法規制・政府

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

法規制・政府の記事一覧
法規制・政府に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨交換業者 行政処分

仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

過去の行政処分内容をまとめたものです。金融庁から行政処分を受けた日付、詳細内容(業務停止命令、業務改善命令)、処分内容、管轄(関東、東海、近畿、福岡など)を表で見やすいようにしたページとなります。
イランが仮想通貨のマイニングを産業として公認、経済制裁の打開策か

イランが仮想通貨のマイニングを産業として公認、経済制裁の打開策か

イラン政府が仮想通貨のマイニングを1つの産業として公認。アメリカの経済制裁が強まる中、仮想通貨政策によって経済難を打開しようとしている。
フィリピン証券取引委員会(SEC)、仮想通貨に関する規制枠組みの公開準備へ

フィリピン証券取引委員会(SEC)、仮想通貨に関する規制枠組みの公開準備へ

フィリピン証券取引委員会(SEC)が仮想通貨の取引プラットフォームについてある程度の規制が必要だとの考えを表明。オーストラリアとスイスの事例を参考に規制の指針を製作する可能性があり、草案は来週(9月中頃)に発表される予定。
米カリフォルニア州、ブロックチェーン関連法案の正式採用へ向け最終版が提出

米カリフォルニア州、ブロックチェーン関連法案の正式採用へ向け最終版が提出

カリフォルニア州にて、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの定義を固める法案の正式採用へ向け、2月に提出されていた法案”2658”の最終版が提出された。この法案の概要、可決後の動きはどうなっていくのか等を紹介。
厳しくなる中国の仮想通貨規制の動向整理・考察

厳しくなる中国の仮想通貨規制の動向整理・考察

2018年8月に入り厳しさが増した中国の仮想通貨(暗号通貨)の規制だが、具体的にはどんな規制が実施されているのか、5つの規制状況を紹介。また、現在の中国の動向、仮想通貨に対する考えなどをふまえ、今後の考察を行った。
サウジアラビアに仮想通貨の解禁求める、ドバイの取引所がイニシアチブ

サウジアラビアに仮想通貨の解禁求める、ドバイの取引所がイニシアチブ

8月12日に仮想通貨投資などの禁止が伝えられたサウジアラビア。これを受けドバイの仮想通貨取引所BitOasisが湾岸協力会議(GCC)らの呼びかけに応え、仮想通貨規制の枠組みづくりをするために協力するという。
ベネズエラ:憲法制定議会で仮想通貨の中央銀行設立草案を作成

ベネズエラ:憲法制定議会で仮想通貨の中央銀行設立草案を作成

ベネズエラの憲法制定議会で、仮想通貨のための中央銀行設立の草案を作成したと、海外メディアロイターが報じた議会の議員とのインタビューによって明らかになった。
南アフリカの仮想通貨課税化法案、施行されれば取引などが非課税対象へ

南アフリカの仮想通貨課税化法案、施行されれば取引などは非課税対象へ

南アフリカ歳入庁(SARS)が提出した仮想通貨の課税課草案では、南アフリカにおける仮想通貨は無形資産として扱われる(納税対象)、仮想通貨取引は非課税となる旨が記載されていた。この法案が通れば国民はそれに従わなければならない。
タイ中央銀行:金融企業に仮想通貨事業の新たな規則を通知、子会社設立を許可へ

タイ中央銀行:金融企業に仮想通貨事業の新たな規則を通知、子会社設立を許可へ

タイ中央銀行(BOT)が金融企業とその子会社に対して仮想通貨事業の運営に関する規制を通知した。規則によるとその子会社はSEC、OICによって承認された場合はビジネスの許可が得られるが、子会社設立時はBOTの許可を親会社を通して取る必要がある。
大多数の仮想通貨取引所が規制を望む、世論調査で分かった業界の変心とは?

仮想通貨取引所の大多数(88%)が規制を望む、世論調査で分かった業界の変心とは?...

リトアニアの企業MisterTangoが仮想通貨規制に関する調査をした結果によると、調査対象の24の仮想通貨取引所の88%が仮想通貨に対する規制を望んでいることがわかった。割合別の回答の詳細、規制肯定派の意見などを紹介。
G20開催:ビットコイン(BTC)、USDT、ICOなど仮想通貨の関連問題に対する大国たちの考え

G20開催:ビットコイン(BTC)、USDT、ICOなど仮想通貨の関連問題に対す...

2018年7月21~22日に、ブエノスアイレス(アルゼンチン)でG20会議が開催された。仮想通貨の議題に関しては、マネーロンダリングやICO詐欺の規制に関する内容も話し合われた。どういった話し合いが行われたのか?内容をピックアップして紹介。
G20:仮想通貨マネーロンダリング対策のFATF規準設定を10月までに求める

G20:仮想通貨マネーロンダリング対策のFATF規準設定を2018年10月までに...

7月21日~22日に開催されたG20後に発表されたコミュニケで、仮想通貨のマネーロンダリング対策に対するFATF規準設定を2018年10月までに明確化する旨が記載されていた。その他仮想通貨に対する指摘、メリットについても共同声明で公表された。
イラン政府:仮想通貨の利用でアメリカの経済制裁回避を検討

仮想通貨の導入でアメリカの経済制裁回避を検討するイラン政府

イランでは米国の経済制裁回避のために仮想通貨を利用することを検討中だという。イランでは度重なる経済難の経験から価値が国家情勢に左右されにくい仮想通貨が国民の支持を得ている。イラン政府の期待と今後の取り組みを紹介。
米国金融規制当局FINRA、証券販売企業に仮想通貨関連の業務内容開示を求める

米国金融規制当局FINRA、証券販売企業に仮想通貨関連の業務内容開示を求める

アメリカの金融取引業規制機構(FINRA)が、証券会社に対して仮想通貨関連の業務を行う場合FINRAに開示することを求める通知を公表した。こういった通知は今後、仮想通貨(ICO含む)が発展することを踏まえての対処だと考えてよいだろう。

イスラエル大手仮想通貨取引所「Bits of Gold社」、顧客情報を税務当局と...

イスラエルの大手仮想通貨取引所「Bits of Gold」は、顧客の取引情報を国家の税務当局と共有することに合意した。プライバシー保護から取引情報の共有は義務化されていなかったが、大手取引所が応じたことで他取引所の提供も進める見込みだ。
Facebookが条件付きで仮想通貨の広告を解禁?!新たなポリシーを発表

Facebookが条件付きで仮想通貨の広告を解禁?!新たなポリシーを発表

Facebookが仮想通貨関連広告の一部出稿を許可する新たなポリシーを発表した。当初一切の禁止方針を出していたが、条件付きで仮想通貨の広告を解禁するというのだ。大手SNSサービスの発表は市場にどのような影響を与えるのだろうか?
仮想通貨(ブロックチェーン)はどのように規制されるべきなのか?各国の動向とは

仮想通貨(ブロックチェーン)はどのように規制されるべきなのか?各国の動向とは

仮想通貨およびブロックチェーン技術に対する規制に関して、各国では議論されているものの明確な規制は出来ていないのが現状である。ではこれらはどのように規制されるべきなのか?各国の現状(動向)を紹介し、五月雨まくら氏が考察を行った。
欧州:仮想通貨の犯罪対処を目的とした新たなアンチマネーロンダリング令を採択

欧州:仮想通貨の犯罪撲滅を目的とした新たなアンチマネーロンダリング令を採択

欧州(EU)がアンチマネーロンダリング(AML)の新たな法令を採択した。欧州では5つ目のAML政策となる今回の法令は金融犯罪の早期発見、調査、防止することを目的として出されたものである。欧州が仮想通貨に対して危機を感じている要人発言を紹介。
インドルピー出金不可!インド大手仮想通貨交換所「Zebpay」が顧客へ警告

インドルピー出金不可!インド大手仮想通貨交換所「Zebpay」が顧客へ警告

インド準備銀行(RBI)の規制により国内仮想通貨関連企業は銀行との取引が出来なくなる見方が強まっている。大手取引所「Zebpay」は期限である7月5日以降、インドルピーによる出金が不可能になると顧客へ警告。それによる相場への影響も紹介。
bitFlyer(ビットフライヤー)新規顧客受け入れ停止へ 業務改善命令を公式発表

bitFlyer(ビットフライヤー)新規顧客受け入れ停止へ 業務改善命令を公式発...

国内最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が新規顧客受け入れ停止した。金融庁より業務改善命令を受けての発表だ。同社は処分を重く受け止め、本人確認プロセスの見直しと経営体制の改善を急ぐ見通しだ。
韓国、アメリカ協力でマネーロンダリング対策(AML)強化へ

韓国、アメリカ協力でマネーロンダリング対策(AML)強化へ

韓国政府はマネーロンダリング対策(アンチマネーロンダリング:AML)の取り組みを開始した。仮想通貨取引所は自主強化に取り組む一方、銀行は不十分な現状を見ての対策だ。先進国アメリカに協力を仰ぎ、基準を引き上げる見通しだ。
【後編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?一目で分かる規制当局と業界の見解の差

【後編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?一目で分かる規制当局と業界の見...

米国はデジタル資産の規制において未だ検討中。SECによってETHやBTCは証券ではないと発表されたりと動きは出ていますが、今後どのようにして規制するのかに注目が集まっています。本稿ではこの問題がどのように、いつ解決されるのかを考察します。
仮想通貨交換業者、新たに金融庁から業務改善命令か?日経新聞が報道

仮想通貨交換業者、新たに金融庁から業務改善命令か?日経新聞が報道

日経新聞の報道によると、今週中にも新たな仮想通貨交換業者に対して業務改善命令が出される方針とのこと。金融庁はマネーロンダリング対策など、内部管理体制に不備があると判断して発表するという。まだ金融庁から公式声明はないので、報道ベースとなる。
【前編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?最近の米証券取引委員会(SEC)動向を考察

【前編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?最近の米証券取引委員会(SEC...

最近になりSECの動きが報じられることが多くなりました。ICOは証券、ETHは証券ではないという発表など、規制に関する動きが本格化してきています。米国はデジタル資産をどのように規制するのか、フリージャーナリスト長瀬氏の見解を紹介。
インド準備銀行(RBI)による仮想通貨取引禁止令、事前調査がなかったことが明らかに

インド準備銀行(RBI)による仮想通貨取引禁止令、事前調査がなかったことが明らか...

4月に出された、インド準備銀行(RBI)による仮想通貨取引禁止令が事前調査もなく実行されていたことが明らかとなった。RBIは2013年より仮想通貨の社会的リスク説明を拒み続けている。禁止令に対しインド最高裁も動く事態となっている。
FATFが仮想通貨取引所の規制を「指針」から「基準」に格上げ、G20主導で2019年中に実現へ

FATFが仮想通貨取引所の規制を「指針」から「基準」に格上げ、G20主導で201...

FATFが今まで制定していた仮想通貨取引所の規制を、ガイダンスから義務付けるスタンダードに格上げすることを目標としていることがわかった。FATFは1989年のG7で発足し、パリに拠点を置く機関である。
南米の大手取引所ブダ(Buda)、コロンビアにて金融封鎖を受け業務停止

南米の大手取引所ブダ(Buda)、コロンビアにて金融封鎖を受け業務停止

南米の大手ビットコイン(BTC)取引所ブダ(Buda)が、コロンビアにて金融封鎖を受け営業を停止した。現在は通常のサービスを再開している。チリでも同様の措置を受けたブダは自由競争の損害だと訴訟を起こしている。何が封鎖に繋がったのか。
インドの取引所、インド準備銀行(IRB)の仮想通貨取引禁止令の撤回を要求

インドの取引所、インド準備銀行(IRB)の仮想通貨取引禁止令の撤回を要求

インド準備銀行(IRB)が4月、国内取引所に仮想通貨取引禁止令を敷いた件に対し、同国最高裁は反発する取引所と審議の場を用意する意向だ。規制に対抗するため、国内取引所は新プラットフォームを開発。仮想通貨間のみで取引可能になる模様。
規制を受け中国の仮想通貨関連企業、韓国へ市場移動

中国の仮想通貨取引所を含む関連企業が続々と韓国市場へ移動、その理由とは?

中国の仮想通貨規制を受け、中国資本の仮想通貨関連企業が市場を韓国へ移し始めている。一方韓国の仮想通貨市場は「国内が中国人投資家で埋め尽くされるのでは」と、大きな脅威と感じているようだ。韓国は外国企業流入へどのような対応をとるのだろうか。
仮想通貨を商品と位置付ける「アドバイザリー通知」を米商品先物取引委員会(CFTC)が公表

仮想通貨を商品と位置付ける「アドバイザリー通知」を米商品先物取引委員会(CFTC...

米CFTCは5月21日、仮想通貨の商品に対する“アドバイザリー通知”を公式プレスリリースで公表した。米国法により仮想通貨はコモディティと見なされており、今回のCFTC通知は当局の施す商品取引法の規制に関連付けるもの。公表までの背景を解説。
インド政府「仮想通貨の取引に18%の税率を課す可能性」があると報道

インド政府「仮想通貨の取引に18%の税率を課す可能性」があると報道

インドは近々、仮想通貨取引の商品やサービスに対し18%の税率を課す可能性がある。数ヶ月前までは仮想通貨産業を事実上廃止としていたインドが一転して仮想通貨税制度案を出すということは、今後のインドにおける仮想通貨業界の発展の兆しとも言える。
米・カナダ規制当局が一斉に「仮想通貨・ICO一掃作戦」を開始、70件捜査へ

米・カナダ規制当局が一斉に「仮想通貨(ICO)一掃作戦」を開始、70件捜査へ

北米証券監督官協会(NASAA)は4月から数週間かけて「Opereation Crypto-Sweep」という“仮想通貨一掃”作戦と呼ばれる仮想通貨詐欺や未登録証券などの取締を行っている。記事では70件の捜査のうち違反はあったのか等を紹介。
韓国政府:G20合意により仮想通貨を金融資産として認める方針へ…?

韓国政府:G20合意により仮想通貨を金融資産として認める方針へ…?

G20は規制統一を目指し、仮想通貨の規制を緩和する計画であることがわかった。G20参加国は仮想通貨を金融資産と認めるなど仮想通貨に肯定的。韓国政府は以前(仮想通貨を)非金融製品だと分類していたが、今後この見解が覆されるのか注目したい。
タイ政府:仮想通貨をデジタル資産として認める規制を施行、ICOの禁止もなし

タイ政府:仮想通貨をデジタル資産として認める規制を施行、ICOの禁止もなし

タイ政府が新たに仮想通貨規制を施行、仮想通貨をデジタル資産として認めることを発表した。なぜタイは今回の規制に踏み込んだのか?また、今回の厳しい仮想通貨規制に従えなかった際の罰則はどんなものがあるのか?規制の一部を紹介。
仮想通貨が規制されるべき3つの理由

仮想通貨はなぜ規制が必要なのか?知っておくべき3つの理由

仮想通貨は保有や使用率が物語るように人気が増していきているが、それとともに課題も増加してきているのが現状である。様々な課題を解決するために規制を導入しようと各国が議論をしている。そもそも、なぜ規制が必要なのだろうか?その理由を3つ紹介。
韓国がICOなど仮想通貨規制を一転緩和か、金融監督院(FSS)トップ交代が契機に

韓国がICOなど仮想通貨規制を一転緩和か、金融監督院(FSS)トップ交代が契機に...

韓国の金融監督院(FSS)長官が交代しユン・ソクホン氏が就任したことをきっかけに、ICOなど仮想通貨に関する規制緩和がされるのでは?と話題になっている。2017年9月にICO規制がされてから一転、規制緩和ムードに注目が集まっている。
仮想通貨の証券化懸案に、SECなど米規制当局トップの厳しい発言相次ぐ

仮想通貨の証券化懸案に、SECなど米規制当局トップの厳しい発言相次ぐ

仮想通貨は商品か?証券か?という懸案について、米国の規制当局(SECやCFTC)のトップらがそれぞれCNBCのインタビューで自身の意見を公開している。連日報道されているこの一件、仮想通貨規制による(ICO、ETH等の)証券化は近いのだろうか。
マルタが仮想通貨に関する3法案を承認へ、注目される規制枠組み・ICO関連の法案とは?

マルタが仮想通貨に関する3法案を閣議了承、注目される規制枠組み・ICO関連の法案...

バイナンスやOKExなど多くの仮想通貨取引所を受け入れているマルタ島が2018年4月24日、仮想通貨とブロックチェーンに関する3つの法案を提出し、閣議で承認された。注目される法案の内容やマルタ政府の発言について紹介。
仮想通貨は「脅威」とナスダック&バンク・オブ・アメリカの両CEOが規制強化を訴える

仮想通貨は「脅威」とナスダック&バンク・オブ・アメリカの両CEOが規制強化を呼び...

ナスダックとバンク・オブ・アメリカの両CEOが先週(4/27)、仮想通貨は「脅威」と特定の取引規制と犯罪の可能性に関する警告を行い、規制に関する強化を求めた。ICOは証券とみなす可能性といった意見がある中での発表は規制当局に影響を与えそうだ。
バミューダ諸島、仮想通貨産業の発展に向けた規制草案を発行

バミューダ諸島、仮想通貨産業の発展に向けた規制草案を発行

バミューダ諸島が仮想通貨の規制案に関する協議文書を発行した。バミューダの仮想通貨産業の発展を促すことが目的で、バミューダの未来に向けた必要な政策であると発表されている。バミューダ政府は仮想通貨とブロックチェーンについて大きな関心を抱いているという。
韓国の仮想通貨取引所(Bithumb・Coinoneなど)と提携中の3銀行が検査実施へ

韓国の仮想通貨取引所(Bithumb・Coinone)と提携中の銀行など3行が検...

韓国の3銀行は、金融委員会の検査を受けることが発表された。仮想通貨取引所(Bithumb・Coinone)と提携中の農協銀行も含まれており検査は4月19日から行なわれる予定。対象ではないその他銀行にも独自にチェックをするよう求めるとのこと。
ベネズエラ政府発行の仮想通貨Petro(ペトロ)使用に関する法案がついに承認へ

ベネズエラ政府発行の仮想通貨Petro(ペトロ)使用に関する法案がついに承認へ

ベネズエラ政府が発行する仮想通貨ペトロについて、国会は散々違法だと宣言してきたにも関わらず、仮想通貨使用に関する法案&石油に裏付けられた国家の新たな通貨を承認した。これらはベネズエラ大統領の強い推しもありICOも開始していたとのこと。
オーストラリアの仮想通貨取引所は利用者を守る為の新たなルールを義務化

オーストラリアの仮想通貨取引所、利用者を守るため新たなルールを義務化

オーストラリアの金融情報機関はオーストラリア国内の仮想通貨取引所に対し、マネーロンダリング防止対策とテロ資金調達対策に基づく新たなルールを義務化した。利用者を守る為ある一定の条項を満たさなければ運営が出来ない可能性もでてくるかもしれない。
ロシアで仮想通貨の支払いを合法化させる法案が審議中!?

ロシアにて仮想通貨での決済を合法化させる新たな法案が審議中

ロシアのモスクワで、仮想通貨での決済を合法化させる新たな法案が審議中と伝えられた。法案の中には「保有者の権利は保証され、支払い手段として浸透させる」という内容が説明されていたという。今後この法案が可決されれば5月には施行となる予定だ。
仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

世界各国の政府は日々発生するマネーロンダリングやサイバー攻撃などの問題懸念が広がる仮想通貨交換業者に厳しい監視の目を向けています。最近起きた規制に関する動きをまとめました。仮想通貨の規制は各国の重大な課題となっていることは間違いなさそうです。
金融庁バイナンスへ警告

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)に対して金融庁から警告

日本でも人気取引所のバイナンスが金融庁から警告を受けた。前日に日経が報道を行ったが、バイナンスCEOは否定するツイッターを投稿していたが、翌日である本日に警告を受けたと再度ツイートした。
ビットコインは合法か?違法か?世界情勢が一目でわかるおすすめサイト

ビットコインは合法か?違法か?世界情勢が一目でわかるおすすめサイト

先日のG20では規制に関する具体的な内容は話し合われませんでした。今回は仮想通貨規制を行う前に、各国の体制はどうなってるの?といった疑問をボリ平さんが調査。ビットコインは合法か?違法か?がひと目でわかるおすすめサイトも紹介しています。
日米両国の仮想通貨規制強化の動きはどう見るべき?仮想通貨の今後と監視強化の意味とは

日米両国の規制強化の動きはどう見ればいい?仮想通貨の今後と監視強化の意味とは

日米両国が取引所への監視を強めている。3月8日には金融庁が取引所7社に行政処分を行い世間をざわつかせた。投資家は日米の同時監視強化に警戒をしているが今後はまだ読み切れていない。今後の仮想通貨はどうなっていくのか?監視強化をする意味について考察を行った。
Facebook・Googleに次いでTwitterも仮想通貨関連の広告規制か?2週間以内に実施されると報道

Facebook・Googleに次いでTwitterも仮想通貨関連の広告規制?2...

先日Googleが広告規制に関する発表をしたばかりだが、本日(3/19)Twitterでも仮想通貨関連の広告規制に対する情報が英国メディア(Sky News)で報道された。Sky Newsによると2週間以内で新しい広告ポリシーが実施されるとのこと。
日本の暗号通貨に関する税金の問題点とは?税制変更に向けた提言と議論について

日本の暗号通貨に関する税金の問題点とは?税制変更に向けた提言と議論について

確定申告もあり税金について関心の高くなった時期、先日ビットコイナー反省会では「日本の税制と暗号通貨業界への影響を考える」という題材で議論が行われました。今回はその内容と、日本の税制はどのように変わるべきか?について平野氏に解説していただきました。

仮想通貨の問題として、法規制をどうするかという問題があります。近年では、各国で法規制も行われるようになってきました。
国家によっては仮想通貨の売買が禁止されている国家も存在します。具体的には、アイスランドでは、ビットコインを用いた外資との取引は禁止されています。

一方、日本では2017年4月に仮想通貨法が制定されました。この法律は、どのような内容なのでしょうか。
まず、法律用語としての仮想通貨、仮想通貨交換業の定義が決定されました。日本で仮想通貨が実体として認められたことの証になります。
仮想通貨交換業の規制も決定され、仮想通貨の交換業、すなわち取引所は内閣総理大臣の認可を得ないと行うことができくなったのです。
このことによって、安全に仮想通貨の取引ができるようになりました。

さらに、2017年7月から仮想通貨の取引が非課税になることも決定しました。これは、仮想通貨が「お金」として認められたことを示しています。
ただし、この法律では決め切れていない部分も多々あるので、これから追加の情報に注意しておかないといけません。

以上のような仮想通貨法は、これまであいまいだった国家における仮想通貨の取り扱いが明確化されたことを表します。
国が正式に「決済手段として利用できる貨幣」として法律上で認めたという意義がこの法には含まれています。世界に目を移せば、一部の国家を除いて規制をしている国家はあまりなく、寛容な態度を示している国家がほとんどなので、これからも仮想通貨の利用が広がっていくことが予想されます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice