Aaveのポリゴンマーケット、MATIC総供給量の1%(4000万ドル相当以上)が流動性マイニング報酬に

2021年4月12日より、MATICの総供給量の1%(~4000万ドル)をPolygon Aaveの市場でのリクイディティマイニングに割り当てるプログラムがスタートしました。

aave マーケット
参照:https://aave.com/

ポリゴンは、主要なDeFiプロトコルや分散型アプリケーション(DApps)と協力して、DeFiにおける最大のペインポイントである高いガス代やトランザクションスピードの改善などに取組んでおり、特にNFTの盛り上がりと共にプロジェクトの数、トランザクション数やウォレット数なども急成長しています。

aave TVL
参照:https://defipulse.com/aave

AAVEポリゴン市場の流動性マイニングプログラム

Aaveは、オープンソースかつノンカストディアルのプロトコルで、ユーザーは暗号資産を貸したり借りたりすることができ、貸し手は変動または固定金利で利息を得ることができます。AaveはTVL(プロトコルにロックされている金額)が60億ドルを超え、DeFiで最も広く使用されているレンディングプロトコルの1つです。

今回、ポリゴンのAave市場向けに大規模な流動性マイニングプログラムがスタートし、MATICの総供給量の1%(4,000万ドル以上の報酬)をAaveポリゴン市場に割り当てられており、下記のように2つのフェーズに分けて行われます。

フェーズ1:総供給量の0.5%(報酬額2,000万ドル)-2021年4月14日(12:00 UTC)から2021年6月14日(12:00 UTC)

フェーズ2:総供給量の0.5%(報酬額2,000万ドル)-2021年6月14日(12:00 UTC)~2022年4月13日(12:00 UTC)

リワードプログラムの詳細
詳細:#DeFiForAll: Kicking off L2 DeFi Summer with 40 Million+ USD in Liquidity Mining rewards from Polygon for Aave’s Polygon markets!

他のプロジェクトも参画

QuickSwap

ポリゴンで最も流動性の高いDEX(分散型金融)であるQuickSwap(クイックスワップ)は、総トークン供給量の3%(30,000 QUICK=発表時点で500万ドル以上)をファーミング報酬の形で割り当てています 。QuickSwap DEXでAaveトークンのペアに流動性を提供した人に対して、Aaveトークンの利息+MATICリクイディティ・ファーミング報酬+QUICK LP報酬+出来高取引手数料を得ることができます。

ComethSwap

ポリゴンで2番目に大きいDEXであるComethSwapでもファーミング報酬の形で総トークン供給量の2%(20,000 MUST = 350万ドル相当)を割り当て、高い報酬を実現しています。

ComethSwap及びComethSwapについては両方とも各チームからの詳細について確認してから利用してください。

ポリゴンチームがMATICの総供給量の1%を割り当てているところからも高い注力度合いがうかがえます。ポリゴンのDeFiエコシステムでの貢献に今度も期待が高まります。

参考
・流動性提供の方法(英語):【動画】

・フェーズ1のリクイディティマイニング参加方法:https://app.aave.com/markets
#DeFiForAll: Kicking off L2 DeFi Summer with 40 Million+ USD in Liquidity Mining rewards from Polygon for Aave’s Polygon markets!

おすすめの記事
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。