マイニング・採掘

マイニングとは、直訳すると採掘という意味になります。直感的には、ビットコインを採掘するという意味です。
ビットコインは発行枚数は決まっています(2,100万BTC)が、まだ全て発行されていません。
そこで、どのように市場に出しているかというとマイニングをする人(マイナー)に贈与しているのです。

では、マイニングとは具体的にどのような作業なのでしょうか。そもそも、ビットコインはブロックチェーンというシステムで成り立っており、そこでは、取引データは第三者機関ではなく、ユーザによって承認されます。その承認作業こそがマイニングと呼ばれるのです。

ブロックチェーンでは、一定時間の取引はブロックとして溜められます。そこで、そのブロックをマイナーによって承認されることで取引が成立します。
この時、一番早く承認作業を終えたマイナーに報酬としてビットコインが贈与されるのです。

これは約10分間隔で行われており、全国のマイナーが10分間に一度承認レースを行っている事になります。より詳しく言うと、この承認作業はいわゆる暗号解読のようなものになっています。ハッシュ値と呼ばれるものを計算し、正解を見つける必要があります。(正解が見つかるとブロックが承認されます。)
この暗号を解読するためには高性能のPCと電力が必要となるため、一般の人はマイニングには参加しづらいという現状があります。

このマイニングが行われることによって、ビットコインは成立しているのです。
もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もこのマイニングを行っており、中には普通のPCで参加することができるものもあります。

マイニング・採掘のニュース一覧

マイニング・採掘に関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
イギリスのIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

イギリスのIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

イギリスの高性能IT機器メーカー「Bladetec」がイギリスのロンドン、サフォーク、サリーの3か所にビットコインマイニングファームを建設する計画があることがわかった。この施設を建設するために投資家から1千万ポンドの資金を調達する考えだという。
株価が32%上昇!ナスダック上場企業Marathonがビットコインマイニング事業を開始

株価が一時32%上昇、ナスダック上場企業Marathonがビットコインマイニング...

ナスダックにも上場している企業Marathonがビットコインマイニング事業を開始すると発表した。この影響から株価は一時32%上昇した。マラソンは1,400台のマイニングマシンをすでに用意、今後も敷地を拡大するとともにマシンも増加予定だ。
欧州委員会:ビットコインのマイニングを禁止または制限する法的根拠はない

欧州委員会:ビットコインのマイニングを禁止または制限する法的根拠はない

欧州委員会が、BTCマイニングに関して消費される電力に関して、禁止する法的根拠がなく合法との見方だ。現在、監視・調査などは行ってはいない。ただ、欧州委員会はこの活動がエネルギー需要に多大な影響を及ぼすものとして見解を見直し始めている。
GMO2018年2月 仮想通貨マイニング事業月次報告

GMO 2018年2月 仮想通貨マイニング事業の月次報告

GMOは、2018年3月5日にマイニング事業の月次報告を行いました。このように明確にマイニング状況を数値で報告することは、企業への信頼やどのような状況で進めているかがわかるものだと感じることが出来るリリース内容だと思います。
ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

先日(1月13日)、ビットコインの発行枚数が上限の80%に達したことがわかった。発行の上限が2100万枚BTCなので約1680万BTCが既に発行されたことに。BTCオリンピックイヤーに半減期を迎える頃にはマイニングの報酬はどうなっているのだろうか?
ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

中国マイニングプール大手のViaBTCが、「投機をコントロールし、投資家の利益を守るため」という理由で仮想通貨のマイニング契約市場を2018年1月10日に閉鎖した。

DMMが仮想通貨マイニング研究のためのラボを新設

DMMが仮想通貨マイニングのためのラボの新設を発表。いかに効率よくマイニングが行えるのかマシンの研究などを行うとのことだ。

リスク(LISK):フォージング(鍛造)続編

ひろぴーによるLiskのフォージング(マイニングのようなもの)のレポートです。果たしてうまくできたのでしょうか?

ビットコインのチャート分析、週末戦略12月8日〜

急上昇を続けているビットコイン、今週末は激しい相場の動きに備えて、一旦手じまい、あえててを出さない方針のようです。

94億円分のビットコインがハッキングで盗まれる

マイニングをする人たちに利用されていたナイスハッシュから大量のビットコインが盗まれた。
ビットコインのマイニング業界図が変わるか?

ビットコインのマイニング業界図が変わるか?新マシンDragonMintの発表

これまでBitmainが大部分を占めていたビットコインマイニングマシンの市場だが、先日新たなメーカーからマイニングマシンが発表された。
今週のビットコイン投資戦略11月20日〜

今週のビットコイン投資戦略11月20日〜

さて、ヒロピーは今週のビットコイン投資戦略をどのように見ているのでしょうか?90万円前後を推移しているビットコインの価格について、テクニカル分析で戦略を立てていきます。
仮想通貨のブラウザマイニング報酬

仮想通貨のブラウザマイニング報酬はどれくらい?

最近海外のファイル共有ウェブサイトThe Pirate Bayがサイト閲覧者のコンピューターを使って仮想通貨のマイニングを行っていることがニュースになりました。そこから、自分のWebサイトを閲覧している人のパソコンを利用してマイニングするという「ブラウザマイニング」が、最近のところ増加しているようです。
LISKの鍛造(=マイニング)に挑戦!

LISKの鍛造(=マイニング)に挑戦!

読んでもなかなかできないことはやってみるのが一番。今回はひろぴーがLISKのマイニング(鋳造)の仕方を解説。LISKって一体どんな仕組みになっているの??
北朝鮮、ビットコイン採掘で国際的な制裁措置を回避か

北朝鮮、ビットコイン採掘で国際的な制裁措置を回避か

北朝鮮がビットコインをマイニング中?トランプ氏と金正恩の対立はニュースでご存知の方も多いはず。平壌でマイニングされていることについてどんな可能性が考えられるのか、見てみましょう。
仮想通貨業界において存在感を増すロシアの政策

仮想通貨業界において存在感を増すロシアの政策

様々なニュースが飛び交う中で気になるロシアの動き。これまで仮想通貨に対して厳しい姿勢を見せてきたロシアの政府が、一転して仮想通貨を受けいれるようになっている模様。最新のトレンドをここでキャッチしておこう。
GMOに続いてDMMもマイニング事業「マイニングファーム」の運営を10月開始

GMOに続いてDMMもマイニング事業「マイニングファーム」の運営を10月開始

GMOに続いてDMMもビットコインのマイニングを開始するようだ。10月からトライアルとしてマイニングを行い、2018年中には世界のトップ10を目指すようだ。またマイニングファームの運営に加えて安心安全のクラウドマイニングサービスも運営するようだ。

GMO、ビットコインのマイニング事業に参入

インターネット事業を手掛けるGMOがビットコインのマイニング事業に参入することを発表。北欧にマイニングのための施設を建てて、チップの開発にも取り組むようだ。
ASUSが仮想通貨向けの新しいプロダクトを発表

ASUSが仮想通貨向けの新しいプロダクトを発表

ASUSから仮想通貨のマイニング向け新製品が発表された。ASUSは台湾のメーカーでノートパソコンやグラフィックボードなどで世界的に知られている。仮想通貨の広がりを受けてマイニング専用のプロダクトが登場することとなったようだ。
GPU売り切れ続出、仮想通貨の最新マイニング事情

GPU売り切れ続出、仮想通貨の最新マイニング事情

マイニングへの注目が仮想通貨の価格上昇に伴ってまた集まってきている。日本国内のPC用品店でもマイニングに必要なGPUが売り切れるなどの事態が起きている。今回は実際に仮想通貨の採掘を行う古酒氏が最新事情について語る。
ビットコインは個人でマイニングできるのか!?

ビットコインは個人でマイニングできるのか!?

編集部のマイニング体験談:気になる仮想通貨のマイニング。ビットコインが手に入るネットワーク維持を担う重要な役割を担っているようですが、個人でやる場合はどんなものが必要なのでしょうか?
仮想通貨で遊べるゲームSpells of Genesis

仮想通貨で遊べるゲームSpells of Genesis

仮想通貨をゲーム内のアイテムとして使えるゲームが登場。スイスの企業によって開発されているブロックチェーンを使ったゲームSpells of Genesisの魅力や遊び方、ダウンロードしておくアプリ等を紹介します。

マイニングとは、直訳すると採掘という意味になります。直感的には、ビットコインを採掘するという意味です。
ビットコインは発行枚数は決まっています(2,100万BTC)が、まだ全て発行されていません。
そこで、どのように市場に出しているかというとマイニングをする人(マイナー)に贈与しているのです。

では、マイニングとは具体的にどのような作業なのでしょうか。そもそも、ビットコインはブロックチェーンというシステムで成り立っており、そこでは、取引データは第三者機関ではなく、ユーザによって承認されます。その承認作業こそがマイニングと呼ばれるのです。

ブロックチェーンでは、一定時間の取引はブロックとして溜められます。そこで、そのブロックをマイナーによって承認されることで取引が成立します。
この時、一番早く承認作業を終えたマイナーに報酬としてビットコインが贈与されるのです。

これは約10分間隔で行われており、全国のマイナーが10分間に一度承認レースを行っている事になります。より詳しく言うと、この承認作業はいわゆる暗号解読のようなものになっています。ハッシュ値と呼ばれるものを計算し、正解を見つける必要があります。(正解が見つかるとブロックが承認されます。)
この暗号を解読するためには高性能のPCと電力が必要となるため、一般の人はマイニングには参加しづらいという現状があります。

このマイニングが行われることによって、ビットコインは成立しているのです。
もちろん、ビットコイン以外の仮想通貨もこのマイニングを行っており、中には普通のPCで参加することができるものもあります。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@