ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH) 相場チャート


ビットコインキャッシュ リアルタイムレートへ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨のことです。BCCと表記されることもありますが、BitConnect CoinがBCC表記のため、BCHやBcashといわれることもあります。名称は中国マイニングプールの「ViaBTC」からの提案とされている。ビットコインキャッシュ(BCH)が生まれた背景には何年も続いたスケーラビリティ論争があります。

これは詳しく説明すると、ビットコインをどうやってスケールさせるか、つまりどのような方法で増えていく利用者や取引の負荷に耐えられるようにするかといった問題です。これまでビットコインのブロックのサイズは1メガバイトでしたが、このままではデータがいっぱいになってしまう。
そこで、ビットコインのブロックのサイズを引き上げようという案と、ブロックのサイズは同じままにしながたデータをぎゅっと詰めこめる方法を考えようという案の二つで意見が分かれ開発者やユーザーを巻き込んだ大きな論争があったのです。結局両サイドの意見が割れたままでひとつのソリューションにたどり着くことができなかったため、ハードフォークが起きてビットコインが2つに分裂したのです。このため、分裂した時点で1ビットコインを保有していた人には、1ビットコインキャッシュが付与されています。

ビットコインキャッシュは大きなブロックサイズで開発を進めることになり、みんなの注目が集まっています。また、ビットコインとビットコインキャッシュはマイナーのハッシュパワーのバランスでも注目されています。ビットコインキャッシュへのハッシュパワーがビットコインを上回ったときにBCHの価格は何倍にも上昇しました。BTCとBCHを巡るマイニングにかける力のバランスは今後も注目が集まりそうです。

ビットコインキャッシュはビットコインと何が違うのか?

ブロックサイズが異なります。ビットコインは1(MB)メガバイトでビットコインキャッシュは8(MB)メガバイトです。ビットコインの送金詰まり(送金遅延)・手数料の高騰を解決するためにブロックサイズを大きくしたという経緯があります。 478,558ブロック以降に分裂しているので、それまでのトランザクションはビットコインと同一ですが、それ以降、ビットコインと後方互換性が無くなりました。

歴史

2017年8月:ビットコインキャッシュ誕生
2017年11月:12~13日にかけてBTCとハッシュレート逆転
2017年12月:米BitPayが取り扱い開始
2018年1月:米大手取引所「Coinbase」に上場

BCH取扱い取引所

コインチェック、ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、ビットトレード、QUOINE、GMOコイン、DMM Bitcoin等ほとんどの取引所で取り扱いがあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の記事一覧
ビットコインキャッシュ(BCH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

最も見るべき指標とは?ビットコインキャッシュ(BCH)の最新動向やニュースまとめ

最も見るべき指標とは?ビットコインキャッシュ(BCH)の最新動向やニュースまとめ...

ビットコインキャッシュ(BCH)の最新の動向やニュースの解説。ビットコインキャッシュ(BCH)を利用したサービスが続々とリリースの予定をたてています。今後はどのようにユーザーに利用されていくのでしょうか。
ビットコインキャッシュの定点観測、12月-1月の主な出来事などを振り返る。

ビットコインキャッシュ(BCH)の定点観測:12月~1月の主な出来事

ビットコインキャッシュ(BCH)に関してのコラムです。今後の流れとしては、世界全体で取り扱い取引所増加、Gavin Andresen氏がビットコインキャッシュの開発に関与、トランザクション数やブロックサイズの増加、ビッグブロックの開発に関する大型カンファレンスが発表、新しいアドレスフォーマットの適用など様々なイベントがありそうです。

ビットコインキャッシュ高騰の要因は?

価格が高騰中のビットコイン、一体何が起きたのでしょうか? 今回はその原因と、ビットコインの状況について調べてみましょう !

ビットコイン決済大手のBitpayがBCHを採用

ビットコインキャッシュの利用が徐々に広がりつつあります。最近は決済企業Bitpayがビットコインキャッシュのサポートを発表。これは単に仕える場所が増えるだけでなく、ビットコインキャッシュの能力が試される出来事です。

ビットコインのチャート分析、週末戦略12月8日〜

急上昇を続けているビットコイン、今週末は激しい相場の動きに備えて、一旦手じまい、あえててを出さない方針のようです。
ビットコイン週末の投資戦略11月24日〜

ビットコイン週末の投資戦略11月24日〜

今週末のヒロピーのビットコイン戦略はビットコインとビットコインキャッシュのハッシュレートに注目しています。週末にかけて相場はどのようになるのでしょうか?
ビットコインキャッシュを取り扱うビジネスの状況

ビットコインキャッシュを取り扱うビジネスの状況

ビットコインキャッシュについても引き続き注目が集まっています。現在ウォレットや取引所等のビジネスがどのように対応しているのか見てみましょう。
ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

久しぶりの記事更新です。今回の記事の分かり易い例えが思いつかなかったので、時間がかかってしまいました。内容は、よく聞くハードフォーク(分裂)についてです。「ビットコインクラシック開発中止の意味??ラーメン店の暖簾分けの揉め事と大差ない。」
ビットコインとビットコインキャッシュの切り替わり

これを見ればわかる!ビットコインとビットコインキャッシュの切り替わり

11月11日、12日の週末はビットコインは急落から急騰、ビットコインキャッシュは急騰から急落という相反するジェットコースター相場を繰り広げました。
波乱の週末を乗り越え70万円まで回復

ビットコイン、波乱の週末を乗り越え70万円まで回復

11月11日~12日のビットコインは非常に荒い動きとなった。ビットコインキャッシュの価格高騰とハッシュレートの移動によって大きな影響を受けた。

ビットコインキャッシュ(BCH) 相場チャート


ビットコインキャッシュ リアルタイムレートへ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨のことです。BCCと表記されることもありますが、BitConnect CoinがBCC表記のため、BCHやBcashといわれることもあります。名称は中国マイニングプールの「ViaBTC」からの提案とされている。ビットコインキャッシュ(BCH)が生まれた背景には何年も続いたスケーラビリティ論争があります。

これは詳しく説明すると、ビットコインをどうやってスケールさせるか、つまりどのような方法で増えていく利用者や取引の負荷に耐えられるようにするかといった問題です。これまでビットコインのブロックのサイズは1メガバイトでしたが、このままではデータがいっぱいになってしまう。
そこで、ビットコインのブロックのサイズを引き上げようという案と、ブロックのサイズは同じままにしながたデータをぎゅっと詰めこめる方法を考えようという案の二つで意見が分かれ開発者やユーザーを巻き込んだ大きな論争があったのです。結局両サイドの意見が割れたままでひとつのソリューションにたどり着くことができなかったため、ハードフォークが起きてビットコインが2つに分裂したのです。このため、分裂した時点で1ビットコインを保有していた人には、1ビットコインキャッシュが付与されています。

ビットコインキャッシュは大きなブロックサイズで開発を進めることになり、みんなの注目が集まっています。また、ビットコインとビットコインキャッシュはマイナーのハッシュパワーのバランスでも注目されています。ビットコインキャッシュへのハッシュパワーがビットコインを上回ったときにBCHの価格は何倍にも上昇しました。BTCとBCHを巡るマイニングにかける力のバランスは今後も注目が集まりそうです。

ビットコインキャッシュはビットコインと何が違うのか?

ブロックサイズが異なります。ビットコインは1(MB)メガバイトでビットコインキャッシュは8(MB)メガバイトです。ビットコインの送金詰まり(送金遅延)・手数料の高騰を解決するためにブロックサイズを大きくしたという経緯があります。 478,558ブロック以降に分裂しているので、それまでのトランザクションはビットコインと同一ですが、それ以降、ビットコインと後方互換性が無くなりました。

歴史

2017年8月:ビットコインキャッシュ誕生
2017年11月:12~13日にかけてBTCとハッシュレート逆転
2017年12月:米BitPayが取り扱い開始
2018年1月:米大手取引所「Coinbase」に上場

BCH取扱い取引所

コインチェック、ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、ビットトレード、QUOINE、GMOコイン、DMM Bitcoin等ほとんどの取引所で取り扱いがあります。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@