再び注目されるビットコインETF、7月中にもヨーロッパ市場でローンチ

ロンドンに拠点を置く投資プラットフォーム、ヤコビ・アセット・マネジメント(Jacobi Asset Manegement)社は、1年遅れでビットコインETFをローンチする準備が整ったことを発表しました。

ヨーロッパに戻ってきたビットコインETF

ビットコインETFは当初2022年7月に、ヨーロッパを代表する証券取引所であるユーロネクスト・アムステルダム(Euronext Amsterdam)に上場予定でしたが、市場のコンディションが悪化したため見送られていました。

ビットコインETFは、ガーンジー金融サービス委員会(Guernsey Financial Services Commission)により、アメリカ以外の伝統的な株式市場で取引する条件で、2021年10月に初めて承認されました。ところが2022年5月に起きたテラ(Terra)と、11月のFTXの破綻によりローンチは見送られることになりました。それが今回、市場での需要が見込まれることから、再びローンチされることになったのです。

イギリスの経済紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)の記事によれば、すべてのデジタル資産における上場取引型金融商品(Exchange Traded Products)は、これまでのところETFよりもETN(Exchange Traded Note:上場投資証券)として構築されているとのことです。

ヤコビのビットコインETFのケースでは、アメリカ投資大手のフィデリティ・デジタル・アセット(Fidelity Digital Assets)に管理や清算を委ね、またその仕組みは、デリバティブやレバレッジを利用できないETNとはやや異なっています。

アメリカでのETF承認にも光明が

一方でアメリカの現物ビットコインETFは、依然として審査中です。世界最大手の資産運用会社ブラックロック(BlackRock)は、6月にビットコイン現物ETFを申請しました、7月はじめに詳細事項を追加した書類を再提出しました。

その中には、アメリカ証券取引委員会(SEC)が求める監視共有協定のパートナーとして、コインベース(Coinbase)の名が記載されています。暗号資産(仮想通貨)市場の調査は、かなり厳しい承認作業の一環と考えられており、おそらくはその点がビットコインETF承認の最大の障壁になっています。

これまでのところ、アメリカ当局は全ての申請を却下していますが、ヨーロッパでの前向きな動きにより、アメリカの各機関にもヤコビに続くという、明るい展望が開けるかもしれません。それがSECによるビットコインETF承認につながるという、市場の期待を後押しするかもしれません。

参考
Europe’s first bitcoin ETF launches after delaying for a year

【こんな記事も読まれています】
ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?
イーサリアム(ETH)の取引量が増加、2,000ドル突破は時間の問題か?
【墨汁速報】ブラックロックCEO、ビットコインは「デジタル・ゴールド」とETFに意欲

おすすめの記事
【墨汁速報】米司法省とSEC「1200億円の仮想通貨トラブル」のブローカレッジ「ジェネシス」とDCGの調査開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米司法省とSEC「1200億円の仮想通貨トラブル」のブローカレッジ「ジェネシス」とDCGの調査開始
ウィンクルボス兄弟のジェミニ(Gemini)と1200億円のトラブルを抱える仮想通貨ブローカレッジ最大手のジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)と親会社のデジタル・カレンシー・グループ(DCG)は、米司法省と米証券取引委員会(SEC)から両社の資金関係の送金について密かに調査が開始されたという。