読めば大丈夫!仮想通貨取引の初心者向けに、1つ1つ丁寧に紹介していきます。
コインチェック(Coincheck)を利用するメリット&デメリット、ハッキング後も復活が期待されるその理由は?

コインチェック(Coincheck)を利用するメリット&デメリット、ハッキング後...

2018年初のハッキングでも有名になったコインチェック(Coincheck)は現在、信頼を取り戻すべくサービス改善に努めてます。本コラムでは同取引所を利用するメリット&デメリットの他に、ハッキング後も期待される理由について紹介します。
知らないとヤバイ?仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)5つの価格表示とは?

知らないとヤバイ?仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)5つの価格表示とは...

海外の仮想通貨取引所のBitMEX(ビットメックス)の解説コラム第3弾。同取引所には5つの価格表示があります。直近価格、参入価格、インデックス価格、マーク価格、清算価格とありますが、これらの意味を解説し、取引時の重要ポイントを紹介します。
国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)、完全復活が待ち望まれる理由とは?

国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)、完全復活が待ち望ま...

仮想通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)は、国内でも大手の取引所。しかし業務改善命令を受けた後から新規口座開設は一時停止。ユーザー数の多く認知度の高い取引所なだけに復活が望まれる今、同取引所の詳細やメリット&デメリットを紹介。
知らないとヤバイ?BitMEX(ビットメックス)使い方の注意点と手数料

知らないとヤバイ?BitMEX(ビットメックス)使い方の注意点と手数料

海外取引所のBitMEX(ビットメックス)は、ユーザー数・取引量が多い取引所です。しかし使い方や仕組みをしっかり理解していないとリスクを背負うことに。本稿ではBitMEXを使う上での注意点やコストについて解説します。
知らないとヤバイ?レバレッジ最大100倍の仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の特徴

知らないとヤバイ?レバレッジ最大100倍の仮想通貨取引所BitMEX(ビットメッ...

海外の仮想通貨デリバティブ専門取引所BitMEX(ビットメックス)の詳細、メリットなどの特徴に関する解説コラムです。最高レバレッジは100倍という取引が可能な同取引所の仕組みとは?公式の日本語説明ではわかりにくい内容を紹介します。
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がコインチェックやLINE子会社含む5社を第二種会員として加盟を発表

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がコインチェックやLINE子会社含む5社を第...

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が第二種会員として新たに加盟した5社を公式サイトで発表した。その5社とはコインチェック、みんなのビットコイン、LastRoots、LVC、コイネージだ。現在わかっている内容を紹介。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

10年後、仮想通貨の状況はどうなっているのか?:栢森 加里矢(QUOINE 代表...

仮想通貨取引所Liquid by Quoineを運営するQuoine社の代表取締役CEOの栢森 加里矢によるコラム。2017-2018年は仮想通貨の相場に大きな変動があった年、10年後の仮想通貨の状況はどうなっているのか?という考察をお届け。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の魅力とは?注意すべきメリットとデメ...

創業より少しずつその存在感を現してきた仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)。一時はリップル(XRP)の取引量が世界一になった実績もあるビットバンクについて、最近の動向や利用する際のメリットとデメリットを紹介します。
地合いの悪い株式市場の中、マネックスGがコインチェック(Coincheck)報道で急騰

地合いの悪い株式市場の中、マネックスGがコインチェック(Coincheck)報道...

株式市場が大幅な続落で波乱が起きている中、先週コインチェック(Coincheck)が金融庁に年内にも仮想通貨登録業者となるとの報道を受けマネックスグループ株が急騰。この株価の動きの考察と、仮想通貨市場から見る投資の取り組み方などを紹介します。
バイナンス(Binance)を利用するメリット&デメリット、名実ともに「世界一」の理由

バイナンス(Binance)を利用するメリット&デメリット、名実ともに「世界一」...

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、ユーザー数・取引高も多く人気の海外取引所です。このバイナンスが2018年に行ったあらゆる動きをおさらいし、利用する上でのメリット&デメリット、そして名実ともに「世界一」の理由を紹介します。
仮想通貨を学んで獲得、コインベースが新たなプラットフォーム「Coinbase Earn」発表

仮想通貨を学んで獲得、コインベースが新たなプラットフォーム「Coinbase E...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が12月19日、仮想通貨を学んで獲得できるシステム「Coinbase Earn」を発表しました。動画を見たりクイズに答えることで仮想通貨を獲得できるこのシステムを紹介します。
コインチェック登録事業者へ

コインチェック(Coincheck)年内に仮想通貨登録業者か

コインチェックが金融庁の仮想通貨登録事業者になると日経新聞より報道が行われた。コインチェックは、この情報を否定している状態となっている。NEM流出事件から約11カ月経過した今現在も仮想通貨業界で話題となる業者だ。
加速するバイナンス(Binance)直近の動き、予想される今後の動向とは

加速するバイナンス(Binance)直近の動き、予想される今後の動向とは

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は最も加速している取引所といっても過言ではない。同社の直近の動きや開催予定のイベント、今後どういったことが予想されるのかについて考察を行いました。他社とは違った戦略を持つBinanceに注目。
仮想通貨取引所バイナンス(Binance)、初となるブロックチェーンの大規模イベントをシンガポールで開催

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)、初となるブロックチェーンの大規模イベ...

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が2019年1月にブロックチェーンの大規模なイベントを開催することを発表。安全性をテーマにしたハッカソンとカンファレンスの2つに分かれたイベントの詳細を紹介します。
仮想通貨取引所バイナンス(Binance)、USDT市場をステーブルコイン市場へ統合

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)、USDT市場をステーブルコイン市場へ...

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がステーブルコイン市場を新たに創設し、テザー(USDT)市場との統合を発表。また、新たにPAXを追加したこともブログでアナウンスしている。今後のバイナンスの動きについて考えられることを考察した。
仮想通貨取引所バイナンス(Binance)、KYCシステムを導入し顧客確認を自動化へ

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)、KYCシステムを導入し顧客確認を自動...

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がリフィニティブ(Refinitiv)と提携をして自動KYCアプリケーションを導入することを発表、安全性の強化へと取り組む。リフィニティブとはどんな企業か、どのような取り組み内容かを紹介する。
バイナンス(Binance)が新たにステーブルコイン「USDC」を追加、今後の展開とは?

バイナンス(Binance)が新たにステーブルコイン「USDC」を追加、今後の展...

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が新たに米サークル社のステーブルコイン「USDC」の追加を発表。どのように発行されたステーブルコインなのか?また、バイナンスがステーブルコインを扱う理由に対しても考察を行った。
Zaif・フィスコ事業譲渡

Zaif(ザイフ)承継同意お手続きのお願いメールのタイトルパターン

Zaif(ザイフ)からフィスコ(FCCE)への事業譲渡を承諾確認メールが、毎日来ている状況なので、その文面などを一覧にまとめてみた。11月になってからは、担当者変更があったのかキャンペーンメールのような形になってきている。
バイナンスの仮想通貨分析部門「Binance Research」開設、狙いは何処にあるのか?

バイナンスの仮想通貨分析部門「Binance Research」開設、狙いは何処...

大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が仮想通貨の分析部門として「Binance Research(バイナンス・リサーチ)」を開設した。このプロジェクトの概要、レポート内容、そして開設した理由などを紹介する。
分散型取引所Etherdelta(イーサデルタ)の創業者が米SECによって告発、罰金など約4,500万円

分散型取引所Etherdelta(イーサデルタ)の創業者が米SECによって告発、...

分散型取引所Etherdelta(イーサデルタ)のファウンダー(創設者)が、SEC(米国取引委員会)に「未登録の証券取引所運営」で告発され、罰金などを合わせて約4,500万円を支払ったという。今後の分散型取引所(DEX)取締はどうなるのか?
最も安心な仮想通貨取引所はKraken(クラーケン)、サイバーセキュリティ企業が調査結果公表

最も安心な仮想通貨取引所はKraken(クラーケン)、サイバーセキュリティ企業が...

サイバーセキュリティ企業が保険リスク評価手段として仮想通貨取引所のセキュリティの格付を発表。取引所の仮想通貨と法定通貨をどのように処理するのか、また鍵の保管と管理処理法などを基に作成。最も安心だとされる取引所は?
バイナンス・ウガンダ(Binance Uganda)開設後の1週間で4万人の登録殺到、求めるのは経済的安定なのか?

バイナンス・ウガンダ(Binance Uganda)開設後の1週間で4万人の登録...

世界大手のバイナンス(Binance)がウガンダに仮想通貨取引所をオープンした。開設後1週間で4万人がユーザー登録したことが発表され、ウガンダでの仮想通貨の期待値の高さがうかがえる。ウガンダがバイナンスを受け入れる理由などを紹介。
フォーブス国際CEO会議にてバイナンス(Binance)のCZ氏が語る、仮想通貨市場の現状と展望

フォーブス国際CEO会議にてバイナンス(Binance)のCZ氏が語る、仮想通貨...

2018年10月末に開催された米経済誌フォーブス(Forbes)主催の国際CEO会議にて、バイナンス(Binance)CEOのCZ氏が出席。会議の中でCZ氏は仮想通貨市場やブロックチェーンに対する現状や、今後普及する理想の形などを語った。
バイナンス(Binance)がBNBトークンのユースケースを拡大、Coinbase等と全く異なるビジネス戦略

バイナンス(Binance)がBNBトークンのユースケースを拡大、Coinbas...

大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、同社のトークンであるバイナンスコイン(BNB)を多くの投資先と提携したりとユースケースを拡大中。また、Coinbaceなど他社とは全く異なるビジネス戦略を展開しており、その現状況を解説。
世界最大級の取引プラットフォームのイートロ(eToro)、バイナンス・コイン(BNB)のサポートを発表

世界最大級の取引プラットフォームのイートロ(eToro)、バイナンス・コイン(B...

世界大手の取引プラットフォーム「イートロ(eToro)」が、取引対象にバイナンス・コイン(BNB)を追加した。今後BNBが普及されることが期待される。本稿では今回のBNBサポート詳細に加え、法定通貨と仮想通貨の在り方についても考察を行った。
Coinbase(コインベース)の企業価値9000億円以上に、約340億円の資金調達に成功

Coinbase(コインベース)が約340億円の資金調達に成功、企業評価額は9,...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が10月30日、今回の投資ラウンドで3億ドル(約340億円)の資金を調達した。また企業価値が80億ドル(約9000億円)に達したことを発表。今後の方針なども紹介。
ワールドワイドな戦略?バイナンス(Binance)がシンガポール進出へ

ワールドワイドな戦略?バイナンス(Binance)がシンガポール進出へ

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がバーテックス・ベンチャーズ(Vertex Ventures)から支援を受けた。また、シンガポールに取引所を開設する計画も進んでいる。バイナンスがもたらすアジア地域へのメリットとは何かを解説する。
コインチェック 口座開設再開

約280日ぶりにCoincheck(コインチェック)が新規口座開設、一部仮想通貨...

仮想通貨交換事業者のCoincheck(コインチェック)が、新規口座開設、一部仮想通貨入金、購入再開を発表した。NEM流出事件からマネックスグループの買収劇など様々な過程を経て、2018年10月30日に復活したということになるだろう。
仮想通貨取引所バイナンス(Binance)CEOが世界投資フォーラムで語ったブロックチェーンの未来

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)CEOが世界投資フォーラムで語ったブロ...

仮想通貨業界で発言が注目されるバイナンス(Binance)取引所CEOのCZ氏が世界フォーラム2018内のセッション「持続可能な発展のためのブロックチェーン」で語ったブロックチェーンの透明性や未来、新プラットフォーム発表などをまとめて紹介。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

1年後の仮想通貨ビットコインの価格・相場状況は?:栢森 加里矢(QUOINE 代...

Liquid by Quoine(リキッド)を運営しているQuoine株式会社(コイン)の栢森CEOが、コインチョイスのライターとして登場。初回は、1年後・10年後の仮想通貨やビットコイン、諸外国の規制状況、海外の仮想通貨事情などに触れています。
Zaif(ザイフ)事業譲渡の承諾

仮想通貨交換事業者Zaif(ザイフ)の事業譲渡「承諾する、しない」・・・どちらを...

Zaif(ザイフ)の事業譲渡ページが公開されました。承諾する・しないを選択した場合の対応の仕方、カスタマーサポートの電話対応に関して調査を行いました。一度承諾すると承諾を選択するページに戻ることが出来ないことがわかった。
仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が2018年Q3期で達成したこと

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が2018年Q3期で達成したことと...

2018年10月初め、大手の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)はQ3(第3四半期)で達成したことについて、共同創設者兼CEOであるブライアン・アームストロング氏が公式ブログにて発表。この記事ではレポート内容をまとめて紹介する。
必見!ビットコイン(BTC)・仮想通貨取引所の比較ランキング【2018年最新】

ビットコイン(BTC)・仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング【2019年最新】...

仮想通貨に興味を持ち、いざ取引を始めようと思った時に悩むのがどの取引所で口座を開設するのかという問題。取引所を選ぶポイントとなる手数料やセキュリティなどの解説とともに、いくつかの取引所を比較しました。
相場・チャートで見るビットコイン(仮想通貨)の上手な買い方とは?

相場・チャートで見るビットコイン(仮想通貨)の上手な買い方とは?

仮想通貨の取引には現物と先物がありますが、今回は現物の仮想通貨の購入方法を解説。買い方は「上昇トレンドで買う」「下落トレンドで買う」の2パターンあります。ビットコイン(BTC)を例にして、それぞれの買い方ポイントなどをまとめました。
バイナンス(Binance)CEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく追求される

バイナンス(Binance)のCEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく...

英語圏で人気のUnchained(アンチェーンド)のポッドキャストにバイナンス(Binance)のCEO(CZ氏)がゲストとして登場。キレのある鋭い質問が人気のUnchainedのインタビュー。厳しい意見(追求)にもCZ氏は回答しています。
コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリース

コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinb...

米大手仮想通貨取引所のコインベースが上場のトークン増加のため上場方針を転換すること、そして個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリースしたことを公式ブログでアナウンスした。同社の将来像とは?
バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版が近々リリースへ

バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)パブリックベータ版が近々リリ...

大手仮想通貨取引所の1つバイナンス(Binance)が、分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版を近々リリースすることがCZ氏のツイッターで発表。BinanceはどのようなDEXにしていく構想があるのか、現在わかることをまとめてみた。
ビットフィネックス(Bitfinex)が、新しい分散型取引所「Ethfinex Trustless」をリリース

ビットフィネックス(Bitfinex)が、新しい分散型取引所「Ethfinex ...

大手取引所のビットフィネックス(Bitfinex)が、0x(ゼロエックス)プロトコルを使用した新しい分散型取引所『Ethfinex Trustless』をリリース。主な特徴や今後のBitfinexの取り組み、期待することなどを解説。
仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨の相場盛り上がりは2017年に比べると落ち着いており、価格も長らく下落傾向にあります。このような相場でも稼げる方法があるとボリ平氏。レンディングサービスを使った稼ぐ方法とは?実際にレンディングをやってみた実践レポートもお届けします。
米国最大の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がニューヨークでオフィス開設

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がNYにオフィスを開設、見据える未...

サンフランシスコに本社を構える仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がポートランドに続き、ニューヨークにオフィスをオープン。新しく100人を雇用し、ブローカーディラーライセンスをもった証券会社を買収をする予定。
コインベース(Coinbase)が仮想通貨のNYSE設立も視野に従業員を倍増、米メディアが伝える

コインベース(Coinbase)が仮想通貨のNYSE設立も視野に従業員を倍増、米...

コインベース(Coinbase)が、2018年末までに2月時点のスタッフ数を500人に倍増する目標を達成。また、サンフランシスコで行われたカンファレンスで仮想通貨のNYSE設立も視野に入れているとCEOがコメントして話題となっている。
ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導入であると批判も

ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導...

仮想通貨の取引所ShapeShiftが、メンバーシッププログラムと独自トークンを発表。これまで個人情報登録不要とプロモーションしていたShapeShift。今回のプログラム導入は実質のKYC導入との声も。リリースされた導入理由などを紹介。

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice