Solana(ソラナ)ウォレットガイド

編集部おすすめ

Solana(ソラナ)ウォレットガイド

ソラナは、2020年にメインネットベータ版をローンチをしたスマートコントラクトが実行できる新興の汎用ブロックチェーンです。「高速な処理ができるブロックチェーン」と表現されるプロジェクトは他にも複数存在しますが、その多くが秒間50-100トランザクションです。ソラナの場合は、秒間で5万トランザクションを実行できる点でゲームチェンジャーだと期待されます。ソラナについて基礎的な情報はこちらの「Solanaとは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン」で紹介しています。

今回はソラナブロックチェーンでSOLトークンをサポートするウォレットについて解説します。S OLトークンを受信するにはSOL対応のウォレットを作成しなければなりません。とはいえウォレットにはさまざまな種類があり、日本語の情報も少ないので、それぞれにどのような違いがあるのかは分かりづらいものです。今回はSOLをサポートするウォレットを紹介し、それぞれにどのような違いがあるのかを解説します。

暗号資産ウォレットとは?

まず最初に暗号資産を管理する「ウォレット」について簡単に解説します。ウォレットは財布の意になりますが、暗号資産ウォレットで管理されているのは実際には暗号資産そのものではなく、ブロックチェーン上に存在する暗号資産を制御するための「鍵のペア」を保管しています。
ウォレットアプリケーション上では保有する暗号資産は反映されており、その送受信を行うことができますので、財布のような役割を担うアプリケーションだと大まかに理解していても問題はありません。ただし、「鍵のペア」とは何なのか、それをどのように管理しているのかを把握しておくことは、各ウォレットのセキュリティ面を把握する上で重要なので、以下で簡単に説明します。

ウォレットが保管する「鍵のペア」とは、「秘密鍵」と暗号化された「公開鍵」のことを指します。公開鍵はウォレットの受信アドレスとして知られているものです。この受信アドレス(公開鍵)は別の当事者が暗号通貨を送る際や残高表示するために使用したりしますが、この公開鍵にはウォレットに関する何かを変更したり、トークンを引き出す機能はないため自由に共有、表示されても問題はありません。

一方の「秘密鍵」は取り扱いに注意が必要です。秘密鍵は暗号資産を別のアドレスに送信したり、ウォレットに変更を加えたりするためのトランザクションにデジタル署名する際に使用します。誰かが秘密鍵にアクセスした場合、そのウォレットに含まれるトークンの全てを引き出すこともできます。またウォレットの秘密鍵を紛失した場合、それは同時にウォレットのアドレスに紐づくトークンには永久にアクセスできなくなることを意味します。そのため、ウォレットを作成した際は、秘密鍵の管理を厳重に行いましょう。

SOLをサポートするウォレット

ソラナのネイティブトークンであるSOLをサポートするウォレットはソラナネイティブとサードパーティによるアプリがあり、以下のようにいくつかのタイプがあります。

  • ①appウォレット
  • ②webウォレット
  • ③command-lineウォレット

③のcommand-lineウォレット(ソラナネイティブ)は、サードパーティに導入されるよりも前にソラナブロックチェーンの新機能が先にサポートされているため、最新の機能を利用したいユーザー向けです。しかし、コマンドラインツールを使いこなす必要があるため、開発者や上級ユーザー以外は①と②のウォレットの方が親しみやすいためオススメです。今回の記事では③のcommand-lineウォレットについては触れませんが、詳細を知りたい方はこちらを参照ください。

appウォレット

①Trust Wallet
trust walletイメージ

Trust wallet App:https://trustwallet.com/

Trust walletはiOS、Android共に対応するモバイルアプリです。セットアップは数分程度で完了し、とても簡単なので、初めてウォレットを作成する方にオススメです。大手取引所であるバイナンス(Binance)傘下のウォレットであり、SOLはもちろん、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などさまざまな暗号資産をサポートしている点も特徴です。

ただし、Trust WalletはSOLのステーキングをサポートは行っていないため、ステーキングを行いたい方は後述するSolflare Wallet(webウォレット)をご利用ください。SOLをTrust Walletに追加する方法は、以下のリンクを参照ください。

【セキュリティ】
Trust Walletは利便性の高さを重視しているため、デバイスのロックを解除し、アプリにアクセスできる人であれば誰でも簡単にトークンを送信することができてしまいます。またTrust Walletでは、ウォレットを復元するためのシードフレーズを作成後にもアプリ内で確認することができます。

これらの仕様は秘密鍵管理、デバイス交換時の復元を容易にし、非常に利便性の高いものではありますが、アプリにアクセスされてしまうと、トークン送信を勝手に行われたり、シードフレーズを取得して、他のデバイスで勝手にウォレットを復元されてしまう可能性があります。仮にデバイスを盗難されてもウォレット内のトークンを送信されないように、Trust Walletアプリにパスコードを追加し、セキュリティを高めておくことをお勧めします。(※設定→セキュリティ→パスコード、で設定可能)

②Ledger Live
ledeger liveイメージ

Ledger LiveはiOS、Android対応のモバイル版アプリとデスクトップ版ソフトウェアとして提供されているウォレットです。Ledger LiveはLedgerハードウェアウォレット上で暗号資産を管理するために使用するものです。ソフトウェアは無料で利用できますが、別途Ledgerハードウェアウォレットを購入し、Ledger Liveを実行しているデバイスと接続する必要があります。Ledger Nono Sの接続方法については、以下のドキュメントを参照ください。※2020年10月現在Ledger Nono Xはサポートされていません。

【セキュリティ】
利便性という点ではTrust Walletに優位性がありますが、秘密鍵をコンピュータ(スマホ含む)から物理的に分離された安全なデバイスで保存しているため、セキュリティレベルは高く、暗号資産を管理する上でより安全なウォレットであると言えます。

webウォレット

SolFlare
solflareイメージ

SolFlareはソラナ専用にコミュニティが作成したノンカストディアルのwebウォレットです。SOLはもちろん、イーサリアムのERC20トークンに相当するSPLトークンの送受信もサポートしています。またSOLのステーキングもサポートしています。キーストアファイルを用いたSolFlareウォレットの作成方法やSOLのステーキング方法については「ソラナ(Solana)専用のノンカストディアル・ウォレットSolFlareでSOLをステークする方法」で解説しています。

その他SOLをサポートするウォレット

上記で紹介した以外にもSOLをサポートするウォレットは存在しますので、そのうちいくつかを紹介します。

①MathWallethttps://mathwallet.org/en-us/
MathWalletはソラナと戦略的パートナーシップを結ぶウォレットです。appウォレット、webウォレットに加え、Chromeブラウザなどの拡張ウォレットを提供しています。SOLとSPLトークンをサポートしています。

②Coin98 Wallethttps://coin98.app/
SOL及びSPLトークンをサポートしています。

③Sollet.iohttps://www.sollet.io/
Sollet.ioはソラナ上のDEX(分散型取引所)Serumでも利用されているwebウォレットです。ERC20<>SPLのクロスチェーンスワップできる点が特徴です。作成方法は「高速低コストなDeFiプロダクト「Serum DEX」の利用方法」で解説しています。

④Swipehttps://swipe.io/
DeFi(分散型金融)向けのアプリとして売り出しており、SOLを含む複数の暗号資産のサポートしています。利用できる地域は限定されますが、デビットカード、クレジットカード、銀行口座から暗号資産の売買を行うことができる他、Visaブランドのデビットカードを発行しています。

【こんな記事も読まれています】
ソラナとの統合を発表したクロスチェーンDeFiプロジェクト「RampDeFi」概要
ソラナ(Solana)ブロックチェーンに統合されたテザー(USDT)、及びその影響力
ソラナ(Solana)dApps、Magic統合によりパスワードレス認証可能に


前のニュース【墨汁速報】イーサリアム2.0 “Zinken”で再度ローンチテスト Spadinaでの問題が判明
次のニュース【レポート】ブロックチェーンイベント「BUSINESS BLOCKCHAIN EXPO2020」
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。