ブロックチェーンゲーム企業キャセオンゲーミングがポリゴンスタジオと提携

ブロックチェーンゲームおよびエンターテインメント企業のキャセオンゲーミング(Catheon Gaming)は8月17日、ポリゴン(Polygon)が立ち上げたブロックチェーンゲームやNFTの開発を促進するための部門であるポリゴンスタジオ(Polygon Studios)とパートナーシップを結んだことを発表した。

低い取引手数料でスケーラブルなdApps構築を目指す

今回の提携は、キャセオンゲーミングの所有するブロックチェーンゲームとメタバースの専門知識、ポリゴンの所有する革新的なブロックチェーン技術を組み合わせる。これにより、開発者がセキュリティを犠牲にすることなく、低い取引手数料でユーザーフレンドリーなdAppsを構築できるようにすることを目指す。

キャセオンゲーミングはこれまで、「鬼斬」「コズミックブレイク」といったゲームのブロックチェーン展開している。「鬼斬」は、古代日本を舞台としたアクションMMORPGだ。2013年に発売され、全世界で500万ダウンロードを突破している。今後は、ブロックチェーン上の日本初のプレイトゥアーン(P2E) MMORPGのひとつとなる予定だ。

「コズミックブレイク」は、アニメスタイルの3D MMOサードパーソン・シューティングゲームで、ハイスピードで爽快なバトルプレイが特徴の基本プレイ無料のMMOだ。14年にわたるフランチャイズの寿命の間に4000万人以上の総プレイヤーを獲得した。プレイアンドアーンの仕組みを含むゲーム内のユーティリティとNFTの限定プレイアブルキャラクターを導入することにより、Web3.0の世界へと進出する。

マルチチェーン戦略をさらに推進する上で理想的なパートナー

キャセオンゲーミングのウィリアム・ウー(William Wu)創設者兼共同CEOは、「このパートナーシップは、質の高いエンターテインメントとゲームをブロックチェーン上で実現し、ユーザー体験を最優先するという共通のビジョンを体現している」と語っている。また、同氏は、「我々は、ポリゴンスタジオと提携し、ポリゴンネットワーク上で鬼斬とコズミックブレイクをローンチすることを楽しみにしている。スピードとスケーラビリティ、コストを重視するポリゴンは、キャセオンゲーミングがマルチチェーン戦略をさらに推進する上で理想的なパートナーであると確信している」とも述べている。

ポリゴンスタジオのウルビット・ゲール(Urvit Goel)グローバルゲーム事業開発責任者は、「キャセオンゲーミングは、Web3空間において最も有望で包括的なゲーム開発ハブの1つとして浮上しており、主流規格のゲームをブロックチェーンにもたらすことに注力しているため、ポリゴンのメンバーはわくわくしている」とコメントした。

参考
Catheon Gaming and Polygon Announce Preferred Blockchain Gaming Partnership

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンベースのチェスゲーム2023年発売予定へ、リンポとプレイマグナスが提携
米国の9.4%「NFTゲームプレイしたことある」アメリカの調査結果が公開
ブロックチェーンゲーム企業アニモカ・ブランズが約103億円の資金調達、メタバース推進へ

おすすめの記事
【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?
FTX破綻の影響で出金を停止している仮想通貨ブローカレッジのジェネシストレーディング(Genesis Trading)はチャプターイレブン非任意破産申請のリスクに直面している。ジェネシストレーディングの出金停止から47日経過しているとウィンクルボス兄弟と知られる仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)のキャメロン・ウィンクルボス氏は1月8日までにこの出金停止解決を求める公開状を掲載した。