フロー(Flow )エコシステムに関する2023年第1四半期レポート公開

分散型アプリケーション(DApps)やNFTなどの分析を行っているダップレーダー(DappRadar)は5月10日、フロー(Flow)のエコシステムに関する2023年第1四半期のレポートを発表した。

NFTが重要なドライバー

ダップレーダーは、2022年末までのフローブロックチェーンについて、1日のユニークアクティブウォレット(UAW)が減少傾向にあったと分析している。一方、2023年第1四半期に対する分析では、1日のUAWが12791あたりに集約されたという見解を示した。さらに同社は、この分析結果について、プラットフォームがユーザーを保持していることを示唆しており、フローにとってポジティブな展開だとしている。

また、アクティビティにおける優位性に関する分析では、NFTアクティビティが全体の50.5%を占め、ゲームアクティビティが49.5%を占めているという。同社は、このような分析結果に対し、ゲームが人気を集め続けているにもかかわらず、NFTが依然としてプラットフォーム上のアクティビティの重要な要因であることを示唆しているとまとめた。

フローエコシステムへの投資はここ数年増加傾向

フローブロックチェーンのゲーム関連では、ゲーム開発会社であるジョイライドゲームズ(Joyride Games)が開発したトリックショットブリッツ(Trickshot Blitz)、ソリティアブリッツ(Solitaire Blitz)、カロムブリッツ(Carrom Blitz)が1日のユニークアクティブウォレット数において上位3ゲームとなった。トリックショットブリッツの1日平均dUAWは2,750、ソリティアブリッツの1日平均dUAWは2,409、カロムブリッツの1日平均dUAWは210だった。

また、フローブロックチェーンの独立メディアプラットフォームであり、NFTマーケットプレイスでもあるフローバース(Flowverse)によると、フローエコシステムへの投資はここ数年増加傾向にあり、フロー上に構築されたプロジェクトが40億ドル(約5,400億円)以上を調達しているという。この傾向は2023年第1四半期も続いており、クロスチェーン・モバイルウォレットのブロクトアプリ(Blocto App)がシリーズAラウンドで金額は非公開ながら資金調達していた。同社の価値を8000万ドルと見積もられている。今回の資金調達は、アメリカの著名起業家であり投資家でもあるマーク・キューバン(Mark Cuban)氏などが支援している。

参考
・Flow Dapp Ecosystem Q1 Report

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】最大手仮想通貨マーケットメイカー2社が米市場撤退 規制の不透明さと取締を理由=リーク
【墨汁速報】ビットコイン(BTC)の4回目の半減期まで1年を切る
サンドボックスがWeb3企業アフィンと連携、メタバース体験強化へ

おすすめの記事
【墨汁速報】 VISA イーサリアム上のドル“USDC”を利用した決済の社会実験を開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】 VISA イーサリアム上のドル“USDC”を利用した決済の社会実験を開始
クレジットカード世界最大手のVISA Incは自社の支払いネットワークにおいて、イーサリアム上のドル「USDC」を決済に使用することができる社会実験を開始したと発表。USDCはステーブルコインと呼ばれるイーサリアム上でドルと1:1に発行されるトークンであり、DeFi(非中央集権金融)の重要な要である。