【墨汁速報】イーサリアムウォレット”メタマスク”のアクティブユーザー10万人超え NFTとDeFi需要増加で

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

イーサリアム(Ethereum)のコントラクトを使用するためのメタマスク(Metamask)は、7月のアクティブユーザーが10万人を突破したことを発表。背景にはNFTや継続したDeFi(分散型金融)の需要などがあると考えられる。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムウォレット”Metamask” EIP-1559の完全対応開始

アクティブユーザー10万人を突破

メタマスクによると7月中に同ウォレットを介してイーサリアムのDeFiやNFT、ゲームなどを利用しているユーザー数が10万人を突破したと発表。メタマスク自体をコンピューターにインストールしているユーザー数はすでに700万人を超えており、イーサリアム上のコントラクトを利用するための重要なウォレットとなっている。

メタマスクイメージ

スマホアプリからイーサリアムへアクセス

またメタマスクはiOSとAndroidでアプリを約1年前にリリース。このアプリのリリースによりアクテイブユーザーが増加、主に中国やフィリピン、ベトナムやタイなどのアジアマーケットがイーサリアム利用をリードしているという。

またメタマスクは3月にアプリ上でスワップ機能の提供を開始。このスワップ機能はUniswapやCurve FinanceなどのDEX(非中央集権取引所)で売買する際のベストレートで簡単にETHやUSDCなどを売買できる機能であり、より手頃にトークンをスマホ上でも売買できることがアクティブユーザーが増加した理由であるとしている。

メタマスクスワップの需要増加

実際にイーサリアム上のガス(手数料)支払いランキングを見ると、NFTマーケットプレイスのOpenSea、ステーブルコインのUSDT送金、Uniswapのv2とv3、ゲームのAxie Infinityに続いて6位となっている。

メタマスクスワップは9個のDEXやDEXアグリゲーターを使用しベストレートを見つけるため、中国政府による取締が強化されている中国人投資家には非常に便利な機能と言えるだろう。

ガス支払いランキング

スマホのアプリで簡単に売買できるという利点はマス層に大きな影響を与え、今後もイーサリアムエコシステムの成長に大きな影響を与えていくと見られるだろう。

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)への今後の影響は?中国政府のマイニング取締と今までの歴史
今さら聞けないメタマスク(MetaMask)の使い方
NFT人気で仮想通貨ウォレット「メタマスク(Metamask)」のユーザー急増!半年間で5倍になった理由とは?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:MetaMask Hit 10M Monthly User Mark in July With Asia Leading Growth

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース3年後には機関投資家が仮想通貨取引市場をほぼ独占する、調査会社リポート
次のニュース国際決済銀行(BIS)が香港金融局と提携してグリーンボンドのトークン化へ
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者