老舗企業のWeb3ゲームに参入に期待、ダップレーダーが6月のレポート公開

分散型アプリケーション(DApps)やNFTなどの分析を行っているダップレーダー(DappRadar)は7月13日、2023年6月におけるブロックチェーンゲームに関するレポートを公開した。

メタバースの主流への普及を加速させる可能性がある

今回のレポートの中でダップレーダーは、ブロックチェーンゲームについて、2021年7月以来の最低の市場支配率を記録したにもかかわらず、依然として業界の原動力となっていると評価している。ブロックチェーンゲームのデイリーユニークアクティブウォレット(dUAW)は716,127と、業界全体のエンゲージメントの36%を占めている。

また、今回のレポートは、仮想世界における土地の取引高や取引量についても触れている。これによると、2023年6月のバーチャルワールドの取引高は、1件平均594ドル(約8万2,000円)の土地が12,466件取引された。しかし取引高は5月の980万ドルから740万ドルに激減しているという。一方で、販売数は5月より11%増加した。このような数字になった原因として、ダップレーダーは、仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)とコインベース(Coinbase)に対するSEC(米国証券取引委員会)の訴訟によるものだという見解を示した。

Web3ゲームやメタバースプロジェクトに対する投資額は約94億円

今回のレポートによると、2023年6月におけるWeb3ゲームやメタバースプロジェクトに対する投資額は6,820万ドルで年初来最低の数字を記録していた。投資額の内訳は、ゲーム/メタバース・プロジェクトが4,800万ドルで投資額の70%を占め、残りの30%がインフラ・プロジェクトの2,020万ドルだった。

また今回のレポートでは、アップルが発表した空間コンピュータのアップルビジョンプロ(Apple Vision Pro)についても触れている。ほかにも、注目すべきトレンドとして、ユービーアイソフト(Ubisoft)などの老舗ゲーム企業がWeb3ゲームに参入していることを挙げた。これらの企業は、Web3の同業他社に比べて、より多くのリソースと資金を持っており、高品質のWeb3ゲームを制作する能力がある。このため、ブロックチェーンゲームの普及を促進する可能性があるとまとめた。

参考
・Web3 Gaming: 716K UAW Amid 36% Market Dominance

【こんな記事も読まれています】
ヴァーチャルスポーツリーグの「シムウィンスポーツ」がイミュータブルと戦略的提携を発表
アニモカ・ブランズ、Web3ゲームのファルカナと戦略的契約締結
ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?

おすすめの記事
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
リークによると世界最大手仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」の重要な役員が最低でも3名辞任したという。バイナンスは米国証券取引委員会(SEC)や米商品先物取引委員会(CFTC)などの米国規制当局の提訴だけにとどまらず、世界中の規制当局から調査を受けておりライセンス取得や買収判断見送りなどの影響が出ている。