GMOコイン GMOコイン(https://coin.z.com/)より

このページではGMOコインの口座開設方法の手順を紹介します。

「GMOコイン」はGMOインターネットグループのGMO-Z.comコイン株式会社が運営するサービスです。
※2017年8月9日より「Z.comコイン byGMO」から「GMOコイン」へサービス名を変更したようです。

FX業界でナンバーワンのシェアを誇るGMOクリック証券(FXネオ)を運用するGMOグループが開始したサービスだけあって、業界でも非常に注目度が高いです。

今なら、通常1,000円のビットコインでのFX取引のスプレッドがサービス名のリニューアルを記念し、キャンペーン期間限定で300円で取引が出来ます。

キャンペーン GMOコイン(https://coin.z.com/)より

ビットコインのサービスで、キャンペーンをやっているところは中々ないので是非このチャンスを見逃さないようにして下さい。 それでは、GMOコインでの口座開設方法を紹介したいと思います。

口座開設前に用意しておいた方が良いもの
・本人確認書類(下記のうちいずれか1点の画像)
┗運転免許証
┗パスポート(日本国が発行する旅券)
┗各種健康保険証
┗住民票の写し
┗在留カード
┗特別永住者証明書
┗その他の書類

1. まずは口座開設の手続きをする

まずは新規登録の手続きを行っていきます。
ページ右上の方にある『口座開設』と書かれたボタンを押します。

口座開設ボタン

そうすると口座開設ページに移動しますので、メールアドレスを入力し『私はロボットではありません』にチェックを入れ無料口座開設ボタンを押します。

無料口座開設

入力するメールアドレスはフリーでも大丈夫なので、私はYahoo!のフリーメールアドレスを使いました。
メールアドレスでの登録の他にもFacebookやGoogleアカウントでの口座開設も可能です。

登録メールにて認証メールを確認しよう

『無料口座開設』ボタンを押したら、登録したメール宛に認証メールが届きますのでそちらを確認。

認証メール

メールに記載されたリンクをクリックし、次にパスワード設定していきます。

初期パスワードの設定

続いて、初期パスワードを設定していきます。
まずGMOコインサービス基本約款を確認し、その約款に同意した上でパスワードを設定します。

初期パスワードの設定

パスワードは英数字や大文字などを混ぜると強度が強くなります。
ここで使うパスワードは後々も使用するので、どこかにメモをしておくのをおススメします。

2. 管理画面にログインする

初期パスワードの設定が終わったら、先ほど設定したメールアドレス、パスワードを入力して管理画面にログインします。

管理画面にログイン

Facebookアカウント、Googleアカウントを持っている場合は、それぞれの登録情報でログインも可能です。

今回は、GMOコインに登録したメールアドレスとパスワードでログインしていきます。

管理画面にログインすると、まず【セキュリティに関する重要なご案内】というメッセージがポップアップで表示されます。

セキュリティに関する重要なご案内

2段階認証とは、パスワード設定の他にセキュリティを強化するために設定するもので、メールなどの情報が漏えいした際、被害が拡大する可能性を低くする効果があります。

この2段階認証は今すぐ設定しても良いのですが、いつでも設定することが可能なので一旦飛ばします。

GMOコインの管理画面

GMOコインの管理画面

上記がGMOコインの管理画面の様子です。

・・・・・・・。

・・・なんでしょうか。。左上のキャラクターが気になります。。。

謎のキャラクター

G・・・GMOコインのイメージキャラクター?!

いくつかのサービスで口座開設をしてきましたが、キャラクターがいるサービスを初めて見ました。。。

ここでは触れませんが、そのうち詳細を調べたいですね…

3. GMOコインには「シンプルプラン」「フルアクセスプラン」2プランがある

突然ですがここで、GMOコインの口座プランについて説明したいと思います。
実はGMOコインには『シンプルプラン』と『フルアクセスプラン』という2種類の口座プランがあります。

「シンプルプラン」は今の状態。
メールアドレスとパスワードを登録し、会員登録した時点での状態のことをいいます。

この状態では仮想通貨の預入と送金だけは出来ますが、日本円の入出金や仮想通貨売買、仮想通貨FXでの取引が出来ません。

それらの取引が出来るようになるには、本人確認書類の提出をして、審査を通った後で届く『お知らせ』に書かれたアップグレードコードを入力し『フルアクセスプラン』にアップグレードしなければいけません。

口座プラン

シンプルプラン フルアクセスプラン
仮想通貨の預入、送付
日本円の入金、出金
仮想通貨売買
仮想通貨FX

つまり今の状態は「シンプルプラン」なので、自由に仮想通貨取引を行うには「フルアクセスプラン」にアップグレードしなければいけません。

それではフルアクセスプランにアップグレードする為、次に本人確認書類の提出をしていきましょう。

4. 本人確認書類の提出を行う(フルアクセスプラン)

フルアクセスプランにアップグレードするなら、管理画面から『アップグレード申込』ボタンを押します。

口座プラン

アップグレード申込ボタンを押すと、個人情報の登録画面に移動しますので、内容に従って必要な項目を埋めていきます。

個人情報の登録

後ほど、本人確認書類の提出をして内容に相違が無いか確認を取られる為、ここで入力する内容には間違いがないよう、よく見直しを行いましょう。

全ての項目の入力が終わったら、一番下にある『確認画面へ』ボタンを押します。

確認画面へ

登録する内容に間違いが無いか確認画面に移動しますので、内容に問題がなければそのまま『確定』ボタンを押してください。

本人確認書類の提出をする

個人情報の入力が終わったら、次は本人確認書類の提出です。
GMOコインでは本人確認の方法を2種類の中から選ぶことが出来ます。

本人確認の方法を2種類の中から選ぶ

1つ目は運転免許証などの本人確認書類の画像をアップロードする方法です。

もう1つは受取時本人確認で、登録した住所宛に、GMOコインから転送不要の書留郵便が届きますので、それを受け取る際、本人確認する方法です。

本人確認書類アップロード 受取時本人確認
内容 本人確認書類を画像でアップロードする方法 登録住所宛に、GMOコインから届く書留郵便で本人確認をする方法
特徴 下記がアップロード可能な書類 ┗運転免許証 ┗パスポート(日本国が発行する旅券) ┗各種健康保険証 ┗住民票の写し ┗在留カード ┗特別永住者証明書 ┗その他の書類 登録した本人が郵便物を受取らないといけない 対面で確実に本人確認をしたい場合には最適

受取時本人確認は時間がかかるので、今回は本人確認書類アップロードの方法にしたいと思います。

個人情報の入力が終わると、下記が表示されますので『本人確認書類の画像をアップロード』を選択。

本人確認書類の画像をアップロード

次に、提出する書類の種類を選択し、表面・裏面両方の画像をアップします。
画像ファイルは、10MB以内のjpg/png/gifファイルを送るようにして下さい。

提出する書類の種類を選択

ここで、個人情報登録時に入力した住所や氏名などの情報と内容が一致してないと再提出が必要となります。
その他、有効期限の確認や、画像の内容がしっかり確認できる写真かどうかもチェックしましょう。

再提出となってしまうと面倒ですし、時間が掛かってしまうのでなるべく1回で終わるようにしましょう。

本人確認書類の提出が終わったら、あとは審査を待つだけです。
審査が無事に通れば『フルアクセスプラン』が有効となり、取引を開始することが出来ます。

審査待ちの画面

GMOコインは管理画面が非常に分かりやすく、シンプルな構成になっています。
非常に使いやすいと評判も良いので、初心者の方にもオススメできるサービスだと思います。

以上が、「GMOコイン」での口座開設方法の手順でした。

GMOコインはこちら