仮想通貨取引所

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

仮想通貨取引所の記事一覧
仮想通貨取引所に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨の相場盛り上がりは2017年に比べると落ち着いており、価格も長らく下落傾向にあります。このような相場でも稼げる方法があるとボリ平氏。レンディングサービスを使った稼ぐ方法とは?実際にレンディングをやってみた実践レポートもお届けします。
仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

ビットコイン含めた仮想通貨交換業者の流出事件をまとめたページです。流出した日付、業者名、経緯など含めて記載していきます。トレードする際、入出金の際のホットウォレットを狙われることが多くあるので、交換業者は今後さらなる注意が必要になっていくものと考えられそうです。
米国最大の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がニューヨークでオフィス開設

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がNYにオフィスを開設、見据える未...

サンフランシスコに本社を構える仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がポートランドに続き、ニューヨークにオフィスをオープン。新しく100人を雇用し、ブローカーディラーライセンスをもった証券会社を買収をする予定。
コインベース(Coinbase)が仮想通貨のNYSE設立も視野に従業員を倍増、米メディアが伝える

コインベース(Coinbase)が仮想通貨のNYSE設立も視野に従業員を倍増、米...

コインベース(Coinbase)が、2018年末までに2月時点のスタッフ数を500人に倍増する目標を達成。また、サンフランシスコで行われたカンファレンスで仮想通貨のNYSE設立も視野に入れているとCEOがコメントして話題となっている。
ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導入であると批判も

ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導...

仮想通貨の取引所ShapeShiftが、メンバーシッププログラムと独自トークンを発表。これまで個人情報登録不要とプロモーションしていたShapeShift。今回のプログラム導入は実質のKYC導入との声も。リリースされた導入理由などを紹介。
仮想通貨交換所Shape Shift 、メンバーシッププログラムの運用開始を発表

仮想通貨交換所Shape Shift 、メンバーシッププログラムの運用開始を発表...

仮想通貨の交換所Shape Shift(シェイプシフト)が新たにメンバーシッププログラムの運用の計画を発表した。同社はこのプログラムを一種のロイヤリティと考えており、ユーザーによりよいサービスの提供ができると発表した。
仮想通貨取引所OKexで新たな厳しいKYCルール導入、本人確認ナシでは引き出し不可能に

仮想通貨取引所OKexで新たな厳しいKYCルール導入、本人確認ナシでは引き出し不...

仮想通貨取引所のOKexで新たに厳格なKYCルールが発表、8月28日から実装となった。このルールが適用されるとレベル1~3のうち最低でもレベル1で認証されないとユーザーが出金不可能になるものだ。段階レベルの詳細を紹介。
世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーションプログラム開始

世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーシ...

世界最大手の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の投資機能などを担うBinance Labが、ブロックチェーンスタートアップのためにインキュベーション(起業支援)のプログラムを開始した。このプログラムの内容を紹介。
quoine liquid発表会

QUOINE社の新サービスLiquid(リキッド)発表会:仮想通貨の大きな流動性...

QUOINE(コイン)社の新サービスLiquid(リキッド)発表会の様子をレポートします。まず、QUOINEの創業時のエピソードや栢森社長の自己紹介、社内観光、そして新プラットフォームのLiquidの発表と大変興味深い内容のものとなっていました。
現在のDEX(分散型取引所)にとっての課題を4つに整理、将来より使われるためには

現在のDEX(分散型取引所)にとっての課題を4つに整理、将来より使われるためには...

現在、DEX(分散型取引所)は4つの課題を抱えている。その課題と理由を紹介し、DEXが将来どのように使われていくか、その為にはどういった事が必要なのか、その他DEXに対する期待点などをまとめて解説。
アラブ首長国連邦(UAE)、初のイスラム法(シャリーア)準拠の仮想通貨取引所を立ち上げ

アラブ首長国連邦(UAE)、初のイスラム法(シャリーア)準拠の仮想通貨取引所を立...

アラブ首長国連邦で、国内企業のADAB Solutions社が世界で初となるイスラム法(シャリーア)に準拠した仮想通貨取引所をローンチした。この取引所は現在FICEと呼ばれる。UAEでの仮想通貨・ブロックチェーンの進展について等も紹介。
BTCBOX三宅俊也氏インタビュー

BTCBOXに聞いた「どんな取引所?仮想通貨(ビットコイン)の未来は?規制の今後...

コインチョイスにもライターとして寄稿していただいている『BTCボックスの三宅俊也氏』にコインチョイス編集部が直接インタビュー!仮想通貨取引所のBTCBOXはどんな取引所なのか?仮想通貨の未来、今後の仮想通貨規制に関してお聞きしました!
Coinbaseが分散型IDサービス買収とウォレットリブランディング、分散型金融が広まる社会に向けた取り組み

Coinbaseが分散型IDサービス買収とウォレットリブランディング、分散型金融...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が、分散型IDサービスへの取り組み、ウォレットのリブランディングについての2つの発表をした。この発表を受け、分散型の社会の取り組み、今後の拡大について考察を行った。
ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引サービスを計画、2018年内に開始へ

ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引サービスを計画、2018年内に開始へ

ジャマイカ証券取引所(JSE)が、フィンテック企業Blockstation社と提携(MOU締結)し、2018年内にも仮想通貨取引サービスを開始する計画があることを明かした。JSEはサービス開始が投資家にとって非常に有意義なコトと主張する。
バイナンス(Binance)の上場手数料が400BTC(約3億円)というリークについての是非

バイナンス(Binance)の上場手数料が400BTC(約3億円)というリークに...

Ethereumのフォークプロジェクトの共同創業者がバイナンス(Binance)に上場手数料を問い合わせたところ400BTCの見積もりを出されたことをSNS上で開示し話題となっている。このリークが本当だった場合、何が問題点なのかを解説する。
フィンテック企業の連邦銀行免許申請を受理、米通貨監督庁の決定が金融界に波紋

フィンテック企業の連邦銀行免許申請を受理、米通貨監督庁の決定が金融界に波紋

米通貨監督庁(OCC)が7月31日に発表した政策で、フィンテック企業に対し銀行免許の申請を受け付ける意向を発表した。この免許は取得した場合どのようなことが可能になるのか?また、仮想通貨業界(取引所)への影響とは?
バイナンスのBNB使用の新しい手数料モデル、株式会社が発行をするトークンモデルについて

バイナンスのBNB使用の新しい手数料モデル、株式会社が発行をするトークンモデルに...

Binance(バイナンス)が新しい取引手数料のモデルを発表した。最大0.0150%まで取引手数料を低く出来るとのこと。しかしそれには8段階にわかれている条件があり、それをクリアする必要がある。その他トークンモデルについても言及した。
DCEXがリップル(XRP)を基準通貨とする仮想通貨取引所の開設を発表

DCEXがリップル(XRP)を基準通貨とする仮想通貨取引所の開設を発表

仮想通貨取引所DCEXが、世界初となるリップル(XRP)を基軸通貨とする取引所を開設する予定である。取引開始はまだ数週間かかるとのことだが、すでに口座登録はスタートしている。新しい取引所の取扱通貨や特徴等の詳細を現在わかっている内容を紹介。
分散型取引所プロトコル“0x”の次期メジャーアップデートがDEXエコシステムで可能にすること

分散型取引所プロトコル“0x”の次期メジャーアップデートがDEXエコシステムで可...

Ethereum上のDEXプロトコル“0x”の次回メジャーアップデートが、Kovanテストネットにアップされた。そもそも0xとは何か?そしてアップデートはどういった内容が追加されるのか?アップデートによって何が期待されるのかを解説。
イーサリアム系DEX(分散型取引所)の統計データとそれぞれの特徴を簡単にまとめてみた

イーサリアム系DEX(分散型取引所)の統計データとそれぞれの特徴を簡単にまとめて...

DEX(分散型取引所)とは中央管理者が存在しない取引所のこと。現在も様々なDEXが存在しているが、どういったDEXがあるのか?どこが人気(注目)とされているのか?また、いくつかのDEXをピックアップして仕組みや特徴などを紹介。
仮想通貨の取引事業者(Binanceなど)が、銀行業を開始する動き目立つ

仮想通貨の取引事業者(Binanceなど)が、銀行業を開始する動き目立つ

仮想通貨の取引関連企業(Binance、coinbase、Litecoin財団、Circle等)で、銀行業を開始しようとする動きが目立ち始めている。どの企業も新たなビジネスモデルを確立しようと必死である。本稿では各企業の動向を追ってみた。
バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトークンのバーンや今後について分析

バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトーク...

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の第四半期が終了し、CEOのCZ氏がQ4のレポートを公表し、注目を集めている。発足から一周年を迎える取引所のこと、そしてBNBトークンのバーンや今後について分析・考察を行った。
韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイにサービス展開計画

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイにサービス展開計画

韓国大手の仮想通貨取引所であるBithumb(ビッサム)が取引所プラットフォームをグローバル展開する計画であると発表した。まずは日本とタイに進出計画があるようで、タイに関しては2018年10月下旬にサービス開始するのではと報じられている。
LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」サービス開始! 日米は対象外

LINE、仮想通貨取引所「BITBOX (ビットボックス)」サービス開始! 日米...

LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」の運営を開始した。ビットコイン(BTC)を含む30の通貨を取り扱う。制度上の関係で日米は非対応となる。LINEでも大きな市場を占める日本でBITBOXが使えないことで今後どのような影響が出るのだろう。
コインベースが5つの暗号通貨の取扱検討開始をしたアナウンスについての所感、XRPが含まれない理由とは

コインベースが5つの暗号通貨の取扱検討開始をしたアナウンスについての所感、XRP...

先日、米国の大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbace)が新たに5種類の仮想通貨の取扱について検討を開始したというアナウンスが入った。その5種とは?その通貨に対する平野氏の所感やなぜXRP(リップル)が含まれないのか?について考察する。

カナダ仮想通貨取引所コインスクエア(Coinsquare)、日本進出に向けデルタ...

カナダの大手仮想通貨取引所コインスクエア(Coinsquare)と、ブロックチェーン企業の投資銀行であるデルタ21が提携、日本進出に向けた計画があることを発表した。6月に発表のあったコインベース、そして今回のコインスクエアともに注目される。
コインベース(Coinbase)アプリのダウンロード数減少、ユーザーの要望に対応追いつけず

コインベース(Coinbase)アプリのダウンロード数減少、ユーザーの要望に対応...

米国大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)のアプリダウンロード数がかつてないほど落ち込んでいる。要因は仮想通貨価格の下落?トレーダーの減少?ユーザーの要望や業界、その他コインベースを取り巻く状況を整理し解説。
Unbanked(銀行口座を持たない人たち)の将来の暗号通貨ユーザーへのアプローチ

Unbanked(銀行口座を持たない人たち)の将来の暗号通貨ユーザーへのアプロー...

バイナンスが法定通貨対応の取引所を東アフリカの国ウガンダでオープンした。また、コインベースCEOが銀行口座を持たない人々に対し非営利団体のGiveCrypto.orgを立ち上げた。この件に関して将来の暗号通貨ユーザーへのアプローチを考察。
バイナンス(Binance)が2018年純益を最大10億ドルと予想、西日本大水害に100万ドルを寄付

バイナンス(Binance)が2018年純益を最大10億ドルと予想、西日本大水害...

バイナンスは2017年7月に発足したばかりの仮想通貨取引所だが、2018年の純利益は最大で10億ドルになると予測されている。また、先日の「平成最悪の被害」として連日被害が拡大中の西日本豪雨の被災者に寄付金を準備すると発表し話題となっている。
複数のタイの証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに

複数のタイ証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに

タイ証券会社協会(ASCO)は、複数社共同で新たに仮想通貨取引所を開設する計画があることを、地元メディア誌バンコク・ポストが報じた。いつ頃開設するなど計画の詳細は発表されていないが、今回開設するにあたり現在SECに登録申請をしているという。
国外の仮想通貨取引所の日本人利用が相次ぎ禁止、国内業者の近い将来の姿としてあり得る可能性

国外の仮想通貨取引所の日本人利用が相次ぎ禁止、国内業者の近い将来の姿としてあり得...

2018年6月末、海外の仮想通貨取引所が国内在住のユーザーへのサービスを停止するという発表が相次ぎました。その該当業者は6社であり、今後も増えるかもしれません。こういった状況を踏まえ、今後考えられる国内業者の動向などを考察します。
仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)の現状と取扱停止銘柄の出金方法

仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)の現状と取扱停止銘柄の出金方法...

コインチェックから5月に取扱停止が発表された4種類のコインは、6月18日までに出金または売却するように利用者にお知らせされていました。本稿ではコインチェックからPoloniexへ該当のコインを送金する方法を紹介!ぜひご参考にしてください。
米国の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が日本上陸、日本法人CEOは“お金のデザイン”COOが就任

米国の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が日本上陸、日本法人CEOは...

米仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が日本進出することがわかった。日本法人のCEOとして「お金のデザイン」北澤COOが就任するという。金融庁登録はいつ頃を予定しているのか?今後の動向など現時点でわかっていることを紹介。
Kyber Network(カイバーネットワーク)が取り組む「バックエンドとしてのDEX」の重要性

Kyber Network(カイバーネットワーク)が取り組む「バックエンドとして...

先日KyberNetworkのイベントが開催されました。イベントで発表されたこと、現在のカイバーネットワーク状況の紹介や、今後のDapps経済圏での問題点などを考察&解説します。どんな問題点なのか?今後はどのような期待がされるのか?必読です。
バイナンス(Binance)がマルタのブロックチェーンeスポーツ企業「chiliZ」に投資

バイナンス(Binance)がマルタのブロックチェーンeスポーツ企業「chili...

マルタを拠点として活動を予定している仮想通貨の大手取引所バイナンス(Binance)が、新たな投資を行った。投資先はブロックチェーンプラットフォーム(eスポーツ関連)を運営するchiliZ(チリーズ)である。投資金額は不明だという。
ビットコイン(BTC)は「販売所」で買ってはいけない?取引所との違いを解説

ビットコイン(BTC)は「販売所」で買ってはいけない?取引所との違いを解説

国内の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)には取引所と販売所が存在します。仮想通貨の投資初心者にとってはどちらが良いか迷うところ。今回は取引所と販売所の違いを実際の取引画面を見ながらわかり易く解説。
バイナンス(Binance)が約1100億円のファンドを発表、取引所による買収が加速する重要な流れとは

バイナンス(Binance)が約1100億円のファンドを発表、取引所による買収が...

マルタに拠点を移すことで話題のバイナンス(Binance)が、新たに約1100億円のファンドを設立することを発表。このファンドは一体どういったものなのか?またバイナンスなどの取引所が投資を活発に行う理由とは?

SBIバーチャルカレンシーズ口座開設・VCTRADEの使い方

SBIバーチャル・カレンシーズの口座開設先行予約の手順を紹介します。SBIバーチャル・カレンシーズは、大手SBIグループの仮想通貨事業を行う子会社で、今後大きくサービス拡大が期待される1社。サービス開始を前に口座開設の先行予約がスタートしたので、その手順を画像付きで解説しています。
分散型取引所(DEX)とは?国内の仮想通貨取引所との違いを解説

分散型取引所(DEX)とは?国内の仮想通貨取引所との違いを解説

分散型取引所(DEX)という言葉を聞いたことはあるだろうか?現在国内のほとんどの仮想通貨取引所は中央集権型と呼ばれており、それに対し分散型がある。このDEX(デックス)と呼ばれる取引所は一体何なのか?どんなユーザーが使うのか?などを解説。
「Bittrade(ビットトレード)と一橋大学」産学連携

仮想通貨の売買パターンの行動解析と予測研究を開始:BitTrade(ビットトレー...

仮想通貨取引所のビットトレード株式会社が、一橋大学大学院経営管理研究科(一橋ビジネススクール:HUB) 宮川大介准教授の研究室と仮想通貨の取引に関する行動解析と予測を行うために産学連携を行うことを発表した。 ...
bitFlyer(ビットフライヤー)に導入されたSFD制度とは?問題点はある?実践後に本音解説

bitFlyer(ビットフライヤー)に導入されたSFD制度とは?問題点はある?実...

2018年2月8日、bitFlyer(ビットフライヤー)に導入にした「SFD制度」。そもそもSFDとは何か?そしてこの制度に問題点はあるのか?などを実際に取引で利用してみたボリ平氏が本音で解説。よくある質問に対しても回答しています。
マネックスグループ コインチェック

仮想通貨(XMR、REP、DASH、ZEC)4種類の取扱い廃止:コインチェック

仮想通貨の中でも匿名性の高い通貨であるXMR(モネロ)、REP(Auger)、DASH(ダッシュ)、ZEC(ジーキャッシュ)の4種類の取り扱いを廃止するとコインチェックから発表があった。金融庁からの業務改善命令に対するアクションの一つだと考えられる。
仮想通貨取引所がアジアで続々と開設、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)など取り扱い多数

仮想通貨取引所がアジアで続々と開設:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH...

アジア圏において仮想通貨取引所が続々と開設している。発表があったのは韓国、タイ、ベトナム、フィリピンで、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)といった時価総額上位の通貨などが取り扱われているという。今後各国の動きに注目が集まる。
リップル(Ripple)と深い関係の「SBIバーチャル・カレンシーズ」2018年夏にも取引開始の見通し

リップル(Ripple)と深い関わりをもつ「SBIバーチャル・カレンシーズ」20...

2018年3月に行われた決算説明会にて仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズの開始時期が発表された。また先日、当初の取り扱いはXRPとBTCと噂されていたが、それら以外にも仮想通貨の取り扱いがあることを発表した。その内容を紹介。
仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が新たな提携、バミューダに1,500万ドルを投資へ

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が新たな提携、バミューダに1,500万...

仮想通貨取引所バイナンスがバミューダと新たな提携をすることを発表した。またバミューダの教育面や企業へ1500万ドル(約16億円)の投資を行なうこともわかっている。今回の提携について両者はTwitterでも歓迎と喜びのコメントを公開している。
ナスダックCEOが仮想通貨取引所の開設を検討と明言、Gemini(ジェミニ)と協業も発表

ナスダックCEOが仮想通貨取引所の開設を検討と明言、Gemini(ジェミニ)と協...

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOが、仮想通貨取引所の開設を検討することを明言した。開設の時期は発表されていないが、その準備段階としてGemini(ジェミニ)と技術協力契約結んだことが先日発表されたばかりだ。
バイナンスなど取引所を受け入れたマルタ島が目指す仮想通貨天国(ハブ)づくりの構想

バイナンスなど取引所を受け入れたマルタ島が目指す仮想通貨天国(ハブ)づくりの構想...

バイナンス(BINANCE)やOKExなどの仮想通貨取引所の移転発表が相次いでいるマルタ島は今、仮想通貨の世界的ハブになろうと目指している。マルタ首相はいずれ仮想通貨にも価値が付与される可能性があると語っており、今後のマルタ動向に注目が集まる。
BITPoint(ビットポイント)の取引所アプリ&ウォレットの使い方やおすすめポイントを紹介

BITPoint(ビットポイント)の取引所アプリ&ウォレットの使い方やおすすめポ...

先日BITPoint(ビットポイント)から取引所アプリがリリースされました。ひろぴーさんが愛用中とのことで、使い方やおすすめポイントを紹介していただきました。2018年4月末現在はiPhoneアプリのみ対応、Androidは6月に対応予定です。
リップル(XRP)送金方法を解説!重要ポイントや気をつけるべき注意点とは

リップル(XRP)送金方法を解説!重要ポイントや気をつけるべき注意点とは?

リップル(Ripple)システムを使った独自の取引所Mr.Exchangeが仮想通貨交換業の申請を取り下げを発表した為、ボリ平氏は他の取引所へXRPの送金を余儀なくされました。今回は送金方法を詳しく解説、重要ポイントや注意点も紹介しています。
韓国取引所ビッサムが独自トークン「Bithumb Coin」を発行計画、シンガポールでICO実施か?

韓国取引所ビッサムが独自トークン「Bithumb Coin」を発行計画、シンガポ...

韓国大手仮想通貨取引所であるビッサムが、独自通貨の「Bithumb Coin (ビッサムコイン)」発行を計画している。韓国ではICOが禁止なので、国外でのICOが検討されているとのこと。候補地としてはシンガポールが有力では?との情報がある。

取引所とは、個人間の仮想通貨の取引の場のことをさします。
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まってマッチすることで、仮想通貨の取引が成立します。
いわゆるオークションの形式で、買い手と売り手の希望する値段が合致することによって取引が成立するのです。

例えば、売り手は5万円で売りたいのに対して、4万で買いたい買い手の間では取引は成立しません。
そこで、どちらかが片方に合わせるか、譲歩して間の値段(例えば4万5000円)にすることで取引が成立します。
本来、仮想通貨は第三者機関をかませることなく、直接個人間で取引をすることができます。

しかし、買い手と売り手がお互いにどこにいるのか把握することが難しく、そのプラットフォームを提供しているのが取引所となっているのです。
取引が成立した際に手数料を取ることによって取引所はビジネスを成立させています。

ここで、取引所と販売所がありますが何が違うのでしょうか。
販売所は、その販売所を提供している法人が仮想通貨を提供しますので、買い手は一般的に販売所より取引所のほうが安く仮想通貨を購入することができます。
一方、取引所ではマッチングするのに時間がかかることもあるので、すぐに入手するのが難しいこともあります。

ですので、確実性と速さを求める人は販売所、価格の安さを求める人は取引所で仮想通貨を購入するというようになりますね。
取引所は多数あるので、手数料の安さや安全性の高さ、取り扱っている仮想通貨の種類によって、自身にあった取引所を選ぶのがおすすめです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice