インタビュー・対談

インタビュー・対談とは、仮想通貨に関する有識者によるものをさします。こういったインタビュー・対談記事をどこかで目にしたことがあるかもしれません。
概してインタビューはその人の思想が盛り込まれているもので、インタビューの数だけ考えがあると考えてもいいでしょう。

そこで、インタビュー記事を読む際には発言者の立場に注意しながら読む必要があります。例えば、アメリカのある金融機関のアセット・マネージャーを務め、主にゴールドの投資に力点を置くジョン・ハサウェイ氏は、仮想通貨市場の現状を「garbage」すなわち「ゴミ」と発言している。ハサウェイ氏は今の状況を完全にバブルだとしている。
対して、仮想通貨の取引所を運営するコインチェック株式会社のCOOである大塚氏は「日本は、世界でトップクラスの仮想通貨大国になると思います」と発言している。
以上のように、二人の間で全く逆の意見が出ているのである。

しかし、これは当然ともいえます。ハサウェイ氏はゴールドの投資に力点を置いているため、自身の投資先を脅かすようなものは否定します。
対して大塚氏は自身が仮想通貨の会社を経営しているので、仮想通貨をけなすような発言はしないはずです。

このように、インタビュー記事を見る際には、その人がどのような立場にあるのかをしっかり確認しながら読み進めることが重要になります。

また、仮想通貨に関しては時系列に注意する必要もあります。
数か月単位で情勢が大きく変わるので、昔のインタビィーでは今とは全く違うことを言っている可能性があるからです。

インタビュー・対談のニュース一覧

インタビュー・対談に関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
Yours(ユアーズ)はなぜビットコインキャッシュ(BCH)を選んだのか?

Yours(ユアーズ)はなぜビットコインキャッシュ(BCH)を選んだのか?

Yoursとはオンラインメディアプラットフォームのことで、記事を書くとチップなどを仮想通貨で得ることができるサービスとして多くの人に利用されています。今回はライアン・チャールズCEOにBCH採用の理由や経緯についてインタビューを行いました。
DMM Bitcoin田口社長に聞いた「セキュリティー体制や仮想通貨交換所としての展望」

DMM Bitcoin田口社長に聞いた「セキュリティー体制や今後の展望」

DMMBitcoinの田口社長にインタビュー第三弾。前回までは各通貨の未来像を中心に話を聞くことが出来た。今回は仮想通貨の流出問題がきっかけでさらに関心が増したセキュリティー体制を中心に。また、仮想通貨交換所としての取り組み方や今後の展望を語ってもらった。
ビットコインキャッシュ(BCH)について 宍戸健氏に独自取材

ビットコインキャッシュ(BCH)の普及活動をする理由とは:宍戸健氏に独占インタビ...

ビットコインキャッシュ(BCH)のエバンジェリストとしてBCH普及活動をされている宍戸健氏にくりぷと氏が独占インタビュー!先日講演された「ビットコインキャッシュについて」の内容(宍戸氏がBCHを好きな理由など)をお届けします。必見です。
DMM Bitcoin田口社長に聞いた「DMMグループとしての仮想通貨への取り組み方」

DMM Bitcoin田口社長に聞いた「DMMグループとしての仮想通貨への取り組...

DMMBitcoinの田口社長にインタビュー第二弾。前回までは仮想通貨業界が考える仮想通貨の未来に関することがメインだったが、今回は各通貨がどのような通貨になっていくのかという未来像や、DMMグループが考える仮想通貨の取り組みについても聞くことができた。
暗号通貨において匿名性が重要な理由とは?DASH(ダッシュ)のマスターノードオーナーにインタビュー

暗号通貨において匿名性が重要な理由とは?DASH(ダッシュ)のマスターノードオー...

匿名性の高い暗号通貨の一つであるDASH(ダッシュ)のマスターノードオーナーで「DashJapan.com」を運営しているとみ三(Samurai33)氏に、くりぷと氏が独占取材。暗号通貨における匿名性の重要性についてのインタビュー内容を紹介。
DMM Bitcoin田口社長に聞いた「仮想通貨(ビットコイン)の未来」

DMM Bitcoin田口社長に聞いた「仮想通貨(ビットコイン)の未来」

仮想通貨関連で様々な事件・問題が起きている中でも仮想通貨に対する関心は高まる一方。今回は仮想通貨取引所の1つDMM Bitcoinの田口社長にインタビューを行い、今後の仮想通貨の未来についてどういった考えがあるのかを聞いてみた。
コインチェック被害対策弁護団

噂の真相「コインチェック被害対策弁護団」の動きに関して

賛否両論あるコインチェック被害対策弁護団の団長である北周士(キタ カネヒト)氏に今後の動きなどを伺ってきました。弁護団発足の経緯としては、弁護士である数人の知人にコインチェックに関する同様の相談があり、窓口を1本化した方が良いのでは?と感じたところです。今後、どのような動きをするのか注視していきたいと思います。
バイナンスのCEOインタビュー②:バイナンスが急成長した理由とは?

バイナンスのCEOインタビュー②:バイナンスが急成長した理由とは?

海外取引所「バイナンス」のCEOであるCZ氏への取材レポート第二弾!2016年夏にICOを実施してから一気に急成長した理由をインタビュー!バイナンス内にいる「エンジェル」と呼ばれる人は一体誰なのか?詳しく聞いてみました。
バイナンスCEO

バイナンスのCEOインタビュー①:仮想通貨業界の向かう方向は?

人気の取引所バイナンスのCEO、CZ氏にお話しを伺ってきました。2018年仮想通貨業界はどんな動きを見せるのか、これまでを振り返りながらICOや分散型取引所について語っていただきました。
ビットコイン男子が語る、日本と海外の仮想通貨事情

ビットコイン男子が語る、日本と海外の仮想通貨事情

今話題のビットコイン男子に聞いてみた。ビットコインの魅力や海外と国内の状況の違い、そして初心者が気を付けるべきこと。
VALU代表の小川晃平氏インタビュー

バリュッてる?VALU代表の小川晃平氏インタビュー!

今回は今話題になっているVALUのCEO、小川氏にお話を伺った。VALU(バリュー)は個人が自分VALUを発行して、ユーザーに対して売り出せるプラットフォーム。ブロガーやイラストレーターなどが自分のやりたいことを実現するために資金(ビットコイン)を集めることができ・・・

竹中平蔵に聞く仮想通貨、革命をリードするのは誰か

何かを変えるときに重要なのはリーダーシップです。メディアからたたかれるリスクをとって自分から「みなさんどう思いますか」と声をあげるリーダーがいます。小泉さんが典型ですがニュース見れば、郵政民営化をやらなくていいのか国民が聞きたい、やらなくていいのなら自分は辞めると言って、郵政民営化を実現させました。
竹中平蔵に聞く、国や銀行にとっての仮想通貨

竹中平蔵に聞く、国や銀行にとっての仮想通貨

日本の場合、政府は割と早く対応したと思います。2016年に、これを決済通貨として認めたわけですよね。法律では割とそういう点では無難に「インターネット上で取引等々ができるような財産的価値」と書かれています。
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?

竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?

仮想通貨の話が出てきて、印象的だったのは2014年にマウントゴックスが経営破綻です。当時は仮想通貨のような概念が可能と頭ではわかっていましたけれど、それと一緒に問題が残ったという印象を受けました。振り返ると、ビットコインが登場したのが2009年。その頃は、まだ第四次産業革命っていう言葉もありませんでした。
取引所インタビュー:みんなのビットコイン

取引所インタビュー:みんなのビットコイン

実は2013年頃より当社代表伊藤が仮想通貨、ブロックチェーンの技術に惹かれて興味を持っていました。時代を先取る革新的なテクノロジーにフォーカスした事業展開と成長を目指す中でビットコインに将来性があるのではないかと考えました。
【後編】堀江貴文氏に聞いてみた!ビットコインはこれからどうなる?

【後編】堀江貴文氏に聞いてみた!ビットコインはこれからどうなる?

堀江貴文氏が以前から注目していた仮想通貨・ビットコイン、普及への道のりは予想通り?トークンエコノミーがこれから盛り上がる?ホリエモンと一緒に仮想通貨の未来について考えてみよう。
【前編】堀江貴文氏が語る、仮想通貨ビットコインから今話題のVALUまで

【前編】堀江貴文氏が語る、仮想通貨ビットコインから今話題のVALUまで

今、注目が集まる仮想通貨・ビットコインの未来について堀江貴文氏に聞いてみました。ビットコインの何が魅力なのか、最近登場したVALUやICOってどんなもの?といったトピックについて堀江氏が語っています。

インタビュー・対談とは、仮想通貨に関する有識者によるものをさします。こういったインタビュー・対談記事をどこかで目にしたことがあるかもしれません。
概してインタビューはその人の思想が盛り込まれているもので、インタビューの数だけ考えがあると考えてもいいでしょう。

そこで、インタビュー記事を読む際には発言者の立場に注意しながら読む必要があります。例えば、アメリカのある金融機関のアセット・マネージャーを務め、主にゴールドの投資に力点を置くジョン・ハサウェイ氏は、仮想通貨市場の現状を「garbage」すなわち「ゴミ」と発言している。ハサウェイ氏は今の状況を完全にバブルだとしている。
対して、仮想通貨の取引所を運営するコインチェック株式会社のCOOである大塚氏は「日本は、世界でトップクラスの仮想通貨大国になると思います」と発言している。
以上のように、二人の間で全く逆の意見が出ているのである。

しかし、これは当然ともいえます。ハサウェイ氏はゴールドの投資に力点を置いているため、自身の投資先を脅かすようなものは否定します。
対して大塚氏は自身が仮想通貨の会社を経営しているので、仮想通貨をけなすような発言はしないはずです。

このように、インタビュー記事を見る際には、その人がどのような立場にあるのかをしっかり確認しながら読み進めることが重要になります。

また、仮想通貨に関しては時系列に注意する必要もあります。
数か月単位で情勢が大きく変わるので、昔のインタビィーでは今とは全く違うことを言っている可能性があるからです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@