マイニング・採掘

マイニングとは、直訳すると採掘という意味になります。直感的には、ビットコインを採掘するという意味です。
ビットコインは発行枚数は決まっています(2,100万BTC)が、まだ全て発行されていません。
そこで、どのように市場に出しているかというとマイニングをする人(マイナー)に贈与しているのです。

では、マイニングとは具体的にどのような作業なのでしょうか。そもそも、ビットコインはブロックチェーンというシステムで成り立っており、そこでは、取引データは第三者機関ではなく、ユーザによって承認されます。その承認作業こそがマイニングと呼ばれるのです。

ブロックチェーンでは、一定時間の取引はブロックとして溜められます。そこで、そのブロックをマイナーによって承認されることで取引が成立します。
この時、一番早く承認作業を終えたマイナーに報酬としてビットコインが贈与されるのです。

これは約10分間隔で行われており、全国のマイナーが10分間に一度承認レースを行っている事になります。より詳しく言うと、この承認作業はいわゆる暗号解読のようなものになっています。ハッシュ値と呼ばれるものを計算し、正解を見つける必要があります。(正解が見つかるとブロックが承認されます。)
この暗号を解読するためには高性能のPCと電力が必要となるため、一般の人はマイニングには参加しづらいという現状があります。

このマイニングが行われることによって、ビットコインは成立しているのです。
もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もこのマイニングを行っており、中には普通のPCで参加することができるものもあります。

マイニング・採掘の記事一覧
マイニング・採掘に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

先日(1月13日)、ビットコインの発行枚数が上限の80%に達したことがわかった。発行の上限が2100万枚BTCなので約1680万BTCが既に発行されたことに。BTCオリンピックイヤーに半減期を迎える頃にはマイニングの報酬はどうなっているのだろうか?
ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

中国マイニングプール大手のViaBTCが、「投機をコントロールし、投資家の利益を守るため」という理由で仮想通貨のマイニング契約市場を2018年1月10日に閉鎖した。

DMMが仮想通貨マイニング研究のためのラボを新設

DMMが仮想通貨マイニングのためのラボの新設を発表。いかに効率よくマイニングが行えるのかマシンの研究などを行うとのことだ。

LISKフォージング(鍛造)続編

ひろぴーによるLiskのフォージング(マイニングのようなもの)のレポートです。果たしてうまくできたのでしょうか?

ビットコインのチャート分析、週末戦略12月8日〜

急上昇を続けているビットコイン、今週末は激しい相場の動きに備えて、一旦手じまい、あえててを出さない方針のようです。

94億円分のビットコインがハッキングで盗まれる

マイニングをする人たちに利用されていたナイスハッシュから大量のビットコインが盗まれた。
ビットコインのマイニング業界図が変わるか?

ビットコインのマイニング業界図が変わるか?新マシンDragonMintの発表

これまでBitmainが大部分を占めていたビットコインマイニングマシンの市場だが、先日新たなメーカーからマイニングマシンが発表された。
今週のビットコイン投資戦略11月20日〜

今週のビットコイン投資戦略11月20日〜

さて、ヒロピーは今週のビットコイン投資戦略をどのように見ているのでしょうか?90万円前後を推移しているビットコインの価格について、テクニカル分析で戦略を立てていきます。
仮想通貨のブラウザマイニング報酬

仮想通貨のブラウザマイニング報酬はどれくらい?

最近海外のファイル共有ウェブサイトThe Pirate Bayがサイト閲覧者のコンピューターを使って仮想通貨のマイニングを行っていることがニュースになりました。そこから、自分のWebサイトを閲覧している人のパソコンを利用してマイニングするという「ブラウザマイニング」が、最近のところ増加しているようです。
LISKの鍛造(=マイニング)に挑戦!

LISKの鍛造(=マイニング)に挑戦!

読んでもなかなかできないことはやってみるのが一番。今回はひろぴーがLISKのマイニング(鋳造)の仕方を解説。LISKって一体どんな仕組みになっているの??

マイニングとは、直訳すると採掘という意味になります。直感的には、ビットコインを採掘するという意味です。
ビットコインは発行枚数は決まっています(2,100万BTC)が、まだ全て発行されていません。
そこで、どのように市場に出しているかというとマイニングをする人(マイナー)に贈与しているのです。

では、マイニングとは具体的にどのような作業なのでしょうか。そもそも、ビットコインはブロックチェーンというシステムで成り立っており、そこでは、取引データは第三者機関ではなく、ユーザによって承認されます。その承認作業こそがマイニングと呼ばれるのです。

ブロックチェーンでは、一定時間の取引はブロックとして溜められます。そこで、そのブロックをマイナーによって承認されることで取引が成立します。
この時、一番早く承認作業を終えたマイナーに報酬としてビットコインが贈与されるのです。

これは約10分間隔で行われており、全国のマイナーが10分間に一度承認レースを行っている事になります。より詳しく言うと、この承認作業はいわゆる暗号解読のようなものになっています。ハッシュ値と呼ばれるものを計算し、正解を見つける必要があります。(正解が見つかるとブロックが承認されます。)
この暗号を解読するためには高性能のPCと電力が必要となるため、一般の人はマイニングには参加しづらいという現状があります。

このマイニングが行われることによって、ビットコインは成立しているのです。
もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もこのマイニングを行っており、中には普通のPCで参加することができるものもあります。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@