• Home
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン (LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • ステラ(XLM)
  • リスク (LISK/LSK)
  • モナコイン (MONA)
  • Zcash (ZEC)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • テザー (Tether/USDT)
  • 仮想通貨取引所の口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • 三宅 俊也 (BTC ボックス)
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨VisaデビットカードをCrypto.comが発表、10万枚発行を予定

仮想通貨VisaデビットカードをCrypto.comが発表、10万枚発行を予定

香港が拠点のブロックチェーンスタートアップ企業「Crypto.com」が仮想通貨Visaデビットカードを10万枚発行し、シンガポールから世界中に届ける予定であることが報じられた。対応の仮想通貨はBTC、ETH、LTC、MCO、BNBの5種。
仮想通貨ATMをターゲットにしたマルウェアが約280万円で販売、トレンドマイクロ社が警鐘を鳴らす

仮想通貨ATMをターゲットにしたマルウェアが約280万円で販売、トレンドマイクロ...

仮想通貨ATMが急増しユーザーの期待が膨らむ一方で、仮想通貨ATMをターゲットにしたマルウェアがダークウェブにて25,000万ドル(約280万円)相当で販売されている。サイバーセキュリティ企業のトレンドマイクロ社が調査結果を発表した。
イランによる独自仮想通貨の発行計画、国際的に注目度が高い理由

イランによる独自仮想通貨の発行計画、国際的に注目度が高い理由

イランでは独自仮想通貨の発行計画があり、狙いは経済制裁の回避によるものと考えられている。仮想通貨発行によるメリットや発行するパターンの2つの可能性、現状から今後考えられる動きなど、考察を交えて紹介する。
仮想通貨取引所コインベースがETFを検討か?BlackRockに助言を求めたと報道

仮想通貨取引所コインベースがETFを検討か?BlackRockに助言を求めたと報...

米国の最大手仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbace)がETFを検討しているのではとビジネス・インサイダー誌で報道され話題となっている。最近の相次ぐETF申請、コインベースが参入となれば大きな動きとなりそうだ。
支払いはビットコイン(BTC)のみ、マルタ共和国の邸宅が約4億円で売りに

支払いはビットコイン(BTC)のみ、マルタ共和国の邸宅が約4億円で売りに

マルタ共和国の首都バレッタにある物件が550ビットコイン(BTC)で売りに出されている。部屋数が18あるこの邸宅の購入方法はビットコインのみで、2018年9月7日時点で550BTCは約4億円に相当する。
ICOで40億円集めたRipio社の仮想通貨融資プロジェクトがラテンアメリカで開始

ICOで40億円集めたRipio社の仮想通貨融資プロジェクトがラテンアメリカで開...

リピオ社(Ripio)が、アルゼンチンとブラジル、メキシコにいる約20万人のビットコインユーザーの小口融資をピア・ツー・ピア(P2P)で行うことを可能にしました。リピオ社は昨年ICOで約40億円の資金調達に成功しています。
ゴールドマン・ショックで仮想通貨(ビットコイン)急落は事実誤認か?

ゴールドマン・ショックで仮想通貨(ビットコイン)急落は事実誤認か?

ゴールドマン・サックスが仮想通貨取引デスクの開設を一時中止したのではないかという報道でビットコインが急落したとの見方が広がった。しかし実際それは事実誤認だった!?市場で一体何が起きているのか?一連の報道を整理し、その影響を探った。
仮想通貨ATMがギリシャで増加、世界の市場規模は1億4450万ドルへ

仮想通貨ATMがギリシャで増加、世界の市場規模は1億4450万ドルへ

ギリシャでは地元企業による働きかけもあり、仮想通貨ATMが増加傾向にある。ロシアでは仮想通貨ATMを没収する動きもあるが、世界規模の市場では2023年には1億4450万ドルに達するとの予測も出ている。
仮想通貨を決済手段と認めるようAmazonに求める署名運動が話題に

仮想通貨を決済手段と認めるようAmazonに求める署名が1万件以上集まる

アマゾンにドージコイン(DOGE)を決済手段として認めるよう求めるキャンペーンに1万2000件以上の署名が集まっている。支持者の中からは、「仮想通貨での支払いを受け入れることで銀行口座を持たない人だけでなく、アマゾンにも利益がある」といった声も上がっている。
ベルギーが28の仮想通貨取引プラットフォームを警戒リストに追加、全体で78箇所に

ベルギーで28の仮想通貨取引プラットフォームを警戒リストに追加、合計78箇所に

ベルギーの金融サービス市場庁(FSMA)が詐欺の疑いがある仮想通貨取引のプラットフォームの一覧を更新したことを発表。今回新たに28のプラットフォームがリストに追加され、全部で78箇所が警戒対象となった。
法定通貨が安定しない国は日本人が想像するより多い、直近1年の通貨の下落率一覧

法定通貨が安定しない国は日本人が想像するより多い、直近1年の通貨の下落率一覧

仮想通貨、特にビットコイン(BTC)はボラティリティが高く、これでは通貨としての欠点である。しかし中央銀行がきちんと機能していない国もあり、その国はボラティリティが高い。法定通貨のボラティリティが高い国はどこか?これに関して考察を行った。
ベネズエラ政府の仮想通貨「Petro(ペトロ)」は幻なのか?ロイター通信が調査特集

ベネズエラ政府の仮想通貨「Petro(ペトロ)」は幻なのか?ロイター通信が調査特...

ロイター通信が独自で調査したベネズエラ政府の仮想通貨Petro(ペトロ)に関する記事が話題となっている。約50億バレルのアタピリレに眠る石油に裏付けされているPetroだが、そこにはそのような石油は存在しないという。
ブロックチェーン技術の普及を妨げる最大の障害は規制上の不透明性:PwC調査で判明

ブロックチェーン技術の普及を妨げる最大の障害は規制上の不透明性:PwC調査で判明...

英国企業のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が2018年8月末、ブロックチェーンに関する調査報告書を公表した。結果を見てみるとブロックチェーンの普及を妨げる障害1位は規制問題だった。レポート詳細を紹介。
ブラウザをひそかに乗っ取り勝手に盗掘する新手の「クリプトジャッキング」が急増

ブラウザをひそかに乗っ取り勝手に盗掘する新手の「クリプトジャッキング」が急増

ブラウザから仮想通貨を盗掘する新手のクリプトジャッキングが急増していると、セキュリティ会社大手のトレンドマイクロ(Trend Micro)による調査でわかった。どんな手口が多いのか?調査結果やIT管理者が注目すべき点などを紹介。
仮想通貨取引所が約2/3の取引量をねつ造か?研究者集団BTI調査

仮想通貨取引所が約2/3の取引量をねつ造か?研究者グループBTI調査

米国のブロックチェーン研究者グループ(BTI)が仮想通貨取引所の取引量を調査したところ、約3分の2の仮想通貨取引所が取引量を捏造しているという結果が公表された。レポートの詳細、どの取引所の取引量が水増しとなっていたかを解説。
英国大手ロイズが仮想通貨の保管サービスに保険提供、デジタル資産保管に大きな信用付託

英国大手ロイズが仮想通貨の保管サービスに保険提供、デジタル資産保管に大きな信用付...

英国の大手保険会社のロイズが、仮想通貨を取り扱うカストディサービスのKingdom Trust(キングダムトラスト)に保険をかけた。投資家のデジタル(仮想通貨)資産の盗難、損失から保護する。仮想通貨に消極的だった保険会社の動向に注目。
仮想通貨・ブロックチェーンに関する授業、世界のトップ大学も注目

仮想通貨・ブロックチェーンに関する授業、世界のトップ大学も注目

先日、仮想通貨取引所Coinbaseが学生・教授らを対象とした調査を公表。対象の世界のトップ大学50のうち42%が仮想通貨もしくはブロックチェーンに関する授業を1つは用意していることが判明。この調査に対する教授や学生の反応などを紹介。
国家主導の仮想通貨発行を9月にも決定か?イランが米国制裁回避進める

国家主導の仮想通貨発行を9月にも決定か?イランが米国制裁回避進める

イランが国家主導の仮想通貨の発行を9月中にも決定するのでは?と海外メディアが報じ、話題となっている。これは米国とイランの関係が最悪の状態になっている状態の中、米国の制裁を回避する為の新たな動きと見られている。
世界トップ大学の42%がブロックチェーンの講義を用意、では日本の大学は?

世界トップ大学の42%がブロックチェーンの講義を用意、では日本の大学は?

世界のトップ大学のうち42%が仮想通貨(暗号通貨)やブロックチェーンの講義を取り扱っていることがCoinbaseの調査で明らかになった。それら講義を多く用意している大学、そして日本の大学の状況を紹介。
米ヤフーファイナンスでBTC、ETHなど4種の仮想通貨取引が可能に、追い風となるか

米ヤフーファイナンスでBTC、ETHなど4種の仮想通貨取引が可能に、追い風となる...

米ヤフーファイナンスで、4種類の仮想通貨取引が可能となった。対応通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)である。こういった情報は、仮想通貨業界の追い風となるのだろうか?
仮想通貨Filecoin(ファイルコイン)、メインネット立ち上げを2019年中に計画

仮想通貨Filecoin(ファイルコイン)、メインネット立ち上げを2019年中に...

Filecoin(ファイルコイン)のブロックチェーンストレージネットワークの立ち上げが、2019年中にも実装計画にあることが、公式発表されたロードマップによりわかった。テストネットワークは2018年内にも実装予定だという。
百度 仮想通貨規制

中国最大の検索エンジンBaidu(百度)がテンセントとアリババに続き、仮想通貨規...

日本でも有名な中国最大の検索エンジンBaidu(百度)が、仮想通貨規制の動きを見せている。 Baidu Tieba(百度贴吧)は、掲示板のようなサービスでユーザーがキーワードごとにスレッドをもつことが出来るもので、今回はそちらのサービスで規制を入れている模様。
シンガポール ブロックチェーン技術導入の業務提携

シンガポールでブロックチェーンを活用した資産取引の仕組みを検討

シンガポール金融管理局が、ブロックチェーン技術を取り入れるために4社と業務提携を発表しました。証券や資産を移したりすることを効率的に行うことを考えており、今後、シンガポール含め海外動向は注視していかなければなりません。
北朝鮮がブロックチェーン技術と仮想通貨の国際会議を10月に開催か?成るか信頼回復

北朝鮮がブロックチェーン技術と仮想通貨の国際会議を10月に開催か?成るか信頼回復...

北朝鮮がブロックチェーン技術・仮想通貨に対する国際会議開催を予定していると海外メディアで報じられた。10月1~2日の2日間で、場所は平壌(ピョンヤン)を予定しているとのこと。果たして国際会議は開催されるのか、今後の動向が注目される。
Google Playに偽イーサリアムを購入させるアプリが発見、増える詐欺の実態

Google Playに偽イーサリアムを購入させるアプリが発見、増える詐欺の実態...

GooglePlayで悪質な仮想通貨アプリが発見された。アプリをダウンロードするとイーサリアム(ETH)を付与するというもの。当然このようなアプリは全くのデタラメであり、このアプリの開発者は38万8千ドル(約4,300万円)を盗んでいた。
仮想通貨が使えるコラボレーションプラットフォームの現状

仮想通貨が使えるコラボレーションプラットフォームの現状

海外メディアで紹介されていたイーサリアムアプリケーション40選という記事の中から、仕事に関するプラットフォームをピックアップ。今、どのようなプラットフォームがトレンドとなっているのか?最近の動向とともに紹介。
英プレミアサッカーリーグの7クラブ、eToroとビットコイン決済のスポンサー契約結ぶ

英プレミアサッカーリーグの7クラブ、eToroとビットコイン決済のスポンサー契約...

英国のプレミアサッカーリーグの7チームと投資プラットフォームを提供するeToroがスポンサー契約を結び、契約金支払いとしてビットコイン(BTC)を使用する。この取り組みがサッカー業界、そして多くの人への仮想通貨普及に繋がることに期待する。
Bitmainの資金調達を巡る錯交。テンセント、ソフトバンクもプレIPOラウンド投資をしていないと否定

Bitmainの資金調達を巡る錯交。テンセント、ソフトバンクもプレIPOラウンド...

約2ヶ月前、BitmainのプレIPOラウンドにDST Global、ソフトバンク、テンセントが投資を行ったと報じられたが、実際は投資が行われていないという。この一連の流れ、錯交する情報など、現在わかっていることをまとめて解説。
バイナンス(Binance)は価格安定と上昇に期待「トークンをバーン(焼却)する」とは?

バイナンス(Binance)は価格安定と上昇に期待「トークンをバーン(焼却)する...

2018年7月、バイナンス(Binance)は計画通りトークンのバーンを実施した。この「バーン(burn/焼却する)」とは、どういったことなのか?バーンを行うことによるメリットや、期待されることなどを紹介。
仮想通貨の時価総額100位以内で“Working Product”を持つプロジェクト36種を公開!

仮想通貨の時価総額100位以内で“Working Product”を持つプロジェ...

仮想通貨時価総額の100位内のうち、実際に「Working Product」を持っているプロジェクトがInvest In Blockchainの調査でわかった。該当は36種のプロジェクトであり、あくまで参考だが、その36種の詳細を解説。
仮想通貨取引所Binance社員の90%がバイナンスコイン(BNB)で給与を受け取る

仮想通貨取引所Binance社員の90%がバイナンスコイン(BNB)で給与を受け...

大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)社員の90%が、給料をバイナンスコイン(BNB)で受け取っていると、趙昌鵬CEOがマイケル・アーリントン氏に語ったという。日本での仮想通貨給与支払いの動きもまとめてみた。
中国警察、96億円相当の仮想通貨を窃盗したハッカーの身柄拘束

中国警察、96億円相当の仮想通貨を窃盗したハッカーの身柄拘束

中国にて、日本円にして約96億円相当の仮想通貨がハッキングされたという事件が発生、3人のハッカーが拘束された。過去にも何度かハッキング被害は発生していたが、今回は前例にない過去最大の仮想通貨盗難事件として逮捕後も捜査は続いている。
インド政府、メトロや航空券などの公共機関で暗号トークンの利用を検討

インド政府、メトロや航空券などの公共機関で暗号トークンの利用を検討

現在、銀行での仮想通貨の取扱いが禁止されているインドにて、電車のメトロカードや航空券のマイレージプログラムなどの公共機関で暗号トークンの利用を検討する動きが、政府の委員会で話し合いがされているとインド国内メディアが報じた。
ビットコインETF否決にも関わらず、ウィンクルボス兄弟は引き続き前進

ビットコインETF否決にも関わらず、ウィンクルボス兄弟は引き続き前進

ビットコインETFの申請が、米SECにより否決された仮想通貨取引所Geminiのウィンクルボス兄弟。市場に悪影響を及ぼしたと考えられたが、それにも関わらず兄弟は引き続き前向きに仮想通貨事業に取り組んでいる。
金融ソフト大手Intuitが携帯電話でビットコイン決済処理可能なシステムの特許取得

金融ソフト大手Intuitが携帯電話でビットコイン決済処理可能なシステムの特許取...

財務会計ソフトウェア企業のIntuitが携帯電話のテキストメッセージを通じてびっtコイン決済処理ができるシステムの特許を取得したと発表された。どのような決済サービスなのか?仕組みやサービスの詳細を紹介。
仮想通貨取引所の次の行き先は「法定通貨建てアルトコイン取引」の拡大か

仮想通貨取引所の次の行き先は「法定通貨建てアルトコイン取引」の拡大か

新たな仮想通貨取引所のトレンドとも言われている、法定通貨建てのアルトコイン取引について、現在どれほど拡大が進んでいるのか?本稿では、その現状や抱えるインパクトについて、五月雨まくら氏が解説を行った。
仮想通貨に対する2017年のハッキング被害、前年比369%の増加

仮想通貨に対する2017年ハッキング被害、前年比369%の増加率

仮想通貨ハッキング被害は多く発生し、ニュースでも多く報じられるようになった。サイバーセキュリティ会社Group-IBが研究、発表したデータによると、2017年のハッキング被害は前年の369%に及ぶということがわかった。
エストニアが計画中の仮想通貨「エストコイン(estcoin)」プロジェクトの今後

エストニアが計画した仮想通貨「エストコイン(estcoin)」プロジェクトの今後...

エストコイン(estcoin)は、エストニアが開発計画を発表していた仮想通貨である。しかし様々な事情から計画を縮小、法定仮想通貨にはなり得ないという。どんな理由があったのか?また今後のプロジェクトの行方とは?
ビットコイン決済の利用額は減少傾向、市場調査で分かった実態

ビットコイン(BTC)決済の小口商取引額は減少傾向、市場調査で分かった実態

調査会社Chainalysisによると、ビットコイン決済による利用額が2017年9月のピーク時から減少傾向にあることが判明。この調査は仮想通貨決済業17社を対象としている。利用法も少額より高額決済で利用されることが多いという。
「ビットコイン(BTC)は合法的な支払い手段となるだろう」とブラジル大統領候補が展望を語る

「ビットコイン(BTC)は合法的な決済手段へ」ブラジル大統領候補が展望を語る

ブラジルの大統領候補である新党のアモエド氏がビットコイン(BTC)に対する展望を海外メディアのインタビューで語った。BTCはいずれ合法的な決済手段になる、顧客にとってデメリットにはならないとコメント。この発言をした理由とは?
仮想通貨ATMの需要高まる、ここまで支持される理由とは?

仮想通貨ATMの需要が高まる、ここまで支持される理由とは?

ビットコイン(BTC)などを取り扱う仮想通貨ATMが世界中で人気があり、現在拡大中であることがわかった。2013年に1台目が設置され2018年には5000台以上のATMが設置されている。需要の高まり、仮想通貨ATMが支持される理由とは?
ステーブルコインはBTCの救世主となれるのか?~モバイル決済での覇権をかけてゴールドマンと IBMの頂上対決も?

ステーブルコインはBTCの救世主となれるのか?~モバイル決済での覇権をかけてゴー...

ステーブルコインは、著名投資家達による巨額投資が話題となり、仮想通貨の救世主となる可能性を秘めているのではと注目されている。本稿では、ステーブルコインが従来の決済手段にとって代わる存在となることを想定し、界隈の動向を紹介しつつ展望をちょっと大胆にまとめてみた。
ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICEがデジタルアセットのプラットフォームとしてBakktの立ち上げを発表

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社ICEがデジタルアセットのプラットフォ...

新しく、デジタルアセットのプラットフォームを運営するBakkt社の設立が発表された。これはニューヨークの証券取引所(NYSE)の親会社であるICEが立ち上げた会社で、仮想通貨の売買や決済などを取り組む。米国全体の現状も考察する。
期待のライトニングネットワーク(Lightning Network)は時期尚早?支払い実験をやってみた

期待のライトニングネットワークは時期尚早?支払い実験をやってみた!

実用化が期待されているライトニングネットワークを使った支払い実験を、くりぷと氏が暗号通貨の聖地、赤坂のサンタルヌー(バー)やってみた感想、仕組みなどの体験談を含めて紹介!まだ決済手段には早いのか?などを解説します。
スタバでの支払いは「ビットコインで」と言える日が近づく、NY証券取引所の親会社が決済市場Bakktを設立

スタバの支払いは「ビットコインで」と言える日が近づく?NY証券取引所の親会社が決...

ニューヨーク証券取引所の親会社であるICEが新たな会社Bakktを設立したと発表した。決済関連プラットフォームを提供する予定だという。スターバックスとも協業しており、スタバで「支払いはビットコイン」と言える日が近づいたということだろうか?
DMM Bitcoin 田口仁

ビットコイン・仮想通貨相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DM...

「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。
LINEで気軽に相談!「マンツー仮想通貨」使ってみました!

LINEで気軽に相談!「マンツー仮想通貨」使ってみました!

LINEで気軽に仮想通貨に関する質問ができるサービスが登場しました! その名も「マンツー仮想通貨」です! コインチョイス編集部では実際にサービスを体験。利用料金はかかるの? 返信速度は? など気になる点を本記事で紹介。
フィリピンの経済特区で高まる仮想通貨ライセンス需要 - 17企業がライセンス料を支払い済

フィリピンの経済特区で高まる仮想通貨ライセンス需要、17企業がライセンス料を支払...

フィリピンの経済特区(CEZA)で、仮想通貨ライセンスの取得に向け、企業の認証への動きが盛んとなっている。現状既に17企業がライセンス費用を支払い済、19以上の企業がライセンス取得を計画しているとのこと。
仮想通貨市場に一部の機関投資家が参入、店頭FX企業のeToro(イートロ)CEOが指摘

仮想通貨市場に一部の機関投資家が参入、店頭FX企業のeToro(イートロ)CEO...

eToroのCEOであるヨニ・アッシア(Yoni Assia)CEOが海外メディアのインタビューの中で仮想通貨市場に一部の機関投資家が参入していると言及。これの裏付けなのかここ数ヶ月は関連する動きが多々見られている。インタビュー内容を紹介。
韓国で仮想通貨専門の研究センターが設立、産業本格化へ向けた1つのステップか

韓国で仮想通貨の専門研究センターが設立、産業本格化へ向けた1つのステップか

韓国の国内において仮想通貨を専門とする研究センターが立ち上げられたと地元メディア(ビジネスコリア)が報じた。仮想通貨の市場を拡大することは勿論、ICO詐欺といった事件などから投資家を守る目的で設立された。どのような体制なのかを紹介。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice