仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

Byteball(GBYTE)直近の開発実装まとめ|チャットで暗号通貨が送れるTextcoinやKYCプログラム

Byteball(GBYTE)直近の開発実装まとめ|チャットで暗号通貨が送れるT...

Byteball(GBYTE)直近の開発実装まとめコラムです。チャットで暗号通貨が送れるようになる「Textcoin」やByteballでKYCプログラムが実施されるなど様々な開発が進んですでに実装されています。今回はその詳細を平野氏に解説していただきました。
韓国の旅行サイト_12種類の暗号通貨の導入スタート

韓国大手旅行サイトのホテル予約にビットコイン、イーサリアム、リップルなど12種類...

5万以上の宿泊施設の予約可能な韓国の大手旅行サイトが、韓国最大の仮想通貨取引所である「Bithumb」と提携し、予約や支払いに12種類の仮想通貨決済を導入するとの情報があった。いつ頃サービスがスタートされるのか、詳細は記事をご覧ください。
ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー):ビットコイン/アルトコイン送付手数料を変更...

bitFlyer(ビットフライヤー)が、ビットコインのトランザクション減少により送付手数料の変更を行った。ビットコインネットワークの混雑から、2017年12月24日以降ビットコイン送付手数料を引き上げを実施していたが、それを解除した形となる。
台湾の航空会社が航空券の支払いに仮想通貨の受け入れを開始

台湾の航空会社が航空券の支払いに仮想通貨(ビットコイン/BTC)の導入をスタート...

台湾の航空会社(ファーイースタン航空)が、航空券の支払いにビットコイン(BTC)を利用することができるようになると事ので、航空券販売の準備が完了しているようだ。ファーイースタン航空は仮想通貨による支払いを導入する台湾初の航空会社となる。
ロシア天然資源・環境省大臣「グリーンエネルギー」を使ったマイニングを提言

ロシア天然資源・環境省大臣「グリーンエネルギー」を使ったマイニングを提言

ロシア天然資源・環境省大臣のセルゲイ・ドンスコイ大臣がロシアの大手通信車RTのインタビューでビットコインマイニングにグリーンエネルギーを使用することが望ましいと話した。それはどうしてか?詳細は記事をご覧ください。日本が大好きなロシアンOLちゃんの翻訳です。
暗号通貨において匿名性が重要な理由とは?DASH(ダッシュ)のマスターノードオーナーにインタビュー

暗号通貨において匿名性が重要な理由とは?DASH(ダッシュ)のマスターノードオー...

匿名性の高い暗号通貨の一つであるDASH(ダッシュ)のマスターノードオーナーで「DashJapan.com」を運営しているとみ三(Samurai33)氏に、くりぷと氏が独占取材。暗号通貨における匿名性の重要性についてのインタビュー内容を紹介。
コインチェック記者会見!来週中にも補償金460億円の返金スタートか?

NEM流出のコインチェック記者会見:来週中にも補償金460億円の返金スタートか?...

本日、金融庁から二度目の業務改善命令を受けたコインチェック社が3月8日午後4時に都内にて緊急記者会見を行った。今後の対応策は一体どういったものなのか?記者会見の様子を紹介します。
仮想通貨業者業務改善命令

GMOコイン・Zaif(ザイフ)・コインチェック業務改善命令|金融庁が仮想通貨事...

GMOコイン株式会社、テックビューロ(Zaif)、コインチェック、FSHO、ビットステーション、バイクリメンツ、ミスターエクスチェンジの7社に対して、2018年3月8日に金融庁から行政処分が発表された。1カ月の業務停止が2社、業務改善が5社となっている。
就活シーズン到来!就職に暗号通貨業界を勧める3つの理由

就活シーズン到来!就職に暗号通貨業界を勧める3つの理由

2018年も3月に入り、就活シーズンですね。就職先に暗号通貨業界を考えていおる方も多いのではないでしょうか?今回は平野氏が就職に暗号通貨業界を勧める3つの理由を紹介していただきました!ちなみにコインチョイスもスタッフ募集中でございます。
オーストラリア:1200ヵ所のストアでビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が購入可能に

オーストラリア:1200ヵ所以上のストアでビットコイン(BTC)とイーサリアム(...

オーストラリアにある1,200カ所以上のニューススタンド(キオスクのようなコンビニのようなお店)で法定通貨によるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の購入を可能にすると発表があった。最低金額50AUDから購入が可能だという。
ブロックチェーンは銀行を殺すのだろうか!?

ブロックチェーンは銀行を殺すのだろうか!?

現金融システムで管理者による様々な問題がある中、ブロックチェーンはこの先どういった対応をしていくのか?先日Bitcoinフォーラムにてブロックチェーンテクノロジー創始者の間で意見が取り交わされていたので、気になる内容をまとめました。
GMO2018年2月 仮想通貨マイニング事業月次報告

GMO 2018年2月 仮想通貨マイニング事業の月次報告

GMOは、2018年3月5日にマイニング事業の月次報告を行いました。このように明確にマイニング状況を数値で報告することは、企業への信頼やどのような状況で進めているかがわかるものだと感じることが出来るリリース内容だと思います。
Filecoin(ファイルコイン)とは?分散型ストレージネットワークの考えられる未来

Filecoin(ファイルコイン)とは?分散型ストレージネットワークとして考えら...

Filecoin(ファイルコイン)についての解説記事。Filecoin(ファイルコイン)とは一体何なのか?公開されているホワイトペーパーの概要は?そこから読み取れるFilecoin(ファイルコイン)の未来を西内氏にまとめていただきました。
ベネズエラ仮想通貨「Petro(ペトロ)」127ヵ国の投資家から30億ドルを調達と発表

ベネズエラ仮想通貨Petro(ペトロ)、投資家から30億ドルを調達。購入はドル、...

ベネズエラ政府は仮想通貨「Petro(ペトロ)」が127ヵ国から171,015件の購入があったと発表した。購入にはほとんどドルが使われたというが、18.4%はイーサリアム(ETH)、33.8%はビットコイン(BTC)で購入されたという報告もあった。
仮想通貨取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)が報酬キャンペーンを始動

仮想通貨取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)が報酬キャンペー...

仮想通貨取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)が報酬のキャンペーンを開始したそうです。キャンペーンは全部で4つ。これらの報酬は2018年4月までに配布されるようです。報酬キャンペーンの詳細はコラムをご覧ください!
ビットフライヤー(bitFlyer)

BitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング) に高機能チ...

トレーダーに人気のビットフライヤー(bitFlyer)のトレードツールに追加機能がリリースされた。「Light Chart」と呼ばれるもので、リアルタイム性、情報の豊富さ、補助機能充実などを考えて行った模様。
ビットコインVS金(ゴールド)

仮想通貨デジタルゴールド(ビットコイン) VS 金(ゴールド)の成長スピードに対...

ビットコインと金(ゴールド)の価格推移に関して比較してみました。毎年、何倍に増加していけば現在の価格に到達できるのかを計算して算出しています。ビットコインの価格は、2017年12月、2018年1月をピークに下降していますが、今後どのように推移するのでしょうか。
リベルランド独自暗号通貨発行

リベルランドが独自の暗号通貨を発行、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサ...

セルビアとクロアチアの間(南東ヨーロッパ内陸)に位置し、3年間独立のための努力を続けているリベルランド自由共和国が数ヶ月以内に独自の仮想通貨を発行する計画がある。同国は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、そしてイーサリアムによる寄付を受け入れており、50万人が同国の市民権を申請している。
仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)をCircle(サークル)社が買収

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)がCircle(サークル)社によ...

Circle(サークル)社が仮想通貨取引所のPoloniex(ポロニエックス)を買収したと発表した。買収額は4億ドルと言われている。日本国内でも利用ユーザーが多いポロニエックスのニュースは、仮想通貨業界をにぎわした模様だ。
ビットコイン市場冷え込み

ビットコインは冬の時代に突入?3つのデータから見る市場の冷え込み

ビットコイン市場が冷え込んで来ている?トランザクションの数も、2017年12月には、40万近くあったが現状では2万となっている。コインチェックのNEM流出やザイフのビットコイン0円購入など、仮想通貨自体の問題ではなく、取引所が問題を起こしているのも要因の一つではないだろうか。
トルココイン(Turkcoin)発行提案

トルココイン(Turkcoin)発行を提案、政府に対しビットコイン取引所の開設も...

トルコが「トルココイン(Turkcoin)」発行を提案、ビットコイン取引所の開設要請を政府に対して行ったことがわかった。今回の提案書は一般公開されていないため不明な点が多いが、MHP副議長はこの取り組みを開始したいと望んでいる。現時点でわかる詳細を紹介。
イーサリアムクラシックスナップショットフォーク

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)が来週スナップ...

イーサリアムクラシックがもうじきスナップショットのフォークを行う予定だということがわかりました。受け取るのは「カリスト(Callisto/CLO)」と呼ばれるコイン。今回のフォークが行われるにあたった背景を海外メディアから抜粋しました。
イーサリアム(ETH) 下落トレンドブレイク

イーサリアム(ETH) 下落トレンドをブレイク~相場チャート・テクニカル分析~

イーサリアム、ビットコインのドミナンスの関係性からのテクニカル分析を行っていきます。200日線、RSIを軸にしてイーサリアム/円、イーサリアム/ドルを見ます。インド取引所のZebpay(ゼブペイ)にイーサリアムが上場したのを機会に反発となっています。
ベネズエラ仮想通貨スクール

ベネズエラ政府が国民に対して仮想通貨スクールを開設

ペトロでICOを行ったベネズエラが、国民の仮想通貨への知見を広めるために、学校を開設するとのこと。ベネズエラ国内でも注目されてるニュースとなっており、今後、ペトロゴールドをICOすると発表もあった。
ブロックチェーン・仮想通貨企業合同説明会

日本初の仮想通貨・ブロックチェーン採用イベントに潜入

株式会社withB顧問の藤本真衣氏が主宰した仮想通貨・ブロックチェーン企業の合同説明会のイベントへ実際に行ってきたレポート記事です。ステージフロアがあり、各企業担当者が登壇し、サービス内容や求める人材に関してなどのお話しを聞くことが出来ました。また、個別相談ブースもありそちらで個別に話をすることも可能なイベントとなっていました。
北朝鮮のハッカー攻撃ってどこまで怖い?サイバーテロを徹底追跡

北朝鮮ハッカー攻撃の恐怖、サイバーテロを徹底追跡!

韓国の国家情報院NISはコインチェック流出事件が北朝鮮のサイバー攻撃組織が絡む過去の事例に似ていると調査スタート。これをきっかけにフリージャーナリストの長瀬氏が北朝鮮のハッカー攻撃やサイバーテロを徹底追跡!見解をお伝えしています。
米国ワイオミング州で新たな法案「仮想通貨税制の優遇制度」が提案される

米国ワイオミング州で「資産税から仮想通貨を免除する」法案が提案

アメリカのワイオミング州で仮想通貨税の優遇措置がとられる法案「ワイオミング上院議案111」が提案された。成立すれば、(個人,企業が)保有する仮想通貨を資産として処理にかかる税金が免除される。ワイオミングはどういった狙いでこの提案に至ったのだろうか?
闇市場で好んで取引される仮想通貨、ビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)・モネロ(Monero/XMR)も重宝

ダークウェブで人気の仮想通貨はビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)・モ...

ダークウェブで人気の仮想通貨をアメリカの未来予測会社「Recorded Future」が調査し発表され、ビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)・モネロ(Monero/XMR)が特に重宝されていることがわかった。
もしFacebookがFBトークンを採用したら?非中央集権性を持ったSNSは可能なのか

もしFacebook(フェイスブック)がFBトークンを採用したら?非中央集権性を...

海外メディアに興味深い記事がありました。FacebookがFBトークンを作ったら、どのようなモデルになるのか?という内容。詳細を平野氏が簡潔に説明、今後予測されるトークンの価値についても語っていただきました。
韓国の仮想通貨規制幹部が自宅で死亡、原因は過度のストレス?それとも…

韓国の仮想通貨規制幹部が自宅で死亡、原因は過度のストレス?それとも…

韓国政府の国務調整室・経済政策調整室長の鄭ギ駿(チョン・ギジュン)氏が2018年2月18日に亡くなった。死因は調査中。52歳という若すぎる死だった。報道メディアは原因はストレスにあるのでは?と憶測している。果たして彼に何があったのか。
米国エリート大学で大人気!続々と仮想通貨コース開設

米国エリート大学で大人気!続々と仮想通貨コース開設

米国のエリート大学で続々と仮想通貨コースが開設されている。割り当てられたわずかな席の4倍もの学生が席を確保しようとする程の人気のようだ。アメリカの他にはロシアも似たようなコースを開講中だが日本ではそういったコースはあるのだろうか?
仮想通貨で一番儲かっているビジネスは取引所でもマイニングでもなく○○だった

仮想通貨で一番儲かっているビジネスは?取引所でもマイニングでもなく○○だった

仮想通貨業界で一番儲かっているのは取引所やマイニング事業だと思うところですが、どうやら違う意見もありました。元R3のティム・スワン氏のツイートではその他の業界(サービス)があげられています。それは一体どこなのでしょうか?
仮想通貨暴落後、トレーダーの自殺を防ぐホットラインがモスクワにも設置

仮想通貨暴落後、トレーダーの自殺を防ぐホットラインがモスクワにも設置

2017年末から2018年始にかけて起こった仮想通貨暴落。このことがきっかけで自殺志願者が増えるとロシアのRTNewsは予測している。自殺を防ぐ為の自殺ホットラインが、米国ニュースサイトRedditに続き、モスクワにも設置されたという。
米国、USバンコープに6億1300万ドルの罰金!マネーロンダリング対策の怠りが要因

米国:USバンコープに6億1300万ドルの罰金!マネーロンダリング対策の怠りが要...

米銀業界第5位のUSバンク持株会社である「USバンコープ」に、資金洗浄対策の怠りがあったとして、米国政府は6億1300万ドルもの罰金を科せられた。多くの不審な取引を隠ぺいしたことが要因とされる。今後の対処は一体どのようにしていくのだろうか。
被害額200億円相当!?イタリアの仮想通貨取引所もハッキングの被害に…

被害額200億円相当!?イタリアの仮想通貨取引所もハッキングの被害に…

日本ではコインチェックのNEM盗難事件がありましたが、イタリアでも仮想通貨取引所でハッキング事件があったそうなのです。被害額はなんと200億円相当。どうして事件は起きてしまったのか、事件の詳細をビールさんに解説していただきました。
ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

2018年2月に入り起きたビットコイン(BTC)大暴落。今後も暴落は起こりうることなのか?ボリ平さんが非常に興味深い過去のビットコイン(BTC)暴落データから読み取れること、今後のビットコインの展望について解説していただきました。
株価60%上昇!ゲーム会社アタリが仮想通貨「Atari Token(アタリ・トークン)」発行計画を発表

株価60%上昇!ゲーム会社アタリがトークン「Atari Token」発行計画を発...

ゲーム会社アタリ(Atari)が「Atari Token(アタリ・トークン)」というトークン発行計画を発表。発表後に株価が約60%上昇した。80年代にアタリショックという大インパクトを与えたアタリが今度はどんなインパクトを与えるのだろうか?
zaif(ザイフ)剛力彩芽

Zaif(ザイフ)剛力彩芽採用のCM放映開始:各取引所イメージ戦略について

仮想通貨取引所のイメージキャラクターに関してまとめました。ザイフが剛力彩芽さん、ビットフライヤーが成海璃子さん、
仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新たな取り組みとは?

仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新...

台北市と仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)が提携したことが発表された。IOTAはIoTの導入を目的とされて開発された暗号通貨のこと。台北市はIOTAと提携しスマートシティを目指して今後も発展していくと情報技術局局長のLee氏は語る。
miyabi(ミヤビ)・mijin(ミジン)とは?ブロックチェーン技術利用システム開発に期待高まる

ビットフライヤー「miyabi」・Zaif「mijin」とは?ブロックチェーン技...

ブロックチェーンを採用した新たな分散処理システム「miyabi(ミヤビ)」「mijin(ミジン)」とは?。miyabiはbitFlyer、mijinはZaifが開発しました。特徴や今後の展望についてひろぴーさんに解説していただきました。
シングルシグとマルチシグの違いとは?知らないとやばい「公開鍵と秘密鍵」

シングルシグとマルチシグの違いとは?知らないとやばい「公開鍵と秘密鍵」

シングルシグとマルチシグの違いについての解説です。先日起きたコインチェック社の不正流出事件をうけて、セキュリティ状況を再確認する人も多いのではないでしょうか。今回は知らない方の為にもシングルシグとは?マルチシグとは?をわかりやすく解説しています。
コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェックが金融庁に業務改善計画を提出し、日本円出金を再開した2月13日、本社で緊急記者会見を開いた。今回の焦点は補償の日時、仮想通貨の取引&出金再開時期、今後の会社の存続&経営についてとされている。会見の内容をお伝えします。
コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)NEM不正流出事件から2週間が経ちました。現在、事件の状況(進捗)はどうなっているのでしょうか?またコインチェック社から資産は戻ってくるのでしょうか?ボリ平さんの見解を公開しています。
コインチェック被害対策弁護団

噂の真相「コインチェック被害対策弁護団」の動きに関して

賛否両論あるコインチェック被害対策弁護団の団長である北周士(キタ カネヒト)氏に今後の動きなどを伺ってきました。弁護団発足の経緯としては、弁護士である数人の知人にコインチェックに関する同様の相談があり、窓口を1本化した方が良いのでは?と感じたところです。今後、どのような動きをするのか注視していきたいと思います。

公式発表 コインチェックが日本円出金再開をリリース

コインチェックの日本円出金再開リリースとなる。公式発表があったのは、19時頃で、事前にニュースサイトにより情報が流れていた。投資家たちは安堵出来たのではないだろうか。
仮想通貨取引業者の検索回数

仮想通貨取引業者の検索回数から見る認知度調査

検索回数から取引所の認知度調査を行いました。先日事件があったコインチェックが圧倒的数値で400万回近い検索回数がありましたが、中国の取引所であるバイナンスが日本国内で認知があるということがわかりました。
仮想通貨長者ランキング発表!首位は資産8200億円のリップル創業者

仮想通貨長者ランキング発表!首位は資産8200億円のリップル(XRP)創業者

米国の有力経済誌Forbes(フォーブス)が初となる「仮想通貨長者」のランキングを発表した。1982年に初めて米国の富豪リスト「Forbes 400」を発表した実績があり、今回も同じ手法を採用したという。世界一位は一体誰なのでしょうか。
仮想通貨の不正利用対策の強化:インターポールインターポールとユーロポールが協定を結ぶ

仮想通貨の不正利用対策の強化:インターポールとユーロポールが協定を結ぶ

2018年1月29日~30日に開催された各国の金融調査官60人程を集めたワークショップにて、インターポールとユーロポールが仮想通貨の不正利用対策の強化に向けた協定を締結しました。コインチェック社の事件後こういったセキュリティ面での見直しが進められているようです。
ビットコイン(BTC)が一時68万円台に!1週間でマイナス約60%を記録

ビットコイン(BTC)が一時68万円台に。1週間で約60%の下落を記録

本日(2018年2月6日)ビットコインがついに60万円台にまで下落した。2017年12月に220万円まで上昇したビットコインはわずか2ヵ月で2017年10月ころと同じくらいの価格まで下落したということになる。
カナダの金融サービスVersabankがデジタル資産の保管サービスをローンチ

「仮想通貨資産は銀行で保管すべき」カナダのVersaBankがデジタル資産の金庫...

カナダの金融機関Versabankがデジタル資産の保管サービス「Versavault」を構築中と発表した。暗号通貨およびその他デジタル資産を保管するために設計された金庫のようなサービスである。こういったサービスは今後増えてくるのだろうか?

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

「仮想通貨」投資術書籍が全国書店にて販売開始

コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@