【墨汁速報】バハマ規制当局4608億円相当のFTX顧客の仮想通貨を保管していると発表

バハマ証券委員会の発表によると、破綻したFTXグループの顧客資産を11月12日付けの価格で35億ドル(約4608億円)相当の仮想通貨を一時的に押収し、保管していると発表。この押収している仮想通貨をFTX顧客と債権者へ返還するという。

関連記事:【墨汁速報】FTX破綻直後のハッキングで盗まれた仮想通貨の一部を司法省が凍結に成功

バハマ当局がFTX顧客資産4608億円を押収

ロイターによるとFTXのバハマ支部は11月のFTXグループの破産申請に伴い、即座に規制当局がコントロールするウォレットに仮想通貨を送金したという。バハマ最高裁に提出した資料によるとバハマ当局理事のクリスティーナ・ロール(Christina Rolle)氏は、「送金の完了に伴い、FTX前CEOのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏とGary Wang氏は今後仮想通貨にアクセスすることができず、送金と凍結を完了した」と述べており、全ての押収したか仮想通貨を当局が完全にコントロールしているという。

押収したFTX顧客資産を返還予定

また発表によるとバハマ当局は債権者およびユーザーに押収した仮想通貨を返還すると述べており、バハマ最高裁が当局に返還を命じられるまで保管しておくという。一方でFTXグループの破産前にFTXはバハマ支部からの出金優先を行うと表明していたが、バハマ当局は直接的に優先してバハマユーザーに直接の引き出しをさせることはないと強調している。

FTXの弁護士は12月初旬にバハマ支部の内部記録要求に反対し、資産を吸い上げるために使用される可能性があるデータであり、バハマ政府を信用できないと述べていた。

FTX債権者にとっての朗報

FTXは破産申請前の出金停止時、約80億ドル(1.05兆円)の不足があると報道されていた。負債は100億ドルから500億ドルとされているが、前CEOが顧客資産を使い込んでいたことから債権者への弁済は20%前後と見られていたものの、バハマ当局から返還を受けられればより多くの資産返還を受けられることになることになるだろう。

一方でFTXの公式発表ではイーサリアム上のトランザクション(送金履歴)から1.95億FTTと1938ETH、その他で現在の価値で220億円であると発表がされており、バハマ当局との主張と大きな食い違いがある。

関連記事:FTXの破産はどこまで仮想通貨に影響する?連鎖倒産の経緯と今後

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
仮想通貨ニュース
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
現在は市場価格にあまり変化がなく、停滞気味に見えるビットコイン(BTC)ですが、その裏で先物市場における基準価格は一年ぶりの底値を迎えようとしています。前例もいくつかあり、その際は共に回復傾向に変わるとプラスの影響がありましたが、今回はどのような結果となるのでしょうか。