【墨汁速報】イーサリアムPoS移行"The Merge"をロプステンで6月にテスト 本実装がカウントダウンへ

イーサリアムは5月13日に行われたデベロッパー会議にてイーサリアムマイニング終了をしてPoSへ完全移行する「The Merge(統合)」をロプステン(Ropsten)テストネットで6月8日前後に実装することを決定した。

ロプステンはイーサリアムのメインテストネットであり、このThe Mergeのテストはイーサリアムが実際にPoSへ移行するメインネットでの実装目前であるということになる。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Merge実装がほぼ完了

イーサリアムのロプステン(Ropsten)とは?

イーサリアムのロプステンとはテストネットであり、イーサリアム2.0やL2(レイヤー2)のテストで使用されているゴレリ(Goreli)テストネットがローンチするまでテスト環境としてメインで使用されていた。

現在ロプステンは主にイーサリアムの大型アップデートとなるハードフォークをテストするために使用されており、実際に多くのERC20トークンやDeFi、NFTアートマーケットプレイスなどが利用されているメインネットで実装する前に最終チェックを行う場所だと考えれば分かりやすいだろう。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0のステーキング大台の1000万ETH「3兆円」超え ETH価格に反して預入の勢い止まらず

The Mergeをロプステン実装を決定

イーサリアムファンデーションは5月13日に行われたデベロッパー会議138において、ロプステンでThe Mergeを実装することにデベロッパーが同意。イーサリアムクライアントサイドでの一部実装が必要となるため、5月末に一度ロプステンのThe Mergeに対応するために対応を行い、6月8日前後にThe Mergeのテストを行うことになる。

ロプステンとセポリアテストネットではThe MergeのコアとなるPoSの「ビーコンチェーン(Beacon Chain)」をローンチする必要があり、0番目のジェネシスと前回の大型アップデート「アルタイル(Altair)」を足早に実装してThe Mergeのテストを行う。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功

The Mergeメインネット実装の条件は?

ロプステンは上記でみたようにすでにゴレリがメインで使用されていることからも、イーサリアムデベロッパーによる管理はほとんどされていなく、非常に不安定な状態となっている。これらのことからロプステンに変わる新しいテストネットとして2021年10月にローンチした「セポリア(Sepolia)テストネット」をイーサリアムデベロッパーは重視している。

そのためコアデベロッパー達はロプステンでのテストは最終テストのゴレリとセポリアでThe Mergeの実装を行う前段階だと考えているようだ。

つまり順序としては、ロプステン→セポリア&ゴレリ→メインネット実装となるだろう。

【こんな記事も読まれています】
【最新動向】イーサリアムマイニング終了はいつになる?ETH2移行の”The Merge”の進捗
イーサリアム2.0、実現までの具体的な道のりは?
イーサリアム(Ethereum)の「ザ・マージ(The merge)」とは?

*最新のイーサリアム2.0の動向やマイニング終了が決定したらコインチョイス(@coin_choice)の墨汁速報からお知らせします。

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
高まり続けるビットコインマイナーへの売り圧力、ハッシュレート・難易度・コストの三重苦
仮想通貨ニュース
高まり続けるビットコインマイナーへの売り圧力、ハッシュレート・難易度・コストの三重苦
ビットコイン(BTC)のマイナーは、高まる売り圧力により手持ちの資産を手放す状況が続き、それが一層のビットコインの価格下落の要因になっているようです。マイナーにとって、上昇するハッシュレートとマイニング難易度、そして運営コストが支えきれない負担になっています。
マイクロソフトもメタバースに本格参入か?ブロックチェーン部門ディレクターの募集を開始
仮想通貨ニュース
マイクロソフトもメタバースに本格参入か?ブロックチェーン部門ディレクターの募集を開始
1月に米国最大手ゲーム企業であるアクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard)社の買収を発表したマイクロソフト(Microsoft)社がWeb3.0領域に強いブロックチェーン関連ディレクターの募集を開始しました。業界の傾向からメタバース領域への本格参入準備ではないかと言われています。