• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

世界の政府や年金基金は、暗号通貨・ブロックチェーンにどのような投資をしているか?

世界の政府や年金基金は、暗号通貨・ブロックチェーンにどのような投資をしているか?...

世界の政府、年金基金、行政ファンドなどが暗号通貨・ブロックチェーン関連企業に投資をしている事例が増えてきました。本コラムではどのような企業が、どのくらいの規模の投資をしたのかの詳細を紹介し、ブロックチェーンの規模感について考察を行いました。
仮想通貨のバーン(Burn)とは?わかりやすく解説します!

仮想通貨のバーン(Burn)とは?わかりやすく解説します!

一度は耳にしたことがある人も多い仮想通貨のバーン(Burn)。そもそもバーンの仕組みとは?なぜ行われるのか?、そしてプルーフ・オブ・バーン(Proof of Burn)とは?など、実際に行われた例など交えて解説します。
今、なぜトークン設計を分析して、投資判断をするべきなのか?

今、なぜトークン設計を分析して、投資判断をするべきなのか?

Chris Burniske(クリス・バーニスク)の「今こそ(優れた良い設計の)トークンに投資をすべきである」という主張や今後のビシネスにおける予測に対して、筆者が感じること、クリプト市場にとって非常に重要なテーマについて考察を行いました。
仮想通貨の価格予測・格付アプリ「BuySellHODL」が人気、ゲームには賞金も

仮想通貨の価格予測・格付アプリ「BuySellHODL」が人気、ゲームには賞金も...

仮想通貨市場データアプリのBuySellHODLが、ビギナーから経験豊富なトレーダーの間で人気なっているそうです。無料で公開しているニュースや仮想通貨の格付けや価格目標の情報、報酬のあるゲームなどその機能を紹介します。
海外の優良な暗号通貨・ブロックチェーンのメディアやポッドキャスト10選

海外の優良な暗号通貨・ブロックチェーンのメディアやポッドキャスト10選

暗号通貨・ブロックチェーンの知識を高めたいと思っている方の情報収集の1つとして、専門メディアで知識を吸収することが挙げられます。本コラムでは、海外の優良な暗号通貨・ブロックチェーンのメディアやポッドキャストを10個ピックアップしました。
明らかになりつつある日本の仮想通貨投資家・購入者の実態

明らかになりつつある日本の仮想通貨投資家・購入者の実態

仮想通貨の投資家や購入者の実態を表したレポートが株式会社博報堂によるプロジェクトチームにより公開されました。また、JVCEAからは仮想通貨取引データが公開。これらのレポートを見て読み取れることや今後の考察に役立つ点について紹介しています。
仮想通貨保有者の60%「ビットコイン(BTC)の送金に不安」

仮想通貨保有者の60%「ビットコイン(BTC)の送金に不安」

Foundation for Interwallet Operabilityがこのほど、仮想通貨の保有者の動向を調査しし、約60%のユーザーが仮想通貨の送金に関して何かしらの不安を抱いていることが明らかになった。調査の内容を紹介する。
NEM Ventures(ネムベンチャーズ)は暗号通貨の普及のためVimbaへ投資

NEM Ventures(ネムベンチャーズ)は暗号通貨の普及のためVimbaへ投...

投資を目的としたNEM Ventures(ネムベンチャーズ)は、暗号通貨の初心者の為のサービスを提供しているVimbaへ投資したことを発表した。Vimbaのサービス概要や今後の暗号通貨の普及の為Vimbaが行うことの可能性について考察します。
もう1つの米中戦争の行方は?中銀発行の準もう1つの米中戦争の行方は?中銀発行の準備通貨をめぐる覇権争い備通貨をめぐる覇権争い

もう1つの米中戦争の行方は?中銀発行の準備通貨をめぐる覇権争い

Galaxy Digital Capitalのマイケル・ノボグラッツ氏が、中国が米国に対抗して人民元と等価交換できる中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を急いでいるとツイート。それに対する批判と成長する中国の状況を紹介。
見えてきた法定通貨からデジタル通貨への決済移行の時代到来

見えてきた法定通貨からデジタル通貨への決済移行の時代到来

現金決済からデジタル決済が着実に進み、5~15年後には現在の決済方法が完全に時代遅れになるとの予想が発表されました。現在のヨーロッパや中国の状況などを踏まえたAccess to Cashのレポートを紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】フィデリティの機関投資家向けFDASのサービス開始。イーサリアムの取...

機関投資家向けの仮想通貨取引とカストディを提供するフィデリティのFDASは現在ビットコインをサポートしているが、今後イーサリアムをサポートを予定しているものの、簡単ではないとしている。その理由を紹介。
スイス証券取引所(SIX)が2019年下半期に証券トークン取引システムSDX開始

スイス証券取引所(SIX)が2019年下半期に証券トークン取引システムSDX開始...

スイス証券取引所(SIX)が2019年下半期に、デジタル資産を取引することができるSIXデジタル取引プラットフォームSDXのサービスの開始を予定。計画中のセキュリティトークンオファリング(STO)とあわせて紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】BlockFi ビットコインとイーサリアムの高金利をオファー 市場に...

2019年初めにベータローンチした仮想通貨のレンディングサービスを提供するスタートアップ「BlockFi」がBlockFi Interest Account(BIA)を実装。仮想通貨で金利を毎月受け取ることができるサービスを紹介する。
Lightning Network利用のマイクロペイメントを活用するアプリケーション10選

Lightning Network利用のマイクロペイメントを活用するアプリケーシ...

ライトニングネットワーク(Lightning Network)を利用してマイクロペイメントを活用するアプリケーション(Lapps)を10個紹介します。ライトニングネットワークは今後期待されている技術、今のうちに少し触れておくのがおすすめ。
イーサリアム(Etheruem)の共同創業者Vitalikが考えるマイクロペイメントの将来性とは

イーサリアム(Etheruem)の共同創業者Vitalikが考えるマイクロペイメ...

イーサリアム(Etheruem)共同創業者のVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)がTwitterで言及したマイクロペイメントの重要性について、本コラムではマイクロペイメントで実現される未来について考察を行いました。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】テザー(USDT)がトロンネットワーク(TRX)上にローンチを発表。...

テザーを発行しているTether Limitedはトロンネットワーク(TRX)上で新たにTetherを発行すると発表。テザーの背景から同社CEOが説明したトロンネットワークを使用する理由まで今回の発表について紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ビットコイン取引所”LGO Markets”がローンチ。特殊なハイブ...

新たな機関投資家向けビットコイン(BTC)取引所”LGO Markets”が3月4日プレローンチし、口座開設などの一部の機能を先行提供開始した。カストディを行うハイブリッドDEXだというLGO Marketsを紹介。
米大手スーパーマーケットチェーンで仮想通貨決済を検討か?ビザの利用停止で

米大手スーパーマーケットチェーンで仮想通貨決済を検討か?ビザの利用停止で

アメリカの大手スーパーマーケットチェーンのクローガーが3月1日、同社が運営する一部の店舗でクレジットカードのビザの利用停止を発表。仮想通貨業界からライトニングネットワークの使用が提案され、実現の可能性がでてきている。
タイがモバイルバンキングなど仮想通貨利用で世界上位に躍り出た実情

タイがモバイルバンキングなど仮想通貨利用で世界上位に躍り出た実情

2018年に実施された最新の調査でタイがモバイルバンキングの利用者率で世界トップであることが分かりました。またインターネットの利用者の9.9%が仮想通貨を保有しており、南アフリカ次ぐ、世界第2位であることが明らになった。
仮想通貨詐欺で起業家を起訴、集めた6億円でアート作品など購入

仮想通貨詐欺で起業家を起訴、集めた6億円でアート作品など購入

詐欺的な仮想通貨を作りだし、投資家らを騙して販売を行ったとして、仮想通貨の決済サービス会社であるマイ・ビッグ・コイン・ペイ(My Big Coin Pay)の創業者と運営者が起訴された。背景を紹介する。
イーサリアム(Ethereum)が2019年1月に実装する「コンスタンティノープル」の意義とは?

イーサリアム(Ethreum)のConstantinople(コンスタンティノー...

イーサリアムのハードフォーク計画「コンスタンティノープル」が目前に迫ってきています。各社の対応状況をまとめられる範囲で、表にしてみました。お取引している方はご注意ください。
全ETHの約2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託、これってどんな仕組み?

全ETHの約2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託、...

全供給量ETHの2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託。この数字は大きいと考えられています。本コラムでは影響力が大きくなってきて無視できない存在になりつつあるMakerDAOについて解説します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】Bitfinexの12万BTCハッカーの利益とみられるビットコインが...

2016年8月、Bitfinex(ビットフィネックス)は不正アクセスにより約12万枚のBTCをハッカーに盗まれたという過去を持つ。2月25日のBitfinexの発表によると、盗まれたBTCが米政府により返却されるという。このビットコインの行方とは!?
仮想通貨の取引と利用が増加するケニア、政府の注意喚起にもかかわらず

仮想通貨の取引と利用が増加するケニア、政府の注意喚起にもかかわらず

政府と中央銀行による仮想通貨の投資に対する注意喚起が行われているケニアで、ここ最近ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨の取引と利用が増加傾向にある。2月の取引量や同国内での使用例をあわせて紹介する。
2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【後編】

2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【後編】...

2018年に起きた暗号通貨・ブロックチェーン企業のM&A。2017年と比較して約2倍に増えたM&Aですが、その中でも目立っていた買収や過去の買収案件を振り返ってみて気づくこと、それに対する考察などを行いました。
2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【前編】

2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【前編】...

2018年は多くの暗号通貨・ブロックチェーンのスタートアップが誕生しました。M&A(合併や買収)も多く起きており、2017年と比較すると2018年は約2倍。本コラムでは2018年におけるブロックチェーン企業の目立った買収を紹介します。
リトアニア:仮想通貨を「バーチャル資産」と定義、同国で活発化する国家ブロックチェーンプロジェクト

リトアニア:仮想通貨を「バーチャル資産」と定義、同国で活発化する国家ブロックチェ...

リトアニアではこれまで仮想通貨を「バーチャル通貨」としていたが、この度「バーチャル資産」と定義されることがわかった。活発化する国家ブロックチェーンプロジェクト「LBChain」やコレクション用の「LBCoin」などについても紹介する。
ビットコイン(BTC)など大学で違法にマイニング、22歳の男を逮捕

ビットコイン(BTC)など大学で違法にマイニング、22歳の男を逮捕

韓国の大学で許可を得ず数十台のパソコンを使い仮想通貨のマイニングを行ったとして22歳の男が逮捕された。男は2018年に退学したにもかかわらず、大学でビットコイン(BTC)などの仮想通貨をマイニングしていたとされている。
仮想通貨を支持するミレニアル世代、43%が証券より信頼できる

仮想通貨を支持するミレニアル世代、43%が証券より信頼できる

アメリカ在住のミレニアル世代の43%が株式よりビットコインをはじめとする仮想通貨を信頼していることが分かった。イートロ社の調査によって明らかになったレポートの内容と、若者が仮想通貨に興味を示す背景の考察などを紹介する。
ビットコイン(BTC)をツイッターで送金、ライトニングネットワークを使用したプロジェクト

ビットコイン(BTC)をツイッターで送金、ライトニングネットワークを使用したプロ...

Tippin(ティッピン)がライトニングネットワーク(Lightning Network)を使用してツイッター上でビットコイン(BTC)を送金できるようになるグーグルクロームの拡張機能をリリースした。機能の詳細を説明する。
ICEの決算発表会で説明されたバックト(Bakkt)について知っておくべきこと

ICEの決算発表会で説明されたバックト(Bakkt)について知っておくべきこと

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が2018Q4の決算説明会を行い、バックト(Bakkt)についての言及がありました。説明会で話された重要な点を振り返り、解説します。
仮想通貨の冬の時代(クリプトウィンター)、今回はこれまでと何が決定的に違うのか?

仮想通貨の冬の時代(クリプトウィンター)、今回はこれまでと何が決定的に違うのか?...

クリプトウィンターと呼ばれる長らく続くビットコイン(BTC)の下落相場は、これまでのそれと何が決定的に違うのか?仮想通貨が置かれていた過去の状況と、現在の金融当局や機関投資家の動きを踏まえて解説します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米SEC ビットコインETF再申請を公式に発表。米政府新予算案で追い...

VanEck SolidXビットコインETFは以前に申請取り下げ。米政府一部再開によってCboeは再度ビットコインETFの上場申請1月30日に行い、2月13日付で公式にSECに記載された。ビットコインETFと米政府閉鎖の関係(影響)等を解説。
私の仮想通貨は安全?51%攻撃など様々な攻撃の概要と資産を守る対策

私の仮想通貨は安全?51%攻撃など様々な攻撃の概要と資産を守る対策

仮想通貨保有者は必ず理解しておきたいセキュリティー問題。自分の資産を脅かす悪意のある攻撃から身を守るため、正しい知識を得ることが肝心。本稿では、代表的な攻撃手法の51%攻撃、DDoS攻撃、リプレイアタックについて、わかりやすく解説します。
「ほとんどの仮想通貨の価値はゼロに」投資企業のCEOが発言、ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドに

「ほとんどの仮想通貨の価値はゼロに」投資企業のCEOが発言、ビットコイン(BTC...

仮想通貨の投資などを行うデジタル・カレンシー・グループのCEOがほとんどの仮想通貨は最終的に無価値になると明言。一方でビットコイン(BTC)は金に取って代わる存在になるとの考えを明らかにした。発言内容を紹介する。
世界の13%「仮想通貨で買い物したことがある」、決済受け入れ店舗も急増

世界の13%「仮想通貨で買い物したことがある」、決済受け入れ店舗も急増

世界22カ国の消費者を調査した結果、13%の人々がオンラインショッピングにビットコイン(BTC)などの仮想通貨を使用した経験があることが分かった。また、過去5年で増加する仮想通貨決済ができる店舗の状況などを紹介。
160億円分の仮想通貨喪失の取引所、4,000万円以上をアクセスできないウォレットに送金

160億円分の仮想通貨喪失の取引所、4,000万円以上のBTCをアクセスできない...

160億円分の仮想通貨を喪失したとされるカナダの取引所が約4,300万円相当のビットコイン(BTC)を現在アクセスのできない同社のコールドウォレットに誤って送金していたことが分かった。詳細を紹介する。
2019年に仮想通貨の採用が進む4つの産業予測

2019年に仮想通貨の採用が進む4つの産業予測

仮想通貨の採用や広がりを望む支持者たちは、そのテクノロジーが未だ発展段階にあり、今後健全な発展を遂げることを期待しています。今回は2019年に仮想通貨の採用が進む可能性の高い4つの産業について解説します。
よく聞く「トークン」って何?「仮想通貨」との違いを正しく理解しよう!

よく聞く「トークン」って何?「仮想通貨」との違いを正しく理解しよう!

仮想通貨を勉強し始めると必ず出てくる「トークン」という言葉。仮想通貨と意味は同じと捉えている人も多いですが厳密には異なります。「仮想通貨とトークンの違いは?」と聞かれてぱっと答えられるように本コラムを参考にしてみてください。
仮想通貨は2019年末までに回復?ファンドストラット社が予想レポートを発表

仮想通貨は2019年末までに回復?ファンドストラット社が予想レポートを発表

トム・リー(Tom Lee)氏が2月8日、ファンドストラット(Fundstrat)社の2019年仮想通貨市場の予想レポートを自身のツイッターに投稿した。同レポートが指摘する2019年末までに市場が回復するとの予想と理由を紹介する。
イランがステーブルコインを発行する目論見、国際金融と暗号通貨の動向を読み解く

イランがステーブルコインを発行する目論見、国際金融と暗号通貨の動向を読み解く

経済制裁を受けるイランは、国際銀行間通信協会(SWIFT)ネットワークも使用できず、国際金融から隔離され、法定通貨ペッグのステーブルコイン発行が噂されています。そんな状況をふまえ、国際金融と暗号通貨の動向を読み解きます。
暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認識すべき事実

暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認...

暗号通貨(仮想通貨)の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場という事実について、個人投資家が認識するべきこと、またOTC取引やOTC業者の動きを紹介。2019年以降さらにこの割合が増えるだろうという点について、その理由などを解説します。
ビットコインETFは最終的に認可される、米証券取引委員会(SEC)のコミッショナーが示唆

ビットコインETFは最終的に認可される、米証券取引委員会(SEC)のコミッショナ...

米証券取引委員会(SEC)のコミッショナーであるロバート・J・ジャクソン氏が、最終的にビットコインETFが承認されることを示唆した。米メディアのロールコールとのインタビューで明らかになった内容を紹介する。
ビットコイン(BTC)で株式を購入、仮想通貨投資アプリのAbraが初のサービス提供へ

ビットコイン(BTC)で株式を購入、仮想通貨投資アプリのAbraが初のサービス提...

仮想通貨投資アプリを提供しているアブラ(Abra)社が2月6日、株式や上場投資信託(ETF)の売買契約を担保・保証するのにビットコイン(BTC)を使えるサービスを開始することを発表。業界の反応と合わせて紹介する。
VCファンドをブロックチェーン上でトークン化するマーケットプレイス「VNX EXCHANGE」

VCファンドをブロックチェーン上でトークン化するマーケットプレイス「VNX EX...

VC(ベンチャーキャピタル)ファンドのプロジェクトの一つに「VNX EXCHANGE」があります。VCファンドの基本構造から現在の課題点を紹介し、VNX EXCHANGEによるVCファンドのトークン化が何をもたらすかなどを考察します。
エニグマ(Enigma)と協力するオーシャンプロトコル(Ocean Protocol)のネットワーク立ち上げまでカウントダウン

エニグマ(Enigma)と協力するオーシャンプロトコル(Ocean Protoc...

エニグマ(Enigma)のパートナー企業であるオーシャンプロトコル(Ocean Protocol)が2月5日、ネットワークの立ち上げ予定を発表。発表の内容とオーシャンプロトコルが掲げるゴールなどを紹介する。
急速に仮想通貨の夢を実現するシカゴ、大戦場として進化

急速に仮想通貨の夢を実現するシカゴ、大戦場として進化

アメリカのシカゴは今、仮想通貨の支持者が多く集まり業界のハブとして進化しようとしています。大手取引所もシカゴでの事業を拡大し、仮想通貨ATMも次々と設置されています。そんなシカゴの状況をお伝えします。
個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」とは?

個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」と...

国内ではVALUやTimeBankといった「個人」をアセットする個人トークン発行系プロジェクトが多く見られます。国外にもこういった事例があるので、本稿ではそのうちの1つ「Convergent」の概要や使われ方などを紹介。
仮想通貨へ投資した約2億円の返還求め訴訟、未登録のトークンめぐり

仮想通貨へ投資した約2億円の返還求め訴訟、未登録のトークンめぐり

カリフォルニア州在住の男性が、自身が行った仮想通貨への投資が騙されたものだったとして、ニューヨークの投資会社を相手取り、投資した2億円の返還を求める訴訟を提起していたことが分かった。訴訟の内容を紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ZcashはSaplingで密かにZEC偽造できる脆弱性を修正してい...

完全匿名送金が可能なZcashが、2018年10月28日に行われた大型アップデートのSapling時にZECを偽造できる脆弱性を修正したことを発表した。2018年3月1日の脆弱性が発見から、現在までの流れも紹介する。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@