ブロックチェーンRPG「ブレヒロ(ブレイブ フロンティア ヒーローズ)」の始め方

編集部おすすめ

ブロックチェーンRPG「ブレヒロ(ブレイブフロンティアヒーローズ)」の始め方

ブレイブ フロンティア ヒーローズ(Brave Frontier Heroes)とは?

ブレイブ フロンティア ヒーローズ(ブレヒロ)とは、スマートフォンRPG「ブレイブ フロンティア(ブレフロ)」前身とした新作ブロックチェーンゲームです。数多くのキャラクターと迫力のある演出が魅力的で、スマホRPGの先駆けとなったブレフロのIP・クリエイティブに、ブロックチェーンの要素を融合させて、2020年1月にリリースされました。

ブレヒロトップ

システムは世界No.1ブロックチェーンゲームの「マイクリプトヒーローズ」のフレームワークを利用しており、ブロックチェーンゲーム特有のアセット交換などの仕組みも導入されています。また戦闘時にはアニメーションが付くなど、ブロックチェーンRPGゲームが進化している様も見受けられます。今作はブロックチェーンを活用してパワーアップした、新たなブレイブ フロンティアとなっています。

ブレヒロの始め方

通常のアプリゲームに比べて、ブロックチェーンゲームは始めるのに手間がかかると思われます。それはウォレットの設定に手間がかかるなど、ブロックチェーン特有の作業が入るために、これまでブロックチェーンに触れてこなかった方には難しく感じられるのでしょう。

ブレヒロは現在、ブラウザ版とスマホアプリ版の両方でプレイできます。スマホアプリ版はiOSとAndroidの両方のOSに対応しており、ウォレットが同梱されているために、他のゲームアプリと同じようにインストールしてすぐに遊べるようになっています。

ブラウザ版にはウォレットのインストールが必須になっていますので、こちらはインストール方法も合わせて解説していきます。

アプリ版ブレヒロの始め方

アプリ版にはトークンポケット社の「ブレヒロApp」と、スマートアプリ社の「GO! ブレヒロ」の2種がリリースされています。プレイにおける機能は変わりませんが、違いとしては、ブレヒロAppは攻略情報へのメニューがあり、GO! ブレヒロはゲームをしながら「GO! WALLET」でも配信されているニュースを見ることができます。初期設定も同じですので、今回はGO! ブレヒロを使用して解説していきます。

インストール後にアプリを起動すると、アプリ内ウォレットの生成確認画面となります。下のメニューには、個別のウォレットとの連携へ進むボタンもありますが、連携設定は後でも可能ですので、ここではそのままウォレット生成を行いましょう。利用規約にチェックを入れて、「ウォレットを生成する」のボタンをタッチします。

SP設定その1
次は、バックアップの設定画面になります。「同意する」をタップしてチェックを入れて、「バックアップをとる」のボタンをタッチします。すると、バックアップパスワードの設定画面になります。この時設定したパスワードがログイン時のパスワードにもなりますので、忘れないようにしておきましょう。

SP設定その2

保存が済めば、設定は完了となり、ブレヒロトップ画面になります。「ゲームをはじめる」の黄色いボタンをタッチすると、規約の確認画面に進みますので、右側にある緑色の「Sign in」ボタンをタッチしましょう。その後はユーザー名登録画面に移ります。他のユーザー名との重複登録はできませんので、登録できる名前を入力して進めば、チュートリアルになり、プレイできます。

SP設定その3

※ストアアプリが開きます

ブラウザ版ブレヒロの始め方

まずは、ブラウザ「Google Chrome」を利用して、公式ページに行きます。公式トップに入ってすぐに「ゲームをはじめる」と黄色いボタンがありますので、そちらをクリックします。

PC設定その1

メタマスク(MetaMask)などのウォレットをインストールしていない場合、下図のような表示が出てきますので、中央の「ウォレットをインストール」と書かれた枠の箇所をクリックすれば、メタマスクの公式ページに移動できます。

PC設定その2

飛んだ先のメタマスク公式ページ右上にある、青色の「Downrload」ボタンもしくは画面中央から左側の「Download Now」のボタンを押して、ダウンロードページに行きます。

PC設定その3

画面上部にはメタマスクのバージョンを選ぶ場所がありますので、そちらで「Chrome」の箇所が青くなっていることを確認してください。そして、ページを下に進めていくと「Install MetaMask for Chrome」というボタンがあるので、そちらをクリックすれば、Chromeストアに移動します。

PC設定その4

画面右上の「Chromeに追加」をクリックすると、Google Chromeの拡張機能にメタマスクが追加されます。そして、パスワード設定などメタマスクのログイン情報を入力して、メタマスクの準備は完了です。

PC設定その5

メタマスクの追加が完了したら、再度ブレヒロの公式トップへ移動し、「ゲームを始める」のボタンを押すと、メタマスクが起動します。メタマスクのログインが済んでいれば、ブレヒロへのサインイン項目が出てきます。右側緑色の「Sign in」ボタンをクリックし、進みます。すると今度は、キー署名の項目が出てきますので、また右側の「署名」ボタンをクリックしてください。

PC設定その6

以上の手順が終われば、プレイ開始です。

ブレヒロをプレイ!

SP画面
ゲームは、クエストを進めてキャラのレベルアップを行い、装備を集めていくというのが基本的な流れになります。他にも「フロンティアミッション」と呼ばれるレイドコンテンツや、対プレイヤー戦が楽しめるアリーナも随時開催されています。UIはマイクリを更に洗練させたものとなっており、ブレヒロではチュートリアルが完了すると、装備のオリジナルアセットがひとつ手に入るので、マイクリのときよりもゲームが進めやすくなっています。

キャラに関しては現在課金要素となっていますが、一日一回の「くじ」もあるので、ほぼ無課金でキャラを手に入れることも可能です。くじは0ETHと無料になっていますが、トランザクションを起こすためにごく微量のガス代(手数料)が必要となっていますので、注意してください。

また、先日ランド、ギルドというシステムが実装されました。そちらに所属すると経験値アイテム獲得クエストに挑戦できたり、ステータスアップや回復薬がもらえるキャンペーンなどの恩恵を受けることができます。

ブレイブ フロンティアのキャラクターが出てくるのには当時プレイしていたユーザーにとっては懐かしさがあり、またアプリ版ではウォレットの設定をせずにプレイできることから、ブロックチェーンの知識があまりなくても遊べるのは嬉しいところです。まだリリースされてから日が経っていないため、今後のアップデートにも期待できそうです。そして、既存のアプリゲームがブロックチェーンゲーム化された実例のひとつにもなり、今後同じような移行が出てくるのではないでしょうか。

★ブラウザ版はこちらから
★アプリ版はこちらから ※ストアアプリが開きます。

参考
Brave Frontier Heroes

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンゲームで”遊んで稼ぐ”デジタル経済圏を:gumi 國光会長の展望
テゾス(Tezos)の共同創業者が会社を設立し、カードゲームをテゾス上でリリース
ブロックチェーンゲームでの仮想通貨取引額が7日で1億円突破


前のニュースセキュリティ企業がアンドロイドを標的にしたランサムウェアの復活に対して警告
次のニュースイーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検証をしてみた
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。