ビットコイン分岐後、新たに生まれた仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCHまたはBCC)ですがリリースから2週間以上経った今でも各取引所によって、付与するタイミングや送金、取引出来るかどうかなど対応がまちまちの状態です。

ビットコインキャッシュがまぎらわしい点

仮想通貨をあまりよく知らない人は、ビットコインキャッシュ」という存在もイマイチよくわかっていない人も多いようです。

①ロゴマークがまぎらわしい


左:ビットコインキャッシュ 右:ビットコイン

↑「ビットコイン」のマークをそのまま使い”ロゴの傾き” を右上にしているだけ
ビットコイン分裂のしくみを把握してないと、「ビットコインを持っていたらタダでもらえた」という感覚なので、ビットコインキャッシュは、”ビットコインと同じようなもの” というイメージがついてしまったようです。

②表記がまぎらわしい

これはホントに統一してほしい件です。
ビットコインキャッシュの表記方法が2つあり、各取引所ごとに異なります。coincheckなどは当初「BCC」を使っていましたが、途中から「BCH」に変更しています。

なぜ、このようなまぎらわしいことになったかというと・・・

ビットコネクトの存在

すでに仮想通貨市場には2016年に上場された銘柄にビットコネクト(BitConnect)があり、正式表記が「BCC」なのです。


BitConnectのHPでは8月1日の時点で「ビットコインキャッシュをBCCと表記すると混乱を招く」という声明を出しています。

このBitConnectが注目されていないコインだったらよかった(?)かもしれませんが、MarkecCapを見ると時価総額ランキング15位に入っている銘柄なのです。(2017年8月12日現在)


CryptoCurrency Market Capitalizations

BitConnectの時価総額は69000億円。特に海外の取引所ではシンボルだけで判断することも多いため

「ビットコインキャッシュ(BCC)を買うつもりが、間違ってビットコネクト(BCC)を買ってしまった!」(またはその逆)

というケースが出てくる可能性があります。

まとめ

ビットコインキャッシュに関しては、リリースまでにあまり時間がなかったため色々な混乱があります。

仮想通貨として成り立っていくかも含め、精査していく段階ですが、とにかく銘柄表記の統一だけは行ってほしいと思います。ビットコネクトのことを考えると「BCH」が無難かな?

おすすめの記事
ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?
仮想通貨ニュース
ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?
世界最大手の資産運用会社であるブラックロック(BlackRock)が2023年6月に上場投資信託である「ビットコイン現物ETF」の申請準備をしているというリークの後、正式に米国証券取引委員会(SEC)に申請しました。このビットコイン現物ETF承認される可能性があるのかについてわかりやすく解説を行います。
アメリカ大統領はビットコインETFに前向き?承認の期待高まる
仮想通貨ニュース
アメリカ大統領はビットコインETFに前向き?承認の期待高まる
ブルームバーグ(Bloomberg)のアナリスト、ジェームズ・セイファート(James Seyffart)氏とエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏は、アメリカ政府がビットコイン(BTC)スポットETFを承認する可能性の予想を65%にまで引き上げたとのことです。わずか数ヶ月前まで、二人のこの予想はたったの1%でした。