【墨汁速報】バイナンス元CEO"CZ"最大18ヶ月投獄と74億円の罰金支払いに直面

世界最大手仮想通貨(暗号資産)取引所のバイナンスの元CEOで、米司法省との司法取引で約6400億円の支払いと辞任に合意したチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao=CZ)氏が取引の一貫として最大で18ヶ月刑務所に投獄される可能性に直面している。バイナンスが支払う罰金のうち、CZ氏個人では74億円以上の支払いとなるという。

関連記事:【墨汁速報】バイナンス約6400億円の支払いで米司法省と和解 CZはCEOを辞任へ

司法取引の一貫としてCZが投獄の可能性

ブルームバーグによると、米司法省と米国証券取引委員会(SEC)を除くその他米規制当局と司法取引を行ったバイナンスの元CEO、チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao=CZ)氏が刑務所に最大で18ヶ月の投獄となる可能性が浮上している。

またCZ氏個人の罰金として最大で74億円とさらに罪状を認めた方法で得た利益のすべてを支払いする必要があるとしており、これらの最終的な判決には最大で6ヶ月の期間を有するという。

同様のBitMEXの元CEOの例は?

バイナンス及び創設者で元CEOのCZ氏は2020年に起訴された元世界最大手仮想通貨デリバティブ取引所のビットメックス(BitMEX)が同様の米国銀行法違反で有罪となっている。

ビットメックスの元CEOで起訴された1年後に逮捕されたアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)の例では、創設者各自で14.8億円の罰金支払いと刑務所へ6ヶ月から最大で12ヶ月の投獄が求刑されていた。
結果的に2年間の自宅監禁となっているが、ビットメックスの例では罰金支払いが148億円とバイナンスと比較すると43倍もの規模となるということだ。

関連記事:【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所

CZの誓約保証金はSBFを大きく下回る

CZ氏の誓約保証金が約260億円に設定され、もし2月の法定に現れない場合この全額を支払う必要がある。
1年前に破綻したFTXグループの元CEO、SBFの場合は370億円となっており、CZ氏は大きく下回る形となった。

コラム:SECはなぜビットコイン現物ETFを承認しない?承認期待高まり500万円を突破

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
リスク回避の切り札はビットコイン、著名な実業家がアメリカの経済危機に警告
仮想通貨ニュース
リスク回避の切り札はビットコイン、著名な実業家がアメリカの経済危機に警告
米国の著名な投資家でありベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者でもあるロバート・キヨサキ氏の最新ツイッター投稿が注目されています。彼の分析によると、米国経済はすでに破綻を迎えており、その危機を回避するためにはビットコイン(BTC)に投資すべきだということです。