【墨汁速報】3.9兆円超えのETHが市場に放出 イーサリアム大型アップデート”上海”の実装日が決定

イーサリアムの次期大型アップデート「上海(Shanghai)ハードフォーク」の実装日が日本時間2023年4月13日午前7時頃にターゲットに実装を行うことで開発者たちが合意。

この上海アップデートではイーサリアムにのデポジットコントラクトステーキングされている1768.4万ETHとバリデータ報酬の引き出しが可能となる。

関連記事:イーサリアム(ETH)の2023年の開発ロードマップを理解する

上海ハードフォークの実装日を決定

イーサリアムの実行レイヤー(Execution Layer)会議156が16日に行われ、イーサリアム開発者たちは次期大型アップデートの「上海ハードフォーク」を日本時間の4月13日午前7時頃をターゲットとした実装で合意した。

イーサリアムの上海アップデートでは主に「ステーキングされている32ETH及びバリデータ報酬のETH引き出し」を実装するためのEIP-4895「ビーコンチェーン・プッシュ」が実装される。「マージ(The Merge)」によってプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)に移行したイーサリアムネットワークだが、2020年11月5日にステーキング先となる「デポジットコントラクト」が展開された後、約2年以上にわたってネットワークに参加していたバリデータは掛け金の32ETHと署名やブロック提案における報酬を引き出すことができなかった。

今回の上海アップデートによってバリデータはこれらのETHを引き出しすることができ、1768万ETH(約3.9兆円相当)と新規発行されたETHが市場に戻ることになる。

関連記事:【墨汁速報】米クラーケンが仮想通貨ステーキングサービス終了と罰金支払いでSECと和解

上海アップデート後は32ETH引き出し混雑か

米証券取引委員会(SEC)は米仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)が提供していたイーサリアムなどのステーキング代行サービスを「証券」と定義し、罰金の支払いとステーキングサービスの終了で和解をしたことは記憶に新しい。クラーケンによるとイーサリアムのステーキングでは上海アップデートまでETHを引き出しすることができないため、実装が決まった4月13日以降に一斉に引き出し処理を開始するとしている。

一方でイーサリアムのセキュリティを保つために引き出しはシステム上の制限があることから、クラーケンのステーキングサービス終了まで引き出し処理が混雑するということが予測できるだろう。ステーキングを行いながらイーサリアム上のDeFi(分散金融)などを利用することができるライド・ファイナンス(Lido Fianance)のようなリキッド・ステーキング(Liquid Staking)でも引き出し需要が増加することが考えられ、上海アップデート後の数ヶ月は引き出しが殺到すると見られるだろう。

関連記事:【墨汁速報】対象者は?イーサリアムL2「アービトラム」待望のARBエアドロップを発表

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
リークによると世界最大手仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」の重要な役員が最低でも3名辞任したという。バイナンスは米国証券取引委員会(SEC)や米商品先物取引委員会(CFTC)などの米国規制当局の提訴だけにとどまらず、世界中の規制当局から調査を受けておりライセンス取得や買収判断見送りなどの影響が出ている。