• Home
  • 初心者
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 仮想通貨別記事
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ
  • PR

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求される

仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求され...

南アフリカの仮想通貨のトレーダーが拉致され、犯人らから暴行を受け銀行口座の情報と仮想通貨のウォレットのパスワードを要求されていた。670万相当のビットコインを払った男性はどのようにして事件に巻き込まれたのか?

【DIG STAR(ディグスター)攻略】探査成果(フラスコ)の効率的収集方法

DIGSTAR(ディグスター)の攻略紹介です。探査成果(フラスコ)を効率的に集めて効率的に使うことで、ゲームを有利に早く進めることが出来ます。どのようにプレイすることで、大量の探査成果を得ることが出来るかを調べて記事にしています。
ナイジェリアの銀行が仮想通貨の取引を行う顧客に警告、口座の閉鎖も示唆

ナイジェリアの銀行が仮想通貨の取引を行う顧客に警告、口座の閉鎖も示唆

ナイジェリアの商業銀行であるユニオン・バンク・オブ・ナイジェリアが、仮想通貨の取引を行う口座に対して規制をかけるとの警告を発表していた。投資家の間では不安が広がり、資金を引き上げる動きも出ている。同行の発表の内容を紹介。
米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJ キャレドに罰金、ICOの不正な宣伝に関与

米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJキャレドに罰金、ICOの不正な宣伝...

米証券取引委員会(SEC)が11月29日、プロボクサーのメイウェザーと音楽プロデューサーのDJ キャレドに対して、ICOの不正な宣伝に関与したとして罰金を科した。セレブな2人が支払いに合意した罰金額とは?
スウェーデン通貨クローナが消える?「eクローナ」への転換報道に金融当局が慌てる

スウェーデン通貨クローナが消える?「eクローナ」への転換報道に金融当局が慌てる

スウェーデンでは世界でもキャッシュレス化が進み、デジタル通貨の「eクローナ」が法定通貨のクローナに取って代わる可能性が高まってきています。スウェーデンの中央銀行の考えから、企業や消費者の対応までを紹介します。
digstar

DIG STAR(ディグスター)攻略|徹底解説:ブロックチェーンゲーム

コインチョイスのDIG STAR(ディグスター)攻略ページです。効率良くゲームを進めるための情報を確認することができます。DIG STARはキャラクター管理にブロックチェーンが利用されている新しいDappsです。
「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場についても言及

「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場につい...

仮想通貨投資ファンドの創業者であるバリー・シルバート氏(Barry Silbert)が、「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)市場は終わりだ」と明言。その理由や現在の弱気市場に対するシルバート氏の見解を紹介する。
米国の仮想通貨業界で最も影響力のある人物、ジョン・マカフィー氏とは?

米国の仮想通貨業界で最も影響力のある人物、ジョン・マカフィー氏とは?

調査会社であるClovr社が500人を対象にして仮想通貨の関係者が主に誰を重視しているかを理解する為の調査を行い、ビットコイン愛好家でも知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏がトップに輝いた。調査結果の一部を紹介する。
「ビットコインETFは可能性大」米証券取引委員会(SEC)コミッショナーが見解示す

「ビットコインETFは可能性大」米証券取引委員会(SEC)コミッショナーが見解示...

米証券取引委員会(SEC)のコミッショナーを務めるヘスター ・パース(Hester Peirce)氏がポッドキャストに出演し、ビットコインETFについて言及、承認の可能性が多いあることを示唆した。パース氏の発言を紹介。
スイスで上場された仮想通貨の上場投資商品(ETP)は米国で話題の上場投資信託(ETF)とは別物?

スイスで上場された仮想通貨の上場投資商品(ETP)は米国で話題の上場投資信託(E...

シックススイス証券取引所で取引が始まった世界初の仮想通貨連動の上場投資商品(ETP)と、アメリカで上場が延期となっている上場投資信託(ETF)との違いを解説。複数の仮想通貨からなるETPによるETF上場への影響なども紹介します。
約1億円の仮想通貨を盗んだ21歳のハッカーを逮捕

約1億円の仮想通貨を盗んだ男を逮捕、2カ月前はビットコイン(BTC)巡る事件の被...

ニューヨーク市在住の男が現地時間の11月20日、サンフランシスコ市に住む男性の仮想通貨の口座から100万ドル(約1億1,000円)を盗んだとして逮捕された。男はどのようにして口座に侵入し、大金を盗んだのか。
バイナンスコイン(BNB)は決済通貨となり得るか?旅行予約サイトXcelTripで取り扱い開始

バイナンスコイン(BNB)は決済通貨となり得るか?旅行予約サイトXcelTrip...

大手仮想通貨取引所バイナンスの独自トークンであるバイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)が旅行サイト「Xceltrip」での取り扱いを開始した。今後BNBは決済通貨として認知、拡大していくのか。今後について考察を行った。
Twitterでの仮想通貨詐欺、背景にはサードパーティアプリの存在

Twitterでの相次ぐ仮想通貨詐欺、背景にはサードパーティアプリの存在

先週Twitter上で大手企業アカウント(G SuiteやTarget)のハッキングが相次いだ。なぜアカウントハックが発生してしまったのか、原因を調べてみると詐欺の背景にはサードパーティアプリの存在があった。Twitter社の現在況を紹介。
イスラム諸国が共通の仮想通貨の発行に動く?米経済制裁に対抗して

イスラム諸国が共通の仮想通貨の発行に動く?米経済制裁に対抗して

イスラム諸国が圏内での利用に限定したデジタル通貨の発行を計画していると報じられました。独自の仮想通貨システムの開発はアメリカによる経済制裁に対抗する形をとり、制裁手段となったドルに挑戦するものと見られています。これらの状況を解説します。
スイスの証券取引所が承認、世界初となるETP(上場取引型金融商品)とは一体?

スイスの証券取引所が承認、世界初となるETP(上場取引型金融商品)とは一体?

スイスの証券取引所が世界で初となる仮想通貨のETP取引を開始する。未だSECによる仮想通貨ETF承認がされていない中、一歩先にETP承認へと進んだこととなる。そもそもETPとは?そしてAmun Crypto ETPの構成内容などを紹介する。
独自の仮想通貨発行迫られるイランがロシアと急接近、米国の経済制裁で

独自の仮想通貨発行迫られるイランがロシアと急接近、米国の経済制裁で

このほど、イランのブロックチェーンラボ(IBL)とロシアの暗号産業協会(RACIB)が協力することが発表されました。SWIFTから締め出されることになったイランで、独自仮想通貨の発行の気運が高まってきています。
なぜフルノードが重要なのか?:ビットコイン(BTC)教育者Jimmy Song氏の解説動画

なぜフルノードが重要なのか?:ビットコイン(BTC)教育者Jimmy Song氏...

ビットコイン(BTC)の教育者で「Programming Bitcoin」の著者でもあるジミー・ソン氏(Jimmy Song)が、フルノードの重要性について語った動画を紹介。フルノードを立ち上げることのメリットについて解説しています。
世界の中央銀行が発行するデジタル通貨の開発はどこまで進んでいるのか?

世界の中央銀行が発行するデジタル通貨の開発はどこまで進んでいるのか?

仮想通貨市場に大きなインパクトを与えると考えられている中央銀行による独自の仮想通貨の発行。世界の政府の監督機関が発行・管理する法定デジタル通貨(CBDC)に対する立場や目だった動きなどをまとめて紹介します。
3,000万ドル規模の仮想通貨投資ファンドが2019年初頭にも上海で誕生か

3,000万ドル規模の仮想通貨投資ファンドが2019年初頭にも上海で誕生か

上海に拠点を置く会社「Point95Global」が資産運用会社と提携し、2019年初頭にも3,000万ドル規模の仮想通貨投資ファンドの運用を開始する予定があること多数のメディアが報じた。どのような思い出ファンド設立に至ったのかを紹介。
イランの銀行をSWIFTから除外も、仮想通貨業界にとって追い風の可能性

イランの銀行をSWIFTから除外も、仮想通貨業界にとって追い風の可能性

2018年11月5日、国際銀行間通信協会(SWIFT)が、複数のイランの銀行を除外し始めた。この流れは米トランプ政権が発動したイランへの経済制裁の関連があるものと見ている。今回の遮断によって、仮想通貨業界にとって追い風となるのだろうか?
NY州で14番目となる仮想通貨の事業者がビットライセンス取得

新たに仮想通貨の事業者がビットライセンス取得、ビットコイン(BTC)などのカスト...

NYDIG Execution LLCが仮想通貨事業に関する許可、通称ビットライセンスの承認を得たことをニューヨーク州金融サービス局が発表した。ビットライセンスの取得した14目の企業となる。これまでのライセンスの動向も併せて紹介。
Zaif・フィスコ事業譲渡

Zaif(ザイフ)承継同意お手続きのお願いメールのタイトルパターン

Zaif(ザイフ)からフィスコ(FCCE)への事業譲渡を承諾確認メールが、毎日来ている状況なので、その文面などを一覧にまとめてみた。11月になってからは、担当者変更があったのかキャンペーンメールのような形になってきている。
仮想通貨を法定通貨にする計画で国論二分、マーシャル諸島の大統領不信任案かろうじて否決

仮想通貨を法定通貨にする計画で国論二分、マーシャル諸島の大統領不信任案かろうじて...

政府独自の仮想通貨を発行しようと動いている太平洋にあるマーシャル諸島。先日、仮想通貨を支持する大統領の不信任案が否決され、新たな動きを見せいています。これまでのマーシャル諸島における仮想通貨の動きをまとめました。
ビットコイン(BTC)など6,000万円を横領、仮想通貨の投資詐欺も行い罰金1億2,500万円

ビットコイン(BTC)など6,000万円を横領、仮想通貨の投資詐欺も行い罰金1億...

アリゾナ州在住の男が、仮想通貨の横領と詐欺を行い罰金1億2,500万円と懲役15か月が科せられた。この男は、企業のビットコイン(BTC)などを横領し解雇され、返済のために不正に資金調達を行い仮想通貨の投資を行っていた。
仮想通貨の関連企業に爆弾送った男に有罪判決、パスワード再発行が原因か?

仮想通貨の関連企業に爆弾送った男に有罪判決、パスワード再発行が原因か?

イギリスにある仮想通貨関連企業に自作の爆弾を送ったとしてスウェーデン国籍の43歳の男に懲役6年6カ月の有罪判決が下された。爆弾は爆発することなく処理された。男の動機や逮捕に至った経緯などを紹介する。
仮想通貨のATM増加傾向続き今月中に4,000台に到達か

仮想通貨のATM増加傾向続く、今月中に4,000台到達か

世界的に増加傾向にある仮想通貨のATMの設置台数が今月中に4,000台に到達する見込みであることが分かった。ATMの増加に伴い、ATMメーカーでの競争も激化しており、仮想通貨の普及が進むとの予想もある。
ロシアでルーブル担保型の仮想通貨の発行準備進む

ロシアでルーブル担保型の仮想通貨の発行準備進む

ロシアで、法定通貨ルーブル担保型のステーブルコインである「クリプトルーブル(CryptoRuble)」の発行準備が進んでいる。ロシアがなぜ、法定通貨担保型のステーブルコインの発行を進めるかなどを紹介する。
仮想通貨に約57万円投資し4,500万円の課税、「仮想通貨投資で人生を台無しにしたのか?」

仮想通貨に約57万円投資し4,500万円の課税、大学生が掲示板でアドバイス求める...

アメリカの大学生が昨年の5月、57万円の資金で仮想通貨への投資を開始し、約半年で資産が1億円に到達。しかし2018年に入り、ICOへの投資や保有するコインが下落し、資産が1,400万円まで減少。そして待っていたの税金の額とは?
d10n Lab:レポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化する実証実験

d10n Lab:レポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化す...

暗号通貨の未来を考える企業「d10n Lab」がレポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化しようという実証実験をPCS(プロダクトクラウドセールス)と行っています。ブロックチェーンの新しいユースケース事例の詳細を紹介。
NANJCOIN(なんJコイン/NANJ)の歴史と目的が世界一よくわかる記事

NANJCOINの歴史と目的が世界一よくわかる記事

NANJCOIN(NANJコイン)とは一体どういった仮想通貨なのか?これまでの歴史と目的がこの記事を読めば理解できます。NANJCOINは日本スポーツ界に何をもたらそうとしているのか?NANJCOINの本当のスゴさを解説します。
仮想通貨とブロックチェーンにとって追い風となるか、米中間選挙で当選した州知事たち

仮想通貨とブロックチェーンにとって追い風となるか、米中間選挙で当選した州知事たち...

11月6日アメリカで中間選挙が実施され、仮想通貨とブロックチェーンを支持する州知事が選出された。コロラドとカリフォルニア州知事に選出された2人の候補者を紹介する。今回の選挙で仮想通貨業界に与える影響とは?
900万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだ11人の身柄拘束

900万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだ11人の身柄拘束

トルコのイスタンブール在住の11人が、ハッキングを行い被害者から総額930万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだとして身柄を拘束された。これまで被害者は14人いるが、さらに増える見込み。警察はどのようにして容疑者逮捕に至ったのか。
ビットコインATM運営のコインソース社、NY州で認可を受けた12番目の仮想通貨関連企業に

ビットコインATM運営のコインソース社、NY州で認可を受けた12番目の仮想通貨関...

ビットコイン(Bitcoin)ATM事業を運営するコインソース(Coinsource)社が、ニューヨーク州金融サービス局による認可を受け、仮想通貨関連企業だと12番目となるビットライセンス取得業者となった。ここ数年の業績などをあわせて紹介。
仮想通貨の保有者も知るべき1兆ドル市場になったサイバー犯罪の実態とは?

仮想通貨の保有者も知るべき1兆ドル市場になったサイバー犯罪の実態とは?

仮想通貨の世界でも尽きない詐欺やマルウエア、DDos攻撃などの犯罪。現在のサイバー犯罪の市場規模は1兆ドル(約112兆円)とも言われています。ここでは仮想通貨の保有者も知っておくべきサイバー犯罪の実態を紹介します。
21歳の男に罰金9,200万円、許可なく仮想通貨の交換業を行い

21歳の男に罰金9,200万円、許可なく仮想通貨の交換業を行った罪

21歳の男性が許可なく仮想通貨に関する資金移動業を行っていた罪を認め、罰金として約9,200万円を支払うことに同意していたことが明らかになった。どのようにして1,000人以上の顧客にビットコイン(BTC)を販売してたのか?
ステーブルコイン(Stablecoin)が安定しない?トレーダー間で盛り上がる現在の状況とは

ステーブルコイン(Stablecoin)が安定しない?トレーダー間で盛り上がる現...

ここ最近ステーブルコイン(Stablecoin)がStableではないとトレーダーの間で盛り上がりを見せているという。今ステーブルコインに何が起きているのか?現在の状況やステーブルコインはどのようなファンドから投資されているのか等を紹介。
「仮想通貨での政治献金を許可すべき」アメリカの有権者60%が回答

「仮想通貨での政治献金を許可すべき」アメリカの有権者60%が回答

アメリカの60%有権者が「政治献金で法定通貨と同様に仮想通貨も許可すべき」と回答。また過半数以上が政治システムにおける仮想通貨の安全性にも問題ないと考えている。その他、仮想通貨を選挙で受け入れることによる不安要素なども紹介。
コインチェック 口座開設再開

約280日ぶりにCoincheck(コインチェック)が新規口座開設、一部仮想通貨...

仮想通貨交換事業者のCoincheck(コインチェック)が、新規口座開設、一部仮想通貨入金、購入再開を発表した。NEM流出事件からマネックスグループの買収劇など様々な過程を経て、2018年10月30日に復活したということになるだろう。
ウクライナが3年かけ仮想通貨を合法化する計画発表

ウクライナが3年かけ仮想通貨を合法化する計画発表

ウクライナが今後3年をかけて仮想通貨を合法化し、包括的な規制を進めていくことを発表した。これまで仮想通貨取引を行う事業や個人の税制優遇措置などの法案も提出されたウクライナにおける、今回の政策による効果などを解説。
仮想通貨を始めたい人向けの店舗「ナカモト・ハウス」がアムステルダムに登場

仮想通貨を始めたい人向けの店舗「ハウス・オブ・ナカモト」がアムステルダムに登場

仮想通貨を始めたい人向けのショップの「ハウス・オブ・ナカモト(House of Nakamoto)」がオランダのアムステルダムにオープンした。仮想通貨ATMが設置された店内で販売されているアイテムも紹介。
インドで初となる仮想通貨のATM設置し逮捕

インドで初となる仮想通貨のATMを設置し逮捕、約1週間で撤去

許可なしにインドで初となる仮想通貨のATMを設置したとして、仮想通貨取引所のウノコイン社(Unocoin)の設立者の2人が逮捕された。ATMが設置されてから1週間後のできごとで、仮想通貨に対して厳しい姿勢を貫くインドの状況も紹介。
仮想通貨の投資アプリが米人気テレビ番組で1,000万円以上の資金調達成功

仮想通貨の投資アプリが米人気テレビ番組で1,000万円以上の資金調達成功

アメリカの人気番組「シャーク・タンク」に仮想通貨関連のアプリを開発するベンチャー企業が登場し、10万ドル(約1,100万円)の資金調達に成功。クレジットカードなどで買い物をした際のお釣りで仮想通貨に投資できるアプリを紹介。
ビットコイン(BTC) アフィリエイトは禁止か?仮想通貨交換事業者の広告ガイドライン

ビットコイン(BTC) アフィリエイトは禁止か?仮想通貨交換事業者の広告ガイドラ...

2018年10月24日、仮想通貨交換業協会(JVCEA)が金融庁に認定資金決済事業者協会として認定された。それと同じくして、JVCEAが「勧誘及び広告等に関する規則」に関する資料を一部改正。記載内容含めて、重要項目をピックアップして公開。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

1年後の仮想通貨ビットコインの価格・相場状況は?:栢森 加里矢(QUOINE 代...

Liquid by Quoine(リキッド)を運営しているQuoine株式会社(コイン)の栢森CEOが、コインチョイスのライターとして登場。初回は、1年後・10年後の仮想通貨やビットコイン、諸外国の規制状況、海外の仮想通貨事情などに触れています。
全米のATM10万台でビットコイン(BTC)の購入可能へ、ATM企業が仮想通貨の関連企業と協業

全米のATM10万台でビットコイン(BTC)の購入可能へ、ATM企業が仮想通貨の...

アメリカの仮想通貨ATM(現金自動支払機)企業とATM製造業社がパートナーシップの締結を発表。全米で10万台以上のATMでデビットカードを使用してビットコインの購入が可能になる見込み。仮想通貨ATMの市場もあわせて紹介。
仮想通貨市場は低迷も企業の合併買収の件数は倍増、関連ビジネスは急拡大

仮想通貨市場は低迷も企業の合併買収の件数は倍増、ビジネスは急拡大

米投資銀行のJMPSecuritiesがPitchBookが明らかにしたデータを分析した内容によると、仮想通貨の市場は低迷を続けるも関連企業のM&A(合併や買収)の件数は増加しているという。同社の関係者が語る今後の見通しを紹介。
Zaif(ザイフ)事業譲渡の承諾

仮想通貨交換事業者Zaif(ザイフ)の事業譲渡「承諾する、しない」・・・どちらを...

Zaif(ザイフ)の事業譲渡ページが公開されました。承諾する・しないを選択した場合の対応の仕方、カスタマーサポートの電話対応に関して調査を行いました。一度承諾すると承諾を選択するページに戻ることが出来ないことがわかった。
ビジュアルで見る暗号資産の分類とそれに基づく統計データを紹介!

ビジュアルで見る暗号資産の分類とそれに基づく統計データを紹介!

仮想通貨のあらゆるデータ・情報が載っているサイト「Crypto Compare」から、暗号資産の様々な分類法にまつわるレポートが公開された。データがコンパクトかつ視覚化されてまとめられており仮想通貨保有者が気になる内容をピックアップして紹介。
220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

約220億円に相当する3万ビットコイン(BTC)が手数料わずか約10円で送金されていたことが分かった。仮想通貨反対論者として知られるニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授へ集まった批判などを紹介する。
Civil(シヴィル)のトークンセールはソフトキャップに届かず!払い戻しへ

Civil(シビル)のトークンセールはソフトキャップに届かず!払い戻しへ

ブロックチェーンを基盤とするジャーナリズム・プラットフォームを目指すシヴィル(Civil)がソフトキャップを満たすことができず、トークンの販売に参加したユーザーに対して払い戻しを行うことを発表。背景とシヴィルのプロジェクトを解説します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice