ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC) 相場チャート

ライトコインとは?

2011年10月に、元GoogleエンジニアのCharlie Leeによってライトコイン(Litecoin)が開発されました。仮想通貨時価総額ランキングでも上位にある人気通貨です。ライトコインは、ビットコインの弱点を補完するように作成された通貨です。Leeによる「ビットコインが金なら、ライトコインは銀を目指す」という発言からも明らかです。基本的に、基本機能はビットコインと似ていますが、いくつか異なる点があります。

ライトコインはビットコインと何が違うのか?

ブロック承認時間が短い

ビットコインのブロック承認時間が10分であることに対して、ライトコインは2.5分で承認を終えることができます。つまり、1/4の速度でマイニングが行われるということです。これにより、ライトコインは日常利用に適した通貨であるといえます。ただ、必ずしも承認時間が短いことが優れているとはいえません。なぜなら、承認時間が短いということは、ブロックの検証時間も比例して短くなるからです。そのため、セキュリティ面で劣ってしまう可能性はあります。

暗号化方式がScrypt

ライトコインは、GPU耐性を求めるために、Scryptという暗号化方式を採用しています。GPUとは、CPUより処理速度が早い特徴があります。ビットコインは、GPUマイニングが主流でしたので、個人がマイニングを行うことは、ほぼ不可能でした。そこでScryptを用いることで、一般のPCでもマイニングができるように設計されました。

発行上限数が多い

ライトコインの発行上限枚数は8,400万枚で、2,100万枚のビットコインの4倍です。これは、ビットコインが発行される速度と発行枚数の比率を同じにするためだといわれています。

ライトコインの今後

ライトコインも、取引量が増加すればビットコインと同じようにスケーラビリティの問題を抱えてしまうリスクがあります。それに対処するために注目な技術が、アトミックスワップとライトニングネットワークです。前者は、異なる仮想通貨同士がトラストレスかつ安全に当事者間で交換できる仕組みのことです。ネットワークで直接的に結びついてない当事者が、安全かつ迅速にブロックチェーンネットワーク外(オフチェーン)を利用して、送金をすることができる技術です。どちらの技術も、まだ実験段階であり、実用化まで時間がかかると思いますが、これらが実現すれば、ライトコインの価格にも影響を与えるでしょう。

ライトコイン(LTC)の記事一覧
ライトコイン(LTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨単位

知ってる?ビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単...

仮想通貨の価格が上がると表記の仕方、呼び方が複雑になっていきます。そこでビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単位に関しての記事です。近い未来にこちらの表記が変わってくるかもしれません。
注目が集まるライトコイン、最近の動向は?

ライトコイン生みの親、保有していたLTCをすべて手放す

ライトコインの生みの親である、チャーリ―氏は自身が保有していたライトコインをすべて売却・寄付したことを発表した。
ライトコインが抱える問題点と今後の展望

ライトコインが抱える問題点と今後の展望

Segwit実装後ますます注目が高まるライトコイン。しかし、ビットコインとは違った問題も抱えており、ハッシュレートや開発者の少なさ、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏に依存していることなどが・・・
注目が集まるライトコイン、最近の動向は?

注目が集まるライトコイン、最近の動向は?

最近注目が集まっているライトコイン。今回はSegwit実装後ライトコイン界隈でどのような動きがあるのかをまとめた。チャーリー・リー氏の活動からデベロッパー、インフラ整備まで、最新の動向をチェックしよう。
bitFlyerでライトコイン販売開始にチャーリーも喜ぶ

bitFlyerでライトコイン販売開始にチャーリーも喜ぶ

ビットフライヤーがライトコインの取り扱いを開始。ツイッター上ではライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏も喜んでいるようです。今回はビットフライヤーでのライトコインの買い方をボリ平さんに教えてもらいましょう。
ライトコインはビットコインの避難先に最適か?

ライトコインはビットコインの避難先に最適か?

ビットコイン分裂危機で不安が残る仮想通貨市場。それに対し、現在注目されているのがライトコイン(Litecoin)です。注目が集まるライトコインはどのような仮想通貨なのでしょうか?
FXTF関連会社のビットトレードでビットコインをライトコインに交換してみた

FXTF関連会社のビットトレードでビットコインをライトコインに交換してみた

ビットコインは別仮想通貨に変えておくのがチャンス?ボリ平さんはFXトレード・フィナンシャル関連会社のBitTrade(ビット・トレード)でライトコインを購入したようです。
ビットコインの不安が高まる中、デジタル銀貨のライトコインに注目が集まる

ビットコインの不安が高まる中、デジタル銀貨のライトコインに注目が集まる

ライトコインの価格は7月に入ってから上昇が続いている。ライトコインはビットコインがデジタルゴールドならライトコインはシルバーだという位置づけの仮想通貨だ。
ライトコイン50ドル越え過去最高値

ライトコイン50ドル越え過去最高値

ライトコインの価格が過去最高値を更新した。本稿作成時点での価格は約5300円だ。ライトコインはビットコインに先立ってSegwitを実装しており、またイギリスの取引所での取り扱い開始などのニュースがある。

ライトコイン(LTC) 相場チャート

ライトコインとは?

2011年10月に、元GoogleエンジニアのCharlie Leeによってライトコイン(Litecoin)が開発されました。仮想通貨時価総額ランキングでも上位にある人気通貨です。ライトコインは、ビットコインの弱点を補完するように作成された通貨です。Leeによる「ビットコインが金なら、ライトコインは銀を目指す」という発言からも明らかです。基本的に、基本機能はビットコインと似ていますが、いくつか異なる点があります。

ライトコインはビットコインと何が違うのか?

ブロック承認時間が短い

ビットコインのブロック承認時間が10分であることに対して、ライトコインは2.5分で承認を終えることができます。つまり、1/4の速度でマイニングが行われるということです。これにより、ライトコインは日常利用に適した通貨であるといえます。ただ、必ずしも承認時間が短いことが優れているとはいえません。なぜなら、承認時間が短いということは、ブロックの検証時間も比例して短くなるからです。そのため、セキュリティ面で劣ってしまう可能性はあります。

暗号化方式がScrypt

ライトコインは、GPU耐性を求めるために、Scryptという暗号化方式を採用しています。GPUとは、CPUより処理速度が早い特徴があります。ビットコインは、GPUマイニングが主流でしたので、個人がマイニングを行うことは、ほぼ不可能でした。そこでScryptを用いることで、一般のPCでもマイニングができるように設計されました。

発行上限数が多い

ライトコインの発行上限枚数は8,400万枚で、2,100万枚のビットコインの4倍です。これは、ビットコインが発行される速度と発行枚数の比率を同じにするためだといわれています。

ライトコインの今後

ライトコインも、取引量が増加すればビットコインと同じようにスケーラビリティの問題を抱えてしまうリスクがあります。それに対処するために注目な技術が、アトミックスワップとライトニングネットワークです。前者は、異なる仮想通貨同士がトラストレスかつ安全に当事者間で交換できる仕組みのことです。ネットワークで直接的に結びついてない当事者が、安全かつ迅速にブロックチェーンネットワーク外(オフチェーン)を利用して、送金をすることができる技術です。どちらの技術も、まだ実験段階であり、実用化まで時間がかかると思いますが、これらが実現すれば、ライトコインの価格にも影響を与えるでしょう。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@