• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

マイニング・採掘

マイニングとは、直訳すると採掘という意味になります。直感的には、ビットコインを採掘するという意味です。
ビットコインは発行枚数は決まっています(2,100万BTC)が、まだ全て発行されていません。
そこで、どのように市場に出しているかというとマイニングをする人(マイナー)に贈与しているのです。

では、マイニングとは具体的にどのような作業なのでしょうか。そもそも、ビットコインはブロックチェーンというシステムで成り立っており、そこでは、取引データは第三者機関ではなく、ユーザによって承認されます。その承認作業こそがマイニングと呼ばれるのです。

ブロックチェーンでは、一定時間の取引はブロックとして溜められます。そこで、そのブロックをマイナーによって承認されることで取引が成立します。
この時、一番早く承認作業を終えたマイナーに報酬としてビットコインが贈与されるのです。

これは約10分間隔で行われており、全国のマイナーが10分間に一度承認レースを行っている事になります。より詳しく言うと、この承認作業はいわゆる暗号解読のようなものになっています。ハッシュ値と呼ばれるものを計算し、正解を見つける必要があります。(正解が見つかるとブロックが承認されます。)
この暗号を解読するためには高性能のPCと電力が必要となるため、一般の人はマイニングには参加しづらいという現状があります。

このマイニングが行われることによって、ビットコインは成立しているのです。
もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もこのマイニングを行っており、中には普通のPCで参加することができるものもあります。

マイニング・採掘の記事一覧
マイニング・採掘に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)2019年2月のマイニング環境を整理

ビットコイン(BTC)2019年2月のマイニング環境を整理

若干の相場の戻りが見え始めた2月。今回はビットコイン(BTC)のハッシュレートとディフィカルティの変化から、採掘コスト、主要新世代マイニング機種の収益性まで2019年2月の環境についてを整理し、解説します。
マイニング最大手ビットメイン(Bitmain)に試練、クリプトウィンターから学べること

マイニング最大手ビットメイン(Bitmain)に試練、クリプトウィンターから学べ...

クリプトウィンターという言葉を良く耳にするようになってきました。厳しい状況にあるのがマイニング企業のビットメイン(Bitmain)だといいます。同社の試練や今回のクリプトウィンターから学んだことなどを振り返り、今後の考察を行いました。
ビットコイン(BTC)マイニング、2019年1月の環境概況を解説

ビットコイン(BTC)マイニング、2019年1月の環境概況を整理

12月時点にマイニングの収益関数とディフィカルティの関係を考察してから約1ヶ月。今回はビットコイン(BTC)のハッシュレートとディフィカルティのこれまでの変化について、そして2019年1月の環境概況についてを整理し、解説します。
GMOが355億円を特別損失、マイニング大手企業各社に苦難も乗り越えた企業は明るい未来?

GMOが355億円を特別損失、マイニング大手各社に苦難も乗り越えた企業の未来は明...

GMOが仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失を計上したことを発表した。今回の損失の内訳やマイニング大手各社の状況を紹介し、このような苦境にあっても、マイニング企業はこれを乗り越えた場合に再び浮上する可能性について考察を行いました。
PoWマイニングの収益関数とディフィカルティの関係

PoWマイニングの収益関数とディフィカルティの関係

11月の暗号通貨全体の下落相場により注目を集めるマイニング事業。ハッシュレートやディフィカルティがマイニングの収益をどう決めるのか?また電力を必要とするマイニングコストと損益分岐ラインの関係についても紹介します。
米大手仮想通貨採掘企業ギガワット(Giga Watt)が倒産、ビットコイン(BTC)下落相場に採掘者が苦闘

仮想通貨マイニング企業ギガワット(Giga Watt)が倒産、ビットコイン(BT...

アメリカ大手のマイニング企業ギガ・ワット(Giga Watt)が破産しました。また11月中旬ごろから続く仮想通貨市場の深刻な下落により、世界中のマイニング企業も窮地に立たされています。そんな最近のマイニング事情を紹介します。
ビットメイン(Bitmain)不正に仮想通貨をマイニングしていた疑い

ビットメイン(Bitmain)、不正に仮想通貨をマイニングしていた疑い

世界最大手の仮想通貨マイニング企業ビットメイン(Bitmain)に不正に仮想通貨のマイニングを行っている疑いがあるとして訴訟が起きている。顧客のリソースを使用し自社の利益のマイニングを行っていたという。提出された訴状の内容を紹介。
マイニング事業における勝者と敗者、BTCCがマイニングプールを11月末までに閉鎖

マイニング事業における勝者と敗者、BTCCがマイニングプールを11月末までに閉鎖...

香港に拠点を置く仮想通貨取引所BTCCがマイニングプールを閉鎖すると発表。2018年11月15日までにマイニングサーバー停止、11月30日までに全ての営業を停止する計画とのこと。閉鎖の理由やマイニング事業の市場などについて考察した。
仮想通貨マイニングの最近の動き、Bitmain社が7nmのASIC発売やBraiins OSなど

仮想通貨マイニングの最近の動き、Bitmainの7nmのASIC発売やBraii...

9月21日から23日にかけて開催された大規模なマイニングカンファレンス「World Digital Mining Summit」での発表など、最近の仮想通貨のマイニングに関する重要なニュースを紹介します。
新バージョンのFirefoxで仮想通貨マルウェアのブロック機能を実装

新バージョンのFirefoxが仮想通貨マルウェアのブロック機能を実装

ウェブサイト上にマルウェアを仕込み、サイト利用者のCPUを利用し、仮想通貨をマイニングするクリプトジャッキング。Firefoxが仮想通貨関連のマルウェアをブロックする機能を実装すると発表した。
米モンタナ州でマイニングがビッグビジネスに、産業の保護に動く米上院議員

米モンタナ州でマイニングがビッグビジネスに、産業保護に動く米上院議員

アメリカのモンタナ州ではマイニング産業が重要なビジネスとなっている。閉鎖が予定されている主要発電所Colstripがこのまま閉鎖されれば、マイニング産業が危機になるのではと米上院議員(Daines氏)は懸念している。
ベトナム政府、仮想通貨のマイニング機器の輸入を全面禁止へ

ベトナム政府、仮想通貨のマイニング機器の輸入を全面禁止へ

ベトナム政府が、国内における仮想通貨マイニング機器輸入の全面禁止を決めたと地元メディアが報じた。この決定は7月に起きたスカイマイニング社のスキャンダルが影響しているのではと伝えられている。
長引くビットコイン(BTC)価格の下落トレンドは、マイニング関連ビジネスにも大きい影響

長引くビットコイン(BTC)価格の下落トレンドは、マイニング関連ビジネスにも大き...

2018年に入り長引いているビットコイン(BTC)価格の下落トレンド。この影響は相場だけの留まらずマイニング関連のビジネスにも広がっているという。一体どのような影響があるのか?詳細を解説する。
英国企業の約60%が、過去半年でマイニングマルウェアの被害に遭う

英国企業の約60%が過去半年でマイニングマルウェアの被害に遭う

Citrix社がOnePoll社に委託して行った調査では、英国企業の約6割が過去半年でマイニングマルウェアの被害に遭っていたことが判明した。その内の3割は過去1ヶ月での被害だそう。被害の実態をまとめた。
業界史上最大のマイニングカンファレンスが開催。マイニング企業各社は一斉上場へ

業界史上最大のマイニングカンファレンスが開催、マイニング企業各社は一斉上場へ

史上最大級とも言われるマイニングカンファレンスが2018年9月にBitmainとBitkan主催で開催される。このイベントの詳細について、そしてBitmain上場準備期間とイベント開催時期が重なるコトについて、平野氏が考察を行った。
仮想通貨マイニング企業ビットメインがIPO、資金調達額180億ドル目指す

仮想通貨マイニング企業Bitmain(ビットメイン)がIPO、資金調達額180億...

世界大手のマイニング企業であるBitmain(ビットメイン)が、2018年9月にも資金調達を目指してIPOを予定しているという。その額なんと180億ドルで、日本円にすると約5兆5000億円にも及ぶ。ビットメインのその他実績なども合わせて紹介。
ビットコイン(BTC)のマイニングによる地球環境汚染、なんとか解決できないか?

ビットコイン(BTC)のマイニングによる地球環境汚染、なんとか解決できないか?

ビットコイン(BTC)のマイニングをすると大量の電力を消費することはご存知でしょうか?電力を大量に使うと地球環境にとって大きな負荷がかかります。ではなぜマイニングに膨大な電力が必要なのか?地球への悪影響を解決する方法とは?について解説する。
マイニング業界大手Bitmainがテンセント・ソフトバンクから資金調達、年内にIPOを目指す

マイニング業界大手Bitmainがテンセント・ソフトバンクから資金調達、年内にI...

マイニング業最大手Bitmainがテンセントやソフトバンクからの資金調達を発表。評価は約150億ドルになるとされている。また、2018年内にもIPOを目指しているとのことで、今後のBitmainについてを考察する。
なぜBitmainはプライバシーポリシーを変更、情報開示の推進をするのか?新ポリシー発表の背景を解説

なぜBitmainはプライバシーポリシーを変更、情報開示の推進をするのか?...

Bitmain(ビットメイン:マイニングハードウェア販売会社)が新しいポリシーを公開した。発表された4つの方針の詳細を紹介し、なぜBitmainは新ポリシーの発表に至ったのか、情報開示を推進するのか、発表の背景を解説する。
仮想通貨マイニング用GPU好況から一転、大幅に価格が低迷するも今後の動きで状況は変わる?

仮想通貨マイニング用GPU好況から一転、大幅に価格が低迷するも今後の動きで状況は...

仮想通貨業界で盛り上がっているのはビットコインやICOなどだけではない。それはマイニング事業であり、マイニングに使われるGPU(画面に映し出すプロセッサーカード/チップ)が好況だったが、最近は低迷している。これらの詳しい状況を解説する。
中国ビットコインマイニング企業3社、市場価値“10億ドル”リスト入り

中国ビットコインマイニング企業3社、市場価値“10億ドル”リスト入り

中華圏版ユニコーンリスト(市場価値10億ドル以上の非上場ベンチャー企業のリスト)が発表された。同リストは3回目の実施で、マイニング機器メーカー3社がリスト入りした。仮想通貨関連企業が登録されるのは今回が初。中国仮想通貨市場規模も併せて紹介。
米カメラ大手コダック社ブランドのマイニング機、詐欺疑いでリリース前に差し止めへ

米カメラ大手コダック社ブランドのマイニング機、詐欺疑いでリリース前に差し止めへ

米カメラ大手コダック社ブランドを掲げてリリース予定だったマイニングマシンがSECによって差し止めとなった。このマイニングマシンは現実的ではない高リターン保証を謳っていて以前より「スキャム」ではないか、と疑問の声が上がっていた。
マイニング界隈を賑わしている最近のニュース3つを解説

マイニング界隈を賑わしている最近のニュース3つを解説

マイニング界隈は何かと話題に事欠かない。香港ではマイニングチップ製造の億邦通信がIPOを開始、中国ではマイニング時の電力盗難事件が起きた。ロシアのとある州ではマイニングの法的位置についての言及がなされた。マイニングに関する3つのニュースを紹介。
GMO「世界トップ性能」マイニングマシーン「GMO miner B2」&クラウドマイニングサービス発表

GMO「世界トップ性能」マイニングマシン「GMO miner B2」&...

GMOは世界トップ性能のマイニングマシン「GMO miner B2」とクラウドマイニングサービスの提供を発表した。B2の価格は日本円約22万円。クラウドマイニングは初期費用6億円(別途月額)でスタートする。
クリプトジャッキング攻撃の被害が急増、その危険性や対策方法とは…?

クリプトジャッキング攻撃の被害が急増、その危険性や対策方法とは…?

クリプトジャッキングとは、例えばコンピューター所有者の許可なくハッカーにマイニングの処理能力を利用され、仮想通貨を得るといった不法行為のことをさす。被害は増加傾向にあり300件以上が被害にあったとの報告がある。本稿では主な対策法を紹介。
イギリスのIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

イギリスのIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

イギリスの高性能IT機器メーカー「Bladetec」がイギリスのロンドン、サフォーク、サリーの3か所にビットコインマイニングファームを建設する計画があることがわかった。この施設を建設するために投資家から1千万ポンドの資金を調達する考えだという。
株価が32%上昇!ナスダック上場企業Marathonがビットコインマイニング事業を開始

株価が一時32%上昇、ナスダック上場企業Marathonがビットコインマイニング...

ナスダックにも上場している企業Marathonがビットコインマイニング事業を開始すると発表した。この影響から株価は一時32%上昇した。マラソンは1,400台のマイニングマシンをすでに用意、今後も敷地を拡大するとともにマシンも増加予定だ。
欧州委員会:ビットコインのマイニングを禁止または制限する法的根拠はない

欧州委員会:ビットコインのマイニングを禁止または制限する法的根拠はない

欧州委員会が、BTCマイニングに関して消費される電力に関して、禁止する法的根拠がなく合法との見方だ。現在、監視・調査などは行ってはいない。ただ、欧州委員会はこの活動がエネルギー需要に多大な影響を及ぼすものとして見解を見直し始めている。
GMO2018年2月 仮想通貨マイニング事業月次報告

GMO 2018年2月 仮想通貨マイニング事業の月次報告

GMOは、2018年3月5日にマイニング事業の月次報告を行いました。このように明確にマイニング状況を数値で報告することは、企業への信頼やどのような状況で進めているかがわかるものだと感じることが出来るリリース内容だと思います。
ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

先日(1月13日)、ビットコインの発行枚数が上限の80%に達したことがわかった。発行の上限が2100万枚BTCなので約1680万BTCが既に発行されたことに。BTCオリンピックイヤーに半減期を迎える頃にはマイニングの報酬はどうなっているのだろうか?
ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

中国マイニングプール大手のViaBTCが、「投機をコントロールし、投資家の利益を守るため」という理由で仮想通貨のマイニング契約市場を2018年1月10日に閉鎖した。

DMMが仮想通貨マイニング研究のためのラボを新設

DMMが仮想通貨マイニングのためのラボの新設を発表。いかに効率よくマイニングが行えるのかマシンの研究などを行うとのことだ。

リスク(LISK):フォージング(鍛造)続編

ひろぴーによるLiskのフォージング(マイニングのようなもの)のレポートです。果たしてうまくできたのでしょうか?

ビットコインのチャート分析、週末戦略12月8日〜

急上昇を続けているビットコイン、今週末は激しい相場の動きに備えて、一旦手じまい、あえててを出さない方針のようです。

94億円分のビットコインがハッキングで盗まれる

マイニングをする人たちに利用されていたナイスハッシュから大量のビットコインが盗まれた。
ビットコインのマイニング業界図が変わるか?

ビットコインのマイニング業界図が変わるか?新マシンDragonMintの発表

これまでBitmainが大部分を占めていたビットコインマイニングマシンの市場だが、先日新たなメーカーからマイニングマシンが発表された。
今週のビットコイン投資戦略11月20日〜

今週のビットコイン投資戦略11月20日〜

さて、ヒロピーは今週のビットコイン投資戦略をどのように見ているのでしょうか?90万円前後を推移しているビットコインの価格について、テクニカル分析で戦略を立てていきます。
仮想通貨のブラウザマイニング報酬

仮想通貨のブラウザマイニング報酬はどれくらい?

最近海外のファイル共有ウェブサイトThe Pirate Bayがサイト閲覧者のコンピューターを使って仮想通貨のマイニングを行っていることがニュースになりました。そこから、自分のWebサイトを閲覧している人のパソコンを利用してマイニングするという「ブラウザマイニング」が、最近のところ増加しているようです。
LISKの鍛造(=マイニング)に挑戦!

LISKの鍛造(=マイニング)に挑戦!

読んでもなかなかできないことはやってみるのが一番。今回はひろぴーがLISKのマイニング(鋳造)の仕方を解説。LISKって一体どんな仕組みになっているの??
北朝鮮、ビットコイン採掘で国際的な制裁措置を回避か

北朝鮮、ビットコイン採掘で国際的な制裁措置を回避か

北朝鮮がビットコインをマイニング中?トランプ氏と金正恩の対立はニュースでご存知の方も多いはず。平壌でマイニングされていることについてどんな可能性が考えられるのか、見てみましょう。
仮想通貨業界において存在感を増すロシアの政策

仮想通貨業界において存在感を増すロシアの政策

様々なニュースが飛び交う中で気になるロシアの動き。これまで仮想通貨に対して厳しい姿勢を見せてきたロシアの政府が、一転して仮想通貨を受けいれるようになっている模様。最新のトレンドをここでキャッチしておこう。
GMOに続いてDMMもマイニング事業「マイニングファーム」の運営を10月開始

GMOに続いてDMMもマイニング事業「マイニングファーム」の運営を10月開始

GMOに続いてDMMもビットコインのマイニングを開始するようだ。10月からトライアルとしてマイニングを行い、2018年中には世界のトップ10を目指すようだ。またマイニングファームの運営に加えて安心安全のクラウドマイニングサービスも運営するようだ。

GMO、ビットコインのマイニング事業に参入

インターネット事業を手掛けるGMOがビットコインのマイニング事業に参入することを発表。北欧にマイニングのための施設を建てて、チップの開発にも取り組むようだ。
ASUSが仮想通貨向けの新しいプロダクトを発表

ASUSが仮想通貨向けの新しいプロダクトを発表

ASUSから仮想通貨のマイニング向け新製品が発表された。ASUSは台湾のメーカーでノートパソコンやグラフィックボードなどで世界的に知られている。仮想通貨の広がりを受けてマイニング専用のプロダクトが登場することとなったようだ。
GPU売り切れ続出、仮想通貨の最新マイニング事情

GPU売り切れ続出、仮想通貨の最新マイニング事情

マイニングへの注目が仮想通貨の価格上昇に伴ってまた集まってきている。日本国内のPC用品店でもマイニングに必要なGPUが売り切れるなどの事態が起きている。今回は実際に仮想通貨の採掘を行う古酒氏が最新事情について語る。
ビットコインは個人でマイニングできるのか!?

ビットコインは個人でマイニングできるのか!?

編集部のマイニング体験談:気になる仮想通貨のマイニング。ビットコインが手に入るネットワーク維持を担う重要な役割を担っているようですが、個人でやる場合はどんなものが必要なのでしょうか?
仮想通貨で遊べるゲームSpells of Genesis

仮想通貨で遊べるゲームSpells of Genesis

仮想通貨をゲーム内のアイテムとして使えるゲームが登場。スイスの企業によって開発されているブロックチェーンを使ったゲームSpells of Genesisの魅力や遊び方、ダウンロードしておくアプリ等を紹介します。

マイニングとは、直訳すると採掘という意味になります。直感的には、ビットコインを採掘するという意味です。
ビットコインは発行枚数は決まっています(2,100万BTC)が、まだ全て発行されていません。
そこで、どのように市場に出しているかというとマイニングをする人(マイナー)に贈与しているのです。

では、マイニングとは具体的にどのような作業なのでしょうか。そもそも、ビットコインはブロックチェーンというシステムで成り立っており、そこでは、取引データは第三者機関ではなく、ユーザによって承認されます。その承認作業こそがマイニングと呼ばれるのです。

ブロックチェーンでは、一定時間の取引はブロックとして溜められます。そこで、そのブロックをマイナーによって承認されることで取引が成立します。
この時、一番早く承認作業を終えたマイナーに報酬としてビットコインが贈与されるのです。

これは約10分間隔で行われており、全国のマイナーが10分間に一度承認レースを行っている事になります。より詳しく言うと、この承認作業はいわゆる暗号解読のようなものになっています。ハッシュ値と呼ばれるものを計算し、正解を見つける必要があります。(正解が見つかるとブロックが承認されます。)
この暗号を解読するためには高性能のPCと電力が必要となるため、一般の人はマイニングには参加しづらいという現状があります。

このマイニングが行われることによって、ビットコインは成立しているのです。
もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もこのマイニングを行っており、中には普通のPCで参加することができるものもあります。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice