法規制・政府

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

法規制・政府のニュース一覧

法規制・政府に関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
バミューダ諸島、仮想通貨産業の発展に向けた規制草案を発行

バミューダ諸島、仮想通貨産業の発展に向けた規制草案を発行

バミューダ諸島が仮想通貨の規制案に関する協議文書を発行した。バミューダの仮想通貨産業の発展を促すことが目的で、バミューダの未来に向けた必要な政策であると発表されている。バミューダ政府は仮想通貨とブロックチェーンについて大きな関心を抱いているという。
韓国の仮想通貨取引所(Bithumb・Coinoneなど)と提携中の3銀行が検査実施へ

韓国の仮想通貨取引所(Bithumb・Coinone)と提携中の銀行など3行が検...

韓国の3銀行は、金融委員会の検査を受けることが発表された。仮想通貨取引所(Bithumb・Coinone)と提携中の農協銀行も含まれており検査は4月19日から行なわれる予定。対象ではないその他銀行にも独自にチェックをするよう求めるとのこと。
ベネズエラ政府発行の仮想通貨Petro(ペトロ)使用に関する法案がついに承認へ

ベネズエラ政府発行の仮想通貨Petro(ペトロ)使用に関する法案がついに承認へ

ベネズエラ政府が発行する仮想通貨ペトロについて、国会は散々違法だと宣言してきたにも関わらず、仮想通貨使用に関する法案&石油に裏付けられた国家の新たな通貨を承認した。これらはベネズエラ大統領の強い推しもありICOも開始していたとのこと。
仮想通貨交換業者 行政処分

仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

過去の行政処分内容をまとめたものです。金融庁から行政処分を受けた日付、詳細内容(業務停止命令、業務改善命令)、処分内容、管轄(関東、東海、近畿、福岡など)を表で見やすいようにしたページとなります。
オーストラリアの仮想通貨取引所は利用者を守る為の新たなルールを義務化

オーストラリアの仮想通貨取引所、利用者を守るため新たなルールを義務化

オーストラリアの金融情報機関はオーストラリア国内の仮想通貨取引所に対し、マネーロンダリング防止対策とテロ資金調達対策に基づく新たなルールを義務化した。利用者を守る為ある一定の条項を満たさなければ運営が出来ない可能性もでてくるかもしれない。
ロシアで仮想通貨の支払いを合法化させる法案が審議中!?

ロシアにて仮想通貨での決済を合法化させる新たな法案が審議中

ロシアのモスクワで、仮想通貨での決済を合法化させる新たな法案が審議中と伝えられた。法案の中には「保有者の権利は保証され、支払い手段として浸透させる」という内容が説明されていたという。今後この法案が可決されれば5月には施行となる予定だ。
仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

世界各国の政府は日々発生するマネーロンダリングやサイバー攻撃などの問題懸念が広がる仮想通貨交換業者に厳しい監視の目を向けています。最近起きた規制に関する動きをまとめました。仮想通貨の規制は各国の重大な課題となっていることは間違いなさそうです。
金融庁バイナンスへ警告

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)に対して金融庁から警告

日本でも人気取引所のバイナンスが金融庁から警告を受けた。前日に日経が報道を行ったが、バイナンスCEOは否定するツイッターを投稿していたが、翌日である本日に警告を受けたと再度ツイートした。
ビットコインは合法か?違法か?世界情勢が一目でわかるおすすめサイト

ビットコインは合法か?違法か?世界情勢が一目でわかるおすすめサイト

先日のG20では規制に関する具体的な内容は話し合われませんでした。今回は仮想通貨規制を行う前に、各国の体制はどうなってるの?といった疑問をボリ平さんが調査。ビットコインは合法か?違法か?がひと目でわかるおすすめサイトも紹介しています。
日米両国の仮想通貨規制強化の動きはどう見るべき?仮想通貨の今後と監視強化の意味とは

日米両国の規制強化の動きはどう見ればいい?仮想通貨の今後と監視強化の意味とは

日米両国が取引所への監視を強めている。3月8日には金融庁が取引所7社に行政処分を行い世間をざわつかせた。投資家は日米の同時監視強化に警戒をしているが今後はまだ読み切れていない。今後の仮想通貨はどうなっていくのか?監視強化をする意味について考察を行った。
Facebook・Googleに次いでTwitterも仮想通貨関連の広告規制か?2週間以内に実施されると報道

Facebook・Googleに次いでTwitterも仮想通貨関連の広告規制?2...

先日Googleが広告規制に関する発表をしたばかりだが、本日(3/19)Twitterでも仮想通貨関連の広告規制に対する情報が英国メディア(Sky News)で報道された。Sky Newsによると2週間以内で新しい広告ポリシーが実施されるとのこと。
日本の暗号通貨に関する税金の問題点とは?税制変更に向けた提言と議論について

日本の暗号通貨に関する税金の問題点とは?税制変更に向けた提言と議論について

確定申告もあり税金について関心の高くなった時期、先日ビットコイナー反省会では「日本の税制と暗号通貨業界への影響を考える」という題材で議論が行われました。今回はその内容と、日本の税制はどのように変わるべきか?について平野氏に解説していただきました。
ロシア プーチン大統領仮想通貨合法化

プーチン大統領の発表:ロシアは2018年7月までに仮想通貨合法化に向け法整備を行...

3月1日のロシア連邦議会の公式発表で、ロシア大統領ウラディミール・プーチンは、仮想通貨合法化に向けて法採択の期限を7月1日にするとしたことがわかった。ロシア財務省・ロシア中央銀行は、2018年の夏頃までに、仮想通貨市場を事実上合法にする新たな法案を可決する予定だ。
仮想通貨業者業務改善命令

GMOコイン・Zaif(ザイフ)・コインチェック業務改善命令|金融庁が仮想通貨事...

GMOコイン株式会社、テックビューロ(Zaif)、コインチェック、FSHO、ビットステーション、バイクリメンツ、ミスターエクスチェンジの7社に対して、2018年3月8日に金融庁から行政処分が発表された。1カ月の業務停止が2社、業務改善が5社となっている。
ダボス会議で各国要人が仮想通貨の悪用に懸念表明

ダボス会議:2018年のテーマとは?仮想通貨の悪用に各国要人が懸念表明

2018年世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が2018年1月23日~26日に開催された。今年のテーマ(特徴)はなんだったのか?また、各国の要人が発言した仮想通貨の懸念点とは?それらをまとめてご紹介します。
韓国で仮想通貨の取引実名制を導入「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を施行

韓国で仮想通貨の取引実名制を導入「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を施行

2018年1月30日、韓国の仮想通貨の取引において「実名制アカウントシステム」を導入したことが発表された。仮想通貨の投機やマネーロンダリングなどを防止するために「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を整備した結果となる。
ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)発行を2019年以降に延期!その理由とは?

ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)発行を2019年以降に延期、そ...

ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)の発行を2019年中旬頃までに発行するとのこと。当初の予定よりずれこむ形となった。延期となった理由は何なのでしょうか。
韓国、仮想通貨取引所の「閉鎖は不可能」政府は二つの案を検討

韓国、仮想通貨取引所の「閉鎖は不可能」政府は二つの案を検討

韓国のKFTCキム・サンジョ委員長が17日、「仮想通貨取引所の閉鎖は事実上不可能」と話した。取引所の規制に関する法案づくりを進めるパク・サンギ法務長官とは意見が分かれたことで話題となっている。韓国での仮想通貨規制は今後どうなっていくのだろうか。
仮想通貨を申告分離課税に申請

7,500人以上が賛同 仮想通貨の課税を株と同じ申告分離課税へ!

cahnge.orgというサイトで、仮想通貨に対しての課税を株式投資と同じ申告分離課税にして欲しいという署名活動が行われて、すでに7500人以上の賛同を得ている。利益額にもよるが、現状では最大で約55%の税率となるので利益確定が出来ない方も2017年には多くいたのではないだろうか。
インドネシアが中国、韓国に次いで仮想通貨取引禁止の最終段階に

インドネシアが中国、韓国に次いで仮想通貨取引禁止の最終段階に

インドネシアがついに仮想通貨禁止か。インドネシアの中央銀行であるBankIndonesiaが仮想通貨の販売や購入、さらには取引を控えるよう関係者に強く求める声明を発表した。BIのアグス・マルトワルドヨ総裁の発言も注目だ。

ロシアが仮想通貨やICO規制を3月までに法制化

ロシアは仮想通貨やICOについての法案をまとめる。これは「仮想通貨やICO規制の枠組み」をはっきりとさせるもので、3月末までには国家会議で採択、施行される見込みだ。
金融庁が新たにビットオーシャンを登録業者に追加

金融庁が新たにビットオーシャンを登録業者に追加

金融庁から新たに仮想通貨取引所として登録された業者の発表が行われた。今回新しくリストに名を連ねたのはビットオーシャンの1社だ。

マレーシア中央銀行、仮想通貨取引に関する規制案を公開

マレーシアの中央銀行は仮想通貨取引に関する規制の案を発表。FATFのガイドラインに沿ったアンチ・マネーロンダリングたテロ資金対策が中心となっているようだ。
ホワイトハウス報道官:政府は暗号通貨をモニタリングしている

ホワイトハウス報道官:政府は暗号通貨をモニタリングしている

ホワイトハウス報道官サラ・サンダース氏が記者会見で仮想通貨について語ったことが明らかになりました。米国の政府は暗号通貨の規制を計画しているのか?という記者からの質問にも答えたといいます。今回はその内容を紹介します。
国税局の仮想通貨に関する所得計算方法

国税庁:仮想通貨に関する所得の計算方法発表

2017年12月1日に国税局より、個人課税課情報第4号「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」という通達が発表された。来年の確定申告に向けて必要な情報となるものなので、仮想通貨の取引などで利益が出ている方は、一度目を通して頂きたい。
ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー) NY州金融サービス局BitLicense取...

本日、仮想通貨取引所大手のビットフライヤーから子会社である「bitFlyer USA, Inc.」がニューヨーク州金融サービス局(New York Department of FinancialServices ※略称 NYDFS)の制定しているBitLicenseを取得したと発表があった。
金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁がICOに関する注意喚起をしている。詐欺の可能性や買ったトークンの価格が暴落する可能性などがあるとのことだ。
ビットコインは通貨として認めるのは難しい

韓国銀行総裁、ビットコインは通貨として認めるのは難しい

韓国の中央銀行である韓国銀行で総裁を務めるイ・ジュヨル(李柱烈)氏は、23日に行われた国政監査で「仮想通貨を通貨としてみることができるか」という質問を受けたようだ。韓国メディアによると、これに対してイ・ジュヨル総裁は「国際決済銀行の例を見ても貨幣として見るのは難しい」と述べている。
ECB総裁のドラギ氏がビットコインの規制に関して発言

ECB総裁のドラギ氏がビットコインの規制に関して発言

ECB(欧州中央銀行)の総裁であるマリオ・ドラギ氏は「仮想通貨は規制されるほどにはまだ成熟していない」と発言した。CNBCによると、先日の記者会見ではドラギ氏は以下のように記者たちに語ったとされている。
仮想通貨事業者登録と廃業、光と影

仮想通貨事業者登録と廃業、光と影

先日、仮想通貨事業者として登録された取引所が発表されました。これから本格的に金融庁の監視下で取引所の運営が行われることになります。しかし、これに伴い廃業する取引所も。
ホワイトリスト入りした暗号通貨PEPECASHとは!?

ホワイトリスト入りした暗号通貨PEPECASHとは!?

日本では2017年4月1日から「仮想通貨」に関する新しい制度が開始されました。その中で同年9月29日には金融庁から公開された仮想通貨交換業者登録一覧。日本で、ますます仮想通貨(暗号通貨)への認識が高まっているように感じます。
速報:金融庁が仮想通貨交換業者に登録された取引所を発表

速報:金融庁が仮想通貨交換業者に登録された取引所を発表

金融庁から11社が仮想通貨交換業者に登録されたことが発表された。あと17社が継続審査中だ。
中国のビットコイン規制以降、取引量にも変化が

中国のビットコイン規制以降、取引量にも変化が

中国政府がビットコインの取引所に対する規制を行うと発表してから、中国での取引量にも変化が起きました。ここ最近ビットコインの取引量第3位の座に君臨していたCNYは、現在何位になっているのでしょうか?
ビットコイン暴落!チャイナショックをチャートで検証

ビットコイン暴落!チャイナショックをチャートで検証

中国で仮想通貨が禁止される、取引所が閉鎖される、などと世間を騒がせています。ここで一旦中国政府の動きと価格の動きについて、まとめました。果たして中国政府の意図とは?
英国の警察はビットコインの差し押さえを容易にするための法改正を希望

英国の警察はビットコインの差し押さえを容易にするための法改正を希望

イギリスの警察がビットコインの差し押さえを容易にする法改正を提案。どうしてこのような案が発案されたのか、海外ニュースで得た情報を解説します。今回のニュースで今後最も注目するべき点はどのようなものなのでしょうか?
米ワシントン州が仮想通貨に対する新しい規制を施行

米ワシントン州が仮想通貨に対する新しい規制を施行

7月23日よりアメリカのワシントン州でビットコイン取引所に対する新しい規制が施行された。これにより同州で取引所ビジネスを行うにはライセンスの取得が必要となる。しかし、これを受けてPoloniexやBitfinexなどの大手取引所は同州でのサービス停止を発表した。
韓国でも法案改正か、ビットコインの法整備

韓国でも法案改正か、ビットコインの法整備

韓国でも数か月間のうちにビットコインの取引量が大幅に増加しており、同時に仮想通貨に関する法律や規制の整備に向けた動きが始まっている。韓国民主党のパク氏は仮想通貨に関する法案を提出している。
ビットコイン:中国の動きとSegWit2xの開発状況

ビットコイン:中国の動きとSegWit2xの開発状況

6月15~17の間に大きな動きがあったビットコインのスケーリング問題。中国では大手企業やマイナーがニューヨーク合意の内容に賛同するとの発表を行っている。肝心の開発の方ではα版がリリースされた。
ニューハンプシャー、ビットコインを送金業規制から除外

ニューハンプシャー、ビットコインを送金業規制から除外

ビットコインに対する法規制は世界で様々なものがある。アメリカのニューハンプシャー州では仮想通貨事業者が送金業の厳しい規制を受けていたが、新しい法律によって仮想通貨取引所がよりサービスを提供しやすい環境になりそうだ。

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@