• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

法規制・政府

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

法規制・政府の記事一覧
法規制・政府に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

ErisXはイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。

【墨汁速報】ビットコイン13%高騰 米FRB コロナショックによる無制限量的緩和...

米中央銀行であるFRBは、新型コロナウィルス(COVID-19)によるリセッション懸念により、無制限量的緩和政策を発表。この発表でビットコインは約9%の高騰を記録した。日本円で約110兆円にも及ぶドルが新たに市場に投入されることになる。

【墨汁速報】韓国国会 ビットコイン取引などの仮想通貨取引所の規制改正法案を可決

韓国国会にて仮想通貨取引所の運営をライセンス化し、許可制にする特定金融取引情報の報告と利用の法改正案が3月5日に可決。韓国はビットコインなどの仮想通貨取引を正式に国として規制されることとなった。法案の詳細を紹介する。

【墨汁速報】ビットコイン投資家に警告、アンチビットコインで有名なイングランド銀行...

イングランド銀行に17日付けで総裁として就任するAndrew Bailey氏はビットコイン投資家に対して警告を行った。Bailey氏によると「(ビットコインへの投資は)すべての資産を失うことになる身構えが必要だ」という。

【墨汁速報】ビットコインや米株一時高騰 米FRB 緊急で50bpの利下げ

連邦準備制度理事会(FRB)は、緊急で50bpの利下げを発表。この発表によりビットコインを含むゴールド、米株に買いが集中し一時的に高騰。ビットコインは約1.74%の高騰後、-2.58%の下落となった。

【墨汁速報】ダボス会議 リップル社CEO 「1年以内にIPO」リップル社の”自然...

リップル社CEO ブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)が、1年以内にリップル社は株式公開を実質する可能性を示唆。現在行われている世界経済フォーラムのダボス会議にて、リップル社の自然進化と表している。

【墨汁速報】ビットコイン 機関投資家参入なるか?仮想通貨取引所Gemini SO...

ウィンクルボス兄弟のGeminiは、世界4大会計事務所のデロイトトーマツと共同で、Gemini仮想通貨取引所とカストディ両者の内部統制国際基準となるSOC2 Type2を達成したと発表。これにより信頼の高い仮想通貨プロバイダーとなった。

【墨汁速報】影響は? Grayscaleビットコイントラスト SEC報告会社への...

仮想通貨ファンドのグレイスケール(Grayscale)のビットコイントラストは、2019年11月に申請したSECの報告会社として、ビットコイントラストの登録が完了したと発表。仮想通貨投資信託としては世界で初となる。

【墨汁速報】イラン国営TV「ウクライナ旅客機を人為ミスで撃墜した」と報道 今後の...

イランは、墜落したウクライナ旅客機ボーイング737を「人為的ミスでミサイル攻撃により撃墜した」と発表。意図的ではないとしているが、イラク米軍基地へのミサイル攻撃後に技術的問題での墜落という主張を一変した。

【墨汁速報】ビットコイン一時2万円上昇 カナダ首相「イランの対地空ミサイルにより...

トランプ大統領の声明発表から、一時は戦争回避の方向で鎮静化が進むと思われていた米国とイランだったが、10日早朝、イラン上空で墜落した旅客機はイラン側の誤った対空攻撃によるものだという報道がされ、ビットコイン(BTC)価格にも反応があった。

【墨汁速報】「イランミサイル攻撃での死者は0」 アメリカは経済制裁を発表でビット...

米トランプ大統領は日本時間9日1:30am頃、イランによるイラク国内の米軍基地に対する弾道ミサイル攻撃に対する声明を発表。アメリカは報復攻撃に対するさらなる攻撃を行わず、イランに対し追加の経済制裁を課すことで対応すると発表。

【墨汁速報】イラン 米軍基地へ10発以上のミサイルを発射 ビットコイン価格への強...

アメリカ国防総省の発表によると、イランにある2つの米空軍基地が10発以上のミサイルによって攻撃されたと発表。この報道を受け、ビットコイン価格は90万円を記録している。アメリカとイランの関係など一連の流れも紹介する。

【墨汁速報】韓国政府諮問機関 「ビットコインを証券取引所へ上場、CMEに続くべき...

韓国政府の諮問機関(PCFIR)によると、銀行などの金融機関が仮想通貨やビットコイン先物のようなデリバティブを取り扱うことができるようにするべきだと提案。世界的に高まる仮想通貨取引の需要から、この流れを止めることはできないとしている。

【墨汁速報】仮想通貨デリバティブErisX 現物決済ビットコイン先物をBakkt...

仮想通貨デリバティブ取引所のErisXは、現物決済のビットコイン先物をローンチすると発表。ビットコイン現物により決済される先物はBakktのみであったが、ErisXはBakktに次ぐ2番目の現物決済ビットコイン先物となる。

【墨汁速報】フランス仮想通貨ファンド ナポレオンAM CMEビットコイン先物の取...

大口投資家のみを対象とするフランスの仮想通貨ファンド ナポレオンAM(は、ビットコイン先物を取引する新たなナポレオンビットコインファンドをローンチ。ナポレオンAMは2019年5月にフランス金融規制当局によりライセンスを取得したファンドだ。

【墨汁速報】Bakkt ビットコイン先物オプションとCFDを同時にローンチ CF...

ビットコイン現物決済先物を提供するBakktは、10月に発表したビットコイン先物のオプションをローンチしたと発表。同時に同社の親会社であるICEシンガポールでビットコイン先物を基準にしたCFD(差金決済取引)のローンチを同時に発表。

【墨汁速報】カナダ政府支援のビットコインマイナー破産へ 資産は債権のわずか3分の...

カナダのビットコインマイナーかつAIデータセンターGreat North Dataは、ビットコイン相場の伸び悩みからか11月末に破産を申請。債権は10.8億円あるのに対し、破産申請時には350万ドルしかないという。

【墨汁速報】中国人民銀行(PBoC) 海外仮想通貨取引所の取り締り強化を発表 ビ...

仮想通貨などを規制する中国人民銀行はICOとビットコインなどの仮想通貨と人民元の取引を2017年に禁止してから初めて仮想通貨規制を更新。ICOなどの違法な資金調達やビットコインなどの仮想通貨取引による利益の享受を指摘し規制を強化するという。

【墨汁速報】Bakkt シンガポールでCME同様のUSD決済ビットコイン先物ロー...

現物決済ビットコイン先物を米国で提供するバックト( Bakkt)は、11月13日にニューヨークで行われたカンファレンスで詳細を明らかにしたUSDキャッシュ決済のCFDビットコイン先物のローンチを正式に発表した。

【墨汁速報】管理資産7兆ドル フィデリティのFDAS ビットコインカストディと取...

フィデリティデジタルアセット(Fidelity Digital Asset)は、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)により定款をニューヨーク州銀行法のもと認可されたと発表。この認可によりニューヨーク州規制下の投資信託となる。

【墨汁速報】仮想通貨ファンド Grayscaleのビットコイントラスト SEC報...

仮想通貨投資ファンドのGrayscaleのビットコイントラストは、SEC(米証券取引委員会)の報告会社への登録を提出。SECがビットコイントラストを報告会社を適格と判断した場合、仮想通貨金融商品として初の登録となる。

【墨汁速報】バイナンス 中国Weiboのアカウントを法律を破ったとし消去される

バイナンス(Binance)のWeiboアカウントが、「法律と規制、Weiboの条約を破った」としてWeibo公式からブロックされた。中国メディアによると「バイナンスは最も重要なマーケティングポジションを失った」として

【墨汁速報】ビットコインへ追い風?中国習近平主席 ブロックチェーンについて初めて...

中国の習近平主席がビットコインを中国で規制開始をして初めてブロックチェーンについて言及。ブロックチェーン技術で世界のリードになるべきだとしている。この報道後81万円を推移していたビットコインは約2.5万円の高騰となる83.5万円を記録した。

【墨汁速報】ビットコインの中国リスク?AlipayとWechatPay バイナン...

バイナンス(Binance)が10月9日、個人間の仮想通貨取引のローンチ。このP2P取引では中国の中央銀行により禁止されている人民元と仮想通貨の取引が含まれていた。これに対してAlipayとWeChatPayは公式にサポートを否定した。

【墨汁速報】ビットコインへの影響は?FOMCの利下げまとめ

日本時間19日3:00am、米FRBはFOMC(政策金利)で25bpの利下げを発表。8月1日の利下げに引き続き、約10年ぶり2回連続の利下げとなった。利下げの発表後、ビットコインは一時約45ドルの高騰を見せるも、一時的な下落となった。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFの上場申請を取り下げ SECが日本時...

VanEck SolidXはSECに上場審議申請をしていたビットコインETFを9月13日付けで取り下げ。SECのビットコインETF審議は2019年10月18日が最終期限であったため、約1ヶ月の余裕を残して辞退した形となった。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物の取引制限を2倍の1万BTC緩和案をCFT...

ビットコイン先物を提供するCMEは、CFTC(米商品先物取引委員会)に対して取引制限を2倍にする書類を提出。2017年12月にローンチしたCMEのビットコイン先物。最近の市場の状況やCMEの狙いなどを紹介します。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFと同様の証券を機関投資家に対し9月5...

審議延長となっていたVanEck SolidXのビットコインETFに新たな動きがあったとの報道がありました。一部制限された"BTF"という形式で、機関投資家へのビットコイン販売を9月5日から開始するとのことです。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物...

LedgerX米国初の現物決済されるビットコイン先物のローンチを7月31日に報道したCoindeskは、一変してCFTCによる承認を受けていないとし、「LedgerXの現物決済ビットコイン先物はローンチしていない」と報道。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米CFTC BitMEXによるビットコインデリバティブの違法提供の可...

Bloombergの報道によると、CFTC(米商品先物取引委員会)が仮想通貨取引所のBitMEXの調査を行っているという。CFTCに非登録でアメリカ国民に対する取引を提供していたかどうかの数ヶ月に及ぶ調査だという。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】仮想通貨取引所bitFlyer 1年ぶりの新規顧客受付け開始を予定

ビットコインなどの売買を提供するbitFlyerは2019年7月2日日、新規アカウントの受付けを再開する予定を発表。2018年6月22日に金融庁より受けた業務改善命令により、自主的に新規アカウント開設を停止してから約1年が経過していた。
FATFが発表した暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスについて知るべきこと

FATFが発表した暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスについて知るべきこ...

FATF(金融活動作業部会)が6月に発表した暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスについて知っておくべきことをまとめて解説します。また同ガイダンスに集まる批判や専門家による批判に対する指摘なども紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米SEC ビットコインETF再申請を公式に発表。米政府新予算案で追い...

VanEck SolidXビットコインETFは以前に申請取り下げ。米政府一部再開によってCboeは再度ビットコインETFの上場申請1月30日に行い、2月13日付で公式にSECに記載された。ビットコインETFと米政府閉鎖の関係(影響)等を解説。
仮想通貨に世界で最も厳しい姿勢の中国の事情

仮想通貨に世界で最も厳しい姿勢の中国の事情

世界の中でも仮想通貨に対して厳しく規制している中国で、仮想通貨取引所やICO(イニシャル・コイン・オファリング)、マイニングの現状はどうなっているのか。そして、規制強化の背景にある中国政府の思惑とは?
2019年の米証券取引委員会(SEC)は仮想通貨規制にどう動くのか?

2019年の米証券取引委員会(SEC)は仮想通貨規制にどう動くのか?

2018年に詐欺に関与した仮想通貨企業などの取り締まりを行った米証券取引委員会(SEC)。2019年はビットコイン(BTC)ETFなど仮想通貨に対する方針を示す必要に迫られています。SECの今後の動きとは?
G20が資金洗浄やテロ資金防止で仮想通貨の規制強化、国際課税システム構築へ

G20が資金洗浄やテロ資金防止で仮想通貨の規制強化、国際課税システム構築へ

11月から12月にかけてアルゼンチンで開催されたG20首脳会議で、仮想通貨に関しての協議が行われ、共同宣言にもその内容が盛り込まれました。本稿ではG20の仮想通貨に対する見解と今後の動きを紹介します。
シンガポール金融管理局が仮想通貨を含む決済サービスの新たな規制枠組みを発表

シンガポール金融管理局が仮想通貨を含む決済サービスの新たな規制枠組みを発表

シンガポール金融管理局が11月19日、同国における仮想通貨を含む決済サービスの規制に関する法案を完成したことを発表。仮想通貨の決済サービスを行う事業者はライセンスの取得が必要となる今回の法案を内容を紹介する。
ビットコイン(BTC) アフィリエイトは禁止か?仮想通貨交換事業者の広告ガイドライン

ビットコイン(BTC) アフィリエイトは禁止か?仮想通貨交換事業者の広告ガイドラ...

2018年10月24日、仮想通貨交換業協会(JVCEA)が金融庁に認定資金決済事業者協会として認定された。それと同じくして、JVCEAが「勧誘及び広告等に関する規則」に関する資料を一部改正。記載内容含めて、重要項目をピックアップして公開。
「仮想通貨の規制整備に2年以上必要」英国の法律専門家の見解

「仮想通貨の規制整備に2年以上必要」英国の法律専門家の見解

ロンドンに本拠地を置く法律事務所が、イギリスにおける仮想通貨の規制整備には最低でも2年かかるとの見解を発表した。これまでの金融に関する規制の事例など、なぜイギリスで規制整備に時間がかかるのかを解説する。
米議員団がSECに仮想通貨とICO規制ガイドライン作り求める D.C.消息筋は早期決着に悲観的

米議員団がSECに仮想通貨とICO規制に関するガイドライン作り求める

米議員団が米証券取引委員会(SEC)に仮想通貨とICOに関する規制ガイドラインを早期に作るよう求めている。SECのジェイ・クレイトン委員長宛ての文書で、最終的なガイドラインを出せないでいることに懸念を表明している。
米国政府機関が約6.3億円を費やし、仮想通貨ユーザーの実態を調査していた

米国政府機関が約6.3億円を費やし、仮想通貨ユーザーの実態を調査していた

米国の政府機関が仮想通貨ユーザーについて調査するため、ブロックチェーンの追跡・分析をする企業への調査依頼のためかけられた費用が約570万ドル(約6億3,800万円)にまでおよぶことが調査会社Diarのデータにより判明した。
仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

過去の行政処分内容をまとめたものです。金融庁から行政処分を受けた日付、詳細内容(業務停止命令、業務改善命令)、処分内容、管轄(関東、東海、近畿、福岡など)を表で見やすいようにしたページとなります。
イランが仮想通貨のマイニングを産業として公認、経済制裁の打開策か

イランが仮想通貨のマイニングを産業として公認、経済制裁の打開策か

イラン政府が仮想通貨のマイニングを1つの産業として公認。アメリカの経済制裁が強まる中、仮想通貨政策によって経済難を打開しようとしている。
フィリピン証券取引委員会(SEC)、仮想通貨に関する規制枠組みの公開準備へ

フィリピン証券取引委員会(SEC)、仮想通貨に関する規制枠組みの公開準備へ

フィリピン証券取引委員会(SEC)が仮想通貨の取引プラットフォームについてある程度の規制が必要だとの考えを表明。オーストラリアとスイスの事例を参考に規制の指針を製作する可能性があり、草案は来週(9月中頃)に発表される予定。
米カリフォルニア州、ブロックチェーン関連法案の正式採用へ向け最終版が提出

米カリフォルニア州、ブロックチェーン関連法案の正式採用へ向け最終版が提出

カリフォルニア州にて、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの定義を固める法案の正式採用へ向け、2月に提出されていた法案”2658”の最終版が提出された。この法案の概要、可決後の動きはどうなっていくのか等を紹介。
厳しくなる中国の仮想通貨規制の動向整理・考察

厳しくなる中国の仮想通貨規制の動向整理・考察

2018年8月に入り厳しさが増した中国の仮想通貨(暗号通貨)の規制だが、具体的にはどんな規制が実施されているのか、5つの規制状況を紹介。また、現在の中国の動向、仮想通貨に対する考えなどをふまえ、今後の考察を行った。
サウジアラビアに仮想通貨の解禁求める、ドバイの取引所がイニシアチブ

サウジアラビアに仮想通貨の解禁求める、ドバイの取引所がイニシアチブ

8月12日に仮想通貨投資などの禁止が伝えられたサウジアラビア。これを受けドバイの仮想通貨取引所BitOasisが湾岸協力会議(GCC)らの呼びかけに応え、仮想通貨規制の枠組みづくりをするために協力するという。
ベネズエラ:憲法制定議会で仮想通貨の中央銀行設立草案を作成

ベネズエラ:憲法制定議会で仮想通貨の中央銀行設立草案を作成

ベネズエラの憲法制定議会で、仮想通貨のための中央銀行設立の草案を作成したと、海外メディアロイターが報じた議会の議員とのインタビューによって明らかになった。
南アフリカの仮想通貨課税化法案、施行されれば取引などが非課税対象へ

南アフリカの仮想通貨課税化法案、施行されれば取引などは非課税対象へ

南アフリカ歳入庁(SARS)が提出した仮想通貨の課税課草案では、南アフリカにおける仮想通貨は無形資産として扱われる(納税対象)、仮想通貨取引は非課税となる旨が記載されていた。この法案が通れば国民はそれに従わなければならない。
タイ中央銀行:金融企業に仮想通貨事業の新たな規則を通知、子会社設立を許可へ

タイ中央銀行:金融企業に仮想通貨事業の新たな規則を通知、子会社設立を許可へ

タイ中央銀行(BOT)が金融企業とその子会社に対して仮想通貨事業の運営に関する規制を通知した。規則によるとその子会社はSEC、OICによって承認された場合はビジネスの許可が得られるが、子会社設立時はBOTの許可を親会社を通して取る必要がある。

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

人気のインタビュー記事

最新記事

SBIVCスクエアバナー
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram