Mango Markets(マンゴーマーケット)とは?ソラナ(Solana)の注目エコシステム紹介

編集部おすすめ

Mango Markets(マンゴーマーケット)とは?ソラナ(Solana)の注目エコシステム紹介

Mango Markets(マンゴーマーケッツ)の概要

Mango Market(マンゴーマーケット)はSolana(ソラナ)上に構築されたDEX(分散型取引所)です。最大5倍のレバレッジトレードを提供し、トレーダーやマーケットメーカーにやさしい分散型取引プラットフォームを作ることを目指しているプロジェクトです。初期の主な機能は、オーダーブックでの完全なオンチェーン証拠金取引と、中央取引所の収益の主役である無期限先物です。CeFiの主要な機能をDeFiに移行しマネーレゴをCeFiプラットフォームよりも使いやすいものにしようとしています。

マンゴーマーケットは、SolanaとSerum(セラム)が共同で開催したDeFiハッカソンで最優秀賞に選ばれ、500万円相当の賞金を受け取っています。運営チームはThe Blockworks Foundationとありますが、あまり詳細は公開されていません。

関連記事:Solana X SerumのDeFiハッカソン結果発表!500万円分の賞金を手にしたプロジェクトは?

Mango Marketのトークン

マンゴーマーケットは「MNGO」というトークンを発行しており、これはMangoプロトコルの今後の後方性を決める提案に投票できるガバナンストークンです。

最大供給量:10,000,000,000
初期流通量:1,000,000,000
トークン価格等はこちら

トークンの最初の分配はほとんどがDAOになっており、今後はDAOのみがガバナンス提案によってさらにトークン分配してもらうことができる仕組みです。MNGOトークンは、開発者、流動性提供者、プロジェクト貢献者に対して、透明性のある方法で自由に配布されることを意図しています。トークンの初期割り当ては下記の通りです。

クリエイター:5%
マンゴーマーケットを作るための作業に対して割り当てられています。

保険ファンド :5%
保険基金として使用するためにDAOの金庫に直接入るMango Tokenがあります。保険ファンドは、極端な価格変動によりシステム内で口座の破産や過剰な損失が発生した場合、Mango Perpsスマートコントラクトに支払います。

DAO:90%
DAOにロックされたMNGOトークンはトークンホルダーのガバナンスによってのみアンロックされます。チームからはトークンはざっくりビットコインのように一定期間で半減期を迎えるような形、つまり最初の2年間が50%、最初の4年間で75%、最初の6年間で87.5%というように配布することが提案されていますが、DAOはこの提案に従う義務はありません。

Mango Marketのロードマップ

ライトペーパーにあるプロジェクトの進捗状況状況とロードマップは下記のようになっています。

①Mango Margin クローズドα版
2021年3月
すべてのアカウントに厳しい借入限度額を設定
リクイデーターとソラナプログラムはクローズドソースのまま
サードパーティのリクイデーターが戦略の実装を開始

②マンゴーマージン パブリックβ版
2021年3月中旬に開始
借り入れ限度額は、部分清算の導入により置き換え
証拠金取引のインターフェースは、α版でのフィードバックをもとに大幅に改善
追加の取引ペアをリリース予定
それぞれレビューが終了した段階で、段階的にオープンソースをリリース

③Mango DAOの立ち上げ
SPLガバナンスに基づくオンチェーンの投票
MNGOトークンセールでUSDCガバナンスファンドを設立

④Mango Perp クローズドα版
2021年8月中旬に開始
マーケットメーカーはインテグレーションとテストが可能

⑤Mango Perpの パブリックβ版
完全なクロスマージンの無期限スワップと証拠金取引
取引可能なスポット市場の数を大幅に追加
無期限スワップは、スポット市場よりも低い取引手数料にする

知っておくべきリスクと対策

マンゴーマーケットを使う時の知っておくべきリスクについては、チーム側から下記のように説明されています。

担保率と精算

ユーザーが担保にしている資産の価格が急落したり、借りたトークンの価格が急上昇したりすると、リクイデーターがポジションを取ることなく、アカウントが担保比率100%を下回ってしまうことがあります。この場合、アカウントの担保比率を101%にするために、レンディングプールから資金が引き出されます。このような損失はすべての貸し手が分散して負担することになるのですが、もしもほとんどの貸し手が清算される寸前であれば、連鎖的に精算が発生する可能性があります。

オラクルのエラー

Solana Flux AggregatorはSolanaの中でも新しいもので、コードにエラーがある可能性があります。価格を供給する中央集権型の取引所にもエラーがあるかもしれません。すべてのオラクル・プライス・パブリッシャーは同じ中央集権型取引所を見ているので、プライス・エラーはすべての取引に影響を与えます。これにより、不良流動化が引き起こされる可能性があります。

流動性のない預金

借り入れしているため、ユーザーが預金を引き出せない可能性があります。これは、すぐに流動性が必要な人にとっては問題となります。同じ問題が貸し出されているポジションにも当てはまります。利用率が100%の場合、ユーザーはポジションを決済できない可能性も出てきますが、代わりにユーザーが引き出し可能になるまでの間100%のAPYが保証されています。

スマートコントラクト

これはマンゴーマーケットに限ったことではありませんが、DeFiにおけるスマートコントラクトのバグも大きなリスクです。マンゴーマーケットはコード監査は受けていないものの、Solanaチームから協力の得てオープンソース化する前に他の経験豊富な開発者にスマートコントラクトをレビューしてもらっていると説明されています。また、オープンソース化した後は、開発者がコードのバグを非公開で共有できるバグバウンティを用意し、不具合を見つけて報告すれば報酬が貰えるようにすることで不具合の早期発見ができる仕組みが作られています。

参考
Mango Markets Overview

【こんな記事も読まれています】
ソラナ(Solana)とは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン
Solana(ソラナ)ウォレットガイド
Solana(ソラナ)コミュニティー、これから注目のプロジェクトとは?

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース国際決済銀行(BIS)が香港金融局と提携してグリーンボンドのトークン化へ
次のニュースイーサリアムのEIP-1559のETHバーン数と今後、イーサリアムは更に高騰する?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。