ビットコイン取引所の口座開設方法

ビットコインを始めるなら、まずは口座開設

思い立ったらまず取引所で口座を開設してみましょう。既に口座開設したい取引所が決まっているかたはページ一番下のリストをご覧ください。

取引所・販売所を使うのが一番簡単

ビットコインには、マイニングやゲームをやって少しもらう等入手する方法はいくつかありますが、マイニングをするには専用の機械を購入し、コンピューターの設定をし無ければなりませんし、機械を動かすのと冷房が必要なので電気代もかさみます。そして、個人でマイニングするというのはかなり難易度が高いです。 フォーセットという別の方法で少量のビットコインを手に入れる方法もありますが、2日かけて50円分のビットコインを手に入れたとしても価格が2倍になっても100円です。さらに、送金の時にかかる手数料でほとんど手元にはなにも残らないでしょう。

各取引所の取り扱い通貨の比較表

取引所名 仮想通貨 事業者 取扱通貨
BTC ETH MONA XRP その他通貨
コインチェック 申請中 BCH、XEM、他多数
ビットバンク LTC、BCH
ビットトレード LTC、BCH
QUOINE BCH
GMOコイン なし
みんなのBitcoin 申請中 BCH
ザイフ BCH、XEM、他多数
ビットフライヤー ETC、LTC、BCH
取引所名 仮想通貨 事業者 取扱通貨
BTC ETH MONA XRP その他通貨
コインチェック 申請中 BCH、XEM、他多数
ビットバンク LTC、BCH
ビットトレード LTC、BCH
QUOINE BCH
GMOコイン なし
みんなのBitcoin 申請中 BCH
ザイフ BCH、XEM、他多数
ビットフライヤー ETC、LTC、BCH
※BTC:ビットコイン、ETH:イーサリアム、ETC:イーサリアムクラシック、MONA:モナコイン、XRP:リップル、BCH:ビットコインキャッシュ、LTC:ライトコイン、XEM:ネム

取引所を選ぶ際のポイントは?

まずは仮想通貨事業者として金融庁に登録されている取引所を選ぶのがおすすめです。 また、そのほかにも現在登録申請中の取引所がたくさんあります。主な業者はこのページの一番下のリストから見れます。もともとFXを方だとチャートや機能へのこだわりがあるかもしれませんし、運営母体がFXサービスを提供している方が、個人情報保護の体制などに関しては安心感が強いかもしれません。 【FX業者系の取引所の例】 一方、初期のころからビットコインの取引所を運営しているベンチャー企業にはビットコインの取り扱いには慣れているといったメリットも考えられます。 FXと違ってビットコインには大事なビットコインが入ったウォレットの管理など、ブロックチェーンの知識も必要となります。 【ビットコイン専門の取引所の例】 もちろん、取扱い通貨や取引手数料、どこまでレバレッジをかけて取引できるのか、といった点でも各社特色があるので自分に合った取引所を選びましょう。また、各取引所のトレードアプリ、ウォレットアプリがありますが、自分の使いやすいものを選ぶ必要があります。

口座開設に必要なもの

口座を開設するにあたってはどこの取引所でも次のものが必要になります。
・パソコンかスマホ ・身分証明書
この他、未成年の場合は親御さんからの同意書が必要となります。

口座開設の主な流れ

  • 1.メールアドレスで登録
  • 2.個人情報を登録して登録を完了
    • 氏名
    • 住所
    • 電話番号など
この時点で自分の口座にビットコインを入金したり、少額ならトレードや出金ができる場合があります。 但し、取引所のサービス、特にトレードや出金周りを実行するには本人確認を完了せる必要があります。 仮想通貨に関する法律で取引所に本人確認が義務図けられているため必須です。 とはいえスマホで写真を撮って送るだけで済むので、サクッと済ませましょう!
  • 3.本人確認書類の提出
  • 4.自宅で本人確認郵便を受け取る