【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開

イーサリアムがマイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークへ完全移行する一大大型アップデート「The Merge(マージ)」に向けて、中国人マイナー達は自身の利益を守るためにイーサリアムをフォーク(分裂)させるための「イーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアであるGethを公開した。

このイーサリアムPoWはETHWとしてIOUトークンで米仮想通貨取引所のポロニエックス(Poloniex)で取引が先行して始まっている。

関連記事:【墨汁速報】米仮想通貨取引所イーサリアム分裂を前提としたIOUトークン取引を開始

イーサリアムPoW(ETHW)とは?

イーサリアムPoWとはその名前の通り、正規イーサリアムネットワークが破棄するGPUやASICのような演算をするデバイスを必要とする「マイニングを廃止せず、現在のイーサリアムを継続するネットワーク」を指す。

イーサリアムはローンチ前から計画していたETHをステーキングしてネットワークを構成するプルーフ・オブ・ステークである独自の「Casper FFG」に完全移行するため、9月以降はマイニングをすることができない。開発者達は既に9月15日をこの移行を行うThe Merge(マージ)の予定を設定しており、後1ヶ月後に迫っている。

イーサリアムPoW(ETHW)は日本時間15日、イーサリアムを分裂(フォーク)させるためのソフトウェアとなるコピーした「Geth(ゲス)」を公開した。

イーサリアムPoWとイーサリアム2.0の違い

マージ(The Merge)では正規イーサリアムネットワークは「イーサリアム2.0またはETH2」となり、根本的な仕組みの変更が行われる。

対してイーサリアムPoWでは「マイナーに都合がいいように変更された現在と同様のイーサリアムネットワーク」となる点が大きく異る。例えばイーサリアムPoWの初期バージョンでの変更点では

  1. ディフィカルティボムの排除
  2. EIP-1559の手数料をマイナーDAOへ送金
  3. 難易度を新たに調整

が主な変更点だ。

このような「マイナーの収益のためだけにある」と言える変更を加えたネットワークはブロックチェーン史上初となる。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム開発者達 The Mergeのメインネット実装を9月15日前後に設定

中国人マイナーのためのイーサリアムPoW

EIP-1559とはイーサリアムに実装された「手数料として支払われたETHを償却(バーン)」するというシステムだ。このEIP-1559導入後、マイナーは「優先手数料(Priority Fee)」と言うごく一部の手数料しか入手することができず、この仕組みによってマイナーがネットワーク攻撃を仕掛けることを防止しつつ、ETH価格をサポートすることが目的とされている。

一方でイーサリアムPoWでは、「マイナーDAOアドレスに本来バーンされる大半の手数料を送金する」という仕組みとなっている。

イーサリアムPoWによるとこのアドレスはコミュニティ及びマイナーでコントロールされるとしているが、このようなマイナーだけに偏った自己利益を重視したものは初の事例といえる。また現在のイーサリアムを分裂(コピー)する行為はDeFiやNFTマーケットプレイスからみても大きな混乱を呼び、波紋を広げることになるだろう。

関連記事:祝イーサリアム(ETH)7周年、この1年でどこまで変わったのか?

▼墨汁サロンでは投資家向けにThe Mergeの仕組みやイーサリアムPoWの分裂の詳細、DeFiやNFTの仕組み、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
2月にハッキングを受けて12万ETH(約450億円)以上の被害を受けたイーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジプロジェクトである「ワームホール(Wormhole)」は、その損失の補填として約245億円を調達するためHOLEトークンを機関投資家向けにプライベートセールを行うというリークがあった