取引所

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

取引所の記事一覧
取引所に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

zaif(ザイフ)剛力彩芽

Zaif(ザイフ)剛力彩芽採用のCM放映開始:各取引所イメージ戦略について

仮想通貨取引所のイメージキャラクターに関してまとめました。ザイフが剛力彩芽さん、ビットフライヤーが成海璃子さん、
コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェックが金融庁に業務改善計画を提出し、日本円出金を再開した2月13日、本社で緊急記者会見を開いた。今回の焦点は補償の日時、仮想通貨の取引&出金再開時期、今後の会社の存続&経営についてとされている。会見の内容をお伝えします。
コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)NEM不正流出事件から2週間が経ちました。現在、事件の状況(進捗)はどうなっているのでしょうか?またコインチェック社から資産は戻ってくるのでしょうか?ボリ平さんの見解を公開しています。

公式発表 コインチェックが日本円出金再開をリリース

コインチェックの日本円出金再開リリースとなる。公式発表があったのは、19時頃で、事前にニュースサイトにより情報が流れていた。投資家たちは安堵出来たのではないだろうか。
仮想通貨取引業者の検索回数

仮想通貨取引業者の検索回数から見る認知度調査

検索回数から取引所の認知度調査を行いました。先日事件があったコインチェックが圧倒的数値で400万回近い検索回数がありましたが、中国の取引所であるバイナンスが日本国内で認知があるということがわかりました。

NEM(XEM)流出後もコインチェック(coincheck)でビットコイン取引が...

NEM流出騒動後のコインチェック(coincheck)のビットコイン取引に関して、調査をしました。さすがに大手取引所ということで、まだまだ取引量があるようでした。お客様に日本円にて流出したNEM分を返還するとのリリースがありましたが、今後の対応には注意が必要です。

coincheck(コインチェック) 400億円相当のNEMトラブルで出金・売買...

TVCMも行っている業界大手のコインチェック社が、本日大きなトラブルを起こしています。約5.2億NEM(XEM)が流出するというものです。コインチェックは、まだ仮想通貨業者登録申請中となっていた。
bitFlyer(ビットフライヤー)から無料でビットコインをもらう方法とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)から無料でビットコインをもらう方法とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)経由でクレジットカードを作るとビットコインがもらえる!?そんな噂を聞いた編集部スタッフは、本当にビットコインはもらえるのか?付与されるまでにどのくらい時間がかかるのか?等を検証するべく実際に申し込んでみました!
dmmbitcoin(DMM ビットコイン)

「DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)」口座開設申し込み受付開始

DMM Bitcoinの口座開設申し込み受付の開始リリース。FXでは、国内FX口座数第1位の60万口座を突破している。FXでのノウハウを活かし、今後仮想通貨取引での牽引役となる可能性が大きい。

KyberNetworkに迫る!次世代分散型取引システムとは!?

今回は、話題の分散型取引所について解説!分散型取引所では、信頼を管理者ではなく、技術に置いているため、管理者の独断での不正のリスクを低減することができます。

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@