法規制・政府

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

法規制・政府の記事一覧
法規制・政府に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ダボス会議で各国要人が仮想通貨の悪用に懸念表明

ダボス会議:2018年のテーマとは?仮想通貨の悪用に各国要人が懸念表明

2018年世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が2018年1月23日~26日に開催された。今年のテーマ(特徴)はなんだったのか?また、各国の要人が発言した仮想通貨の懸念点とは?それらをまとめてご紹介します。
韓国で仮想通貨の取引実名制を導入「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を施行

韓国で仮想通貨の取引実名制を導入「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を施行

2018年1月30日、韓国の仮想通貨の取引において「実名制アカウントシステム」を導入したことが発表された。仮想通貨の投機やマネーロンダリングなどを防止するために「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を整備した結果となる。
ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)発行を2019年以降に延期!その理由とは?

ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)発行を2019年以降に延期、そ...

ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)の発行を2019年中旬頃までに発行するとのこと。当初の予定よりずれこむ形となった。延期となった理由は何なのでしょうか。
韓国、仮想通貨取引所の「閉鎖は不可能」政府は二つの案を検討

韓国、仮想通貨取引所の「閉鎖は不可能」政府は二つの案を検討

韓国のKFTCキム・サンジョ委員長が17日、「仮想通貨取引所の閉鎖は事実上不可能」と話した。取引所の規制に関する法案づくりを進めるパク・サンギ法務長官とは意見が分かれたことで話題となっている。韓国での仮想通貨規制は今後どうなっていくのだろうか。
仮想通貨を申告分離課税に申請

7,500人以上が賛同 仮想通貨の課税を株と同じ申告分離課税へ!

cahnge.orgというサイトで、仮想通貨に対しての課税を株式投資と同じ申告分離課税にして欲しいという署名活動が行われて、すでに7500人以上の賛同を得ている。利益額にもよるが、現状では最大で約55%の税率となるので利益確定が出来ない方も2017年には多くいたのではないだろうか。
インドネシアが中国、韓国に次いで仮想通貨取引禁止の最終段階に

インドネシアが中国、韓国に次いで仮想通貨取引禁止の最終段階に

インドネシアがついに仮想通貨禁止か。インドネシアの中央銀行であるBankIndonesiaが仮想通貨の販売や購入、さらには取引を控えるよう関係者に強く求める声明を発表した。BIのアグス・マルトワルドヨ総裁の発言も注目だ。

ロシアが仮想通貨やICO規制を3月までに法制化

ロシアは仮想通貨やICOについての法案をまとめる。これは「仮想通貨やICO規制の枠組み」をはっきりとさせるもので、3月末までには国家会議で採択、施行される見込みだ。
金融庁が新たにビットオーシャンを登録業者に追加

金融庁が新たにビットオーシャンを登録業者に追加

金融庁から新たに仮想通貨取引所として登録された業者の発表が行われた。今回新しくリストに名を連ねたのはビットオーシャンの1社だ。

マレーシア中央銀行、仮想通貨取引に関する規制案を公開

マレーシアの中央銀行は仮想通貨取引に関する規制の案を発表。FATFのガイドラインに沿ったアンチ・マネーロンダリングたテロ資金対策が中心となっているようだ。
ホワイトハウス報道官:政府は暗号通貨をモニタリングしている

ホワイトハウス報道官:政府は暗号通貨をモニタリングしている

ホワイトハウス報道官サラ・サンダース氏が記者会見で仮想通貨について語ったことが明らかになりました。米国の政府は暗号通貨の規制を計画しているのか?という記者からの質問にも答えたといいます。今回はその内容を紹介します。

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@