ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH) 相場チャート


ビットコインキャッシュ リアルタイムレートへ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨のことです。BCCと表記されることもありますが、BitConnect CoinがBCC表記のため、BCHやBcashといわれることもあります。名称は中国マイニングプールの「ViaBTC」からの提案とされている。ビットコインキャッシュ(BCH)が生まれた背景には何年も続いたスケーラビリティ論争があります。

これは詳しく説明すると、ビットコインをどうやってスケールさせるか、つまりどのような方法で増えていく利用者や取引の負荷に耐えられるようにするかといった問題です。これまでビットコインのブロックのサイズは1メガバイトでしたが、このままではデータがいっぱいになってしまう。
そこで、ビットコインのブロックのサイズを引き上げようという案と、ブロックのサイズは同じままにしながたデータをぎゅっと詰めこめる方法を考えようという案の二つで意見が分かれ開発者やユーザーを巻き込んだ大きな論争があったのです。結局両サイドの意見が割れたままでひとつのソリューションにたどり着くことができなかったため、ハードフォークが起きてビットコインが2つに分裂したのです。このため、分裂した時点で1ビットコインを保有していた人には、1ビットコインキャッシュが付与されています。

ビットコインキャッシュは大きなブロックサイズで開発を進めることになり、みんなの注目が集まっています。また、ビットコインとビットコインキャッシュはマイナーのハッシュパワーのバランスでも注目されています。ビットコインキャッシュへのハッシュパワーがビットコインを上回ったときにBCHの価格は何倍にも上昇しました。BTCとBCHを巡るマイニングにかける力のバランスは今後も注目が集まりそうです。

ビットコインキャッシュはビットコインと何が違うのか?

ブロックサイズが異なります。ビットコインは1(MB)メガバイトでビットコインキャッシュは8(MB)メガバイトです。ビットコインの送金詰まり(送金遅延)・手数料の高騰を解決するためにブロックサイズを大きくしたという経緯があります。 478,558ブロック以降に分裂しているので、それまでのトランザクションはビットコインと同一ですが、それ以降、ビットコインと後方互換性が無くなりました。

歴史

2017年8月:ビットコインキャッシュ誕生
2017年11月:12~13日にかけてBTCとハッシュレート逆転
2017年12月:米BitPayが取り扱い開始
2018年1月:米大手取引所「Coinbase」に上場

BCH取扱い取引所

コインチェック、ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、ビットトレード、QUOINE、GMOコイン、DMM Bitcoin等ほとんどの取引所で取り扱いがあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)のニュース一覧

ビットコインキャッシュ(BCH)に関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
ビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティに投票可能なプラットフォームを14歳の開発者が構築

ビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティに投票可能なプラットフォームを14歳...

14歳の開発者が、ビットコインキャッシュ(BCH)に投票可能な検閲不可能のプラットフォームを構築したことが話題となっている。Bitcoin Voiceが開発されるまで経緯や詳細を海外メディアのインタビューで語っていた。今回はその内容を紹介。
ビットコインキャッシュ(BCH)が5月にハードフォーク、最大32MBに拡張予定

ビットコインキャッシュ(BCH)が5月にハードフォーク、最大32MBに拡張予定

ビットコインキャッシュ(BCH)が2018年5月15日にハードフォークを実装することがわかった。今回の変更はスケーリングと迅速な取引が目的とされ、ブロックサイズは最大32MBへと拡張予定となる。日程はあくまでも予定だと言われている。
ビットコインキャッシュウォレット「Yenom(エノム)」は、日常使い・少額決済に特化したシンプル設計

ビットコインキャッシュのウォレット「Yenom(エノム)」は日常使い・少額決済に...

3月末に開催されたサトシズビジョンカンファレンスのブースで出展していたビットコインキャッシュ専用のウォレットYenom(エノム)の紹介。日常使い、少額決済に特化したシンプルなアプリ。わかりやすい、使いやすいが故の使用時の注意点を解説します。
まるでテーマパーク!ビットコインキャッシュの有名人が続々登場【Satoshi’s Visionイベントレポート】

まるでテーマパーク!ビットコインキャッシュの有名人が続々登場【Satoshi’s...

2018年3月23日から25日にかけて行われたSatoshi’s Visionのイベントに行ってきました。ビットコインキャッシュ(BCH)を盛りあげるエバンジェリストや開発者の方が登壇するセッションやその後に催された交流会の様子をレポートします。
アプリ開発者がビットコインキャッシュを採用する理由、Joysrtreamの見解とは?

アプリ開発者がビットコインキャッシュを採用する理由、Joysrtreamの見解と...

JoyStreamがアプリ上で使う暗号通貨をBTCからBCHに移行するということを発表した。JoyStreamは一部の教鞭なBCH派ではなく、フラットなアプリ提供者といえる。BCHへシフトした理由を書いたリリースを平野氏に解説していただきました。
ビットコインキャッシュ(BCH)について 宍戸健氏に独自取材

ビットコインキャッシュ(BCH)の普及活動をする理由とは:宍戸健氏に独占インタビ...

ビットコインキャッシュ(BCH)のエバンジェリストとしてBCH普及活動をされている宍戸健氏にくりぷと氏が独占インタビュー!先日講演された「ビットコインキャッシュについて」の内容(宍戸氏がBCHを好きな理由など)をお届けします。必見です。
ビットコインキャッシュ(BCH)がランサムウェアの支払い方法に使われ始めている?!

ビットコインキャッシュ(BCH)がランサムウェアの支払い方法に使われ始めている?...

ビットコインキャッシュ(BCH)がランサムウェアの支払い方法のひとつとして使われ始めているのはご存知でしょうか?このページでは「ランサムウェアとは?」「どうして使われるようになったのか?」を五月雨まくら氏にわかりやすく解説していただきました。
最も見るべき指標とは?ビットコインキャッシュ(BCH)の最新動向やニュースまとめ

最も見るべき指標とは?ビットコインキャッシュ(BCH)の最新動向やニュースまとめ...

ビットコインキャッシュ(BCH)の最新の動向やニュースの解説。ビットコインキャッシュ(BCH)を利用したサービスが続々とリリースの予定をたてています。今後はどのようにユーザーに利用されていくのでしょうか。
ビットコインキャッシュの定点観測、12月-1月の主な出来事などを振り返る。

ビットコインキャッシュ(BCH)の定点観測:12月~1月の主な出来事

ビットコインキャッシュ(BCH)に関してのコラムです。今後の流れとしては、世界全体で取り扱い取引所増加、Gavin Andresen氏がビットコインキャッシュの開発に関与、トランザクション数やブロックサイズの増加、ビッグブロックの開発に関する大型カンファレンスが発表、新しいアドレスフォーマットの適用など様々なイベントがありそうです。

ビットコインキャッシュ高騰の要因は?

価格が高騰中のビットコイン、一体何が起きたのでしょうか? 今回はその原因と、ビットコインの状況について調べてみましょう !

ビットコイン決済大手のBitpayがビットコインキャッシュ(BCH)を採用

ビットコインキャッシュの利用が徐々に広がりつつあります。最近は決済企業Bitpayがビットコインキャッシュのサポートを発表。これは単に仕える場所が増えるだけでなく、ビットコインキャッシュの能力が試される出来事です。

ビットコインのチャート分析、週末戦略12月8日〜

急上昇を続けているビットコイン、今週末は激しい相場の動きに備えて、一旦手じまい、あえててを出さない方針のようです。
ビットコイン週末の投資戦略11月24日〜

ビットコイン週末の投資戦略11月24日〜

今週末のヒロピーのビットコイン戦略はビットコインとビットコインキャッシュのハッシュレートに注目しています。週末にかけて相場はどのようになるのでしょうか?
ビットコインキャッシュを取り扱うビジネスの状況

ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱うビジネスの状況

ビットコインキャッシュについても引き続き注目が集まっています。現在ウォレットや取引所等のビジネスがどのように対応しているのか見てみましょう。
ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

久しぶりの記事更新です。今回の記事の分かり易い例えが思いつかなかったので、時間がかかってしまいました。内容は、よく聞くハードフォーク(分裂)についてです。「ビットコインクラシック開発中止の意味??ラーメン店の暖簾分けの揉め事と大差ない。」
ビットコインとビットコインキャッシュの切り替わり

これを見ればわかる!ビットコインとビットコインキャッシュの切り替わり

11月11日、12日の週末はビットコインは急落から急騰、ビットコインキャッシュは急騰から急落という相反するジェットコースター相場を繰り広げました。
波乱の週末を乗り越え70万円まで回復

ビットコイン、波乱の週末を乗り越え70万円まで回復

11月11日~12日のビットコインは非常に荒い動きとなった。ビットコインキャッシュの価格高騰とハッシュレートの移動によって大きな影響を受けた。
ビットコインキャッシュ、上昇トレンド相場入りか?

ビットコインキャッシュ、上昇トレンド相場入りか?

上昇を続けるビットコインですが、現在(11月10日)は80万~85万円を推移しています。ひろぴー氏はどんな戦略で今週はトレードするのでしょうか。また、ビットコインキャッシュは8万円を超えており、今後どんなトレンドになるのかひろぴー氏が解説します。
送金料・スピード・対検閲性、ビットコインにとって最も重要な要素は?

送金料・スピード・対検閲性、ビットコインにとって最も重要な要素は?

ビットコインにとって一番大事なことって何だろう?海外にでも一瞬で送金できること?それとも送金の手数料が銀行に比べて安いこと?それとも政府にも企業にも直接コントロールされないアセットであること?
ビットコインキャッシュ(BCC/BTC)上昇の原因は?

ビットコインキャッシュ(BCC/BTC)上昇の原因は?

週末にビットコインキャッシュの価格が急上昇。一体なにが要因なのでしょうか?ボリ平さんはハッシュレートに注目しているようです。
これからビットコインキャッシュの価格が上がると起こりうること

これからビットコインキャッシュの価格が上がると起こりうること

11月の予定されているビットコインのフォークについて、ビットコインキャッシュ支持派の動きや、考えうるシナリオ、もしも価格が上がったら何が起きるのかについて、平野氏が意見を述べる。
ビットコインゴールドは哲学のないハードフォークであり、貨幣鋳造である

ビットコインゴールドは哲学のないハードフォークであり、貨幣鋳造である

10月25日にビットコインゴールドのハードフォークが控えています。11月の2Xハードフォークの話題の方が大きな問題となっていますが、次のハードフォークとその影響について考えてみましょう。
サトシナカモトが描いたビットコインを巡る論争について

サトシナカモトが描いたビットコインを巡る論争について

8月の大分裂騒動の原因と言われる、ビットコインへの考え方の違い。この相違ポイントの一つとして、サトシナカモトの論文があります。今回は平野氏の視点で論点を整理し、意見を述べています。
BCH(ビットコインキャッシュ)について知っておきたい現状まとめ

BCH(ビットコインキャッシュ)について知っておきたい現状まとめ

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰しています。今ここでビットコイン・キャッシュの現状についていくつかのデータを見ながら、マイニングの状況、ブロックチェーンの様子、収益性についてみてみましょう。
ビットコインキャッシュ(BCH)急騰!一時10万円の理由

ビットコインキャッシュ(BCH)急騰!一時10万円の理由

つい最近まで3万円台だったビットコインキャッシュが急騰!一時10万円台にまで上昇しました。今回の高騰の要因はなんだったのか?チャートとともにボリ平氏に説明していただきました。今後の見通しは?投資家目線での解説に注目です!
ビットコインキャッシュの表記「BCHとBCC」どっちなの?

ビットコインキャッシュの表記「BCHとBCC」どっちなの?

ビットコイン・キャッシュ、みなさんはもう入手されましたか?当初はBCCと言われていたのですが、最近はBCHと表記されるケースも増えています。なぜこんな混乱が起きているのでしょうか?その背景についてボリ平さんが解説。
ビットコインキャッシュ(ロゴ)

ビットコインキャッシュ、売るべきか、ホールドすべきか?

ハードフォークで分裂したビットコインキャッシュを付与してもらえた皆さん、これどうしていますか?うまく高値で売れた人、とりあえずホールド中の人、むしろ買い増したビッグブロック派もいると思いますが・・・
分裂後、ビットコインキャッシュの価格が上昇

分裂後、ビットコインキャッシュの価格が上昇

先日、BTC(ビットコイン)から分裂をしたBCC(ビットキャッシュ)。分岐後は一体どうなっていくのか?見通しを解説します。現時点でBCC(ビットキャッシュ)の取り扱い業者の取引価格や時価総額などを画像付きで紹介。今後の注目点をまとめました。
ビットコイン・キャッシュが8月1日に誕生予定、各取引所の対応は?

ビットコイン・キャッシュが8月1日に誕生予定、各取引所の対応は?

8月1日のハードフォークで登場するビットコイン・キャッシュに注目が集まる。国内取引所の対応、ウォレットに入れている場合の対応、海外取引所の反応などをまとめた。
ビットコインキャッシュ(ロゴ)

知っておきたい!ビットコインキャッシュのこと

8月1日にビットコインキャッシュが誕生するとの噂になっていますが、これはいったいどのようなものなのでしょうか。ハードフォークの意味や分岐した時の対応についてボリ平さんが解説

ビットコインキャッシュ(BCH) 相場チャート


ビットコインキャッシュ リアルタイムレートへ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨のことです。BCCと表記されることもありますが、BitConnect CoinがBCC表記のため、BCHやBcashといわれることもあります。名称は中国マイニングプールの「ViaBTC」からの提案とされている。ビットコインキャッシュ(BCH)が生まれた背景には何年も続いたスケーラビリティ論争があります。

これは詳しく説明すると、ビットコインをどうやってスケールさせるか、つまりどのような方法で増えていく利用者や取引の負荷に耐えられるようにするかといった問題です。これまでビットコインのブロックのサイズは1メガバイトでしたが、このままではデータがいっぱいになってしまう。
そこで、ビットコインのブロックのサイズを引き上げようという案と、ブロックのサイズは同じままにしながたデータをぎゅっと詰めこめる方法を考えようという案の二つで意見が分かれ開発者やユーザーを巻き込んだ大きな論争があったのです。結局両サイドの意見が割れたままでひとつのソリューションにたどり着くことができなかったため、ハードフォークが起きてビットコインが2つに分裂したのです。このため、分裂した時点で1ビットコインを保有していた人には、1ビットコインキャッシュが付与されています。

ビットコインキャッシュは大きなブロックサイズで開発を進めることになり、みんなの注目が集まっています。また、ビットコインとビットコインキャッシュはマイナーのハッシュパワーのバランスでも注目されています。ビットコインキャッシュへのハッシュパワーがビットコインを上回ったときにBCHの価格は何倍にも上昇しました。BTCとBCHを巡るマイニングにかける力のバランスは今後も注目が集まりそうです。

ビットコインキャッシュはビットコインと何が違うのか?

ブロックサイズが異なります。ビットコインは1(MB)メガバイトでビットコインキャッシュは8(MB)メガバイトです。ビットコインの送金詰まり(送金遅延)・手数料の高騰を解決するためにブロックサイズを大きくしたという経緯があります。 478,558ブロック以降に分裂しているので、それまでのトランザクションはビットコインと同一ですが、それ以降、ビットコインと後方互換性が無くなりました。

歴史

2017年8月:ビットコインキャッシュ誕生
2017年11月:12~13日にかけてBTCとハッシュレート逆転
2017年12月:米BitPayが取り扱い開始
2018年1月:米大手取引所「Coinbase」に上場

BCH取扱い取引所

コインチェック、ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、ビットトレード、QUOINE、GMOコイン、DMM Bitcoin等ほとんどの取引所で取り扱いがあります。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@