テラの創業者に脱税容疑、韓国当局は100億円の罰金を科す構え

韓国国税庁はテラフォームラボ(Terraform Labs)とCEO(最高経営責任者)で共同創業者でもあるド・クォン(Do Kwon)氏と複数の幹部に対して、脱税の容疑で1,000億ウォン(約100億円)の罰金を科したと報じられています。

発端は子会社の脱税疑惑

韓国メディアの報道によると、国税庁は2021年6月に捜査当局を立ち上げ、法人税と所得税の脱税疑惑で、テラフォームラボとその子会社の捜査を開始しました。捜査では2つの子会社がバージン諸島とシンガポールに海外登記されていたものの、実質的には韓国内のテラフォームラボが運営していたことが明らかになりました。

韓国の法人税法では、海外で登記された企業であっても、実体的な経営および運営が韓国国内で行われている場合、国内企業と同様の扱いを受けます。そのためテラフォームラボの子会社も、韓国の法人税法により課税の義務を負うことになります。

2021年10月には、バージン諸島にあるテラの子会社に対して、国税当局は447億ウォン(約45億円:3,470万ドル)の法人税と46億6,000万ウォン(約4億6,900万円)の所得税を納めるように通達しています。

テラ崩壊前に行われた脱税の可能性

ド・クォン氏は国内の税法に不満の意を示し、2022年5月初頭のテラ(UST)とルナ(LUNA)の崩壊直前までに、国内拠点を整理して海外に居住地を移そうとしていてと言われています。

この時の混乱の中で、テラフォームラボはLUNAをシンガポールのルナ財団ガード(LFG)に送金していました。これはおそらくアンカー・プロトコル(ANC:Anchor Protocol)での損害を補填するためだったと考えられます。アンカー・プロトコルとは、テラのブロックチェーン上で稼働するDeFiのレンディング・プラットフォームです。この一連の動きに国税当局は疑惑の目を向け、テラフォームラボに対して脱税意図があったことを認めるように求めました。

ド・クォン氏に対するさらなる訴訟

韓国内の投資家はド・クォン氏に対して刑事及び民事訴訟を起こし、資産差し押さえも求めていると現地メディアでは報じられています。

その他にも「LUNAとUSTコインの被害者」と名乗る韓国内のグループも、詐欺と違法なクラウドファンディングを行ったとしてド・クォン氏と共同創業者シン・ヒョンソン(Shin Hyun-Seong)氏に対して集合代表訴訟の申し立てを計画しています。

参考
South Korea Slams Terra’s Do Kwon With $78M Fine for Tax Evasion: Report

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】テラのLUNA裏付けの80000BTCをLFGが売却していたと発表 LUNAとUSTを大量に保有
テラの崩壊から改めて学ぶ仮想通貨のこと
【墨汁速報】テラのLUNA価格が最高値から1ヶ月で74000分の1へ暴落 仮想通貨取引所が次々に取引停止に

おすすめの記事
暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング
仮想通貨取引所
暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング
ビットコイン(BTC)などの暗号通貨(仮想通貨)を始めたいと思った時に必要となるのが、仮想通貨取引所での口座開設です。取引所によって違う取り扱い通貨の種類や手数料、そしてセキュリティなど選ぶ際のポイントの解説とともに、実際に使ったことのあるユーザーの口コミ・評判も紹介します。
【墨汁速報】米Kraken一時イーサリアムが7万円代へ暴落し-60% なにがあったのか?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米Kraken一時イーサリアムが7万円代へ暴落し-60% なにがあったのか?
イーサリアム価格は米仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)で一時700ドル(約7万3,000円)へ約60%の急落。市場平均価格を大幅に上回る記録的暴落となり、10分後には1,700ドルまで回復した。この暴落の背景にはイーサリアム上でのDeFi(分散型金融)が引き金となったと見られる。